« GAS MUSEUM (ガス資料館) | トップページ | 鎌倉14 北鎌倉(2) »

2017年3月30日 (木)

大桁山

大桁山(836m)はネギで有名な群馬県・下仁田にあります。我が家からは結構遠くて早朝5時半に家を出ました。
登山口は440mなので約400mの標高差を登るにすぎず、最後の階段の急登がちょっと大変なだけで、難易度は低く初心者でも楽々登れます。西上州の入門の山と呼ばれる。歩行時間はたった2時間20分・・の筈でした。
が、しかしこの日はベテランがいながら、登山口にたどり着けず、道の駅周辺を2度車で回り、下山は道を間違え、どこにいるかわからなくなって、かなり戻り、指導標にたどり着くというハプニングの起きた山でした。そのため家に帰ったのは午後8時をとっくに過ぎているという、最近ない成り行きの印象深い山となりました。この頃、ついこの間登った山の名さえ忘れてしまいます。

                                   道の駅から見た大桁山(中央)460x345
登山道はそのまま関東ふれあいの道です。今までこの木のようなマークに気が付きませんでした。300x400
このような指導標は3ヶ所くらいにあったのですが、帰路、皆が気が付かなかった。あとで一人だけあったという記憶の人を頼りに戻ったのでした。460x345_2
最後は階段がずっと続く。それでも大山登山の前哨戦としては軽い。(果して大山に登れるか?)345x460
                                                   頂上345x460_2
                 三角点   いつも撫でます460x345_3
すぐ目の前の木の向こうは、何と妙義山です。途中荒船山も見えました。この日はこれを見るだけのために行ったようなものです。460x345_4
ぐるっと4分の3周の景色。妙義荒船佐久国定公園の山並みを始め、秩父連山、八ヶ岳、浅間山を望めるとのことだが、どれがどれだかわからなかった。460x345_5
460x345_6
460x345_7
460x345_8
       迷った道に咲いていた水仙。誰かが山に植えたのでしょうか。460x345_9
460x345_10

そんなこんなの山行でしたが、頂上からの景色と自分の体の鍛錬で何もなくてつまらないということはないです。
3つ年下の男性のリーダーの一人は、とても人柄のよい方の一人で、超元気で、何でも日本には1000名山があって700も登ったそうです。あと300は行くのが散らばっていてとても大変とか。
100,200、300名山の他、信州、群馬、栃木、山梨、関東100名山などもあります。
奥さんは100名山が終わったら、お友達との別行動、海外旅行も今は別行動で、お互いに好きに生きているみたいで、なかなか素敵な生き方です。

最近の楽しみがラインです。身内でグループを作っていますが、スタンプがおかしくて、何だかそれが楽しみで生きているこの頃です。
そのラインの人が最近増えました。
私が勤めていた中学・高校を卒業して47年、唯一担任として卒業させた子たちが、ひょんなことから昨年12月に5人、そして1昨日に10人集まってミニ同期会を開いたのです。これが面白くて面白くて。10歳年下の人たちなのに、こちらがボケて精神年齢が下回ってしまって恥ずかしいのですが、声が枯れるくらい喋り、ラインでも話せるようになって、何だか自身のいろいろなクラス会よりはしゃいでいます。10人10様、中には驚くような人生を送っている子がいて、背筋が伸びるような思いでした。

|

« GAS MUSEUM (ガス資料館) | トップページ | 鎌倉14 北鎌倉(2) »

コメント

こんにちは。こんな道があるんですね。なかなか大変だったようですね。お疲れ様でした。妙義山は良い眺めですね。この山はいつも上信越道から見ています。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年3月31日 (金) 08:32

★多摩NTの住人さま

朝からコメントいただきありがとうございます。
登山口までが地図で見てもわからない山なのですね。道が細いからよけわからない。
引き返す勇気がなかったら、そして時間が遅かったらと思うと山はやはり恐ろしくなります。
妙義山のあのごつごつした山並み、若い頃は碓氷峠越えの電車から楽しみました。
以前、お中道とというか、登らないで中くらいの高さのところを1周しました。見上げるごつごつした岩場を登っている上級者を羨ましく下から眺めた覚えがあります。
あのごつごつ感はいつ見てもいいですね。

