« 尾瀬へ(1)往路 | トップページ | 『きよのさんと歩く江戸六百里』金森敦子著 »

2017年7月 1日 (土)

尾瀬へ(2)復路

2日目、4時半に起床して朝日を見に行ったのですが、朝霧が立ち込めて見えず。この日は一日曇天でした。尾瀬ヶ原の標高は凡そ1400mで早朝は10℃以下になっていたでしょうか。
450x338 450x338_2

450x338_4 450x338_5

                      朝食、大好きな卵焼きを1つ食べてしまってから撮影

450x338_6
                                               尾瀬小屋 338x450
このあと7時に出発。北の方の東電小屋、ヨッピ吊橋の方から牛首分岐に戻り、山の鼻、鳩待峠へと昨日と同じ道を戻る。
リュウキンカは水芭蕉の頃一緒に見る花だ 450x338_7
450x338_8
                                ここでも水芭蕉の群落に会える450x338_9
                  まだ霧が漂っていた450x338_11
                       燧ヶ岳450x338_12
                     チングルマ450x338_13
                コバイケイソウの咲き始め450x338_14
                スミレもいろいろ咲いていた    450x338_15
                 オオカメノキ(ムシカリ)450x338_16
                      ヨッピ吊り橋450x338_17
        ヤマドリゼンマイ だそうです。sさまありがとうざいます。450x338_18
                     木道のキノコ450x338_19
         池塘  カッコウやカエルの鳴き声が良く響き渡っている450x338_20
450x338_21
只見川 池塘や湿原は只見川の源流になっていて、尾瀬ヶ原の水は全て三条の滝となって流れ出ている。歩みののろい私たちは滝にも行かれなかったのが残念。450x338_22
2017年(今年)と平成24年(2012年)の木道。傷んでいく木道をどんどん新しくしている。ありがたいことです。何ヶ所かで数字を目にすると、どうも15年は持たないような。年間でも随分たくさんの人が歩きますから。
2017_450x338 24_450x338

Tonbo_450x340
歩荷(ぼっか)さんが80㎏背負っている。休憩しているところにも出会う。10㎏で起とうとするとよろよろしてしまう私なので信じられない。ご飯が頂けたのもお陰様である。338x450_2
338x450_3
                     ヒメシャクナゲ450x338_23
                  面白い模様の水芭蕉の葉338x450_4
                    山の鼻に到着 450x338_24
                   ウチワカエデの花450x338_25
                  コミヤマカタバミ?450x338_26
                     シラネアオイ450x338_27
 ミツバツツジではなくムラサキヤシオ 初めて出会えました。sさまありがとうございます。450x338_28
鳩待峠に到着。タクシーで戸倉に戻ってきた。尾瀬戸倉関所がある。
慶長5年に設けられた。関ヶ原の役が起こったので、急いで会津方面との出入りを警戒するために、真田信幸(信之)が命じて造られた。450x338_29

往復約4万歩。平らな木道が殆どで、往復楽なバスで尾瀬も簡単に行けるようになりました。日本には他に素晴らしい場所がたくさんありますが、こんなに完全に規制を強化して保護し、美しい自然を守っていく場所は大変貴重な国の財産だと実感です。国立公園で日本百景の一つ。東西約6km、南北3km。特別保護地域の面積はおよそ8690haだそうだ。

|

« 尾瀬へ(1)往路 | トップページ | 『きよのさんと歩く江戸六百里』金森敦子著 »

コメント

尾瀬に行ってらしたのですね。
梅雨のさなかでも2日間、雨に降られなかったのは良かったです。
水芭蕉の群落に会えましたね。
それにしても、この時期は沢山の山野草?を見る事が出来ましたね。

私も「尾瀬」と「一の倉沢」に行くのが夢でしたが、足の手術後2012年8月に尾瀬に行きましたが
戸倉の駐車場に車を置き、乗り合いタクシーで鳩待峠
往復の事を考えたら牛首分岐の手前までで引き返して来ました。

歩荷(ぼっか)さんって80㎏背負っているのですか。
私の時も木道を歩いてる時に歩荷さんが追い越していきました。
tonaさんの往復4万歩の健脚は凄いです。

投稿: ラッシーママ | 2017年7月 1日 (土) 22:11

こんばんは(^o^)/!
北アルプスの山小屋などでは、ヘリでの輸送がほとんどだそうですが、尾瀬ではまだこのような歩荷さんが活躍されているのですね。
驚きとともに感動しました。
あれほどの荷物を担いで歩くのは、本当に大変な重労働でしょう。
かつてネパールで、山奥の村に水道を作るための塩ビ管の束を運んでいるポーターに話を聞いたことがあります。
彼らの荷物も80kg~100kgだとか!
私も担いでみようと背負子を肩にかけてみましたが、びくともしませんでした。
それだけにこの歩荷さんの力強さ、たくましさに敬意を表します。
そして見た感じではまだ若い彼に、大きな拍手を送ります。

