« 鎌倉15 大船駅西口 | トップページ | 東海道五十三次歩き3 元吉原~~蒲原(1) »

2017年5月10日 (水)

大山街道7 阿夫利神社下社~大山山頂(阿夫利神社本社)

5月3日、4度目の挑戦、お天気も良く遂に登頂を果たし、大山街道歩きが終わりました。
阿夫利神社下社の標高が約700m、山頂が1252mなので約550mの標高差を登る。家到着まで約15000歩、7.2㎞でした。

今回は阿夫利神社下社まで大山ケーブルカーに乗り、下社から出発です。ケーブルカーまでバス終点から上って行くと、凄い行列で、しかも故障で点検中、いつ運転再開するか分からないとのこと。行列が次第に小さくなってきました。1時間後やっと乗ることが出来、やれやれ。下社に再びお詣りしていざ山頂へ!

                    八重桜450x338_2
いきなりの急階段で息が切れる。山頂まではここ1丁目から28丁目まで続くが、この階段は1丁目から2丁目まで続くのである。4丁目から28丁目までは標識が立てられている。338x450
4_297x450
                     6丁目の千本杉338x450_2
                     ヤマルリソウ400x299
           8丁目の夫婦杉は樹齢5~600年以上だそうだ338x450_3
       14丁目の牡丹岩 球体の岩が牡丹に見えるとのことだが・・・450x338_3
    15丁目の天狗の鼻突き岩 天狗が鼻を突いてあけた穴と言われる450x338_4
                  19丁目辺りの桜19_450x338
                    ミツバツチグリ450x337
             スミレサイシンに似たスミレが咲いていた450x338_5
                     桜のトンネル450x338_6
                   ミヤマカタバミか450x340
                   28丁目の石の鳥居28_450x338
        阿夫利神社本社を上がると奥の院と山頂の標識がある450x338_8
338x450_4
                     山頂から450x338_9
お弁当を食べて終え、25丁目から分岐するヤビツ峠への道を降りていく。すると富士山が見えたのでした。450x338_10
450x338_11
             さらに下ると海の向こうに大島が見えた450x338_12
ヤビツ峠から秦野へバスで下り、駅前の「庄や」でビールやおつまみをたくさん注文して打ち上げ。美味しかったのなんのって。     ー完ー


       *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

足慣らしにこの3日前4/30に大菩薩嶺(2057m)に登ってきました。車で上の方へ行けるので標高差360m位登るだけ。以前登った時はガスっていて何も見えなかった。
今回は快晴でこんなに美しい風景とは!

                 車で登る途中のアルプス450x338_13
             雷岩からの展望 上日川ダム湖が見える450x338_14
                   展望のない山頂338x450_5
         大菩薩峠へ下って行くと富士山がだんだん左に寄る450x338_15
                    賽の河原450x338_16
小説『大菩薩峠』の中里介山の名前を付けた介山荘の所が大菩薩峠(1897m)だ450x338_17

                  帰りに寄った奥多摩湖450x338_18

|

« 鎌倉15 大船駅西口 | トップページ | 東海道五十三次歩き3 元吉原~~蒲原(1) »

コメント

tonaさま
大山街道歩きの満願、おめでとうございます。お疲れさまでした。打ち上げのビールはさぞかし美味しかったことでしょう。その3日前にも好天の大菩薩嶺を歩かれたとのこと、御健脚ぶりに敬服いたします。何年か前に介山荘に泊まったことがありますが、前の広場からの朝夕の富士山の眺めは一級品でした。夕食に名物のほうとう(うどん)が出て美味しかったことを思い出します。

投稿: shikamasonjin | 2017年5月10日 (水) 23:43

tonaさん、こんばんは~♪
大山街道歩きの完歩、おめでとうございます。
お天気も良くて何よりでしたね。
傾斜が急な山道や大きな岩を見て、
さぞ大変だったろうな~と思いました。
ヤマルリソウやミツバツチグリ等の可愛いこと。
桜も見られて良かったですね。
打ち上げのビールはさぞかし美味しかったでしょう。

こちらに越してきた年の5月に、
家族で大山登山をしたことがあります。
当時はまだ32歳でしたが、夫や子供達に棒で引っ張られて、
山頂にたどり着いたことが思い出されます。
あと一度、大山に上るのが夢ですが、
息子からは無理をしない方が良いと言われています。

大菩薩にも登られたのですね。
tonaさんの健脚ぶりにはいつも驚かされます。

投稿: hiro | 2017年5月11日 (木) 00:21

おはようございます♪
 
ついに大山登山も達成されての大山街道踏破、おめでとうございます!!
バス停からケーブルカー乗り場までも、それなりの距離を登っていくのですよね。
そしてケーブルカー後の登山道は、延々と長い階段もキツそうですし、
想像以上に傾斜も急で岩もゴロゴロの大変そうな道。
これは凍っていた冬場はとても歩けたものではなかったと、
今更のように認識。延期の判断、正解でしたね。
ちょうど桜の時期にもなりましたし、春の野草の花たちも何と可愛いこと!
富士山も大島もご覧になれて、心も晴れやかだったことでしょう。
打ち上げのビールも、さぞ美味しかったでしょうね。
たくさん歩かれ、ハイキング登山?も重ねられて準備されてきた
甲斐もありましたね。
 
