« 房総のイチゴ狩りとドイツ村イルミネーション | トップページ | 鎌倉13 北鎌倉(1)二大禅刹とお雛様・つるし飾り »

2017年3月 6日 (月)

湯河原の幕山・南郷山登山

昨日3/5は湯河原の幕山、南郷山に登ってきました。
460x355
熱海行きの電車は小田原、早川を過ぎ根府川辺りで相模湾が良く見えてくる。460x345_2
幕山(625m)と南郷山(610m)は箱根火山の外輪山に噴火した寄生火山です。
まずバスで幕山公園へ
幕山岩場下の公園には4000本の梅が植えられた梅の名所だが最盛期はもう終わっていました。中央の大きな岩壁が幕でも張ったように見えるので幕山と名が付いた。460x345

土肥会の宣伝ガール ちらしによると、土肥祭、武者パレードが4/2に行われる。土肥祭では「焼亡の舞」が平家琵琶の演奏で武者が舞うそうだ。
平安末期、湯河原は土肥郷と呼ばれ、土肥実平が韮山の北條氏とともに頼朝の戦略、挙兵、合戦を指揮した。石橋山(早川と根府川の中間にある)の合戦では破れ、土肥に退去、椙山に逃れた。潜伏4日後真鶴より房総へ脱出した歴史の地だ。4か月後鎌倉入りし、幕府樹立。日本の歴史の中でこの土肥郷10日間が中世の武家政治発祥の機縁になったと言える・・・と書いてありました。345x460
460x345_3
460x345_4
    輪違い(りんちがい) 花が白や淡紅色に咲き分ける八重咲きの園芸品種460x345_5
                         岩場はフリークライミングの人で賑わっていました460x345_6
460x345_7
                                        登山道入り口から460x345_8
サルノコシカケ科(アラゲカワラタケ) shikamasonjinさまありがとうございました380x287
幕山山頂近くなると真鶴半島が見えてきた。このあたりで約3か月ぶりの登山で息が苦しくなって、ペースダウン。どうにか人について登ることが出来ました。460x345_10
                                              幕山山頂到着380x285
自鑑水・じがんすい(自害水) 
頼朝が石橋山の合戦に敗れ、この池に辿り着いて水を飲もうとした時、みじめな姿が水面に映ったのを見て嘆き、自害を決意したが、髪の乱れを正し、心機一転勇気を奮い起したとされる池。460x345_9
                                             南郷山山頂到着380x285_2
                                   ここでも真鶴半島が見えた460x345_11
                            熱海伊東方面 14℃もあると霞んでいます460x345_12
                               鎌倉幕府開運街道が巡っているらしい460x345_13
          五郎神社(子供の健康・成長祈願、頼朝の戦勝祈願も行われた)460x345_14
                       湯河原駅のホームの椅子の座布団が心地よかった460x345_15
毎回何か忘れたり、落としたりの失敗があります。山へはいつも財布を替え、カードも専用の入れ物に入れ替えをしますが、今回はスイカと他のカードを間違えて入れて、改札口やバスに乗るときとても不便な思いをしました。

3/3に横浜駅前のホテルで高校の女子会がありました。同学年の400人中、女子が50人しかいない男子校だったので、こうして数年おきに女子会がもたれるのですが、2008年には亡くなった人が2人でしたが、今回はもうすでに12人が亡くなり、2人は重病で外に出られない由、驚きました。出席した13人の近況報告にも殆ど全員どこか病んで結構大病したりしています。自分だけが調子悪いのかと気落ちしていたのが、この会で何だか安心してかえって元気になって帰宅した次第です。もう今度は会えないかもしれないから1年後にまた再会ということで幹事を任されてしまいました。
好きな山登りと歩きを続けて少しでも元気でボケないようにしたいものと覚悟を新たにしたところです。

|

« 房総のイチゴ狩りとドイツ村イルミネーション | トップページ | 鎌倉13 北鎌倉(1)二大禅刹とお雛様・つるし飾り »