投稿: 慕辺未行 | 2017年7月 1日 (土) 22:46

尾瀬は未経験なのです。
これだけ美しい景観を保つためには
想像もできない努力がなされているのでしょうね。
歩荷さんという言葉も知りませんでした。
80キロ…
ただただ脱帽です。

投稿: zooey | 2017年7月 1日 (土) 23:11

★ラッシーママさま

尾瀬ヶ原の標高は1400mあるということで山野草も少し高い所に咲くのが見られました。
シラネアオイやコバイケイソウやサンカヨウ、シロバナエンレイソウなど低山ではお目にかかれませんのでお久しぶりと挨拶です。
「一の倉沢」が夢!凄い岩壁ですよね。どこか走っている時にあれがそうだと教えられました。谷川岳はバテて途中で引き返すという憂き目に遭ったところです。原因は時差ボケでした。
尾瀬は牛首分岐まで行かれたので良かったですね。
歩荷さんに友人が聞いたので80㎏の答えにびっくりでした。凄いですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 2日 (日) 08:24

★慕辺未行さま

おはようございます。
北アルプスのヘリ輸送はテレビで観たことがあります。
ここ尾瀬でも時々ヘリも使われると歩荷さんから聞きました。
尾瀬の歩荷さんもテレビで観たことがあるのですが、実際に見て感動しました。
凄いことですね。
冨士山では昔強力と言ったのでしょうか。
新田次郎の小説『強力伝』で読みました。
ネパールのポーターさんも凄いですね。しかも空気が薄いでしょう。今もたくさん活躍していることに敬意を表します。
日本でもこうして歩荷さんが頑張ってる姿が見られて感動です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 2日 (日) 08:32

★zooeyさま

木道の整備、汚物が周囲から流れ込まないようにすること、生態系を崩さないようにすることなど、陰でいろいろなされていることなのでしょうね。
ゴミくずかごは一つもありませんから、見事に全部持ち返りです。初めからゴミが出ないような弁当や食品に気をつけましたが。というわけで個人の心がけなど注意を促されます。
私が背負ったのは10㎏が最大で800m登りました。で、80㎏はその8倍、想像もできませんね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 2日 (日) 08:44

懐かしいこの記事、リンクさせてくださいね。

投稿: 佐平次 | 2017年7月 2日 (日) 10:17

tonaさんへ
こんにちは。写真のきのこは針葉樹(木道の材は多分カラマツ)に発生する硬質菌の一種、サルノコシカケ科の仲間ですが、種名は分かりません。ゼンマイは綿毛の多い様子から多分ヤマドリゼンマイ、ミツバツツジは花の色が濃い紅紫色なのでムラサキヤシオかと思います。シラネアオイに出逢えてよかったですね。

投稿: shikamasonjin | 2017年7月 2日 (日) 11:27

新宿バスタ―ミナルができて、何処に行くにも便利になりましたね。
 
 尾瀬ヶ原を2日かけて、一回りされたのですね。朝霧のなかの景色は幻想的で、また、湿原ならではの風景です。水芭蕉はじめ、たくさんの
植物が見られるのも、木道を楽に歩けて鑑賞
できるのも、たけさんの方々の保護奉仕のおかげですね。有難いことだと、感謝しなければなりません。

 尾瀬小屋は、山小屋らしくなく、旅館です ね。食事もいいじゃないですか。
たくさんの荷物を歩いて運んでくれる方々のおかげですね。こうした人たちの陰の力で成り立っている。忘れてはなりません

 すっかり尾瀬の魅力を満喫できました。
ありがとうございました。   

投稿: 夢閑人 | 2017年7月 2日 (日) 12:38

★佐平次さま

リンクありがとうございます。
江間章子作詞 中田喜直作曲の「夏の思い出」は私たちの青春ですね。
如何にも男性的な思い出を残してきた尾瀬。
もう行かないけれども行ったとしたら佐平次さんを思い出します。

投稿: tona | 2017年7月 2日 (日) 12:42

★shikamasonjinさま

いろいろ教えていただきありがとうございました。感謝します。
白いサルンコシカケはかなり下の方で大きく撮れませんでした。もっとズームにすればよかったと反省です。
ヤマドリゼンマイ、納得です。こんな茶色のゼンマイを初めて見ました。食べられるそうですね。
アカヤシオやシロヤシオ、ムラサキヤシオの名前は聞いていまして憧れていましたがシロヤシオをどこかで見ただけです。ムラサキヤシオが見られて本当に嬉しいです。何でもミツバツツジと言っては恥ずかしいです。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2017年7月 2日 (日) 12:51