投稿: tona | 2017年3月31日 (金) 08:52

相変わらずお元気なことが羨ましいです。
そういうお仲間もありません。
夫の車ばかりではその内足がダメになりますね。

400m余の百々ケ峰すらあきらめているのですから。

三角点も見本しか見たことがないです。近くの
あの三角点はどこから運んだのかしら。
過去に登った山にあったはずですのに気づいて
いません。

投稿: matsubara | 2017年3月31日 (金) 09:19

★matsubaraさま

matsubaraさまは足はどこも痛かったりすることがないのでしょう。
私は正座が30分は持ちません。以前は整形外科にも通ってヒヤルロン酸の注射を1本打ってもらったこともあるし、高山ですと下山途中で足がつってしまいます。
でもこうして鍛えるのが元気の素になっているような気がして(目の手術後1ヶ月謹慎で少々おかしくなりました)、鞭を打って出かけている節があります。歩けなくなったらどうしましょう。家の中でできることがたくさんあるmatsubara様が羨ましいです。
三角点には一等、二等、三等などがあるらしく、はっきりと区別できていません。撫でるだけです。区別もできないで登る資格もないような。

投稿: tona | 2017年3月31日 (金) 09:41

tonaさん、おはようございます♪
大桁山、山頂まで辿り着くのはけっこう厳しそうですが、
山頂に達した時の清々しさはなんとも言えないでしょうね。
妙義山は上信越自動車道を走っているとよく見え、
私にとっては群馬県のシンボルのような山ですが、
写真の位置から見ると、それほど高さは変わらないようですね。
雪を被った山々の景色も素晴らしいですね。

「富士山すそ野ウォーク」が終わってからすっかり
歩く機会が減りましたが、もう少し暖かくなったら低山でも
良いので、登ってみたくなりました。

ラインはしたことがありませんが、楽しそうですね。
先生をなさっていたのですか。
卒業後もこんなにコミュニケーションをとれるなんて
素晴らしいですね。

投稿: hiro | 2017年3月31日 (金) 09:48

★hiroさま

こんにちは。
この山は高尾山より楽ちんな山なのですが、迷ってしまったのには驚いてしまいました。
今までこんなことがんかったので。
やはり人がたくさん登る山だと安心ですね。
妙義山、なるほど群馬県のシンボル、言い得て妙です。私もこの形が大好きで通ると見入ってしまいますね。
同じ高さくらいで眺めるのが素敵でした。
まだ春先は高山の雪を被った姿が富士山同様に美しいですね。これを見るのも登山の楽しみです。
hiroさん宅の方からは丹沢前衛の山がたくさんありますね。弘法山が一番懐かしいかしら。
ただ丹沢は夏は蛭が出るというので敬遠気味です。

今まで職業をここで言ったことがないのですが、そろそろ時効?かしら。あまりに楽しかったのでこういうこともありと思わず喋ってしまい失礼しました。これから年に4回も開かれるとのことで、誘っていただけるのが楽しみです。

投稿: tona | 2017年3月31日 (金) 10:07

こんにちは
 
早朝のご出発だったのですね。5時半でも最近はだいぶ明るくなった
とはいえ、まだ少し夜の名残がありますね。
足慣らし体慣らしにちょうど良さそうな登山のはずが、
登る前にも下りるときにもそのようなハプニングがおありだったとは。
特に下山のときのお話にはドキドキしました。無事正しい道を
見つけることができて本当に良かったです~
ベテランさんでも時にはそんなこともあるのですね。
ベテラン過ぎてちょっぴり油断があったのかしら。
山頂からの、遠くに連なる山々の威容が胸に迫りますね。
 
