« 「デトロイト美術館展」「クラーナハ展」 | トップページ | 鎌倉12 江ノ電・七里ヶ浜~腰越界隈(2) »

2017年1月 9日 (月)

鎌倉12 江ノ電・七里ヶ浜~腰越界隈(1)

1/6(金)晴れ 鎌倉駅から江ノ電に乗り換え七里ヶ浜駅で下車。この日は約17000歩。

650x353                 クリックで大きくなります

●七里ヶ浜の海岸に下りると江の島と富士山が見えた。
「真白き富士の嶺、緑の江の島」と有名な歌になっている、明治43年逗子開成中学生12人のボート事件を歌ったもの。

470x302
                                富士山手前は小動(こゆるぎ)岬か470x312
振り返えると稲村ケ崎から三浦半島までの景色が見える。
「稲村ケ崎、名将の剣投ぜし古戦場」と歌われた新田義貞の渡渉伝説がある。470x313

74 霊光寺
1271年、鎌倉が大干魃に見舞われたときに、日蓮が雨乞いしたら池が出来るほど雨が降り続いた。明治の末の調査で1735年に江戸講中が建てた「日蓮大菩薩祈雨之旧跡地」と記された石塔が発見されたので日蓮上人像と本堂が建立された。

                       雨乞池460x307
                    日蓮上人祈雨旧跡碑296x460
                      霊光寺門460x298
                       本堂460x307_2
                       日蓮上人像 307x460
460x307_3

腰越に出て昼食。御主人が日展に出品するという画家の可愛いお店で「ネギトロわかめしらす丼」、またまたしらす丼であります。絵が数枚飾られた室内装飾、特にトイレの装飾が感動したお店で、鎌倉にはこうした隠れた可愛いお店が多い。460x307_4

小動岬へ。太宰治が心中事件を起し、太宰だけが助かった所(小説は『天国と地獄』)。
小動の地名は、風もないのに揺れる美しい松の木「こゆるぎの松」がこの岬にあったことに由来する。

75 小動神社
頼朝に伊豆配流の時代から仕えていた佐々木盛綱が文治年間(1185~90)に父祖の地・近江から勧請した。新田義貞が鎌倉攻めの戦勝を祈願し、太刀一振と黄金を寄進し、社殿が新たに再興された。

460x307_5
鳥居の注連縄が立派である。注連縄は藁ではなく合繊で出来ていた。(調べたら255000円もするとか!)460x307_6
                       本殿460x307_7
この神社には境内末社4つが祀られているが、海(わたつみ)神社の石鳥居は1728年(享保13年)銘の古い鳥居である。460x307_8
76 浄泉寺 
かつて小動神社の別当寺(神社を管理するために置かれた)であった。小動神社とは道路を挟んだ反対側にある。京都大覚寺の末寺。 460x293
460x307_9

●お寺のお隣の家には数えきれないほどのサボテンがある。写真を撮らせていただいたときに奥さんに伺うと10年間でこんな増えてしまった由。赤くなっている葉はサボテンの紅葉だそうで、春から緑色に変わるという。数の多さに「おったまげた」という言葉が出そうになったほどです。
通り側だけでなく、写真で撮れないけれども、家との間もびっしり埋まっていました。
460x307_10
460x307_11
460x307_12
460x307_13
           一つの鉢にもたくさんの種類が寄せ植えされている460x307_14



|

« 「デトロイト美術館展」「クラーナハ展」 | トップページ | 鎌倉12 江ノ電・七里ヶ浜~腰越界隈(2) »

コメント

富士は雪があるときに限りますが
まだまだ寒いのにせっせとお出かけとは
すばらしいです。好天で富士がくっきりと
見られてよかったですね。
新幹線から見た富士しか10年くらい見て
いません。
いつもお年賀状の富士が美しいです。

サボテンが紅葉するなんて知りません
でした。月下美人も孔雀サボテンも金鯱
も、枯れてしまいました。
クリスマスカクタスだけ辛うじて生き
長らえています。イースターカクタスは
枯れましたが・・・

しめ縄は縄以外でも作るのですね。
腐らない利点があるから高価なのでしょう。

日蓮の足跡は関東にも多いですね。
確か、洗足池にもありました。

投稿: matsubara | 2017年1月 9日 (月) 15:37

★matsubaraさま

雪あっての冨士山ですね。
この間は葉山からでしたが、鎌倉からはさらにまじかに感じられました。
この頃新幹線に全然乗りませんので新幹線からのは眺められません。

私もサボテンの紅葉の事、ここの奥さんに教えられるまで知りませんでした。こうして冬も外で全部元気にしているサボテン、鎌倉は暖かいとのことでした。
そちらは寒いので室内に取り込まなくてはならず、なかなか大変なのではないでしょうか。