大山の3日前には大菩薩峠でしたか。
こちらは登られた標高差は少なくとも、標高そのものが高い分
酸素が薄かったかも。
このときはわずかな霞もなくはっきりくっきり、より壮大な
富士山もご覧になれて。
続けての素晴らしい登頂、ほんとにおめでとうございます ヽ(´▽`)/ バンザーイ
 

投稿: ポージィ | 2017年5月11日 (木) 08:55

東京歌会で大山のことは話題に登りますが
私は初め「だいせん」のイメージが強くて
スキーにいったこともありますので、
これをだいせんと読んでいました。
おおやまだったのですね。
これに慣れるのまで時間がかかりました。
今はいいですが・・・
でも行ったことがありません。

投稿: matsubara | 2017年5月11日 (木) 12:02

tonaさん こんばんは

ついに大山道制覇されましたね!
おめでとうございます!

途中までケーブルカーで行かれるとのことですが、
そのあとの階段道の険しさ!何丁目という標識(?)が面白いですね。
それにしてもtonaさんの健脚ぶりには脱帽です。
素晴らしいです。

この頃、息子が山登り(山歩き)に目覚めて、
一家で出かけます。
体力もつくし、何よりも山頂に着いた時の達成感と爽快感が良いのでしょうね。

投稿: グレン | 2017年5月11日 (木) 18:07

4度目にして天気になり、大山登山を達成されて、おめでとうございます。
家到着まで約15000歩7.2㎞はtonaさんにとっては、今迄の足慣らししてたので
物足らない歩きだったのでは・・・

私は大山には行ってないのでtonaさんの記事を読んで知る事ばかりですが
山頂迄は1丁目から28丁目まであるのですか。
打ち上げのビールはさぞ美味しかった事でしょう。

その3日前には大菩薩嶺に、天気に恵まれ素晴らしい景観が観れて良かったです。

投稿: ラッシーママ | 2017年5月11日 (木) 21:53

★shikamasonjinさま

ありがとうございます。
赤坂御門から約1年かかりました。
登山したとのビールは美味しいものですね。
癖になってしまいそうです。
介山荘にに泊まられたのですか。それは良かったですね。お天気さえよければ、夕景朝日が見れられて素晴らしいですよね。
2度目が快晴で嬉しかったです。

投稿: tona | 2017年5月11日 (木) 22:13

★hiroさま

ありがとうございます。
hiroさんがご覧になった秋の紅葉はダメでしたが、桜を見ることが出来ました。
大山登山は3回目、一度目は高校の遠足でしたから、苦しい覚えはありませんね。2度目も若かったし。
3度目が後期高齢者、混雑していたのでゆっくり目でしたから楽に登れました。
hiroさんはまだ私から比べたらお若いから絶対に軽々登れます。受けあいますよ。
私も階段だけはあはあ言いましたがあとは苦しくなかったですから。
大菩薩嶺の方はとても楽でした。

投稿: tona | 2017年5月11日 (木) 22:19

★ポージィさま

有難うございます。
約1年ぶりに頂上に立つことが出来ました。
長かったですね。富士山裾野周遊も1年8カ月もかかっていますし、気の長い話ではあります。
本当に凍っていたら怖い山道でしたがやめて正解でしたね。
今は子供がいっぱいで子供の方がどんどん登って行きます。親があたふたと後をついて行く光景が面白かったです。
打ち上げ、美味しかったですね。で、今日も東海道に出かけたのですが、打ち上げでないのに同じお店に行って、今帰ってきたところです。
一人だけ登れなかったら(というのも私がずば抜けて一人だけ年上なのですよ)、歩いて登って訓練しました。お陰様でです。

大菩薩嶺は2000越していますが空気の薄さは感じられませんでした。3000m越した北岳などはちょっと薄かったのかしら。今は分かりせんが、私は高山だ大丈夫みたい。ただ富士山はとても苦しいと皆さんから聞いています。もう登れないからいいですが。
富士山がきれいでしたね。雲が一つもない日でしたから。富士山好きなので本当に素敵な2つの山を堪能いたしました。
万歳までしていただいて有り難うございました。

投稿: tona | 2017年5月11日 (木) 22:33

★matsubaraさま

本当におっしゃるように同じ字ですから間違えますね。
特に関西の方に言いますと勿論ダイセンと言われました。
そちらから小田原を過ぎますと新幹線からも左手に大山が望めます。比較的形の良い山です。
そちらの家からはアルプス方面が見えていいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年5月11日 (木) 22:37

