« 原町田七福神巡り | トップページ | 『ざんねんないきもの事典』今泉忠明監修 »

2017年1月26日 (木)

平岩弓枝著『はやぶさ新八御用旅(二)中仙道六十九次』

昨年文化勲章を受章した平岩弓枝さん、『御宿かわせみ』をテレビでちらちら見ていましたが、本は読んだことがありません。
この本は「はやぶさ新八」の新シリーズで、その(一)は東海道五十三次でその(三)は日光例幣使道の殺人です。
大山街道が終わったら、日光街道のとりあえず都内だけでもという話がありますが、その後、私の強い希望は中山道です。東海道を殆ど一人で歩いてしまった、今の大山街道のリーダーさんが連れて行ってくださるかしら。この本もリーダーさんが貸してしてくださったのです。
この街道は峠も多く登山が楽しめそうで、しかしながら上州、信州、木曽、美濃、近江と美しい自然や山々が望めそうです。
平岩弓枝さんはこの道中をちゃんと歩いていらっしゃるのでしょうね。京都から始まって江戸へと、新八と道中一緒の人たちが遭遇する事件を解決しつつ、江戸時代の宿場や街道の様子がずっと綴られていきます。
行ったり通った所もあります。石山寺、琵琶湖、伊吹山、関ケ原、各務原、犬山、木曽の馬籠・妻籠、上松、福島、塩尻、下諏訪、望月、追分、軽井沢、松井田、安中、そして高崎から埼玉県内と。小説と中山道紀行が同時に楽しめて面白かったです。

※本は「中仙道」になっていましたので題名だけ書き直しました。今は中山道がふつうに使われます。

今日の散歩から

           お寺のカンアオイの花芽がたくさん出ていました460x345
                 ジンチョウゲも蕾が一杯460x345_2
             午後3時49分でもスカイツリーが見えました460x452
                      公園の池460x345_3
                       ユリノキ460x345_4
                 オオカナメメモチと赤い新芽345x460
460x345_5
                     ミモザの蕾460x390
              河津桜が一輪だけ咲き始めていました460x345_6
                 白梅が満開で良い香りです460x345_7
460x345_8

             :::::::::::::::::::::::::::::::::::

1昨日白内障の手術を受け昨日眼帯が取れたら、まあ、景色の明るいこと!白黒が鮮明で色がとてもきれいです。0.1の視力が1.2に回復し、老眼になる前1.2だった時こんな明るい世界の中にいたのだと信じられないくらいです。
でも、鏡で顔を見たらもうびっくり仰天。シミ、そばかす、皺が凄い。まともに見ていられません。
来週は左目ですが、1.2になるかはわかりませんが、読書に老眼鏡をかけるだけです。1ヶ月くらいおとなしくしていれば美しい春の花々が迎えてくれると思うと胸が弾みます。

|

« 原町田七福神巡り | トップページ | 『ざんねんないきもの事典』今泉忠明監修 »

コメント

こんばんは
 
中山道を辿ることを楽しみにしていらっしゃるのですね。
挙げてくださった地名は、私でも知っているものがたくさんあって、
遠いものと思っていた中山道が急に近く感じられました。
山もあり自然の豊かなところが多い中山道をお歩きになれたら
楽しそうですね。
 
お散歩でご覧になったあれこれ。春が近いのを感じるものが
たくさんですね。ジンチョウゲやミモザの蕾がこんなに膨らんで
いることに驚くやら嬉しいやらでした。
カンアオイは出会いのない花ですが、咲いた様子より蕾の方が
可愛いなぁと思ってしまいました。
 
今週、白内障の手術を受けられたのですね。来週はもう片方を?
すっかり明るくよく見えるようになられた由、気持ちも明るくなりますね。
まぁ、あまり見たくないものまでハッキリ見えてしまって
ちょっとショックもあるでしょうけれど smile
(私は老眼鏡をかけて鏡や部屋を見てギョッとしてます~ ^^)
日帰り手術でいらっしゃいますか? 簡単・楽に受けられるように
なりましたね。 とはいえ、術後しばらくは、無理なさらないよう、
紫外線にもしっかりお気をつけくださいね。