コメント

こんばんは
 
今回は湯河原の山に登られたのですね。昨日は暖かく穏やかな日和で、
急坂を登られるときは暑くなったかもしれませんね。
梅はもう遅咲きが残っているくらいでしょうか。でも遠くから見ると
霞が掛かったように柔らかく花色に染まって綺麗ですね。
湯河原ということで、真鶴の付け根から湯河原を通り箱根へ抜けて
ドライブ旅をしたのはいつだったかとPC内のアルバムを確かめましたら、
2010年でした。もう7年が経とうとしていることにびっくりです。
4月末だったので、新芽たちが芽吹き始めたところで、柔らかな淡い
グリーンの山だったのを思い出します。
私たちが車でもヒーヒーという感じで登った山道の近くに、
今回登られた山たちがあったのかどうかも、あの辺りの歴史や
お祭りのことも何も知りませんでした。何も知らずに素通りしたとは
勿体無かったといまさらながら思いますが、tonaさんの記事で
教えていただけてラッキーでした。
 
高校の女子会仲間の皆さんが、そんなに亡くなられたり病気をされたり
していらしたのは、いささかショックですね。
でも逆に励ましにもなって
元気を得てお帰りになられたとのこと。tonaさんも昨年は大変な思いを
されましたが、今年はきっとお体も落ち着かれて元気いっぱいに
お過ごしになれると思っています。なんといってもたくさん歩いて
いらっしゃいますもの。
 

投稿: ポージィ | 2017年3月 6日 (月) 21:58

tonaさんへ
こんばんは。幕山、南郷山に登ったことはありませんが、どちらも真鶴半島と相模湾の眺めが素晴らしく、良い山ですね。今の時期の環紋がある白いきのこはサルノコシカケ科のアラゲカワラタケかもしれません。その後、順調にご回復の様子、何よりです。

投稿: shikamasonjin | 2017年3月 6日 (月) 23:41

こんにちは。標高は高尾山と同じくらいですね。ここにもいろいろな歴史があるんですね。興味深く拝見しました。
横浜で女子が少ない高校でしたか。私も横浜で女子が少ない県立S高校でした。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年3月 7日 (火) 08:10

★ポージィさま

湯河原は箱根外輪山の端と、この度知って、箱根の広さを思いました。
ここから箱根に入って行けるのですね。
頼朝も4日間の間に箱根神社の方に詣でていたようです。
幕山の梅は以前一度見ていますが、その時はもっと最盛期だったので素晴らしかったです。2月下旬が良かったみたいです。
バスツアーですからこの地の歴史も何も知らないまま、梅を愛でていただけでした。
しかし鎌倉時代に関係した地であることを知って、今回行った甲斐がありました。
頼朝や北條が好きでないので平安末期から鎌倉時代がすっぽり抜けていて、鎌倉を巡っていて初めて知ることばかりでしたが、そもそもここから始まったとは。そして大勢のここで活躍した人の武者行列を再現して昔を偲んでいる地元の人の熱意を感じました。

山で苦しくなったのは初めてで、我ながら驚き且つ自信をなくしそうになりました。今度大山登山が控えているでしょう。心配になったりしました。でも好きだからゆっくり登ろうと思います。

女性の平均寿命は87歳近くになりましたが、それは明治大正昭和初期の人で、私たちの後はそこまで行かないのかなあとも思いました。
ご心配おかけしましたが良くなったりまた逆戻りしたりですが、悪化してないことだけは嬉しいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年3月 7日 (火) 08:22

★shikamasonjinさま

サルノコシカケはこの白いのだけたくさんありました。
良く見かけるような気がしていましたが、教えていただいた中には見当たらなかったので、初めて名前を知ったキノコです。
教えていただきありがとうございました。
お陰様でもう術後1ヶ月を過ぎて運動していいことになり、早速参加しました。
今は頂上が枯れているので見晴らしが良かった方で、夏は葉の陰に隠れるとみんなが言っていました。

投稿: tona | 2017年3月 7日 (火) 08:29

★多摩NTの住人さま

高尾山と標高が殆ど同じです。
最近は100~300m位の丘陵しか歩いていなくて、いろいろ衰えました。だんだん慣らさなくては。
湯河原の歴史も面白いですね。
多摩NTの住人さまも神奈川県でしたか。
私は藤沢の方の県立S高校でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年3月 7日 (火) 08:35

まだまだお寒いのに健脚ぶりが羨ましいです。
800mなんてとてもとても真似ができないです。

関東はやはり頼朝の遺跡が多いですね。

私たちの同級生もかなり鬼籍に入られた人があります。
時には黙想してから同窓会が始まります。
若い時に自死された人もあります。
話すのも心苦しいのであまり話題に深入りしません。
女性は夫の看病で出られない人もあります。
男女同数ですが、圧倒的に女子が生き残っています。

