« 『きよのさんと歩く江戸六百里』金森敦子著 | トップページ | 緑の「信州」と青の「越後」(1) »

2017年7月 7日 (金)

平塚の七夕祭り

今日は七夕様、この数年ずっと雨でしたが、今日は彦星と織姫は目出度く会えるのでしょうか。
子どもの頃から願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、星にお祈りをする習慣でした。

隣の市に住んでいたので、平塚の七夕祭りは、子供の頃から良く見ていたが、もう40年以上見ていませんでした。
あの頃の記憶に残っているのは、各お店から大きな竹が出ていてそこに立派な飾りがあり、毎年瀧口カバン店?が優勝していたことだけです。
今は全く様変わりしたようにも思え、途中から各連?の踊りが始まっていました。
今日の午前中の様子を見てきたのでほんちょっとご覧ください。
1_460x345
2_460x345
4_460x345
5_345x460

6_460x345
7_460x345
8_460x345
9
10_460x345
11_460x345
12_460x345
132_460x345
14_345x460
460x345
P1080783_460x345
460x345_2
460x345_3
460x345_4
460x345_5
345x460

もうお願いは忘れているかもしれませんが良い七夕の夜をお過ごしください。


|

« 『きよのさんと歩く江戸六百里』金森敦子著 | トップページ | 緑の「信州」と青の「越後」(1) »

コメント

fbに七夕をアップされているのを見て、もしやと思い
拝見しています。

東海地方では一宮市のものがよく知られています。
昔の方がササで風情がありました。
近年華やかですが、ビニールの飾りばかりで
驚きます。でもこれはこれできれいですね。

せっかく梅雨の晴間でしたのに、昨夜も
周囲が明るくて天の川は無理でした。

投稿: matsubara | 2017年7月 8日 (土) 08:51

沖縄のレンもあったようですね^^。
それにしても神出鬼没!

投稿: 佐平次 | 2017年7月 8日 (土) 09:53

 各地に七夕まつりはありますが、平塚の七夕祭りも有名ですね。
飾りも豪華ですね。
仙台の七夕祭りも見ました。こちらも有名ですね。
地域によって飾りも違うようです。

 狭山も「入間川七夕祭り」として、毎年8月第一土日にあります。
歴史も古く、この辺りでは有名です。

 いろいろなイベントもあり、各連の踊りもあり、沢山の人で賑わいます。
孫たちの小さいころはよく出かけましたけど、この頃は全く出掛けません。
相変わらず賑わっているみたいです。

 tonaさんにとっても、平塚の七夕祭りは思い出深いものなのですね。
私も、故郷の祭りにはいろいろな思い出があります。
子供のころは、お祭りは楽しいものでした。

 

投稿: 夢閑人 | 2017年7月 8日 (土) 12:09

tonaさんは平塚の隣の町に住んでたのですね。
平塚の七夕は有名だったのは知ってますが、今でもこのような立派な七夕が続いてるのですね。

私の実家は中野で隣駅の阿佐ヶ谷の七夕も有名で
高校生の時に駅前の商店街のお店で夏休みにバイトをした事がありますが
阿佐ヶ谷の七夕は8月ですので、バイトしながら観る事が出来ました。
今でも続いてるようです。

tonaさん、平塚の七夕を観て、子供の頃を思い出しましたか。

投稿: ラッシーママ | 2017年7月 8日 (土) 12:22

★matsubaraさま

一宮市の位置もわからず、今調べたところです。東海道線にあるのですね。
昨年や今年の時代を背景にした飾りが中心ですね。
笹の葉サラサラ、軒端に・・・という歌からはもう遠く違ったイメージの七夕の飾りでした。
そちらでも周囲の明るさが天の川を見にくくしていますか。特別な山の上とかに行かないと見えないのでしょうね。
ニュージーランドでは見ることが出来てあれが最後だと思います。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年7月 8日 (土) 14:38

★佐平次さま

沖縄のレンも来ていたのですか。
何もわかりませんでした。
暑い中、日中は踊っている方々が気の毒でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 8日 (土) 14:40

