« 緑の「信州」と青の「越後」(1) | トップページ | 緑の「信州」と青の「越後」(3) »

2017年7月11日 (火)

緑の「信州」と青の「越後」(2)

<2日目> 新潟県の海岸方面へ

                    朝食もバイキング(洋食) 家よりついつい食べ過ぎ450x295
                                 妙高山にはまだ雪が残っている450x338

●角田岬
判官舟かくし 1187年、源判官義経が兄頼朝に追われ、奥州平泉に海路おちのがれる際、追っ手を避けて舟とともに身を隠した洞穴。338x450
角田岬灯台
450x338_2
450x338_3
338x450_2
                   佐渡島が見えない450x338_4
                      展望台から450x338_5
450x338_6
ハマヒルガオやハマボッスなどが咲いている
450x338_7 450x338_8

450x338_9
450x338_10

●弥彦神社とロープウェイ山頂駅
弥彦山はスカイツリーと同じ高さと覚えた山(634m)
この山を御神体とする弥彦神社は式内社で、越後国一宮。古事記や万葉集、源義家や源義経、上杉謙信などにゆかりのある神社。450x338_11
450x233
                ロープウェイ。山頂駅は552.5m.。 450x338_12
   弥彦山山頂ではなくて多宝山(634m) sさまありがとうございました。450x338_13
                  山頂の御神廟(写真より)338x450_3
             ロープウェイ山頂駅より越後平野を見る450x338_14
                佐渡島はやはり見えなかった450x338_15
           ギボウシやハマナスが駅のそばに咲いていた450x338_16
450x338_17 450x338_18


   寺泊(新潟の築地と言われている)でノドグロの入った海鮮丼の昼食450x338_19

●出雲崎
この地域は良寛和尚が生まれ、修行や放浪後の定住地であり、終焉の地でもある。資料館や民俗資料館や美術館もある。
ただしこの旅行では一つも尋ねない。
良寛和尚の言葉「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候、死ぬる時節には死ぬがよく候、是はこれ災難をのがるる妙法にて候」が好きです。

    海の風景はただただ青い(これらがタイトルの「青の越後」というわけ)450x338_20
               夕凪の橋 夕日がきれいらしい450x338_21
450x338_22
             芭蕉像 「荒海や 佐渡によこたふ 天河」338x450_4
        ここは石油産業発祥の地で記念公園になっている450x338_23
338x450_5
               歌詞が書いてある変わったバス停!299x450

●青海川駅 日本一海に近い駅「青海川駅」。柏崎駅から乗り鯨波駅を過ぎ青海川駅に到着。450x338_25
450x338_26
450x338_27
450x338_28
                 ホームのすぐ下は海450x338_29
450x338_31

            2日目の夕食バイキング。デザートは同じ。450x338_32

|

« 緑の「信州」と青の「越後」(1) | トップページ | 緑の「信州」と青の「越後」(3) »

コメント

原発を断った町・巻を尋ねて一人旅で歩いた角田岬など、みんなで行けば楽しいですね。

投稿: 佐平次 | 2017年7月11日 (火) 10:43

こんにちは
(1)と(2)をまとめて拝見とあいなりましたので、コメントも
まとめて失礼します。
 
ほんと長いツアー名ですね(笑) 緑の「信州」と青の「越後」には
期待が高まります。
地図も貰えずとは、なかばミステリーツアー的趣向でしょうか。節約?
 
