« 東海道五十三次歩き2 沼津~原~元吉原(3) | トップページ | 鎌倉15 大船駅西口 »

2017年5月 5日 (金)

柄杓山(群馬県桐生)

山頂の桜が終わってしまった1週間後の4/22に、柄杓山(361m)に登ってきました。すっかり衰えてしまった体力を少しでも元に戻そうと歩いたり登ったりで励んでいるこの頃です。通院は歯の定期健診&掃除だけで、投薬は何もなし状態に戻りました。昨年は外泊は2日だけ、今年はもっと増えそうです。

柄杓山の山頂には600本の桜があるそうで全国的にも珍しい山。戦国時代には桐生国綱が山城を築いた城山である。山頂は本丸跡の広場になっている。

                                    こんな感じという(本より)

450x221
今はこんな感じ。1週間遅くて殆ど散ってしまったのが残念でしたが、中腹には山ツツジが咲き始めていました。450x338_2
                                           登山口の日枝神社450x338_3
御神木のクスノキは600年前の3本と300年前の1本が植えられ、暖地性の植物のため、1ヶ所に数株見るのは珍しいのだそうだ。450x338_4
フデリンドウか? 茎の部分を写さなかったのでわかりにくいが、株立ちしていないので。しかしもっと高原に咲くらしいので、ハルリンドウと区別が難しい。450x338_5
                      山ツツジ450x338_6
450x338_7
450x338_8
450x338_9
初めての花 茎も葉も紫色で花の状態は何とも表現のしようがない。ご存知でしたら教えてください。                                                   ヒメハギだそうです。shikamasonjinさま、多摩NTの住人さま、ありがとうございました。  

450x338_10
450x407
                    桜のひこばえ450x338_11
                   山頂の本丸跡の碑338x450
                     四等三角点450x338_12
                      山並み450x338_13
                     ニリンソウ450x338_14
                    ムラサキハナナ450x338_15
                     シロタンポポ450x338_16
                     ハナモモ450x338_17
                      サクラソウ338x450_2

桐生から熊谷へ出て皆と分かれ、運転して下さる方がこちら方面の方なので、熊谷から東松山への途中の東平と言うところに寄って戴いた。
戦前から昭和24年頃まで疎開していたのが、松山第二小学校の小使い部屋です。母が用務員をして住む家が確保され、父は週末に東京から帰ってきていました。
勿論、周囲の景色も一変し、昔の面影はゼロでしたが、ここに戻ってみて、これで長年の夢が果たせました。338x450_3
一日おいて早稲田大学にまたもや1時間も時間を間違えて早く到着したので、転校して卒業した早稲田小学校と、住んでいた所が大きな建物にやっと建て替わったのを見に行って大満足。

|

« 東海道五十三次歩き2 沼津~原~元吉原(3) | トップページ | 鎌倉15 大船駅西口 »

コメント

tonaさま
群馬県に長く住んで殆どの山は登ったつもりでしたが、桐生の柄杓山は登ったことがありません。低山歩きの極意のような山ですね、どなたのご案内ですか。お尋ねの植物はヒメハギのようです。手持ちの山渓カラー名鑑「日本の野草」370頁に出ていますが、図鑑の写真が小さくて最初分かりませんでした。可愛い花ですね。

投稿: shikamasonjin | 2017年5月 5日 (金) 17:42

こんにちは。山頂に600本の桜とは、圧巻でしょうね。紫色の小さな花はヒメハギです。私は大好きな野草です。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年5月 5日 (金) 19:43

★shikamasonjinさま

ヒメハギを教えていただきありがとうございました。
花弁や萼片など形が複数あって、サイトで説明を見ました。蕊が見つけにくいですね。もう一度出会いたい花です。
登山というよりハイキングに近い山ですね。
城山だったそうで山頂の表示はありませんでした。
昨年前に所属していましたハイキング(小登山)が無くなって寂しかったのですが、秋に新しく3人の方が立ち上げた「爽やか再会クラブ」に入会で来ました。二人が運転者されるので最寄まで車で連れて行って下さるので、今まで東京近辺しかなかったのですが、群馬県に行くことが出来るようになりました。来週はこの続きの鳴神山に別の人が誘ってくださっていく予定です。

投稿: tona | 2017年5月 5日 (金) 21:20

★多摩NTの住人さま

ヒメハギを教えてただきありがとうございました。お好きなお花なのですね。
私も初めて出会って見とれてしまいました。
後から走るようにしてみんなに追いつきました。
山頂に600本って圧巻ですね。奈良吉野の風景とは全然違いますがまず下からの山の風景を楽しみ、登ってお花見ですね。

投稿: tona | 2017年5月 5日 (金) 21:24

珍しいお花の満載ですね。
ヒメハギは初めてです。

群馬県は55年前に尾瀬に行く時通りました
沼田駅で下車し、鳩待峠から入りました。

その後東京からは、福島県側から入りました。
檜枝岐村からでした。

投稿: matsubara | 2017年5月 6日 (土) 08:10

tonaさん、おはようございます♪
山頂に植えられた600本の桜、
満開時に見ることができたらさぞ圧巻でしょうね。
標高361mの山なのに、これだけの山野草等が
楽しめるのはよいですね。
近かったらぜひ登りたいところです。

戦争で疎開されたことがあったのですね。
思い出の地に寄ることが出来て良かったですね。

投稿: hiro | 2017年5月 6日 (土) 09:27

お母さんゆかりの場所に行かれたのはよかったですね。
身体が衰え、ってどこが?と訊きたいくらいに旺盛な活動、その賜物でしたね。

投稿: 佐平次 | 2017年5月 6日 (土) 10:10

 こんばんは。
群馬県の柄杓山、山に疎い私はもちろん知らなかったのですが、
山頂に600本の桜とは驚きです。
満開の頃はどんな景色でしょう。
想像するだけで楽しいです。
ヒメハギ可愛いお花ですね。