★夢閑人さま

仙台は8月ですか。まだ一度も行ったことがないです。見てみたいものです。
豪華な飾りに、随分お金がかかるのではないかと、よけいな心配もしました。
重いから支える竹も何本も重ねてありますね。
見るだけ楽しんで、作る側の苦労を思わないでは済まない感じではあります。
「入間川七夕祭り」は知りませんでいた。旧暦で行われるのですね。
私も祭りは殆ど出かけなくなりました。やはり体力がいりますね。ちょっとぐったりです。
中学高校時代は茅ヶ崎の浜降り祭でした。
小学校のお祭りは神楽坂の所と赤城神社(新宿区)ですが、今もあるかは不明です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 8日 (土) 14:51

★ラッシーママさま

始まったのは1951年だそうですから、今年で67回目なのですね。
祭りを維持することは地域の努力は並大抵ではないでしょうね。
そうそう、阿佐ヶ谷は七夕、隣の高円寺は阿波踊りですね。
私はどちらも行ったことがないですが、阿佐ヶ谷はそんな昔からあったのですか。
バイトをされてよくご覧になったのですね。懐かしい思い出でしょう。
平塚の七夕だけでなく、平塚に行くのは買い物ついでに饅頭を食べるのが楽しみでした。
今も良く餡子をいただきます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 8日 (土) 15:02

こんにちは
 
わぁー 平塚の七夕祭りを見にいらしたのですね。
色々バラエティに富んでいて、商店街の皆さんは毎年頑張っ
ていらっしゃいますね。アハ 南渓和尚もありましたか。
ニュース番組でチラと紹介されているのを見ましたが、稀勢の里を
描いた飾りもありました。
今年の七夕は、ほんと久し振りに晴れのお天気になりましたね。
平塚の七夕祭りの3日間ずっと晴れで暑そうです。見物の人出も
たくさんになりそうです~
ご実家とはお隣の市ですものね。久し振りにご覧になって、
やはり懐かしさもおありだったでしょうか。
私も1度だけ見に行きましたが、もう10年以上前のことになりました。
夕方からでしたし記憶もおぼろですが、今回拝見したお写真の方が
原色系のポップな色合い濃い、ビニール系の飾りが多く感じました。
雨だった時のことを考えたらビニールになりますね。
その中でもアイデアを凝らし手作り感もありますね。

投稿: ポージィ | 2017年7月 8日 (土) 15:05

★ポージィさま

こんにちは
何といっても直虎ブーム。南渓和尚が上の方にいまして、目を凝らさいと見えません。
一所懸命作った飾りをもっとじっくり見たかったですが、人が多く出てきました。
久しぶりに7日が晴れました。そのかわり暑いこと。最初は海からの風が快かったのですが、お昼からは相当に暑くなり退散しました。
夜がきれいだったのですってね。東京まで遠いのであきらめました。
さらにビニール系が多くなりましたか。それにしても色が鮮やかですね。
お願い事を書いた懐かしい笹の葉の七夕は遠い昔になってしまった感がありました。
小さな幼稚園生や小学生も踊っていました。
地域ぐるみでみんな楽しんでいるのですね。
まあ、もう見に行くことはないと思いますので後ろ髪ひかれる想いで平塚を後にしました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 8日 (土) 15:30

平塚と阿佐ヶ谷の七夕祭りは、有名ですね。
隣市にもいらっしゃって、海に縁があるのですね。
カラフルな短冊色に加えて踊りの行列も出て賑やか。
街興しの意味合いがあるのか、全国的に祭が盛んになってきましたね。

月遅れの八月が習慣だったので、今も田舎は八月の盆前です。
子どもの頃は早朝の稲田に器を持って入り、朝露を掬い取りました。
それを硯で摺って、短冊に願いを書きました。
子ども祭をしてから、川に竹を担いで行き、数日後に流してました。
去年7月に家族が来た時、全員に書いてもらいました。
孫たちは(今後も生きられるように)とか、無茶苦茶ですが今も保管してます。
今年も連休に書かせようかな~と思ってます♪