投稿: ポージィ | 2017年1月26日 (木) 21:33

★ポージィさま

こんばんは。
はい、中仙道歩きたいです。平らでないところ外山が見えるところが魅力的です。夢がかなうように体力をつけないといけません。と言っても衰えるばかりで困ったものです。

近くですが散歩もいいものですね。枯れた感じの風景の中に蕾が膨らんでいるのがたくさん見られました。
カンアオイは咲いているのしか見なかったので、今日は蕾に気がついて嬉しかったです。

ホホホ!(^O^)ポージィさんも老眼鏡で鏡を覗いちゃったのですね。私もそんな時がありましたよ。今回はもっとショックでしたが、まあ、世の中明るくなって、テレビやポージィさんのブログのお写真も、より鮮明に見えるようになりました。
術後1週間は目に水が入ったりすると失明するそうです。と怖い話を聞いたのでそうならないように一応緊張しています。さっきメガネをしてないでうっかり目をこすってしまって、あわやと青くなりました。
プラスチックのメガネは紫外線もカットしてくれるそうです。
お気遣いいろいろありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月26日 (木) 22:12

手術されたんですか。あっという間なんですねえ。
世の中が明るくなるっていう人が多いです。
アベも手術しないかなあ、関係ないか^^。

投稿: 佐平次 | 2017年1月27日 (金) 10:17

tonaさん、おはようございます♪
平岩弓枝さんの著書を読まれ、中山道への夢が広がった
ようですね。私も中山道には憧れがありますが、
峠道が多いので無理かしらと思っています。
リーダーさん、きっと連れて行って下さると思いますよ。

白内障の手術を受けられたのですね。
私も昔は1.2~1.5の視力で、視力には自信があったのですが
50代後半から老眼鏡なしでは過ごせなくなりました。
視力自体は0.7ぐらいですが疲れたり夜などは
目がかすんでくることもあります。
手術されて新しい世界が広がったようで良かったですね。
ただ、シミ、ソバカスなどあまり見えすぎるのも困りものですね(笑)

お散歩中のお写真、とても綺麗に撮れていますね。

投稿: hiro | 2017年1月27日 (金) 10:25

★佐平次さま

手術自体は15分で終わり日帰りです。
ここ1年で急激に悪化しました。

( * ^)oo(^ *) クスクス
世の中暗くなったから、総理の目が明るくなればと少しはという切なる願いですね!
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月27日 (金) 19:07

★hiroさま

こんばんは。
中山道を歩けたら、もう言うことなしですが、峠は大変でしょうか。
大山街道みたいに短くないわけで、皇女和宮も歩いたことなど思い起こしています。

私も昔はhiroさんと同じで時には1.5のときもありました。
それが老眼から乱視も混じり、そこまでは良かったのですが、気がついたらあたりが霞んですぐ目の前の人の顔もはっきり見えず、作った眼鏡も合わなかったのですが、これが白内障だったわけです。もう1年早く気がついてやればよかったです。
もう最低限しか鏡は見ないことにします。

写真はとても下手なのですが、褒めていただいて嬉しいです。ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月27日 (金) 19:31

御宿かわせみの小説を読んだことはありませんが
かなり前に小野寺昭さん主演のテレビドラマを観ていました。
山口崇さんの歯切れのいいセリフに好感を持っていたことを思い出します。
中山道をお歩きになることをお考えなのですね。
かなり長期に亘っての完歩になるのでしょうが
体調を整えて実行なさってくださいね。

Saas-Feeの風は岐阜県内の中山道をこれまで部分的に歩いています。
峠越えも経験して愉しく歩けましたよ。

白内障の手術経験はありませんが、手術を受けた知人の話でははっきり見えるようになったということでした。
実は明日、別の知人が白内障の手術を受けることになっていて
車での送迎を頼まれています。
明日は片方の手術、明後日はもう片方の手術と
二日連続の手術だそうです。
そんな連続手術ができるものですかねえ。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年1月27日 (金) 22:22

