« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月30日 (木)

大桁山

大桁山(836m)はネギで有名な群馬県・下仁田にあります。我が家からは結構遠くて早朝5時半に家を出ました。
登山口は440mなので約400mの標高差を登るにすぎず、最後の階段の急登がちょっと大変なだけで、難易度は低く初心者でも楽々登れます。西上州の入門の山と呼ばれる。歩行時間はたった2時間20分・・の筈でした。
が、しかしこの日はベテランがいながら、登山口にたどり着けず、道の駅周辺を2度車で回り、下山は道を間違え、どこにいるかわからなくなって、かなり戻り、指導標にたどり着くというハプニングの起きた山でした。そのため家に帰ったのは午後8時をとっくに過ぎているという、最近ない成り行きの印象深い山となりました。この頃、ついこの間登った山の名さえ忘れてしまいます。

                                   道の駅から見た大桁山(中央)460x345
登山道はそのまま関東ふれあいの道です。今までこの木のようなマークに気が付きませんでした。300x400
このような指導標は3ヶ所くらいにあったのですが、帰路、皆が気が付かなかった。あとで一人だけあったという記憶の人を頼りに戻ったのでした。460x345_2
最後は階段がずっと続く。それでも大山登山の前哨戦としては軽い。(果して大山に登れるか?)345x460
                                                   頂上345x460_2
                 三角点   いつも撫でます460x345_3
すぐ目の前の木の向こうは、何と妙義山です。途中荒船山も見えました。この日はこれを見るだけのために行ったようなものです。460x345_4
ぐるっと4分の3周の景色。妙義荒船佐久国定公園の山並みを始め、秩父連山、八ヶ岳、浅間山を望めるとのことだが、どれがどれだかわからなかった。460x345_5
460x345_6
460x345_7
460x345_8
       迷った道に咲いていた水仙。誰かが山に植えたのでしょうか。460x345_9
460x345_10

そんなこんなの山行でしたが、頂上からの景色と自分の体の鍛錬で何もなくてつまらないということはないです。
3つ年下の男性のリーダーの一人は、とても人柄のよい方の一人で、超元気で、何でも日本には1000名山があって700も登ったそうです。あと300は行くのが散らばっていてとても大変とか。
100,200、300名山の他、信州、群馬、栃木、山梨、関東100名山などもあります。
奥さんは100名山が終わったら、お友達との別行動、海外旅行も今は別行動で、お互いに好きに生きているみたいで、なかなか素敵な生き方です。

最近の楽しみがラインです。身内でグループを作っていますが、スタンプがおかしくて、何だかそれが楽しみで生きているこの頃です。
そのラインの人が最近増えました。
私が勤めていた中学・高校を卒業して47年、唯一担任として卒業させた子たちが、ひょんなことから昨年12月に5人、そして1昨日に10人集まってミニ同期会を開いたのです。これが面白くて面白くて。10歳年下の人たちなのに、こちらがボケて精神年齢が下回ってしまって恥ずかしいのですが、声が枯れるくらい喋り、ラインでも話せるようになって、何だか自身のいろいろなクラス会よりはしゃいでいます。10人10様、中には驚くような人生を送っている子がいて、背筋が伸びるような思いでした。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

GAS MUSEUM (ガス資料館)

先日訪れた「藤澤浮世絵館」では、東京小平市にあるガス・ミュージアムからたくさんの錦絵が来ていました。
そこで近くにあるこのガス・ミュージアムに行ってみました。
このミュージアムには明治錦絵が400点も所蔵されている。無料。展示替えも行われます。

赤レンガのガス灯館とくらし館からなっていて、庭には横浜や湯島天神や築地にあったガス灯を始め、フランス、イギリス、、スペイン、ドイツのガス灯など13種17基が置かれて点灯されていた。

                      ガス灯館460x345
                      ガス灯345x460
ガス灯館では「錦絵にみる東京の冬景色」展が開かれ文明開化のシンボル・ガス灯とその時代に描かれた錦絵が37点展示されています。

作品一覧表には珍しく、たくさんの写真が載せられ、その説明があります。クリックすると見られます。
516x770 540x770

当時の歳の市、餅つき、羽子板、凧揚げの様子、またこの時代の浮世絵の寵児・小林清親、歌川広重(三代)らの描く東京に風景には雪景色が多く描かれ、当時は今と違って雪がたくさん降った様子がわかります。それが印象的な今回の展示でした。
ガス灯館にはその他、明治時代に使われたガスライトが多く展示されています。