(1)の緑の信州は、随所で「緑」を色濃く感じられますね。
上池・下池のエメラルドグリーン、山の緑が映りこむシャクナゲ池、
谷戸の田の緑…などなど。そして、やはり電力のことにも思いは向きますね。
竜ヶ窪の湧水の池の美しさにはとりわけ引き込まれました。
ほんとに美しくて、そして静かですね。木々と水の緑の中に
自分も溶けていきそうです。
(2)の越後は、海岸近くとあって「青」なのでしょうけれど、
こちらの緑も豊かで「青」と「緑」両方ですね。
角田岬の展望台からの景観はとても素適&気持ち良さそうそうですし、
海岸すぐの所の駅というのも面白いですね。名前が「青海川」とは。
海が荒れたときは波を被ったり土台がえぐられたりしないのかしらと、
ちょっと心配にもなりますが。
出雲崎の「夕凪の橋」も歩かれたのですね。美しい夕日の時に
この橋の突端でしばし時を忘れて佇んでみたいです。
良寛和尚の生誕~終焉までとてもかかわりの深い地なのですね。
tonaさんがお好きな良寛和尚の言葉
「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候、死ぬる時節には死ぬがよく候、
 是はこれ災難をのがるる妙法にて候」
あるがままを受け入れ共にありなさい、というような意味でしょうか…
 
見応えある素適な旅、楽しませていただきました。ありがとうございます。

投稿: ポージィ | 2017年7月11日 (火) 11:01

★佐平次さま ありがとうございます

こんな所に角田岬があったのですね。
岬にて一人ポツンと佇む姿もまた感慨深いものがあります。

投稿: tona | 2017年7月11日 (火) 16:11

★ポージィさま

暑くなりまして、出かけないので連続まとめる珍事をやりましたが、まだ続きがありましてもう1回、信州の戸隠、安曇野などがありますのでまた読んでくださいね。

このツアーはトイレ付バスで(日本では必要ないですが)ホテルも良かったのに、その割には安かったのですよ。だから目に見えない色々な所で節約しているのですね。
やたら長い名前といろいろな場所がわからず「どこ行くの」と聞かれて信州と越後のどこかとしか、答えられませんでした。
(1)のダム湖や池は信州と越後の境目の新潟県側にあるらしいです。
確かに水の色と緑がこの梅雨の晴れ間にきれいですね。
人も私たちツアーの人の他殆どいないので鳥の声と蝦夷春蝉の声だけが聞こえてくるだけでした。

新潟の海岸沿いは冬は想像すると黒々とした海の色なのでしょうが、今の時期、実に美しい青ですね。角田岬は岩もごつごつして山口県の山陰側・青海島をぐるりと船から見た時を思い出しました。
青海川駅は写真からお分かりになるかと思いますがかなり高い位置にあります。冬は雪が降ったり、波も高くどんなでしょう。
「夕凪の橋」は本当は夕方に行きたかったです。海に沈みゆく太陽が素晴らしいのではと想像だけしました。日本海に沈む太陽はまだ見たことがないかなあと思いましたら、北九州にいたとき日本海に面していたので、若松で見ておりました。

私は困難なことに出遭うと、もう驚いたり、騒いだりパニックになる性質ですので、せめて良寛さんのこの言葉を思い出して少しでも静かにしたいと思います。努力しても、老病死はなるようにしかならないです。仰るようにあるがままを受け入れるということですね。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年7月11日 (火) 16:41

tonaさん、おはようございます♪
私もバイキングだとついつい食べ過ぎますが、
たくさん食べられるのは元気な証拠。
食べられるということはしあわせなことですね。

弥彦山はスカイツリーと同じ高さなのですね。
私もいま、しっかりと覚えました。
弥彦神社は初めて見ましたが、ずいぶん立派な神社ですね。
山頂からの眺めも素敵です。

角田岬、出雲崎、青海川駅など、タイトル通りの
美しい海でしたね。堪能させていただきました。
良寛和尚のことは良く知りませんが、「散る桜 残る桜も 散る桜」や
辞世の句「裏を見せ 表を見せて 散るもみじ」は心に残っています。
御紹介の言葉も良いですね。肝に銘じておきます。

投稿: hiro | 2017年7月12日 (水) 08:43

 まさにタイトル通りの旅でしたね。
今頃の信州、越後は山の緑に、海の青。
快いでしょうね。
 
 津南町は、狭山市の姉妹都市。毎年新茶の時期に市役所の広場で交流イベントが開かれます。
 以前湯沢に行ったとき、南魚沼方面にまで足を延ばしたことがありました。
 あの有名な「魚沼産コシヒカリ」2kg入りを買って帰りました。値段の割にはそんなにおいしいとは感じなかった。
 地域によって差があるのかな?

