« 平塚の七夕祭り | トップページ | 緑の「信州」と青の「越後」(2) »

2017年7月10日 (月)

緑の「信州」と青の「越後」(1)

話は前後しますが、6/22~6/24に、新宿出発の
『息を飲むほどの絶景の連続!山の幸・海の幸を満喫。緑の「信州」と青の「越後」自然が魅せる華麗なる饗宴』
とタイトルが非常に長い、2泊3日のバスツアーに参加してきました。家族にはとりあえず、長野と新潟の何処かに行ってくると告げて。地図はもらえず、どこを走っているのかわからず、友人が買って、切り貼りして作ってきた地図が頼りでした。

<1日目>

●諏訪峡 利根川の水上あたり
諏訪湖の方かと思うとさに非ず、利根川の清冽な流れが造り出した渓谷です。 流れに沿って遊歩道が整備されている。 諏訪峡の入口にかかる吊り橋(笹笛橋)より眺める谷川岳は絶景だそうだが、あいにく見えなかった。

338x450
450x338
450x338_2

●二居湖(ふたいこ)
新潟県南魚沼郡湯沢町、信濃川水系清津川に建設された二居ダムの2つの湖。最大出力160KWで日本最大の揚水式水力発電所(奥清津発電所)。上池と下池との間で水を往来させている。
みんなが節電すれば、たくさんあるダム、水力だけでなく火力が多いのけれども、原子力に頼らずまかなえることをしみじみ思う。

                      下池450x338_3
                      上池450x338_4

●しゃくなげ湖
新潟県南魚沼市、信濃川水系三国川(さぐりがわ)に建設された三国川ダムの湖。高さ119.5メートルのロックフィルダムで、洪水調節・不特定利水・上水道・水力発電を目的とする、国土交通省直轄の多目的ダム。標高440m
ダムってこんなにたくさんの目的を持っていることを知る。又、南魚沼は郡と市の両方があることも知る。
                     しゃくなげ湖450x338_5
450x338_6
450x338_7
450x143
                   水の精(藤巻秀正作)338x450_2

                南魚沼の水田 コシヒカリ450x338_8

●竜ヶ窪
新潟県中魚沼郡津南町にある湧水で名水百選に選定されている。標高450m。
この地は特別豪雪地帯に指定されており、水源は、日本の秘境100選秋山郷の降雪および苗場山や鳥甲山南の山塊の伏流水となり、信濃川の河岸段丘に多くの地下水が湧水しており、泉やため池の水源となっている。水量毎分30トン、日量43,000トンの池の水が1日に1回入れ替わる。軟水。なかなか美味しい。
450x338_9
338x450_3
         あまりに透明で波がなく、水がどこにあるかわからない。450x338_11

斑尾高原のホテルタングラム連泊 スキー場とゴルフ場に囲まれている。ルピナスの群生が素晴らしい。450x338_12
450x338_13
450x338_14

   夕食のバイキング。お昼はタンパク質が全くないおにぎりと煮物弁当。450x338_15
450x338_16
          ホテルで友人が買ったフチ子。最近集めているとか。450x338_17

|

« 平塚の七夕祭り | トップページ | 緑の「信州」と青の「越後」(2) »

コメント

お帰りなさい。
またまた収穫の多い旅でしたね。

10年くらい前でしたでしょうか。大河ドラマに
直江兼続がヒーローになったことがありましたね。
その年、老人会旅行で魚沼あたりに行きました。
兼続の幼少時にいた寺とか、いろいろゆかりの
地を見聞しました。その時旅館で黒沼のお米が
売っていました。

谷川岳のふもとを通ったように思います。

こちらに紹介してあるところは未訪ですが
新潟旅行が懐かしいです。
良寛さんのゆかりである出雲崎とか、会津八一
記念館とか北方記念館?の36も部屋のある大邸宅
も思い出しました。
なかなかすぐには行けないところです。

投稿: matsubara | 2017年7月10日 (月) 16:04

★matsubaraさま

兼続や謙信公に関係する所に行きたかったですが、旅行会社任せのは目的とするところがなかなかなくて、、、まあ、それでも行ったところがない所の方が多くて楽しめました。
出雲崎は通ったのに良寛さん関係はどこにも行かず、企画者の趣味もあるらしいです。若い人みたいです。
会津八一記念館も北方記念館も何も知らないです。
私も東京近辺以外はなかなか行けません。
早速に有難うございました。

投稿: tona | 2017年7月10日 (月) 19:45

こんにちは。楽しそうなバスツアーですね。諏訪峡といわれると諏訪湖をイメージしてしまいますね。谷川岳の姿は残念でした。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年7月11日 (火) 08:28

★多摩NTの住人さま

2泊3日と言うのは2年ぶりです。
日本は名前が似ている所があってややこしいですね。
谷川岳は一度登り損ねて(途中でダウン)、今度は下からも見損ないました。なかなか縁のない山です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月11日 (火) 08:55

tonaさん、こんばんは~♪
新潟は独身時代にスキーで苗場に何度かと、
15年前頃ツアーで越後湯沢・アルプの里に行っただけです。
どちらも南魚沼郡なので、今回tonaさんが行かれた場所の
近くだとは思うのですが、雪一面の時と雨が降って
周りの景色が見えない時だったのでほとんど覚えていません。
どのお写真を拝見しても、山紫水明で美しですね。
こんな場所なら美味しいお米も出来るはずと
納得した次第です。


投稿: hiro | 2017年7月12日 (水) 00:55

★hiroさま

こんばんは♪
コメント有難うございます。
スキーは苗場だったのですか。
私は志賀高原でした。
苗場山の頂上は夏はお花が素敵なのですってね。一度見たいです。
南魚沼の水田はなかなかにきれいでしたよ。
ここであのおいしいお米がとれるのかと私も納得しました。

投稿: tona | 2017年7月12日 (水) 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65516153

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の「信州」と青の「越後」(1):

« 平塚の七夕祭り | トップページ | 緑の「信州」と青の「越後」(2) »