わぁ Lineを通じて、担任の先生と卒業生の皆さんの繋がりが
復活したのですね。10歳違いといったら、tonaさんもまだ20代
でいらしたころの生徒たち。ご自身の同期生との集まりとは
またちょっと違う楽しさがあるのが分かる気がします。素適です♪
 

投稿: ポージィ | 2017年3月31日 (金) 10:11

tona様
西上州の大桁山、懐かしい山です。良い山に登られたと思います。あの地味な山を選び、わざわざ東京から遠征するとは、普通ではできません。何かリーダーの方に西上州の山への思い入れがあるのでしょうか。高崎に住んでいた時に私も登りました。記録(自惚山人ノオト)を見ると1997年2月8日、ちょうど20年前に、上信電鉄に乗り千平駅から往復しています。群馬県でもマイナーな山ですが、手前に鍬柄岳(くわがらたけ:地元では石尊山とも呼ぶ)という上級者向けの面白い岩峰があります。群馬の山は標高は低いですが、登山道と植林道や生活道が錯綜し、深田百名山など有名な山よりルート探しはよほど難しいです。ともかくも無事に下山されて何よりでした。大桁山が歩けるなら、丹沢の大山は軽いと思います。

投稿: shikamasonin | 2017年3月31日 (金) 10:51

いろいろと思い出の残る山行でしたね。
山中で道に迷うと大変なことになりかねませんね。
もと来た場所に戻ることができたことが
無事下山に繋がったということでしょうか。
朝5時半出発も大変だったこでしょうね。

Saas-Feeの風は次週、富士すそ野ウォーキングの一回目に参加しますが
自宅を6時過ぎに出ることになります。
今から「朝が辛いな」と思っているのですよ。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年3月31日 (金) 15:10

★ポージィさま

山の遭難の話をよく耳にしますが、迷ってしまうともうどうにもならないのですね。
たとえまた登り返すにしても、最悪の場合は頂上まで帰ってよく確かめるべきですね。本当に遭難しなくて良かったです。
山頂からの遠くの景色、大分春になって霞んできましたが、それでもよく見えた方です。
雪がかぶっている山容は素晴らしいです。

娘が2,3歳頃担任していて、5クラス250人全員教えていて知っていますから、担任したクラスだけの子ではないのですが、それはもう関係ないくらい親密です。彼女たちはクラスよりクラブ単位で仲が良いようです。今頃こんな事が起こるとは夢にも思いませんでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年3月31日 (金) 16:31

★shikamasoninさま

リーダーが3人いらして交代でしていますが、2人はすでに昔登ったそうです。
shikamasoninさまは高崎に住んおられたことがあって、ここに登られたのですか。ちょっと驚きました。
千平駅に行かないで手前の細い県道に入ってしまって、一回りしてしまいました。2回目にこの駅を見つけてホッとしたわけです。
鍬柄岳の岩峰を見ましたよ。凄い岩ですね。
若かったら挑戦したいくらいでした。
なるほど、いろいろな道が交錯していたわけですね。難しいです。お陰様で無事でした。でも良い体験をしました。
そうですか。大山頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年3月31日 (金) 16:45

★Saas-Feeの風さま

朝緊張して4時に起きてしまいました。
山に登るには朝型に切り替えないとだめですね。
お陰様で元に戻るということで下山できたわけです。
これからは自身も慎重にしなくてはと思いました。

まあ!とうとう富士裾野一周を目指すのですね。応援します。多分半分は快晴になると思います。雪とザーザーぶりは1回ずつでした。ですから全然見えない日は数回ありました。
東から南東はつまらないかもしれませんが、西に行くととても面白くなります。最初の山中湖までもいいですよ。ゴルフでも鍛えていらっしゃるから、物足らないかもしれませんね。
楽しみですね。フレーフレー!!