★夢閑人さま

新宿のバスターミナルは初めてで緊張しました。遅れないように発車45分前に到着。随分いろいろな所へ次から次へと出て行きます。

三条の滝に行けなかったのが残念ですが、東電小屋の方回りで、只見川や吊橋も見る事が出来ました。池塘も逆さ燧が見られる大きなものもありました。
今回は本当にいろいろな方のお陰で美しい尾瀬の自然を眺めることが出来るのだと、別の意味でもわかって旅は良かったです。
尾瀬小屋の食事は昔とは比較になりません。あの頃は缶詰と漬物だけでしたから。ご飯やみそ汁はおかわりが出来るのです。歩荷さんが運んでくださったのですね。後姿を拝みました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 2日 (日) 13:01

こんにちは 初めまして。
saheiziさんのところからやって来ました。
素敵な尾瀬に出会えてよかったですね。
で、もう尾瀬沼までは行けないとおっしゃっていますが、新宿からの同じバスで鳩待峠手前の大清水で下車しそこから入れば今は比較的簡単にいけるんですよ♪
ご参考になればと、大清水から入った時の私の記事のアドレスを貼らせていただきますね→http://sorairo02.exblog.jp/20913812/
低公害バスは現在、本格実施になっているはずですのでお乗りになれば楽ちんです。
なお、尾瀬の小屋はオーバーユースを避けるために完全予約制になっていますので必ず予約なさってからお出かけになってください。
今秋にでも長蔵小屋にお泊りになった記事を読みたいなぁと思っております。
…と、おせっかいなコメント、長くなってすみません。

投稿: pllet | 2017年7月 2日 (日) 14:24

★plletさま

初めまして。
ご訪問いただき、素敵な尾瀬行のブログをご紹介いただきありがとうございました。
この間乗ったバスは鳩待峠が先で終点が大清水でした。
大清水から一之瀬、三平峠、尾瀬沼までは今回鳩待峠から見晴十字路までと同じくらいの距離になりますね。行かれるんですね。
大江湿原も今地図で確かめました。知らないところです。以前会津駒ヶ岳に登った時に、尾瀬のとば口の御池という所を散策したのですが、凄いはずれです。
兎に角お一人でどんどん行動されるということに驚きです。そして尾瀬には何度もお出かけになっていらっしゃるのですね。
私は人に頼って出かけました。
素晴らしい尾瀬に出会えて感動です。
plletさんはいろいろな山に登られていらっしゃいますね。私は67歳で初めて北アルプスの鹿島槍に登って以来感動して続けていたのですが、後期高齢に入ってすっかり体力が落ち、今は低山、丘陵歩き、そして平地の街道歩き(4万歩が限界)で衰えないようにしています。後ほど登山を拝見させていただきます。
スロヴェニア、クロアチアにいらしたのですね。私も2008年に行きましたが印象深かったです。同じく海外旅行も74歳でストップ、だらしないですね。まだお若いplletさんにあやかりたいです。
教えていただき嬉しかったです。またよろしく願いいたします。

投稿: tona | 2017年7月 2日 (日) 16:57

街道歩きをしながら、いつの間にか尾瀬にも遠征!
本島によく歩かれてますね、尊敬です。
前の記事から読んで、懐かしくてまた行きたくなりました。
鳩待峠から二度行って、至仏山にも登りました。
三度目は檜枝岐から沼山峠で尾瀬ヶ原散策。
時期がずれていて、水芭蕉にはお目にかかっていません。
でも冬季閉山を除いて、山野草はいつも素晴らしい保存状態と思いました。
ポッカさんには、頭が下がりますね。
年に数回、朝霧の谷間に二重の虹が出る瞬間をTVで見ました。
神々しく、映像でも良いから見たことが嬉しかったです。

投稿: だんだん | 2017年7月 2日 (日) 17:18

2度目のコメントです。
私の書き方が悪かったのですが、「一の倉沢」は上るのではなく
一の倉沢出合から「一の倉沢」を眺めた・・・それだけでも私には感動でした。
このような記事を書きました。

http://blog.goo.ne.jp/rassi-cyann/e/7b4d1f61389b087baeaa24295c0b8df9

投稿: ラッシーママ | 2017年7月 2日 (日) 17:41

★だんだんさま

至仏山に登られたのですか。標高差800mもあるのですね。
尾瀬ヶ原からは小至仏や悪沢岳も見えているのかなあとその山続きを眺めました。
今地図で見て沼山峠がわかりましたが、尾瀬沼につながっているのですね。
あと富士見下などもあるのですね。御池は少しだけ入りました。アヤメ平も有名でしょう。本当にいろいろなコースがあって、また行きたくなりました。
朝霧の谷間の二重の虹ですか。素晴らしいですね。
夏と秋に次々と咲くようですね。探すのも楽しみです。
体験談をいろいろありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 2日 (日) 19:06