★グレンさま

ありがとうございます。
長い月日が過ぎて行きましたが、達成感があって嬉しい気分です。
前回ケーブルで登る所を歩いていますので今回はその続きです。
もしこれを続けたら多分バテテ登れなったのではないかと思います。というのも伊勢原の駅から下社まで歩いたからでもあります。2回に分けたのも、雨が降ったせいで、そのお蔭で登頂できたわけです。
大山は下からずっと登ると厳しい山です。若ければ何でもないのですが。
私も歩けなくなったらボケてしまいそうで、体もあちこちもっと悪くなるような気がして、頑張って歩いたり登ったりです。
息子さんご一家、いいことですね。お花が見られること、体力が付く、頂上の景色が良く達成感で満たされ、登山はいいことがいっぱいですよ。

投稿: tona | 2017年5月11日 (木) 22:45

★ラッシーママさま

ありがとうございます。
ここまでが長かったですね。
登山の時は上ったり下りたりがゆっくりなので歩数が少なくなります。
ですから300~500mくらい登れれば私としては最高です。もう1日に1000mも登るアルプスは無理ですね。
でもいつ膝がやられるか、戦々恐々です。
その時はまた別のことを考えて生きていきます。
そうなのです。山登りの後の打ち上げビールは美味しいです。味しめました。
百名山の大菩薩嶺からの冨士山はきれいでした。

投稿: tona | 2017年5月11日 (木) 22:53

こんにちは。大山街道の完歩、おめでとうございます。お疲れ様でした。さぞ達成感があったことと思います。富士山や大島も見えて良かったですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年5月12日 (金) 08:21

★多摩NTの住人さま

ありがとうございます。
お陰様で最後が雨降り山の名の通り、雨や雪にたたられ、難渋しましたがやっとです。
そのためかかえって思い出深く印象深い大山になりました。
秋の紅葉も見てみたいものですが、なかなか行くところが多くて叶いません。
冨士山と大島までと思いがけないことでした。とても近くに見えるのですね。

投稿: tona | 2017年5月12日 (金) 09:12

遂に登頂達成、おめでとうございます!
いつ行けるだろうかと、自分のことみたいにジリジリしてました~
足慣らしの大菩薩嶺も行かれて、準備万端でしたね。
普段から歩かれてるので、大山は余裕だったと思いますよ。
下社から登り、文句言っても始まらないけど階段は嫌いです!
阿夫利神社本社にお詣りされて、感慨ひとしおでしたね♪
何処でも岩に名前があるけど、はてな?ですよね。
牡丹の花に見えましたか。
ヤマルリソウ、ミツバツチグリが綺麗ですね。
黄色い山野草の名が苦手なんです。
大山の呼び名を知るまで、鳥取の大山(だいせん)が二つあると思ってました(^_^;)


投稿: だんだん | 2017年5月14日 (日) 10:27

★だんだんさま

ありがとうございます。
だんだんさんまでジリジリしていただき、すみませんでした。
力の元まで頂戴していたので、途中から効いていたと思います。
階段が続くときは、途中から上を見ないことにしています。気力が失せますから。
登山は一に植物、二に頂上からの景色。ときには気分や天気によって逆転しますが。
もうずっと高山植物が見られなくなってさびしい限りです。
牡丹石は牡丹に見えませんでしたよ。
ミツバツチグリはヘビイチゴやキジムシロなどと似ていますね。
キンポウゲやキツネノボタンやキンバイソウなどもその場に行くとわからなくなります(今はこの高さの所も行かなくなりました)
だんだんさんの山行はバスを仕立ててて結構高山に行くので本当に羨ましいです。

投稿: tona | 2017年5月14日 (日) 12:49

大山山頂には独身時代に会社の同僚たちと登ったのが
最初で最後になっています。
当時は県央のことを全く知らずで
大船から藤沢に出て小田急線で相模大野へ
そこで小田原線に乗り換えて伊勢原駅に行って
バスでケーブルカー駅前まで行ってました。
厚木・伊勢原に住んでからは「あのときになぜ
大和で相模鉄道に乗り換えて海老名に出なかったのか」
そんなことを思いましたよ。

山頂の奥の院は覚えていますが
“大山山頂”と記してある標識が建っていたのかどうか・・・。
覚えていません。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年5月15日 (月) 15:52

★Saas-Feeの風さま

大山に登られたのですね。
なるほど電車、そういうことがあったのですね。
今はネットで探索すると近い方法が出てきて便利です。
私は今回の大山街道歩きで田園都市線を知り、また相鉄線(二俣川へ車の免許関係で乗りました)は海老名に乗り入れていることを初めて知ったわけです。
何しろ昔の湘南電車と横須賀線と小田急線と江ノ電しか知らなかったですから。
大山は3度目ですが、一気に下から登るのはもう大変な事だと思われました。雨のお陰で2回に分けて正解です。
頂上やその下からの眺めは素晴らしいですね。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年5月15日 (月) 16:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65262383

この記事へのトラックバック一覧です: 大山街道7 阿夫利神社下社~大山山頂(阿夫利神社本社):

« 鎌倉15 大船駅西口 | トップページ | 東海道五十三次歩き3 元吉原~~蒲原(1) »