注連縄が合繊で出来ているのがあるとは知りませんでした。今回そばでじっくり眺めて気がつきましたが、調べたらこの神社の大きさですと28万円で2つもあって、大変な出費なのだと変なことに頭がいってしまいました。

鎌倉は日蓮と関係が深くて今までたくさんありました。

投稿: tona | 2017年1月 9日 (月) 16:33

こんばんは
 
6日は寒気が入ってきていて結構寒かったかと…
それでもお天気はとても良かったですね。
海も穏やか…海岸からは江の島も富士山も見えて、良い景色(^^)♪
この場所から富士山を望んだことはなく、江の島と両方一度に見えるのが
とても嬉しく思えます。
松の内とあって、お寺や神社の注連縄や門松飾り、幕が初々しいですね。
おや、合繊の注連縄もありましたか。青々とした藁を手に入れるのも
難しいのでしょうか。それとも耐久性を考えてでしょうか。
神様たちがとまどっている姿を想像してしまいました(^^;)

たくさんの多肉植物を育てているお宅の、その数と種類の多さには
びっくりぽんです。棚や入れ物も工夫されているのですね。

投稿: ポージィ | 2017年1月 9日 (月) 21:56

tonaさん、おはようございます♪
17000歩も歩かれたなんて素晴らしいですね。
20歳の頃、江の島近くの浜辺から燃えるような富士山の
夕焼けを見て、とても感動しましたが、あれ以来何度も湘南に
出かけているのに、富士山の姿は見ていません。
冬の晴れた日なら良い景色に巡り合えそうですね。
鎌倉は海沿いよりも山沿いを歩く事が多く、
すべてが新鮮でした。
ネギトロわかめしらす丼もとても美味しそうでした。
サボテンのお家にも驚きました。
いつもながらtonaさんのフットワークの軽さには脱帽です。

投稿: hiro | 2017年1月10日 (火) 07:47

こんにちは。霊光寺や小動神社などは行ったことが無く、興味深く拝見しました。相模湾越しの富士山は良いですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年1月10日 (火) 08:20

今年も3日から精力的に動いてますね。
七里ヶ浜と言うと小学校の遠足で行ったのが、何故か懐かしく想い出されます。
「富士山」が実に綺麗に見えますね。

皆さんのブログや私も旅行先では、その土地に歴史が感じられて
今迄は何気なく歩いてた場所でも、後から歴史を辿って歩いたんだと感じる事が多くなりました。

沢山のサボテンを育ててる家は凄いですね。
冬でもサボテンが育つのや、サボテンが紅葉するのも初めて知りました。
ブログで教えて貰う事が多く、ありがとうございます。

投稿: ラッシーママ | 2017年1月10日 (火) 11:44

★ポージィさま

こんにちは。
ありがとうございます。
寒かったですが、歩いているうちに暖かくなってきました。
歌で有名な七里ヶ浜の海岸は初めてです。
冨士山と江の島の両方が見るのですね。お天気でしたからとても印象に残りました。
そうなのです。注連縄や門松やお寺の幕に注目して歩きました。
神社の注連縄には生えてきた稲のまだお米の花がつかないうちのを使うらしいですが、それはとても大変なのでしょう。こんな大きな注連縄にどのくらいいるのか想像もできないほど多いのだと思います。
合繊のは数年使うのでしょうか?藁で作ったのはどんど焼きで燃やすのでしょう。疑問が出てきてまだまだわからないことだらけです。

サボテン凄いですね。棚も水平に、鉢を引っかける工夫、器も様々なものを使って見ていて面白かったのですが、時間が必要で諦めました。

投稿: tona | 2017年1月10日 (火) 12:51

★hiroさま

こんにちは。
海岸から富士山の夕焼けをご覧になったのですか。
それは素晴らしい!茅ヶ崎に住んでいたのに経験がありません。
チャンスはなかなかありそうにないですが、そういうのは見てみたいです。
山をくっきり見るにはやはり冬の午前中ですね。鎌倉の山沿いも、そこからは時々海が見えていいですよね。
鎌倉12回目ですがしらす丼はもう3回も食べています。新鮮ですと言われるとついつい引き寄せられて。
サボテンの家、あまりに凄くて、サボテン公園を思い出したほどでした。