懐かしい松山の小学校に行くことが出来、良かったですね。
当時の事をいろいろ思い出されたことでしょう。

投稿: ☆銀河☆ | 2017年5月 6日 (土) 18:53

次から次へと意欲的にハイキングなさってますね。
tonaさんの先日45000歩近くを歩かれた健脚なのですから
体力は以前に戻ってますよ。

山頂に600本の桜ですか、満開の頃は壮観で混んでるでしょうね。
ヒメハギ、可愛い花ですね。
これからは山野草があちこちで見られるのも楽しみですね。

疎開して通ってた小学校を見に行ってらしたのね。
周りの景色は違っても懐かしさは込み上げてきた事でしょう。

投稿: ラッシーママ | 2017年5月 6日 (土) 19:53

★matsubaraさま

やはりヒメハギは初めてですか。
私も複雑な形の花を珍しく眺めてしまいました。
群馬県の山は赤城山の山と先日の大桁山、荒船山、水沢山に登っただけです。
桧枝岐村は宿泊して会津駒ヶ岳に登りました。勿論尾瀬の端っこを覗きました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年5月 6日 (土) 20:32

★hiroさま、こんばんは。

桜の季節は下から眺めると凄いでしょうね。
1週間遅れでとても残念でした。上手くいきませんね。お天気の問題もありますし。
でも山ツツジがとてもきれいな事に感動しました。
そうですね。近かったらハイキング程度ですのでおすすめです!
疎開の体験はとても頭に残っているのです。写真がその頃のがほとんどないだけに、私の頭の中に残っている景色だけです。でも何もなかったですが、田舎といえども全部変わってしまったのですね。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年5月 6日 (土) 20:42

★佐平次さま

母は重労働だったと思います。死産もしています。もっと聞いておけばよかったと思いました。
食道から腸までの消化器系の病気を1年半していましたので、それがやっと治ってきて嬉しいこの頃です。完治したらもう天にも昇る気持だと思いますが、加齢で他がどんどん悪くなりそうですね。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年5月 6日 (土) 20:48

★☆銀河☆さま

山頂だけに600本の桜とは、珍しい山ですね。
想像するだけでも素晴らしいですね。
ヒメハギ、名前はハギが付いているのに全然ピンときませんでした。素敵な花ですね。
今年中覚えていると良いのですが、何しろ数歩歩いているうちに忘れてしまうのですから困ったものです。これは教えていただいたので覚えたいです。
野山で遊びまわったこと、運動会のことなど思い出しましたが、教室で勉強したことは何一つ覚えていませんでした。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年5月 6日 (土) 20:55

★ラッシーママさま

そうですね。今は2日続いて出かけないことにしています。中一日、二日おいています。旅行となると2、3日続くので今度はそれに挑戦です。薄紙を剥ぐようによくなるのがよくわかりました。
ヒメハギのような山野草が見られて、とても嬉しいハイキングでした。

小さいころのことは結構忘れてしまいましたが、暫く校門の前で佇んで偲びました。これで過去と決別もできます。行って良かったです。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年5月 6日 (土) 21:02

山頂の600本の桜が満開になった光景を
ぜひ見たいものです。
いつごろから育った桜の木なのでしょう。
多くの山の花が咲いていて山登りの間が愉しかったことと思います。
それにしても、あちこちをお歩きになっていますね。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年5月 6日 (土) 22:52

★ Saas-Feeの風さま

私も見たかったです。
検索してもいつごろ植えられたかはわかりませんでしたが、100年はたってないように思えました。
その数が半端ではありませんね。土地の人は山頂で酒盛りをするのでしょうか。
登山の愉しみは、途中のお花に出会うことと、山頂からの景色です。
春になってから虫が蠢くように出歩いております。これが夏になるとバテてふうふう状態になります。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年5月 7日 (日) 08:32

桐生といい、東松山といい、私には懐かしいところです。
 高速道路のないころ、254号線で小川、嵐山、安中方面。会社の鉱山のあった葛生方面によく行っていました。杓子山は桜で有名なんですね。仕事ばかりで気が付きませんでした。
 
 戦前から昭和24年まで東松山におられたのですね。久しぶりに訪ねられて懐かしかったことでしょう。その小学校に入学されたのですね。母校なんですね。

 私も70台はまだまだ足腰は自信がありました。駅の階段も駆け上っていました。いまはだめです。その点、tonaさんはお元気ですね。
山登りで頑張ってください。

 

投稿: 夢閑人 | 2017年5月 9日 (火) 19:56

★夢閑人さま

こんばんは。
お仕事で、東松山から先、嵐山、小川、安中、そして桐生などお仕事で関係あったのですね。
先日小川の方の仙元山に登りましたが、それ以外ずっと訪れていないところでした。
疎開していた時、東松山と熊谷を結ぶバスが1時間に1本くらいしかなく、1里、1時間歩いたことを思い出し、熊谷から車で東松山寄りの東平に寄っていただきました。入学したこの学校に2年生2学期までいました。もう知っている人も誰一人いない所でしたが、そして何も思い出す印がない所でしたが、ただただ懐かしく暫く見入っておりました。
夢閑人さんこそお元気ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年5月 9日 (火) 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65238998

この記事へのトラックバック一覧です: 柄杓山(群馬県桐生):

« 東海道五十三次歩き2 沼津~原~元吉原(3) | トップページ | 鎌倉15 大船駅西口 »