★ラッシーママさま

再度のご訪問ありがとうございました。
ブログ拝見して、一の倉沢出合から歩かれて一の倉沢の凄い万年雪のある岩壁を見られて凄いです。
感動ですね。歩くと見えない部分も見えて素晴らしいです。名前は聞いていても知らなかったですもの。

投稿: tona | 2017年7月 2日 (日) 19:17

またまた、こんばんは
拙ブログ、早速見てくださってありがとうございます。

>この間乗ったバスは鳩待峠が先で終点が大清水でした。
私の勘違いです。ごめんなさい。
67歳で北アへ初めて行かれたのですか?! すばらしいです。 
tonaさんのお話しに元気をいただきました。
私もあと7・8年は歩きたいと思っています。
ありがとうございました。

投稿: pllet | 2017年7月 2日 (日) 22:44

★plletさま

おはようございます。
再訪ありがとうございます。
まだまだお元気のpalletさん、60代って本当に元気ですね。(もしかして50代?)
後期高齢者とは良く言ったものです。
とても当てはまって笑ってしまうくらいです。
後、7,8年ですか。日本だけでなく世界も歩けてしまいますよ。
応援します!記事も楽しみにしています。

投稿: tona | 2017年7月 3日 (月) 08:35

こんにちは
 
尾瀬2日目の朝は霧の中でしたか。朝日は見られず残念でしたが、
この霧の景色は、「夏の思い出」の歌詞そのものですね。
「霧の中にうかび来る やさしい影野の小路」興奮してしまいます(笑)
野の花たちも種類が多いこと、可愛らしいですねぇ。
見つけるたびに歩みが止まってしまうこと必至ですね。
周りに広がる景色も、どの方向を見ても絵になって、何度も
満足の溜息が出そうです。
 
長く長く続く木道は、毎年どこかしらが取り替えられて
いるのでしょうね。でも、15年は持たなくてもかなり長い間
持つ様子にはちょっと驚きました。家周りに用いたラティスなどの
木製品はもっと早くにだめになるのを体感していたものですから。
湿原と冷涼な環境も関係する(虫)のでしょうね。
 
歩荷さんは80キロもの荷物を担いで延々歩かれるのですね。
高く積み上げられた重い荷。頭が下がりますね。
文字通り支えられての尾瀬を楽しめるのですね。
 
日本は、観光客数が減るのを心配して、環境を守るための規制を
なかなかしない所が多いですけれど、思い切った規制をしていかないと
守り切れるものではないと思います。数の減少はそんなに
恐れなくても、素晴らしい自然が守られていたら、国内外から
訪問者は絶えないようにも思います。尾瀬は好例ですね。

投稿: ポージィ | 2017年7月 3日 (月) 10:30

★ポージィさま

こんにちは。
今年一番の暑さで、冷房でなく扇風機の段階です。夏に強くていいですね。
私はずっと尾瀬のような標高1000m以上の所にいたいですが、別荘がないので仕方なく下界で息も絶え絶えに夏を過ごす事になります。

朝霧、ほんと、歌の中にあったのでしたね。
最初の半分は行きと違った道でしたので、違う風景を楽しめました。
同じ道に戻っても昨日気がつかなかったこともありました。
木道は丁度取り替えている場所に平成から西暦にかえて、2017年があり、木も新しく構造を見て、一つ替えるのも大変なことだと感じました。木材はヘリで運んでくるのでしょうね。

歩荷さんは3人見かけましたが、若者から中年まで。一体何歳までやっておられるのでしょう。今もこのような重労働に頼らなければならない場所に、観光客は楽しませてもらえるわけです。
富士山も外国人観光客増加と自然保護とのせめぎ合いで、とても対策に頭を悩ませているようですが、思い切ってもっと登山料を多く取ればいいと考えます。
尾瀬にも外国人が多かったです。家族連れもいました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 3日 (月) 14:27

懐かしい景色がまた見られて嬉しいです。
燧岳も至仏山も思い出します。

一度目の時は富士見小屋に泊まりました。
もう閉鎖されるようで残念です。

二度目は有名な長蔵小屋でした。
ご主人を尾瀬で亡くされた夫人とも話をしました。
幾種類もあるのに花々をよく見なかったのは残念です。

投稿: matsubara | 2017年7月 3日 (月) 19:23

★matsubaraさま

私は昔泊まった小屋の名前を忘れてしまいました。長蔵小屋のような気がするのですが。
ご主人を亡くされて頑張っておられる夫人の話は有名ですね。お話されたのですね。
富士見小屋はもうないのですか。
今はいろいろな小屋がありますね。
まだまだお花が幾種類かあるようなのですが見つけられませんでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 3日 (月) 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65480937

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬へ(2)復路:

« 尾瀬へ(1)往路 | トップページ | 『きよのさんと歩く江戸六百里』金森敦子著 »