投稿: matsubara | 2017年3月 7日 (火) 09:00

★matsubaraさま ありがとうございます。

いよいよ歩きを開始です。
体が随分なまっていました。

matsubaraさまの同級生も亡くなられた方が多くなってきたのですね。
私の高校ではクラスの男性もそして学年女子も2割の方を失いました。女性の方が長生きと思っていましたのに。例外的でしょうね。
病気の話はしないと言いながらみんな辛い体験だったのでしょう。やはり話題はそちらにでした。

投稿: tona | 2017年3月 7日 (火) 09:39

tonaさん、おはようございます♪
幕山には6年前の3月初旬に行ったことがあります。
梅の花を楽しみながら頂上まで登り、同じ道を戻るつもり
でしたが、途中で道を間違えたことに気付き、
(地図を拝見してわかったのですが南郷山の方に向かって
歩いていたようです)
幕山まで引き返し、下山しましたが、
その時、南郷山からの下山コースがあると知っていたら
引き返さなかったかもしれません。
あと少しで梅林というところで、歩けないほど左ひざが
痛くなり、回復するまで2~3日かかりました。
もう山歩きは無理かと思いましたが、片道1~2時間の低山なら
今のところ大丈夫のようです。

女子会、楽しかったことでしょうね。
この歳になると健康に関する話題が多くなりますね。
それにしても50名中、12名も亡くなられているなんてびっくりです。
年齢を重ねると、病気は避けられませんが、
上手に付き合いながら、人生を楽しみたいですね。

投稿: hiro | 2017年3月 7日 (火) 09:42

年を取ると一日一日が天恵ですね。
いいハイキングでよかったです。

投稿: 佐平次 | 2017年3月 7日 (火) 10:24

 幕山は高尾山と同じぐらいの標高ですか。
ブログでこの山の事を書いた方もいらして、名前だけ知っていました。
低いながらも、山また山が続き景色の良い所ですね。
お疲れになったとの事、相当な距離を歩かれたのでは?私でも疲れそうです。

高校女子会、そんなに皆さん病気をされているのですか!!12人も亡くなられたのには驚きました。ショックですね。
でもtonaさん、次々お出かけで、元気を回復されましたね。

北斎美術館、妹島和代さんなのですね。
講演会に行ったことがありますが、
細くて小さくて、か細く話す方で、どこに世界に進出していくエネルギーがあるのか不思議な方でした。

投稿: ☆銀河☆ | 2017年3月 7日 (火) 12:01

★hiroさま こんにちは。

hiroさんも幕山に登られたのですね。
引き返したのはもったいなかったですね。
南郷山はすぐでしたよ。より近く真鶴半島や熱海方面がよく見えました。霞んでいたのが、ああ、もう春なのだと気付かされました。
ただ南郷山を下る時最後は長いアスファルトの道なので、足がつってよちよち歩きになってしまいました。
低山が歩ければよいですよね。高尾山も600mですが実際には400mくらしか登らないそうですから、高尾山が登れれば私としては最高です。

女子会ではよく喋りました。2次会の喫茶店でも粘ってしまって。いろいろ得ることはありますね。いつ命が尽きてもおかしくないことを確認した会でもありました。
そう思って大切に毎日を過ごしていかなければですね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年3月 7日 (火) 16:29

★佐平次さま

よろよろしながらも人の後に付いて歩けたことに感謝です。
女性の方が長生きという思いが、友人がどんどん亡くなっていくので、薄れました。
最終段階に入って、いろいろ思うことが多くなりましたが、ことに感謝の毎日になりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年3月 7日 (火) 16:34

★☆銀河☆さま ありがとうございます。

箱根の外輪山に入るそうで、南の方には伊豆半島の山々も続いています。海も見えるところがいいですね。
昨年は800mを超える山にも登れたのに、このところ3ヶ月あまり運動できなかったし、後期高齢になって1日1日と衰えていくのがわかります。ゆっくり焦らず登ることが肝要ですね。それでも頂上からの景色が見たくて参加してしまいます。
スマホを変えたら万歩計が機能しなくなってしまってどのくらい歩いたのか見当がつきません。
お陰様で3月に入ってから調子よくなって、出かけることが増えました。一進一退を繰り返しているわけですからめげないようにしたいです。