知り合いの多くの人が白内障の手術をされていますが
同じようなことを言われますね。
私はまだですが、これはいつになるか分かりません。

平岩弓枝さんの小説は読んでいませんが30年くらい前
神戸で講演を聞いたことがあります。
とてもパワーのある人という印象だけ残ります。

カンアオイは見たことがありません。
蕾は尚更です。

もう梅がこんなに咲いているのですか。

投稿: matsubara | 2017年1月28日 (土) 08:43

★ Saas-Feeの風さま

「御宿かわせみ」は男性陣は印象になく、高島礼子だけは覚えております。
平岩弓枝さんは凄くたくさんのいろいろな分野の小説を書いていらっしゃいますね。江戸物はよく調べ上げて(他の小説家もそうですが)います。この本を読んだら俄然行きたくなりました。今は宿も昔の旅籠と違って快適だし、服装や靴も体に具合よく贅沢ではあります。いざとなったら救急車で運ばれるし、車などを使えるしで、必死に歩いた往時の人々の大変さをが偲ばれます。岐阜県内も殆ど未知の世界心がはやります。

ある病院では同じ日に両眼をやるそうですが、二日連続というのは初めて聞きました。その方が本当はいいですね。
私の場合、2週間にわたって洗髪、顔を洗うのが出来ないでというのが1週間ですみますものね。
今日は送迎ですか。私は電車とバスで1時間、転ばないように気をつけました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月28日 (土) 09:02

★matsubaraさま

matsubaraさまは目はまだ何の異常もないのでしょう。それにこしたことはありません。
私はここ2年くらい急激に白内障になってしまったようです。逆さまつ毛で通院してたのに何も言われなくて、医者を変えて紹介された眼科に夫について行って(夫は12月に手術しました)ついでに見てもらったら夫の3倍悪くなっていて、視力が0.1ということですぐ手術ということになりました。
本当にまだ片目ですが明るいです。

平岩弓枝さんは文化勲章を授与されて実力もあり、確かにパワーが感じられる方ですね。講演を聞かれたとは良かったです。

お寺のカンアオイを毎年見に行っていますが蕾は初めてでした。
梅は早く咲く種類なのでしょうね。満開です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月28日 (土) 09:11

 こんにちは。
次の街道歩きは中山道に・・・
希望が叶うといいですね。
私も東海道だらだらある気を始めましたが、
目標は小田原までです。
tonaさんのグループは最後まで完歩しそうな勢いがありますね。

白内障手術の成功おめでとうございます。
0.1が1.2ですか~~。凄い回復です。
夜の中がクリアに見えるって素晴らしい事ですね。
私も視力はあまり出ませんでしたが、
夜になってもちゃんと見えるというのに感激しました。

投稿: ☆銀河☆ | 2017年1月28日 (土) 11:03

tonaさん こんにちは。

tonaさんの健脚ぶりにはいつも感心していましたが、
大山街道を制覇され、今度は中山道なのですね!
車で行くのも考えてしまうのに、歩かれるのですね!
本当にすごいですね。

白梅がもう満開。梅の香りはほのかでいいですね。

まあ、白内障の手術をされたのですか!
母が二年くらい前に手術しましたが、2泊の入院でした。
tonaさんは日帰り手術なのですね。
お帰りになってから大変ではなかったですか?
半年位目薬を点けるのが大変ですね。(母は忘れるので、私が点けていたので・・)

この頃、老眼が一気に進んできたようで、本を読むのもメガネなしではだめです。
母は手術後メガネなしで本を読んでいます!
93歳の母が我が家では一番目がいいようです。

投稿: グレン | 2017年1月28日 (土) 14:32

★☆銀河☆さま

こんにちは。
「東海道だらだら歩き」はなかなかいいネーミングですね!その方が根を詰めないで成功しそうです。東海道は長いですから。でも中山道はもう少し長いですからとてもダメそうですが、いいとこ取りで行きたいなあというのが願望です。

白内障の手術ではお医者さんをご紹介くださって本当にありがとうございました。
お陰様で夫は1.2と0.6に回復しました。
私ももう片方がどうなるかわかりませんが、今片方が良くなっただけでも感動ものです。読書だけは今あるメガネをかけないと字がはっきり見えませんが、テレビもくっきりですし、西日もまぶしくなくなりました。いろいろ素晴らしいです。
もっと早く気がつけばよかったですが、何事もご縁ですね。ラッシーママさんから声をかけて戴かなかったら、まだ濁った眼で世の中をため息つきながら見ていたかもしれません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月28日 (土) 16:15

