« 湯河原の幕山・南郷山登山 | トップページ | 片瀬・鵠沼・辻堂海岸~藤澤浮世絵館~旧東海道・四ツ谷(立場) »

2017年3月 9日 (木)

鎌倉13 北鎌倉(1)二大禅刹とお雛様・つるし飾り

3/8昨日、鎌倉13回目の訪問は北鎌倉の二大禅刹・建長寺と円覚寺でした。

476x600●「北鎌倉つるし飾りのある街」というイベントが2/4~3/20まであって約100ヶ所のお店と駅などで吊るし飾りを楽しめます。

        駅のつるし飾り
460x345

新つるし飾り 公家姿の武士や尼さん、小坊主、御家人、町娘等12種類の鎌倉・室町時代の服装をした人物と北条・上杉の家紋で成り立っている。345x460
                   ある店の吊るし飾り345x460_2
                 食事をした店のつるし飾り460x345_2

423x600●北鎌倉古民家ミュージアムでは「おひなさまとつるし飾り展」をやっていました(撮影禁止)。円覚寺のすぐそばです。
ちらしにありますような江戸時代の寛永、享保、有職、一刀彫、次郎左衛門などの雛、そして明治・大正・昭和のお雛飾りが所狭しと飾られています。

600x584

600x329_2

この民家には最近亡くなるまで、尾形乾女(七世乾山)が住んで陶芸をやっていた。尾形光琳の弟・尾形乾山から七代目で女性。この方で尾形乾山の系統は終わったそうです。345x460_3
460x345_3


禅宗の臨済宗は14派あって京都7派、鎌倉2派、他7派。
鎌倉2派は建長寺派(他寿福寺、浄妙寺など8寺)、円覚寺派(他瑞泉寺、浄智寺など4寺)

鎌倉には国宝が4つあり、建長寺の梵鐘と円覚寺の梵鐘、舎利殿、そして鎌倉大仏です。

81 建長寺 
創建1249年、開山は蘭渓道隆 開基は北条時頼 拝観料300円 鎌倉33観音霊場として27番・建長寺妙高院、28番・建長寺、29番・建長寺龍峰寺
建長汁(けんちんじる)は建長寺発祥の料理。この日の昼食はたまたまけんちん汁を頂きました。

何回も訪れた北鎌倉の寺々、この時期はまだ花や緑が乏しいけれど、さすがに人が少ないので、広い境内をゆっくりと辿り、静かで気持ち良い時間を過ごせました。

                    堂々たる三門460x345_4
               手前にはおかめ桜が左右2本満開だ345x460_4
460x345_5
国宝・梵鐘 2.7トンだそうで開山の銘文がある。1255年鋳造。鐘の音を聴いてみたい。345x460_5
仏殿手前の柏槇 開山が中国から持ってきた種を創建時にまいたと言われる樹齢約760年で、太い幹がくねっていて神秘的だ。460x345_6
仏殿の御本尊は「地蔵菩薩」でとても珍しいとのこと。他では釈迦如来が多いのに。345x460_6
            法堂の千手観音と天井の雲龍図(小泉淳作画)460x345_7
460x345_8
               方丈からの唐門と庭園(国史跡)460x345_10
460x345_11

82 円覚寺

創建1282年 開山は無学祖元 開基は北条時宗 拝観料300円 円覚寺仏日庵は鎌倉33観音霊場33番

                    総門への石段460x345_12
                   ここの山門も立派460x345_13
国宝の梵鐘・洪鐘
隣に弁天様が祀ってあるのは、洪鐘鋳造の折、江ノ島弁財天の加護により円成したからという。61年に1回、3日間ご開帳と言うからとても拝めない。460x345_14
         居士林 山岡鉄舟、鈴木大拙、夏目漱石などが参禅した。460x345_15
              方丈前の百観音は江戸時代のもの460x345_16
奥が国宝・舎利殿。源実朝が宋の能仁寺から請来した仏牙舎利を奉安する堂宇で唐様式の美しい建造物として国宝に指定された。残念ながら全容が見られない。460x345_17
白鹿洞 開山の説法を聞こうとする白鹿がこの洞より群を成して出てきたという。460x345_18

|

« 湯河原の幕山・南郷山登山 | トップページ | 片瀬・鵠沼・辻堂海岸~藤澤浮世絵館~旧東海道・四ツ谷(立場) »

コメント

tonaさん、おはようございます♪
吊るし飾りや江戸時代のお雛様、おかめ桜までご覧になれ、
良い時期に行かれましたね。
新つるし飾りは北条・上杉の家紋で成り立っているそうですが、
上杉家と鎌倉は何か関連があるのでしょうか?

建長寺は2度行ったことがありますが、ここ40年近くご無沙汰です。
英語サークルでご一緒した方が座禅体験をされたと仰っていたので、
一度はそれに参加したいのですが、日常の生活で正座すら
していないので、長い時間座禅が出来るかちょっと不安です。

円覚寺は5年前の秋、天園ハイキングをする前に寄りました。
紅葉を除いては当時と変わらず、懐かしく拝見しました。
国宝・梵鐘は見逃しました。
tonaさんのブログで拝見できて良かったです。

投稿: hiro | 2017年3月10日 (金) 10:05

鎌倉でも吊るし雛をやっているとは知りませんでした。
柳川でも、街中でそれをやっていました。
「吊るし」という言葉は縁起が良くないから
あちらでは「さげもん」と言うのだそうです。
うがった目で見れば、どちらも語感はあまりよくないような気がしますが…w

投稿: zooey | 2017年3月10日 (金) 10:10

よい時期に鎌倉に行かれましたね。
建長寺と円覚寺には行きました。
でも梵鐘がどちらも国宝であるのに
気づかず、舎利殿ばかり撮影した記憶
があります。近くにあのころ行けなかった
のが残念でした。かなり遠くから
通行禁止になっていました。

ひな飾りがいろいろ楽しめましたね。

投稿: matsubara | 2017年3月10日 (金) 11:31

次々と鎌倉の寺社を紹介される度に、未知の所が多いなぁ~と思ってました。
やっと親しみのある建長寺、円覚寺が現れて嬉しいです。
三年半ほど横浜にも住んで、北鎌倉はよく行ったんですよ。
建長寺は東京に越してからも、本堂拝観よりハイキングで裏山から歩きました。
ただ通るだけなのに、拝観料取られてブーブー文句言ってましたね(笑)
けんちん汁ってそうなんですか、またお利口になりました♪
凄い吊るし飾りに雛さま、豪華であればあるほど人が来るんでしょうか。

投稿: だんだん | 2017年3月10日 (金) 16:18

★hiroさま ありがとうございます。

そうなのです。お花は殆ど見られませんでしたが、ひな祭り展があったのです。
新つるし飾りの一番下に付いている両家の家紋についてです。これは北鎌倉のここ、山ノ内に北条氏が執権職として実権を握り、邸宅を設けて鎌倉・全国支配をしたこと。室町時代には京都から鎌倉公方が派遣され、これを補佐する関東管領の職を務めたのが、やはりここ山ノ内を本領とする上杉家でした。というわけで武士の精神文化に貢献した両家のゆかりの地のために、当時の服装の人物と一緒に飾られているそうです。

座禅は確かに私にもできません。正座が数分しかもたないので、1時間はとても無理です。

天園ハイキングは私も数回していますが、逆コースで建長寺に降りるとき、建長寺は300円取られるからとみんなでケチったのが運のつき、ものすごい回り道をしてやっと明月院にたどり着いたというお粗末な話です。

投稿: tona | 2017年3月10日 (金) 16:22

★zooeyさま ありがとうございます。

私も知りませんでしたが、最近テレビで放映していたので知りました。
古民家の展覧会は行く朝に娘からのメールで知りました。いろいろ見ることが出来て面白かったです。
私も柳川でたまたま見ましたが、売っているのも1万円もするのですね。布地も高く手間もかかっているので納得ですが。
そういえば柳川では「さげもん」でしたね。すっかり忘れていました。

投稿: tona | 2017年3月10日 (金) 16:29

★matsubaraさま ありがとうございます。

円覚寺は仏殿は修理中で拝めませんでしたし、たくさんの塔頭は全部閉じていました。
方丈の庭だけ入ることが出来たのと、一番奥の黄梅院の観音様を拝顔できました。あと梵鐘と舎利殿の屋根だけです。
その点、建長寺は仏殿も法堂も方丈もすべて中に入れてもらえました。

つるし雛とお雛様を同時に見られてラッキーでした。作り手、時代によってお雛様の顔が随分違うものですね。

投稿: tona | 2017年3月10日 (金) 16:38

★だんだんさま ありがとうございます。

13回目でやっと北鎌倉に辿り着きました。
誰でも知っているこの2つの禅寺、何回通ってもいいですね。
今の季節は小町通りの喧騒が嘘のような静かな北鎌倉です。

あら、横浜にも住んでいらしたのですか。
鎌倉は近いですね。
そうなのです。天園ハイキングは建長寺出発でも逆にここに降りてきても拝観料を取られるのですよね。最近ですが同好会で行ったとき、それをケチって凄く遠回りして結構疲れたことがあります。そんなことをするべきではないと話したことでした。

街の中のつるし飾りはお店の前に一つか二つで簡素ですが、ミュージアムの方はたくさん展示されていて、結構人が入っていました。6月にはここで山アジサイ展をするそうで、何百鉢も展示されると館長さんが言っていました。

投稿: tona | 2017年3月10日 (金) 16:51

新婚当初は鎌倉市民(最寄り駅は大船)でした。
アパートから歩いて山越えして北鎌倉のお寺巡りをしていましたから
懐かしく写真を拝見しました。
でも鎌倉で「おひなさまとつるし飾り」を見たことがありません。
円覚寺のそばですか・・・。
ミュージアムのことも覚えていません。
当時はあったのかなあ~。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年3月12日 (日) 07:34

★Saas-Feeの風さま ありがとうございます。

ご新婚から良い所にお住まいで良かったですね。
古民家ミュージアムは駅から2分で100年前の建物で当時からあったと思いますが、Saas-Feeの風さまが住んでおられた頃は、↑の陶芸家がそこで活動されていてそこにお住まいだったから、まだ開いていなかったでしょうね。

北鎌倉のつるし飾りは6年前に始まったそうです。今年初めて、私もテレビで知りました。
こちらは東慶寺などがある、春になると車の混んでいる鎌倉街道沿いの店です。

投稿: tona | 2017年3月12日 (日) 09:02

こんにちは。鎌倉は見るところが多く、また何度訪れても良いです。建長寺の三門の手前はオカメザクラでしたか。まだそれと認識して見たことがない桜でした。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年3月12日 (日) 17:34

★多摩NTの住人さま

新宿御苑で早咲きのカンザクラ数種類見ましたが、もう区別がつかないです。
そして少し遅れてオカメザクラ、カンヒザクラが片親でピンクが濃いですね。
もう何年たつのでしょう。きれいに咲いていました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年3月12日 (日) 19:35

最近ではお雛様の季節になると色々な所で、お雛様や吊るし飾りを飾ってますが
新吊るし飾りは初めて知りました。
北鎌倉古民家ミュージアムでは「おひなさまとつるし飾り展」は凄い数のお雛様で
作られた時代によってお顔が違いますね。

北鎌倉は以前にnao♪さんが案内してくれましたが、私はお寺に疎くてその時のブログを見て
「円覚寺」と「東慶寺」に行きましたが、「建長寺」は行ってません。
tonaさんが「円覚寺」を説明してくれてるのに全く覚えて無いのです。

投稿: ラッシーママ | 2017年3月12日 (日) 23:24

★ラッシーママさま

PC直りましたか。良かったですね。
ご自分でやったのでしょうかね。私は故障したときは何もできないで人任せで、全く情けないです。

新つるし飾りは6年前に始まったそうで、まず北鎌倉の駅にこの独特の飾りがあります。
江戸時代の雛では享保雛や徳川家くらいしか覚えていませんでしたが、他にもいろいろありましたよ。本当にお顔がいろいろです!

円覚寺の方はうろ覚えでしたが、建長寺は忘れていました。国宝の梵鐘もじっくり見ていませんでした。
北鎌倉は何回も行きますがそのたびに忘れていて新しい発見があります。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年3月13日 (月) 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64992263

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉13 北鎌倉(1)二大禅刹とお雛様・つるし飾り:

« 湯河原の幕山・南郷山登山 | トップページ | 片瀬・鵠沼・辻堂海岸~藤澤浮世絵館~旧東海道・四ツ谷(立場) »