« 城山湖ハイキングと城山かたくりの里 | トップページ | 東海道五十三次歩き2 沼津~原~元吉原(2) »

2017年4月27日 (木)

東海道五十三次歩き2 沼津~原~元吉原(1)

東海道五十三次歩きの最初は1昨年の5/12 三島~沼津を旅行会社のツアーに参加して歩きました。アスファルトの道を寄り道しながら、延々と京都まで歩くなんてちょっと耐えられないと、そこであきらめたのですが・・・
大山街道歩きももうすぐ終わって達成感に浸れそうだし、歌川広重の「東海道五十三次」の浮世絵を全部見る機会もあって、面影はない所が多いようだけれども、昔の人が歩いた気持に浸って歩いてみたいなと思ったところ、娘が有休を取って一緒に歩いてくれることになりました。
東京・神奈川はとりあえず飛ばして、前回の続き沼津からです。
670x503_2
大山歩きと同じくウォークマップは風人社の『ホントに歩く東海道』です。蛇腹式マップだけでなく、コース解説書がついていて、全部はとても立ち寄れないほどで、特に浅間神社や愛鷹神社などは飽きるほどあってしまいには大方パスしてしまった。
この日は手元の活動量計(万歩計)では44619歩(22.3㎞)、階段500段でした。

日本橋から京都三条大橋まで約500㎞、江戸時代の人々は一日30~40㎞歩き、12~17日で歩いたそうな。1日10時間以上歩き続けて、それも10日以上も連続、あるいは川で阻まれて足止めをくうこともあったが、それでも現代人には考えられない健脚だ。女性は1日30㎞としても、かなりよく歩いた私の22㎞なんて甘いものだ。

6時15分前に家を出、東京駅7時26分発のこだまで三島まで行き(8時20分には着いた)、東海道線で沼津まで行きました。
小田原よりだいぶ手前からまだ雪が残っている富士山が見えました

450x318
                  三島駅では目の前に美しい富士山が望めラッキーです450x329
沼津は城下町、宿場町、港町で、まず駅から南に歩いて、沼津城の守護神として稲荷を祀った城岡神社を通り過ぎると、沼津城本丸跡碑がある。338x450
                           沼津宿の標識を過ぎると清水本陣跡がある338x450_2
338x450_3
丸子浅間神社は創建801年で坂上田村麻呂が東夷東征の折勧請したという。このあと沼津市,、富士市にたくさんの浅間神社が出てくるので撮影はこれだけにした。338x450_4

ここから寄り道して千本松原の方へ。
まず乗運寺。1537年増誉上人が開山したお寺で、松の木を配した庭がとても美しい。当時あった松原が武田・北条の合戦で切り払われて、住民が潮風に苦しんでいたので、増誉上人は松苗を植え続けて千本松原が出来た。狩野川河口から田子の浦港まで約10㎞も続いている。
境内には千本松原を愛して移住した若山牧水の墓がある。450x338
450x338_2
338x450_5
この寺の先を行くと千本浜公園に出る。見事な松原が続き、富士山の光景が素晴らしい。450x338_3
450x338_4
450x338_5
街道に戻って、六代松碑を見る。六代って誰?平維盛の子で、千本松原で斬首される寸前に文覚上人に助けられたが、後に上人とともに処刑された。平家物語の名場面なのだそうだ。すっかり忘れ、もう一度平家物語も読まなくてはと痛感。松の根元に葬られたが、その枯れた松の代わりにこの碑が1842年に建てられたそうだ。450x338_6
八幡神社には「従是東」と彫られた沼津藩領の傍示杭を通りすぎ、諏訪神社に着く。ここにはいくつかの神が祀られるが床浦社があって、疱瘡神だ。珍しい。当時は疱瘡は怖い病気だったから信仰する人もあったのでしょう。331x450
               街道にはこの標識が時々見られる450x338_8
山門の立派な蓮窓寺のはす向かいには神明塚古墳がある。五、六世紀の前方後円墳でその上に神明宮がある。450x338_9
2_338x450
450x338_10

もうここは沼津の次の駅の片浜駅のそばでした。 (つづく)

|

« 城山湖ハイキングと城山かたくりの里 | トップページ | 東海道五十三次歩き2 沼津~原~元吉原(2) »

コメント

まあ、新幹線に乗ったあとでウォークとは・・・
それに4万歩とは気の遠くなるような数字です。
聞いただけで息切れがしそうです。
こんな景色のよいところなら歩かずそこで
ストップして写真を撮りたいです。

何年前沼津に行ったとき御用邸の近くを通りました。
若山牧水の記念館に行きたいと思いつつまだ
果たしていません。
宮崎出身ですのに、沼津が好きなようでした。

投稿: matsubara | 2017年4月27日 (木) 13:25

こんにちは
 
お嬢さんと一緒の旧東海道歩き、第2回目をされたのですね。
「44619歩(22.3㎞)、階段500段」 の数字に!!絶句しくらくら
してましたのに、江戸時代の方と比べて22㎞など甘いものだと仰る…
治りきらない膝はともかく、足裏指の付け根に痛みが出て(モートン症?)
長く歩けないのが残念でならない私としては、ひたすらウラヤマシイ~
お嬢様も健脚でいらっしゃいますね。母娘でお歩きになれるって素適です。
 