くらし館

460x345_10
460x345_12
幼少だった私は疎開前のこの景色を覚えてるし、小学校2年生になって帰ってきたときはもう少し家が建ち始めていました。460x345_3
                四面式食パン焼き器(昭和)460x345_4
                   戦前の蟹型ストーブ460x345_5
                  籐製ガス火鉢(大正)460x345_6
                100年以上前の英国製ガスレンジ460x345_7
大隈重信伯爵邸台所(1902・明治35年) 右側にガスかまど3台と奥に外国製ガスレンジが見える。立派です!460x345_8
岩崎男爵邸台所(1902・明治35年)裸火ガス灯と正面奥や左上円内にガスレンジが見える460x340
ガスオルガン 天然ガスで演奏できる世界最初のガスオルガンで音域は2オクターブ半。ドイツのストラスブールにあるのを元に1987年に復元制作された。鍵盤を押すとガラス管の中の炎が変化し、やわらかい音を出す仕組み。460x345_9

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

カタクリ & ティツィアーノとヴェネツィア展

近くの殿ヶ谷戸庭園ではキクザキイチゲとカタクリが満開です。

キクザキイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属) 殆どのが向こうを向いていてやっとこれだけ半分見えました。460x307
カタクリ(ユリ科カタクリ属)460x307_2
460x307_3
460x307_4
460x307_5 362x460

460x307_6 460x307_7



『ティツィアーノとヴェネツィア展』東京都美術館

ルネサンス期、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロが活躍したフィレンツェに比肩するヴェネツィア。

ルネサンスのヴェネツィア派の代表は5人あるいは6人です。<>の作品は今回は来ていなかった。(昨年早稲田で学んだルネサンス期の絵画による)

ジョヴァンニ・ベッリーニ(1430年頃~1516年)・・ヴェネツィア派の祖
<マンテーニャ(1431~1506年)>・・ ベッリーニの義兄弟
<ジョルジョーネ(1476/78年頃~1510年)>・・ベッリーニの弟子
ティツィアーノ(1488/90年頃~1576年)・・最大の巨匠。ベッリーニの弟子、ジョルジョーネの影響受ける。
ティントレット(1518~1594年)・・ティツィアーノの師事するも破門。エル・グレコに影響を与える。
ヴェロネーゼ(1528~1588年)・・ティツィアーノの影響を受ける。ルーベンスなどに影響を与える。

           ベッリーニ≪聖母子(フリッツォーニの聖母)≫
370x460_3
ティツィアーノ
                      ≪フローラ≫325x460
                       ≪ダナエ≫460x324
     ≪教皇パウルス3世の肖像≫      ≪マグダラノマリア≫460x457_3
                  ティントレット≪レダと白鳥≫460x460
        ヴェロネーゼ≪聖家族と聖バルバラ、幼い洗礼者ヨハネ≫460x378
ティツィアーノのこの4作品が来日しただけでも素晴らしいことです。スペイン国王カルロス1世やフェリペ2世の愛顧を受けるだけの人物だったようです。
≪フローラ≫はボティチェリの≪春≫作品より心にジーンとくる顔です。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

歌舞伎『伊賀越道中双六』

雲南黄梅がずっと咲き続けています。似ている黄梅(迎春花)は小さく一重。
雲南黄梅は八重(二重構造)咲きが多くで花冠は6~8枚と全くいろいろな様相を呈していて、眺めていると面白い。
318_460x345 318_460x345_2


318_460x345_3 318_460x345_4


318_460x345_5 318_460x345_6

何でも咲くのが遅めの我が家、やっと沈丁花が咲いて芳香を漂わせています。昔卒業式の頃に咲いていた花で、送辞や答辞にこの花の名前が入っていたのを思い出し、卒業式の花と心得えている私です。
318_460x345_7
318_460x345_8