★グレンさま

こんにちは。
実は大山街道はあと下社から頂上までの登山が残っています。本当は今月には完歩する予定でしたが、厳しい自然に逆らえませんでした。
3、4月頃には登頂予定です。
中仙道はまだ願望です。実現出来たらどんなにかいいか、有頂天になりそうですが、これも現実は厳しそうです。

まあ、お母様93歳でいらっしゃるのですか。91歳で手術されたとはお元気で何よりです。
目も一番良いとのこと、羨ましいでしょう。
日帰り手術はその日と翌日眼帯を外しに行くまでが家で安静です。読書が出来ないので、もっぱら音楽を聴いていました。
はい、抗生物質や目薬など忘れないようにするのと、目を触ったり、顔を洗いそうになるので気をつけることが大変です。それでプラスチックのメガネをずっとしています。寝るときも。
私は手元に合わせていないので、テレビや遠くは見えますが、本は老眼メガネが要ります。まだもう片方が残っていますが、とても幸せな気分です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月28日 (土) 16:32

私は昨年の4月に白内障の手術をしました。
強度の近視でしたので,裸眼は0.5まででした。矯正視力は1.2です。

ただ,左目に2度ほど炎症があり,メガネの調整は7月になりました。左右の目薬の時間差の点眼,1日に左6回,右4回に苦労しました。

洗髪のために理髪店に何度か行きました。
遠視はありませんので,新聞,読書,パソコンなど手元を見るときはメガネを外しています。テレビはとてもよく見えます。

投稿: gaki | 2017年1月28日 (土) 19:21

★gakiさま

そうでしたね。もう随分たちましたね。
白内障の様子も人によってさまざまなのですね。
かなり改善されてとても目の環境が良くなられた様子、よかったです。
私はあさって、左目ですが、こちらも1.2になるという保証はないのですが、その場合は遠近両用メガネを新調しなくてなりません。
手元は老眼用のメガネをかけないと見ずらいです。そうそう、目薬の忙しいこと!忘れそうになり、実際に1度忘れました。
外では人の顔もよく見え、霞んでいませんし、テレビがきれいなこと、感動です。
今日はこれから美容院に洗髪に行きます。顔が2週間も石鹸を使えなくて、黒ずんできましたが、どうせ出かけられないですから家でじっとしています。でもPCもほどほど、読書もテレビも制限ですね。こんなとき座禅の体験があったら瞑想もできるのでしょうが。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月29日 (日) 08:42

プチご無沙汰でスミマセン、ちょっとPCから離れていました。
大山街道の次は「中山道歩き」・・・
私も憧れています。

我ワンゲルの会はすべて終わっていて、私入会するのが遅かったと残念な思いです。
tonaさん、是非実現すると良いですね。

平岩弓枝さんの本は昭和60年ごろまでの物語はほとんど読んでいますが『はやぶさ新八御用旅(二)中仙道六十九次』は未読です。

晴天が続き、見晴らしが効く季節です。
私も先日「スカイツリー」を眺めながらのお食事を楽しみました。

投稿: nao♪ | 2017年1月29日 (日) 15:52

こんにちは。手術をされたんですね。明るく見えるようになって良かったですね。
「御宿かわせみ」は、以前、文庫本を全部読んだことがありました。「はやぶさ新八」シリーズはまだ読んだことがありませんでしたので、読んでみようと思います。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年1月29日 (日) 17:00

★nao♪さま

ワンゲルの会はすべて終わってしまったのですか。それは残念でしたね。
実現するといいのですが、なかなか難しそうです。

わー凄い!平岩弓枝さんの本をずっと読んでいらしたのですね。私は全く初めてです。
これは面白かったです。街道を歩いてみたくなります。

私の所でも公園の橋から今の季節はスカイツリー、西は建物が建って見えなくなりましたがこの間まで富士山が見えました。まあ、自宅からまだ富士山が見えるからいいのですが。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月29日 (日) 19:14

★多摩NTの住人さま

お陰様です。もう片方はあさってですがうまくいくと思います。
「御宿かわせみ」はテレビで観ていました。
「はやぶさ新八」シリーズもかなりありますね。
多摩NTの住人さまは読むのが早そうですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月29日 (日) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64812878

この記事へのトラックバック一覧です: 平岩弓枝著『はやぶさ新八御用旅(二)中仙道六十九次』:

« 原町田七福神巡り | トップページ | 『ざんねんないきもの事典』今泉忠明監修 »