投稿: だんだん | 2017年7月 8日 (土) 16:47

★だんだんさま

海に住んでいたのですが、山の方が好きになりました。
本当にお祭りの数は一体いくつ有るのでしょう。
新しいもの、古いもの、いろいろですね。

お子様だけでなくお孫さんたちにもよい教育をされていらっしゃるのはいかにもだんだんさんらしいです。良いお子さんと良いお孫さんであるはずです。
すべてお祭り、行事には意味があって、今の何でも、何をしなくてもそろうのが当たり前になっては意味がありませんものね。
朝露を掬い取るなんてなんて素晴らしい風習でしょう。もう知っている人も少なくなりましたね。
伝えていきたい大切な事だと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月 8日 (土) 17:05

tonaさん、おはようございます♪
子供の頃は親戚がある、東京福生の七夕祭りに
行ったことがありますが、それを思い出しました。
多分平塚の方が規模はずっと大きいと思いますが、
一度は見てみたかったので、拝見できて嬉しいです。
どの飾りも色華やかで立派ですね。
各商店の方が一年間、練りに練って作られたのでしょうね。
時代を反映した飾り付けも多かったのでしょうね。
市民の皆さんの盆踊りも楽しそうですね。
居ながらにして楽しませていただき、有難うございました。

投稿: hiro | 2017年7月 9日 (日) 07:36

ご無沙汰しております。
なかなか時間がとれなくてブログから離れることになっています。
懐かしい平塚の七夕・・・
45-6年前に一度だけ見に行ったことがあります。
好意を持っていてくれた同僚の女性(平塚在住)に誘われ
戸塚の独身寮前からバスで大船駅に出て
湘南電車で平塚に行きました。
七夕を見ている途中で喫茶店に入り休憩していると
別の同僚女性が入店してきたのでびっくり、
何とも気拙いことになりました。
そんな思い出のある平塚七夕です。
当時より賑やかになっているような印象を受けながら
写真を拝見しました。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年7月 9日 (日) 09:46

下から二枚目がそうかと思って、いまもう一度よく見ると違うかな。

投稿: 佐平次 | 2017年7月 9日 (日) 10:13

こんにちは。私は2年ほど藤沢勤務がありましたが、平塚の七夕祭りは見たことがありませんでした。ずいぶんカラフルで賑やかですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年7月 9日 (日) 14:36

★hiroさま

こんばんは♪
あら、福生でも七夕祭りがあるのですか。平塚よりずっと近くですのに知りませんでした。
1ヶ月遅れの仙台も凄いそうですが、平塚も有名ですね。
昔と随分違ったように思えるのですよ。
しかし記憶が曖昧で。多分材料も違いかなりカラフルだと思われます。
商店街の皆さん、1年間の結晶ですが、毎年大変でしょうね。旧東海道通りで宿の跡がたくさんありました。いずれもう一度この当たりは歩く予定でいます。
こちらこそ有難うございました。


投稿: tona | 2017年7月 9日 (日) 19:03

★Saas-Feeの風さま

懐かしくもほろ苦い思い出の平塚の七夕の夜の思い出にご一緒に浸りました。
戸塚から大船、そして平塚と、茅ヶ崎の私より時間をかけていらっしゃいましたね。
一生に何度か恐ろしいほどの偶然に遭遇しますが、なるほどビックリでしたね。
持てた人の苦労ですね。
私もその頃が最後だと思うのですが、今の方が当たり前ですが派手になったと思います。
この時代の1年間を見る思いもします。
有難うございました

投稿: tona | 2017年7月 9日 (日) 19:10

★佐平次さま

私もそのことをお聞きして写真をもう一度見直したら、下から2番目がそうじゃないかと思いました。
着物が違いますからね。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年7月 9日 (日) 19:11

★多摩NTの住人さま

藤澤勤務と言いますと、小田急線で通われていたのでしょうね。
夜まで粘った人の話に寄りますと、照明が飾りの中に入ってとても綺麗だったそうです。
かなり帰りが遅くなったとか。
昼間でも十分のその様子は伝わってきましたが。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年7月 9日 (日) 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65505220

この記事へのトラックバック一覧です: 平塚の七夕祭り:

« 『きよのさんと歩く江戸六百里』金森敦子著 | トップページ | 緑の「信州」と青の「越後」(1) »