投稿: tona | 2017年1月10日 (火) 13:06

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
ありがとうございます。
鎌倉は身近な歴史が感じられる寺社が多く、だいぶためになりました。
特に冬は雪で真っ白な富士山が海の色と相まって美しいですね。

投稿: tona | 2017年1月10日 (火) 13:09

★ラッシーママさま

元旦3日6日7日と先週はよく歩きました。去年より元気になったような。薄紙を剥ぐという感じです。
小学校の時、東京から鎌倉、江の島の遠足がありましたね。あと小田原城も遠足で行った記憶があります。修学旅行は日光でしたね。
七里ヶ浜に行った記憶がないですが、ママさんはちゃんと覚えていらっしゃる。
本当に旅先には歴史がいっぱい詰まっていますね。実際に行くと少しは頭に入るのですがね。

私もサボテンは暖かい所、つまり温室の中に入れなくては越冬しないのかと思い込んでいました。もちろん紅葉のことを知りませんでした。木と違って落ちないのですね。
こちらこそ勉強せていただいてありがとうございます。

投稿: tona | 2017年1月10日 (火) 13:21

17000歩もお歩きなったとは・・・。
青空の下、富士山がしっかりと姿を見せていますね。
きれいな富士山、いつ見ても美しい山と思います。

Saas-Feeの風は稲村ケ崎の海岸から江の島方面の写真を撮りました(2007年9月25日)が
あいにく、富士山ほとんどの姿が雲に隠れていました。
(トラックバックしました)

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年1月10日 (火) 14:40

★Saas-Feeの風さま

トラックバックありがとうございました。
関係する所を拝見させていただきました。
戸塚駅や大船駅へ最寄りの所に住んでおられ、その後厚木に越されたそうで、茅ヶ崎住民だった身としては親近感を覚えました。
もしかして風さまは鉄ちゃんなのですか。
江ノ電を各駅乗り降りされたのですね。
私は稲村ケ崎は下車していませんので、新田義貞関係は見ていませんでした。
このころ、お天気が良かったので、富士山が見えたことがこの日、一番の嬉しいことでした。富士山大好き人間ですので。

投稿: tona | 2017年1月10日 (火) 15:22

1月6日は私も箱根を歩いていましたが、本当に暖かくて富士山も綺麗に見えていましたね。
tonaさんは鎌倉歩きでしたか・・・
17000歩とは頑張りましたね。(私は15000歩でした)
稲村ケ崎や七里ヶ浜には富士山の撮影などいきますが、今回tonaさんが廻られたお寺はまだ知りませんでした。
鎌倉は奥が深いですね。

ねぎとろワカメシラス丼が凄い!です
マイブログではまだUPしていませんが、12月20日の歩き納めに、鎌倉~藤沢~江ノ島と歩きました。
江ノ島のシラス丼もバライティーに富んでいましたが・・
私たちは途中鎌倉山の「雷亭」でお蕎麦でした。


投稿: nao♪ | 2017年1月12日 (木) 00:03

★nao♪さま

同じ日に歩いていましたね。
七里が浜からの江の島と富士山は素晴らしいです。この位置からは初めてです。
nao♪さんも知らなかったお寺があるのですね。
鎌倉は日蓮に関するお寺が多く、歴史的にもいろいろあって興味深かったです。
江の島は昔はサザエだったのに、今はしらす丼一色。鎌倉もしらす丼のお店が多いのだと気付かされました。
鎌倉山は洒落たお店が多いですね。今回はお蕎麦だったのですね。
また拝見するのを楽しみにしていますね。

投稿: tona | 2017年1月12日 (木) 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64741010

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉12 江ノ電・七里ヶ浜~腰越界隈(1):

» 【改訂復刻版】江ノ電沿線見てある記 稲村ヶ崎・七里ヶ浜・鎌倉高校前 [花筐~花がたみ]
<“【改訂復刻版】江ノ電沿線見てある記 長谷・極楽寺”からの続き> “極楽寺”駅から江ノ電に乗って 隣駅の“稲村ヶ崎”駅で下車し 稲村ヶ崎古戦場へ向かって歩いた。 稲村ヶ崎古戦場 新田義貞が鎌倉を攻めた折に 剣を海に投げ入れて潮を引かせ 砂浜を歩いて鎌倉に入ったという場所で 晴れていると富士山が見え 江ノ島と合わせて絶景というのだが あいに...... [続きを読む]

受信: 2017年1月10日 (火) 14:34

« 「デトロイト美術館展」「クラーナハ展」 | トップページ | 鎌倉12 江ノ電・七里ヶ浜~腰越界隈(2) »