国立劇場の3月公演(12時~16:25分)通し狂言「伊賀越道中双六」を見に行きました。
460x345
                                     劇場前の皇居のお堀460x345_2
460x345_3
                   江戸城跡の碑460x345_4
         キシツツジ 兵庫県以以西~九州に分布し川岸に生える
          訂正:リキュウウバイ 0さんありがとうございました。460x345_5
460x345_6
ヒュウガミズキと書いてありましたが、トサミズキとおもわれます。
460x345_7 460x345_8


              緞帳(四季草花図)3種類の中のひとつ460x345_9

2015年5月に三島~沼津間を歩きました時、途中に「平作地蔵尊」がありました。日本三代敵討ちの浄瑠璃「伊賀越道中双六」の話に関係。娘お米の夫・渡辺一馬のため、父親平作が自害してまで仇の行方を聞き出した。義兄荒木又右衛門の助太刀で本懐を遂げる。

歌舞伎の方は名前を変え、場面も変わって円覚寺や岡崎の場面、最後が伊賀上野。敵討ちの場
荒木又右衛門が、唐木政右衛門という名で登場し、複雑な事情で、病で宿を求めた妻を雪の中に追い返し、さらに自分の赤ん坊を殺してしまう。妻お谷への情愛を描く場面・莨の葉を刻んで苦衷に耐える件(くだり)は「莨切」と呼ばれる有名な場面。中村雀右衛門(お谷)、中村又五郎(奴助平)、中村米吉(お袖)の演技が良かったし、迫真の演技に泣けました。でも自分の子供まで殺してしまうとは、考えられない成り行きです。

           東京駅中央線ホームから見えるKITTEに映るビル460x345_10

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

綱町三井倶楽部にて

昨日、綱町三井倶楽部でランチでした。zooeyさまにご手配いただいてやっと取っていただいた予約、岐阜からmatsubaraさまが駆けつけて1年ぶりの再会の食事会となりました。
鹿鳴館の設計者であったジョサイア・コンドルの設計で三井家の迎賓館として建てられた。
旧岩崎邸や、小石川後楽園、旧古河庭園、六義園、清澄庭園などいろいろ廻っていたのに、ここは初めてです。

460x345
6000坪の庭園は洋風庭園(ルネッサンス風幾何学式だそうだ)を下った所に池のある広い日本庭園があり、樹木や灌木や灯篭や塔や自然石が一杯で、今は花は咲いてないけれども鯉が元気に泳いでいました。
写真はダメですが、室内にはロダンの彫刻、ターナー等の名画、優雅な装飾品で溢れていて、欧州のどこかの宮殿の中を歩いている気分です。地下の有名なワインセラーは見られなかったけれども、ワイン好きにはたまらない魅力のバーもあるようです。

久しぶりに洗練されたフランス料理を白ワインとともにいただきました。二皿目は「ホタルイカのマリネとラタトゥーユのクスクス仕立て」とわかりやすい名前のお料理。不味い印象のクスクスがとても美味しい。
1_460x345
2_460x345
460x345_2
460x345_3
5_460x345

日本庭園の池には餌箱が置いてあってあげると大きな口を開けて寄ってくる様が愛らしい。娘が言うには、鯉は意外と獰猛で、熊本水前寺公園で餌をやろうとしたら、陸まで上がってきたそうな。
460x345_4
                  十月桜に似ているが?460x345_5
庭梅とは葉が違うようです ピンクユキヤナギだそうです。orangepekoさんありがとうございました。

460x345_6

いろいろなお話で楽しみましたが、ちょろっとこんな話も。

「 世の中の 金銭いくら ためたとて 死ぬる時には みな人のもの」

全くその通りであんまり欲張ったりしてお金を貯めるだけの人生はむなしくつまらない。自分も楽しむけれど、人にも良くしてあげたいものです。

| | コメント (19) | トラックバック (2)

2017年3月13日 (月)

片瀬・鵠沼・辻堂海岸~藤澤浮世絵館~旧東海道・四ツ谷(立場)

599x660_23/11 神奈川ウォーキング協会のイベントに2回目の参加です。
大山街道歩きのリーダーのSさんとご一緒で、案内していただき、藤沢駅~片瀬海岸~鵠沼海岸~辻堂海岸~辻堂駅からすぐの藤澤浮世絵館~旧東海道・四ツ谷の立場(宿場と宿場の間にある休憩地)~小田急線藤沢本町駅 自宅から駅往復と合わせるとざっと20㎞近く歩きました。我ながらよく歩いた!(自画自賛)



