« 映画『この世界の片隅に』 | トップページ | 平岩弓枝著『はやぶさ新八御用旅(二)中仙道六十九次』 »

2017年1月22日 (日)

原町田七福神巡り

大山街道歩きの大山登山は11日の快晴の日に先発隊が途中まで登ったのですが、降った雪が凍っていて断念したということで、後発隊の私たちもやめにして、桜の咲く頃に延期ということになりました。1200mを超す冬山を甘く見てはいけませんでした。

383x600その代わりに行ったのがウォーキング協会主催の「原町田七福神巡り」でした。ウォーキング協会ですからJR横浜線の古淵駅から町田駅まで何もない道路を一駅歩いて、町田駅の周りの七福神を巡りました。約10㎞で足の鍛錬に丁度いい具合でした。今年は2ヶ所も七福神巡りをして、何か御利益があるかもしれない。

原町田は小田急とJRの町田駅あたりの地名です。



弁財天(芸術財福)・母智丘神社  インドでは吉祥天とともに最も崇拝される女神
319x460
母智丘神社は屋根を見ると神社とわかるが、社殿正面が普通と印象が違っていた。
460x345
茅の輪をくぐって無病息災を祈る(普通は6月30日)。左足からまたいで輪をくぐって左回り、次に右足からまたいで右回り、次にもう一度左回り、最後に左足からまたいで神前へ進みます。出羽三山の羽黒山でくぐって以来です。
414x460

毘沙門天(福寿増長)・浄運寺 日蓮宗 
460x345_2
あれれ、毘沙門天が写真になかった!狐に目が行って撮り忘れか。

                紅朴伴に似ているツバキがきれい350x263
               境内稲荷社の狐は玉と巻物を咥えている460x345_3
長岡織部の墓 幕末から明治にかけての神道無念流の剣士。弟子が100人以上いたという。460x345_4

大黒天(五穀豊穣)・カリオン広場
345x460_2

福禄寿(財宝守護)・商工会議所
352x460

寿老人(不老長寿)・勝楽寺 浄土宗
404x460_2
460x345_6

布袋尊(家庭円満)・宋保院 曹洞宗
342x460
Photo
460x345_7

恵比寿神(商売繁盛)・町田天満宮 主祭神は菅原道真
445x460
460x345_8
460x345_9

      駅へ行く途中、この間の江の島まで流れていく境川を渡りました。460x345_10
350x226

原町田七福神は距離的にコンパクトにまとまっていて、像は同じ人の手になるのか、なかなかに可愛いと言える御尊顔を拝するのが楽しかった。

|

« 映画『この世界の片隅に』 | トップページ | 平岩弓枝著『はやぶさ新八御用旅(二)中仙道六十九次』 »

コメント

ずっと真冬もウォーキングが続いていますね。
その健脚ぶりに乾杯です。

早い茅の輪くぐりですね。
近くの八幡神社では毎年6/30に行われていますが
最近ご無沙汰です。

投稿: matsubara | 2017年1月23日 (月) 07:53

★matsubaraさま

おはようございます。
ウォーキングは暑くなるので冬場が一番歩きやすいですね。

茅の輪はもともと6月30日だそうですね。きっと暮れからやっていたのだと思います。
私も今までこれで2度目です。これにもやる意味と方式があったのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月23日 (月) 08:17

こんにちは。JR横浜線の駅では、以前は原町田でした。その後、場所が小田急寄りに移動して町田駅になりましたね。あの頃は横浜に住んでいましたので良く覚えています。懐かしいです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年1月23日 (月) 08:32

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
コメントありがとうございます。
原町田の駅名があったように思っていたのですが、そうだったのですか。
横浜線の駅が移動したことも知りませんでした。それにしてもまだまだ両方の駅の移動はちょっと時間がかかりますね。
でも武蔵小杉の移動の長さには毎回うんざりです。動く歩道が出来たのでほんのちょっぴり短縮ですが。