妹島和代さんは世界的にも有名だそうですが、講演を聞かれたのですか!
思いがけない印象だったのですね。

投稿: tona | 2017年3月 7日 (火) 16:46

20年くらい前に「幕山の梅林は素晴らしいが、見頃は熱海よりも遅い」と聞き、主人と3月中旬に車で行き、まさに満開の梅を楽しみました。
その後、山仲間と今回tonaさんが歩かれた「幕山~南郷山」コースを行き、皆を感動させました。
吾郎神社に向かう途中のミカン畑でミカンを買ったり、最後は温泉に浸かって良い気持ちでした。
梅は行くたびに増え、人気の観梅の観光地となり人出も多くなりましたね。

マイブログにも何度も登場した幕山ですが、6月初めの頂上付近に咲き乱れる「箱根サンショウバラ」、9月の「オミナエシと秋の七草」も素晴らしかったです。
その頃も是非又訪ねてみてください。

投稿: nao♪ | 2017年3月 8日 (水) 08:35

すっかりご無沙汰してしまいました。
湯河原にある山を歩いてこられたのですね。
青空がすばらしい日の山歩きは気持ちが好かったことでしょう。
あのあたりのことをSaas-Feeの風はまったく知りませんが
源頼朝の足跡があって歴史好きにも魅力あるところなのでしょうね。
海抜625m、610m・・・Saas-Feeの風にはちょっときつい登山になりそうですが
山頂からの眺めを満喫したいと思いますねえ。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年3月 8日 (水) 10:50

幕山と南郷山へ登られて、息切れとのことですがお元気です!
去年春に仲間が行った日、都合がつかず残念なことしました。
湯河原はまだ知りません。
舛添元都知事の事件で、さぞかし気候が良いのだろうと思うのみ・・・
白い梅が綿飴みたいで、掴みたくなります~

年齢とともに葬の言葉が身近になりますが、せっせと歩いていきたいですね。
夫はPCはもとより、携帯電話、iPhoneも頑なに受け付けないです。
スイカも絶対使いません。先払いが気に食わないんですって!

投稿: だんだん | 2017年3月 8日 (水) 16:27

★nao♪さま

今年は2月の下旬くらいが見頃のようでした。その年によって違うのですね。
それでも人出は多かったです。すっかり観光地となったわけですね。
南郷山から下る時にやはりみかんを買った人がいて食べました。登山後は酸っぱくても美味しいですね。小田原のみかんは昔から酸っぱいと言われてましたが、売っていたのもそうでした。
温泉にも行かれたのですか。なかなか豪華な登山ですこと。
6月の「箱根サンショウバラ」、9月の「オミナエシと秋の七草」のことを教えてくださってありがとうございます。nao♪さんは本当にたくさんの山に登られていらっっしゃいますね!w(゚o゚)w

投稿: tona | 2017年3月 8日 (水) 19:13

★Saas-Feeの風さま

お帰りなさい。お元気そうで何よりです。

写真で見てこんなにお天気が良かったということがわかり、認識してなかったのは、登山にふうふうしていたのですね。
この山の周辺から箱根にかけて頼朝の痕跡がたくさんあり、改めて鎌倉時代成立前後を知ることが出来ました。
私はお花と山頂からの眺めが登山の一番の魅力です。
体にもいいかもしれません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年3月 8日 (水) 19:20

★だんだんさま

はい、今回初めて頂上付近に行って苦しいと思いました。我ながらどうして?と思ったのですが、やはり年齢ですね。深呼吸して持ち直しました。
ああ、舛添元都知事の別荘があったのですね。
往復の電車賃も結構かかりますから、元都知事が車で・・といいますと、随分車代がかかるほど遠かったです。
確かに気候がよさそうですし、山と海の両方の空気を感じ取れますね。

女性は男性より長生きするということですが、わが学校の場合は当てはまりません。全く驚いて、明日は我が身と出席者と話したことです。
ご主人様、徹底していますね。スイカも持っていらっしゃらないのですか( ^ω^ )
切符を買ったり、バスでお金を両替したりで時間が取られて大変に感じました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年3月 8日 (水) 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64979956

この記事へのトラックバック一覧です: 湯河原の幕山・南郷山登山:

« 房総のイチゴ狩りとドイツ村イルミネーション | トップページ | 鎌倉13 北鎌倉(1)二大禅刹とお雛様・つるし飾り »