 藤沢駅近くの奥田公園のクロガネモチの木 実が大分オレンジ色がかっていた。

460x345
           引地川 藤沢駅を挟んで引地川と境川が流れる460x345_2
                    長久保公園460x345_3
             鵠沼の住宅地をくねくね行くと境川へ出る460x345_4
             堤防上ではイワシとシラスを干されていた460x345_5
                  江ノ島の海岸に到着460x345_6
        この日は潮がかなり引く日であった。それがわかる海岸線。460x345_8
              橋桁の間、長靴なら歩けそうです。460x345_9
昼食はまたまた江の島・鎌倉名物「しらす丼」。しらすの塩味が良く、生姜おろし、大葉、レモン、半熟卵とマッチして大変美味しいお店でした。460x345_10
                        海岸460x345_11
                     サーフィン460x345_12
                     コブシ満開460x318_460x318_2

辻堂駅北側のココテラス湘南7階に藤沢市藤澤浮世絵館があります。
『文明開化 変りゆく浮世絵の景色たち』展
① 東海道コーナー 
三代歌川広重の錦絵が「東海名所 改正道中記」として日本橋から16枚も。明治8年制作です。東海道五十三次は初代歌川広重だけでなく、歌川国貞による「東海道五十三次・美人東海道」「役者見立東海道」などが人気を博したらしい。
初代との比較 (クリックして拡大)660x325
② 藤沢宿コーナー
歌川広重のこの絵は「東海道七 五十三次之内 藤沢」とあるけれど、四ツ谷の立場を描いたもの。この場所は東海道から大山道が分岐する所(追分)でもあった。絵の左端に不動明王を戴いた大山道標が見えるとのこと。美術館を出てから実際に行ったわけです。
460x351
③ 江ノ島コーナー
初代歌川広重は江ノ島が好きだったようで、今回10枚展示されていた。
               
                  勝川春扇「江ノ島詣」460x294
④ 文明開化と景色のヨコハマ
文明開化によって浮世絵が描かれる風景は、異国の人々やレンガ造りの建物、ガス灯、蒸気機関車と大きく変わっていった。明治5年には横浜に日本初のガス灯が設置され、新橋・横浜間に鉄道が開通した。クリックして拡大660x346
660x396

                 四ツ谷交差点の四谷不動345x460
460x345_13
               旧東海道から分かれる大山街道460x345_14
藤沢本町駅への途中メルシャンワインの工場があり、可愛い七面地蔵尊があった。どこが七面なのかわからない。345x460_2
                    面白い石屋さん460x345_15

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

鎌倉13 北鎌倉(1)二大禅刹とお雛様・つるし飾り

3/8昨日、鎌倉13回目の訪問は北鎌倉の二大禅刹・建長寺と円覚寺でした。

476x600●「北鎌倉つるし飾りのある街」というイベントが2/4~3/20まであって約100ヶ所のお店と駅などで吊るし飾りを楽しめます。

        駅のつるし飾り
460x345

新つるし飾り 公家姿の武士や尼さん、小坊主、御家人、町娘等12種類の鎌倉・室町時代の服装をした人物と北条・上杉の家紋で成り立っている。345x460
                   ある店の吊るし飾り345x460_2
                 食事をした店のつるし飾り460x345_2

423x600●北鎌倉古民家ミュージアムでは「おひなさまとつるし飾り展」をやっていました(撮影禁止)。円覚寺のすぐそばです。
ちらしにありますような江戸時代の寛永、享保、有職、一刀彫、次郎左衛門などの雛、そして明治・大正・昭和のお雛飾りが所狭しと飾られています。

600x584

600x329_2

この民家には最近亡くなるまで、尾形乾女(七世乾山)が住んで陶芸をやっていた。尾形光琳の弟・尾形乾山から七代目で女性。この方で尾形乾山の系統は終わったそうです。345x460_3
460x345_3


禅宗の臨済宗は14派あって京都7派、鎌倉2派、他7派。
鎌倉2派は建長寺派(他寿福寺、浄妙寺など8寺)、円覚寺派(他瑞泉寺、浄智寺など4寺)