投稿: tona | 2017年1月23日 (月) 08:42

tonaさん、おはようございます♪
大山は春に延期されたのですね。
その方が桜を楽しめる上に、
危険が少なくて良いですね。

原町田に七福神があるとは知りませんでした。
距離的にコンパクトにまとまっているとはいえ、
10㎞とはけっこうな距離ですね。
この時期、歩く機会は少ないですが、
七福神巡りのように目的があれば、けっこう歩ける
かもしれませんね。
私もそろそろ始動しなくては・・・

投稿: hiro | 2017年1月23日 (月) 09:30

おはようございます
 
大山登山は桜のころに… そのほうが色々楽しみも増えそうですね。
その代わりに今年2度目の七福神巡り。町田の名はよく知っていますが
原町田は初めて知りました。原町田のほうが古くからの町のようですね。
10kmの行程、すたすた歩き続けても2時間半。かなりの距離と感じられますが、
やっぱりたくさん歩けるのは素晴らしいことですね♪
今回も青空の下、充実の七福神巡りでいらっしゃいましたね。
 
町田を流れる境川は、初めて見ました。うちの近くも流れていて、
たまに川沿いを歩いたとか、川沿いの桜を眺めたというのは
境川のことなのですョ(^^)
江ノ島駅の車止めのスズメは、着せ替え服を作られる方がいたりで
なかなか有名になりましたが、町田にもあるのですね。

投稿: ポージィ | 2017年1月23日 (月) 09:49

★hiroさま

おはようございます。
春の大山は頑張って登頂したいです。
亡き田部井淳子さんがおっしゃるように、一歩一歩前進すれば必ず辿り着くと。・・・なかなか悲壮になってきました。数年前アルプスに行ったことが信じられないこの気の弱さです。

古淵から原町田まで歩いた分が殆どで、七福神はあまりカウントされていません。それくらい近距離にかたまっていました。
寒い時期は歩きはじめると歩くのに快適ですね。hiroさんもそろそろウォーキング開始ですね。そちらは歩くところが多くて羨ましいくらいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月23日 (月) 10:01

★ポージィさま

そうなのです。春の方がずっと楽しそうな大山です。何事も目的のためにあせってはいけないわけですね。

コメントをいただいた多摩NTの住人さんによれば、横浜線が駅を小田急の方へ移動する前は原町田の名前だったそうです。私も遥か昔、原町田の駅がどこかにあったような記憶があるのです。そらがこれでした。
原町田の地名の中にある駅が町田という名だったのですね。
本当に歩けることは幸せです。足の痛かった時のことを思い出しますと、今が奇跡のようです。しかし数日怠れば、足腰が凄く弱ることは年齢的にあり得ますので、歩ける間に歩きたいです。
ポージィさんの方に境川が流れているのですね。東京や神奈川を巡っている境川、とても縁が深くなりました。
江の島のスズメのこと知りませんでした。こんな可愛いスズメにさらに着せ替え服ですか!もっと可愛くなったでしょうね。いろいろな方がいて楽しくなるお話ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月23日 (月) 10:14

こんばんは。
またもや懐かしい地名を拝見しました。
Saas-Feeの風が厚木に移ったころ
旧国鉄の駅が原町田駅で
小田急線の駅が新原町田駅でしたね。
当時は原町田駅と新原町田駅が離れていて
乗り換えには商店街を歩いていたような記憶があります。
七福神が祀られていることは知りませんでした。
そちらにいるころには七福神めぐりをしていませんが
こちらに来てから幾ヶ所かで七福神めぐりを
しています。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年1月23日 (月) 22:06

★ Saas-Feeの風

おはようございます。
そうですか。小田急の駅が新原町田駅だったのですね。そしてJRが原町田駅。
この新原町田の名前も微かに覚えていて、今ないと思ったのですがこういうわけだったのですね。
以前より両駅は近づいたのでしょうが、今でも随分距離がありますね。
ここも七福神は新しくできたのではないでしょうか。
そちらでもたくさんあることでしょうね。
とてもそちらには行かれませんが、地域それぞれ巡っている様子が浮かびます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年1月24日 (火) 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64796241

この記事へのトラックバック一覧です: 原町田七福神巡り:

« 映画『この世界の片隅に』 | トップページ | 平岩弓枝著『はやぶさ新八御用旅(二)中仙道六十九次』 »