投稿: tona | 2017年3月31日 (金) 16:55

下仁田と言えばネギ、上里SAでネギパン買うのが楽しみです♪
大桁山、なるほど800m以上ですね。
登る前と下った時のドタバタ、よくある話じゃないの~です。
仲間が多いと別々のことばかり言ってまとまらないことありますよ。
ベテランは知識に頼るので、良し悪しですね。
妙義山、バッチリでしたね!
大雨で、妙義神社へ行って引き返しました。
その後子ども家族と、妙義、荒船林道を走って牧場に行きました。
神津義行さんが経営していて、牛乳とソフトクリームが美味しかったです。

投稿: だんだん | 2017年3月31日 (金) 18:50

★だんだんさま

上里SAでネギパンを売っているのですか。
わー食べたい。チャンスがあったら買ってみます。教えていただき有難うございます。
こんなことあるのですね。私は初めてで、一人しっかり標識を見た覚えがあった方がいて、大助かり、命を救われたような気がしました。

妙義山は谷一つ隔てた向こうにあったときは感動しました。登りこそしませんでしたがぐるっと歩いたことと、荒船山にも登りましたので、とても懐かしくそちらを眺めました。
牧場もあるのですね。さぞや美味しかったことでしょう。
富士山裾野で飲んだ牛乳とソフトクリームも美味しかったことも思い出しました。

投稿: tona | 2017年3月31日 (金) 19:17

tonaさんへ
登った山の三角点の等級と基準点名を調べたいときは、国土地理院のホームページにアクセスし、「基準点・測地観測データ」、「基準点成果閲覧」、「基準点検索入口」、「同意する」の順で日本地図を開き、プラス記号で地図を拡大して、上った山を中央に合わせ、「検索」ボタン、「検索リスト」ボタンを押すと調べられます。因みに大桁山は三等三角点、名勝は「滝の平」です。ご参考まで。

投稿: shikamasonjin | 2017年4月 1日 (土) 10:10

★shikamasonjin さま

三角点と基準点についてまず調べてみて、完全には理解していませんが、重要な事がわかりました。
調べ方をご教授いただきありがとうございました。
順番にやっていきましたら出ました。
早速近くの高尾山を調べたりしました。
大桁山は三等と書いてなかったようなのですが、お陰様でわかりました。
本当にご親切にありがとうございました。

投稿: tona | 2017年4月 1日 (土) 14:12

ついこの間登った山の名さえ忘れてしまいそうなのに
この大桁山のハプニングで絶対に忘れられない山になりましたね。
道を間違え大変な思いをしたようですが良い経験にもなり
次回の大山登山は楽勝のようですね。

47年前の教えてた子達と「ミニ同期会」をされたとか、それは良かったですね。
これからは年に4回もお誘いがあるのですね。
元気でいつまでも出られるよう、健康に気を付けて楽しんで下さい。

投稿: ラッシーママ | 2017年4月 1日 (土) 21:59

★ラッシーママさま

こんばんは。
本当に何か特殊な事がないと記憶出来ない頭になってしまいました。
これはしっかり頭に焼き付く事件でした。
1年後には忘れていたりして。

この同期会も私がとんまな事をして(ここでは内緒)開かれることになりました。
私が登山をしていると言ったら皆さんちょっと驚いたようです。何しろ後期高齢で白髪の婆さんですから。eye

投稿: tona | 2017年4月 1日 (土) 22:23

迷ってもそれだけの絶景を眺めたらいうことなしですね。
ライン、わたしも子供たち、時には孫たちと気軽に写真付きで情報交換を楽しんでいます。

投稿: 佐平次 | 2017年4月 2日 (日) 09:12

★佐平次さま

妙義山が同じ目線で眺められて嬉しかったです。
ラインでは、いろいろ失敗して打ち間違えて笑われっぱなし。声が出るのが一番楽しみです。
スタンプもプレゼントされて有頂天といったところです。

投稿: tona | 2017年4月 2日 (日) 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65086412

この記事へのトラックバック一覧です: 大桁山:

« GAS MUSEUM (ガス資料館) | トップページ | 鎌倉14 北鎌倉(2) »