鎌倉には国宝が4つあり、建長寺の梵鐘と円覚寺の梵鐘、舎利殿、そして鎌倉大仏です。

81 建長寺 
創建1249年、開山は蘭渓道隆 開基は北条時頼 拝観料300円 鎌倉33観音霊場として27番・建長寺妙高院、28番・建長寺、29番・建長寺龍峰寺
建長汁(けんちんじる)は建長寺発祥の料理。この日の昼食はたまたまけんちん汁を頂きました。

何回も訪れた北鎌倉の寺々、この時期はまだ花や緑が乏しいけれど、さすがに人が少ないので、広い境内をゆっくりと辿り、静かで気持ち良い時間を過ごせました。

                    堂々たる三門460x345_4
               手前にはおかめ桜が左右2本満開だ345x460_4
460x345_5
国宝・梵鐘 2.7トンだそうで開山の銘文がある。1255年鋳造。鐘の音を聴いてみたい。345x460_5
仏殿手前の柏槇 開山が中国から持ってきた種を創建時にまいたと言われる樹齢約760年で、太い幹がくねっていて神秘的だ。460x345_6
仏殿の御本尊は「地蔵菩薩」でとても珍しいとのこと。他では釈迦如来が多いのに。345x460_6
            法堂の千手観音と天井の雲龍図(小泉淳作画)460x345_7
460x345_8
               方丈からの唐門と庭園(国史跡)460x345_10
460x345_11

82 円覚寺

創建1282年 開山は無学祖元 開基は北条時宗 拝観料300円 円覚寺仏日庵は鎌倉33観音霊場33番

                    総門への石段460x345_12
                   ここの山門も立派460x345_13
国宝の梵鐘・洪鐘
隣に弁天様が祀ってあるのは、洪鐘鋳造の折、江ノ島弁財天の加護により円成したからという。61年に1回、3日間ご開帳と言うからとても拝めない。460x345_14
         居士林 山岡鉄舟、鈴木大拙、夏目漱石などが参禅した。460x345_15
              方丈前の百観音は江戸時代のもの460x345_16
奥が国宝・舎利殿。源実朝が宋の能仁寺から請来した仏牙舎利を奉安する堂宇で唐様式の美しい建造物として国宝に指定された。残念ながら全容が見られない。460x345_17
白鹿洞 開山の説法を聞こうとする白鹿がこの洞より群を成して出てきたという。460x345_18

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

湯河原の幕山・南郷山登山

昨日3/5は湯河原の幕山、南郷山に登ってきました。
460x355
熱海行きの電車は小田原、早川を過ぎ根府川辺りで相模湾が良く見えてくる。460x345_2
幕山(625m)と南郷山(610m)は箱根火山の外輪山に噴火した寄生火山です。
まずバスで幕山公園へ
幕山岩場下の公園には4000本の梅が植えられた梅の名所だが最盛期はもう終わっていました。中央の大きな岩壁が幕でも張ったように見えるので幕山と名が付いた。460x345

土肥会の宣伝ガール ちらしによると、土肥祭、武者パレードが4/2に行われる。土肥祭では「焼亡の舞」が平家琵琶の演奏で武者が舞うそうだ。
平安末期、湯河原は土肥郷と呼ばれ、土肥実平が韮山の北條氏とともに頼朝の戦略、挙兵、合戦を指揮した。石橋山(早川と根府川の中間にある)の合戦では破れ、土肥に退去、椙山に逃れた。潜伏4日後真鶴より房総へ脱出した歴史の地だ。4か月後鎌倉入りし、幕府樹立。日本の歴史の中でこの土肥郷10日間が中世の武家政治発祥の機縁になったと言える・・・と書いてありました。345x460
460x345_3
460x345_4
    輪違い(りんちがい) 花が白や淡紅色に咲き分ける八重咲きの園芸品種460x345_5
                         岩場はフリークライミングの人で賑わっていました460x345_6
460x345_7
                                        登山道入り口から460x345_8
サルノコシカケ科(アラゲカワラタケ) shikamasonjinさまありがとうございました380x287
幕山山頂近くなると真鶴半島が見えてきた。このあたりで約3か月ぶりの登山で息が苦しくなって、ペースダウン。どうにか人について登ることが出来ました。460x345_10
                                              幕山山頂到着380x285
自鑑水・じがんすい(自害水) 
頼朝が石橋山の合戦に敗れ、この池に辿り着いて水を飲もうとした時、みじめな姿が水面に映ったのを見て嘆き、自害を決意したが、髪の乱れを正し、心機一転勇気を奮い起したとされる池。460x345_9
                                             南郷山山頂到着380x285_2
                                   ここでも真鶴半島が見えた460x345_11
                            熱海伊東方面 14℃もあると霞んでいます460x345_12
                               鎌倉幕府開運街道が巡っているらしい460x345_13
          五郎神社(子供の健康・成長祈願、頼朝の戦勝祈願も行われた)460x345_14
                       湯河原駅のホームの椅子の座布団が心地よかった460x345_15
毎回何か忘れたり、落としたりの失敗があります。山へはいつも財布を替え、カードも専用の入れ物に入れ替えをしますが、今回はスイカと他のカードを間違えて入れて、改札口やバスに乗るときとても不便な思いをしました。