それにしても素晴らしい晴天に恵まれましたね。青い空に青い海、
三島から見る大きな富士山、遠くの雪をかぶった峰々のなんと美しいこと。
それだけでもいかれた甲斐があったという感じですね。
さすがに昔々からある街道筋だけあって、歴史の古い神社もあれば
古墳まであるのですね。潮害を防ぐためにコツコツと植えられた松が
美しい千本松原となっているというお話には胸打たれました。
疱瘡神がおいでとは初めて知りました。でも恐ろしい病気ですから
祀り鎮まってくれることを願ったのでしょうね。
いろいろ楽しませていただきました。
  

投稿: ポージィ | 2017年4月27日 (木) 16:04

★matsubaraさま

新幹線は1時間足らずであっという間に到着しました。いつも岐阜・東京往復こそ大変と思います。
たまたま富士山が見えたのでこの区間は大変印象深いものになりました。

沼津に御用邸があるのですが、今回は道筋にありませんでした。
沼津市若山牧水記念館はここ千本松原から少し三島寄りに戻ったところにあるのですね。
松原の中には歌碑や屋敷跡があるようですね。
宮崎出身だったのですね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年4月27日 (木) 19:24

★ポージィさま

こんばんは。
まあ、モートン症ですか。今調べましたらしびれたり痛かったり大変ですね。治るのでしょうか。心配ですし、お気の毒です。
どうぞお大事に。
アスファルトの道を長く歩くのはちょっと心配なのですが、無理だけはしないことにしました。この日はまだ歩けると思ったので乗車駅の吉原まで歩きましたらこんな歩数になりました。過去最高かしら。
お陰様で翌日足がどこも痛くならなかったのでありがたいことでした。
この時期、晴れていても富士山が見えないことがあるのですが、空と海の青がきれいな上に、富士山のおまけつきでした。
遠くの山は南アルプスでしょうか。
この上人さんは一本一本お経を唱えながら植えたそうです。写真が多くなるのでやめましたが松林の中も素晴らしかったです。
色々な神様の中に疱瘡の神様、珍しいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年4月27日 (木) 19:37

44619歩、22.3㎞って凄い数字です。
私はよく歩いたと思う日でも
せいぜい2万歩強、10㎞くらいです。
もっとも私の場合は、歩くのが目的ではなく、
観光とか買い物で、気が付いたらそれだけ歩いたという感じなのですが。
とにかく脱帽です!

投稿: zooey | 2017年4月27日 (木) 22:29

tonaさん、おはようございます♪
お嬢さんとの「東海道五十三次歩き」羨ましいです。
「東海道五十三次歩き」は娘の高校の校長先生が
在職中にされたというお話を伺って、よくもあんな長い距離を
歩けるものだと驚いたものですが、tonaさんの年齢で(ごめんなさいね)
挑戦なさるとはさらに驚きです。
大山街道歩きもほぼ制覇されたことだし、tonaさんなら出来ると思います。
頑張ってくださいね。

三島は車で通過するだけ、沼津はお寿司を食べに行ったり
夫や息子の釣りに何度か同行しただけで、かつて沼津城が
あったことも知りませんでした。乗運寺や千本浜公園、神明塚古墳等、
見どころもたくさんあるのですね。
歴史に触れながらの歩き旅は得るところがたくさんありそうですね。
楽しませていただきました。

この日は44619歩も歩かれたのですか。私の足なら潰れていそうです。

投稿: hiro | 2017年4月28日 (金) 08:17

★zooeyさま

富士山裾野歩きが大体2万歩前後ですから、倍以上ということになります。
ツアーでないので寄り道も自分の行きたいところだけですし、時間も好みに応じて取れるので、余力があれば歩いてしまいます。無理しないのも信条としています。
まあ、気を使わないからその点気分的に楽ですね。
このあとどうなるかわかりませんが、事前山歩きで鍛えていたので、足の方はなんともなかったのが幸いでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年4月28日 (金) 08:23

★hiroさま

おはようございます。
最近は街道歩きがブームで、あと中仙道などを歩きたいと思いますが、東海道だけでもこの先どうなるか、全くわかりません。行けるところまで行って楽しめばよいと割り切っています。
お嬢さんの校長先生も今は相当のお年でしょうが、当時も歩かれた方がいらしたのですね。
私よりずっとお若いhiroさんの足が潰れるわけがありませんよ。
千本松原は江の島から富士山を眺めるような感じでした。湘南海岸にも貧弱ながら松林が続いていますものね。そして相模湾と駿河湾、その湾の曲線がなかなかです。
歩くといろいろな物に出会えますから良い点もいろいろありますが、土の道でないのが足に良くないでしょう。
行けるところまで楽しみます。踏破は程遠いです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年4月28日 (金) 08:51

こんにちは。富士山を見ながらの街道歩きは楽しいですね。こんな良いお天気で最高でしたね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年4月29日 (土) 19:25

★多摩NTの住人さま

コメントありがとうございます。
東海道もこの辺からしばらく富士山を眺めることが出来、私にはそれが楽しみです。
でも雨の日もあるしこれからはますます霞んできてこの日が最後かなあとも思って眺めました。

投稿: tona | 2017年4月29日 (土) 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65203250

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き2 沼津~原~元吉原(1):

« 城山湖ハイキングと城山かたくりの里 | トップページ | 東海道五十三次歩き2 沼津~原~元吉原(2) »