投稿: 夢閑人 | 2017年7月12日 (水) 10:50

なが~いタイトルのバスツアー、穏やかな日本海を堪能されましたね。
荒れやすい海ですが、マリンブルーの時もあるんです♪
行かれたおおよその位置が分かって、懐かしいです。
秋山郷へ早春と夏合宿で、仲間と毎年のように行きますから。
周辺を回って、知り合いの農家で魚沼のお米を車が凹むほど買います。
角田山、弥彦山を飛ばして、樋曽山でユキワリソウに逢ってきました。
出雲崎へ行かれて、佐渡島が見えず残念でしたね。
あの夕日は忘れません、友だちは今までで一番美しいと言ってました。
良寛さまのことはブログに載せました。
よろしかったら、2014,4/3~4/6をお暇な折りに開けてみて下さい~
食欲が戻って、tonaさんには喜ばしいことですね。


投稿: だんだん | 2017年7月12日 (水) 16:57

★hiroさま

こちらにもありがとうございました。
2泊のツアーは2年ぶりで、バイキングでしたので、食べすぎないようにしようと思ったのについついたくさん持ってき過ぎて。どうやら残さず食べられてホッとしました。美味しく食べられることの幸せを感じた旅行でもありました。
弥彦神社は本当に立派ですね。そして山頂には行かれませんでしたが、山頂駅で景色を楽しみました。
良寛さんのお歌、素敵なのをご紹介くださってありがとうございます。
私も大事にこの歌を書きとめたいと思います。
新潟の夏の海岸の美しさに見ほれました。

投稿: tona | 2017年7月12日 (水) 23:40

★夢閑人さま

緑と青の美しい県に行って参りました。
3日目はまだ書いてないですが、多くの方がいらしたことのある信州の戸隠等です。
あの美しい竜ヶ窪のある津南町が狭山市と姉妹都市とは。
わが国分寺市は佐渡島と姉妹都市です。
コシヒカリの南魚沼は田園風景がきれいでした。私も丁度頂いたここのお米がとても美味しいとは感じられなかったことがあります。
そしてコシヒカリはあちこち生産される様になりましたね。温暖化で北海道のほうが美味しくなったという話も聞きました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月12日 (水) 23:51

★だんだんさま

日本海側の海は冬はとても荒れて黒々としてるそうですね(一度お正月に仙崎の青海島に行ったのですが覚えてない。島のごつごつした岩壁だけが印象的でした)
秋山郷は紅葉の季節に一度まいりました。
魚沼産コシヒカリ、きっと美味しい所で買われたのでしょう。病み付きでしょうね。
出雲崎の夕日ご覧なったのですね。さぞかし広い海に沈んでいくのは素敵だったことでしょう。
佐渡島は曇っている日の方が見えやすく、晴れている日は見えない聞きました。
この日はとても良く晴れていたのに、霞んでしまって。
良寛さまのこと、明日拝見させていただきます。
お蔭さまで、2年ぶりに2泊3日、食べてきました。それもバイキングが4回。幸せでした。
有難うございました。

追記:今朝読ませていただきました。
良寛さんのお姿拝ませていただきました。
そして六万騎山で見た以上の妖精の花々と冠雪した山々、日本海の夕日をたっぷり拝見出来ました。一緒について行きたかったですが、もう3年も前なのですね。ときは戻らずで残念至極です。

投稿: tona | 2017年7月13日 (木) 00:06

2年ぶりの2泊3日旅行、それもバイキングの食事が美味しく食べれたようで
もう心配なく、何処にでも出かけられますね。

私も2014年・2015年と何故か新潟の旅行が多かったですが
南魚沼市・魚沼市辺りを何回か行ってるのです。
但し、海辺に面した所には行って無いので、今回tonaさんが行った場所は初めて知る所だらけです。

次回は信州ですね。
楽しみにしております。

投稿: ラッシーママ | 2017年7月13日 (木) 14:07

★ラッシーママさま

写真で撮りますとずいぶん食べるようになったことが、一目瞭然ですね。
美味しかったです。
そう、国内なら出かけられそうです。
ママさんの2,3年前に新潟旅行にたくさん行かれて、そういえばまだまだいろいろあるのですね。ツアーではあまりないでしょう。
やはり車は良いですね。
次回もまたよろしくですが、全部ママさんがいらしたところばかりだと思います。2度目がありましたが季節が違えばまた発見ありですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月13日 (木) 16:17

新潟は書家の友人と良寛の書がたくさん
残されている木村家を中心に回り、
他はあまり知りません。それが一度目の
旅で、二兎目は、会津八一記念館を見学しました。
良寛の遺跡も訪ねました。

三度目は東京の友人と旅して、北方記念館と
後は美味しい魚で知られている店で
オコゼの唐揚げをいただき、食通の友が
ひどく感動していました。

まだまだよく知らないところです。

そうそう、四度目は直江兼続をたどる
旅でした。

投稿: matsubara | 2017年7月15日 (土) 08:18

★matsubaraさま

都合4回もこの地にいらしているのですね。
私は佐渡島へ渡る時に新潟に降り立ったくらいです。あと、六万騎山や清津渓谷に行ったくらいです。
良寛さんだけでなく会津八一の記念館もあるのですね。知りませんでした。

直江兼続の時も人で溢れたようです。
今年は直虎の居た浜名湖の北岸地域を中心にツアーもたくさん出ているようです。もしかして行こうかなあなどと思っています。
こちらにもありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月15日 (土) 09:04

tonaさんへ
今晩は。tonaさんのフットワークの軽さにはいつも感心させられます。今回はツアーのタイトルも長いですが、内容もそれに見合って素晴らしく充実していると思います。弥彦山は東京スカイツリーの高さと同じ標高634mなので、一気に有名になり、私も昨年登ってきました(ブログ自惚山人ノオトの「582.弥彦山・多宝山」をご参照ください)。その時に、やはり山頂下の駐車場から眺めて、山頂に気象レーダー観測所がある形の良い山が見えたので、それがてっきり弥彦山と思いましたが、登ってみると「多宝山」という名前の山で標高は奇しくも同じ634mでした。一等三角点が置かれていて、基準点名称は「弥彦山」と云うので、弥彦連山の代表的峰であるのは間違いありません。国土地理院地図で弥彦山としている山頂は、tonaさんがエレベーターで上った山頂駅から
20分ほど上がったところにあり、途中は電波塔が林立し冴えない山頂です。奥宮からの眺めは素晴らしいのですが。長々と書きましたが、エレベーター山頂駅からtonaさんが眺めた形の良い山は「多宝山」で、弥彦山を代表する峰ということになります。お確かめください。

投稿: 色麻村人 | 2017年7月18日 (火) 20:43

★色麻村人さま

今、「582.弥彦山・多宝山」を拝見しました。
私はてっきり山頂駅から見た姿の良い山が弥彦山の山頂とばかり決めつけていました。
ここからは弥彦山の山頂は見えないのですね。
20分ほど行ったところなのですね。
奥宮にも行きたかったです。
ツアーですと勝手な事が出来ませんのでそれが難点です。
もう5年若くて、元気だったら、色麻村人さまの後ろに幽霊となって付いて行って楽しみたいとつくづく思いました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月18日 (火) 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65519884

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の「信州」と青の「越後」(2):

« 緑の「信州」と青の「越後」(1) | トップページ | 緑の「信州」と青の「越後」(3) »