3/3に横浜駅前のホテルで高校の女子会がありました。同学年の400人中、女子が50人しかいない男子校だったので、こうして数年おきに女子会がもたれるのですが、2008年には亡くなった人が2人でしたが、今回はもうすでに12人が亡くなり、2人は重病で外に出られない由、驚きました。出席した13人の近況報告にも殆ど全員どこか病んで結構大病したりしています。自分だけが調子悪いのかと気落ちしていたのが、この会で何だか安心してかえって元気になって帰宅した次第です。もう今度は会えないかもしれないから1年後にまた再会ということで幹事を任されてしまいました。
好きな山登りと歩きを続けて少しでも元気でボケないようにしたいものと覚悟を新たにしたところです。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

房総のイチゴ狩りとドイツ村イルミネーション

昨日、はとバスで房総半島のツアーに参加してきました。2号車まであって、驚いたのが、いつものツアーですと高齢者ばかりなのに、何と70人くらいで我が家二人ともう一人しか見当たらなくて、殆どが若いカップルか女性同士。こんなことは今まで、まず皆無でした。何故だったのでしょう。「食べ放題というタイトルのせいか?」現地で他の読売とかクラブツーリズムにはお年寄りはいましたよ。

              海ほたるPAのユリカモメ
460x345 460x345_2


●まず、枇杷で有名な富浦のお土産屋でいろいろ買い物し、食事処へ。
「浜焼き食べ放題」若い人はどんどん焼いていたけれども。私たちは二人でこれだけ。それに自分で入れる海鮮丼とサラダとデザート。次にすぐイチゴ狩りが控えてるので他の惣菜もみそ汁も遠慮です。浜焼きはサザエやホタテなどこうして焼くと美味しいものです。

460x345_3
460x345_5

●次は南房総市の農園でイチゴ狩り。 品種は「紅ほっぺ」。目標は大きいのを5個。実際には、別腹で12個。へたの新鮮で大きく反り返っているものが甘いという。市販されている1パックを食べたことになる。まさに久しぶりの満腹状態でした。今まで1番たくさん食べた人は60個だったとか。
お花摘みは花の生育状況が悪くて蕾のキンセンカ2本をもらいました。
次々と大きくなっていくイチゴと花
460x345_7
460x345_8

              鴨川の方へ出て、海をバスから見る。460x345_9

●亀岩の洞窟  内陸に入り久留里線沿いに君津の亀岩の洞窟へ。
345x460
朝陽が当たる時に、6月と9月にこのようにハート形になるとのこと。テレビで見たことがあったのがここだったのです。↑の写真からは想像がつきません。460x345_10
345x460_2
343x460

●袖ヶ浦の東京ドイツ村に5:30に到着

                5:40点灯前のマルクトプラッツ538_460x345
今年は「大冒険」というタイトルで、250万球のLEDが使用されている。

                     気球と船460x345_13
460x345_15
460x345_16
460x345_17
460x345_18
460x345_19
460x345_20
10_460x345
11_460x345
12_460x345
13_460x345
450x600
450x600_2
午後7時のバス集合時に雨がパラパラと降ってきてラッキーでした。渋滞もなく出発点の上野には8時過ぎに到着。家には9時半前に帰り着きました。
たくさん写真を見ていただき恐縮です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »