« 緑の「信州」と青の「越後」(3) | トップページ | 東海道五十三次歩き6 日本橋~大森(2) »

2017年7月17日 (月)

東海道五十三次歩き6 日本橋~大森(1)

6/28(水) 江尻宿の続きを予定していたのに、雨が降る予報だったので日本橋からに変えました。三島までは大体知っている所なので後でもいいかと雨の日に回すことに(箱根は無理ですが)。
日本橋をゆっくり10時頃出発して、京急大森町駅には夕方6時半近く、約40706歩でした。

「♪お江戸日本橋七つ立ち・・」と謳われたように江戸時代は、七つ(5月ごろなら午前4時頃)、まだ暗いうちに発って、今の田町と品川の間くらいにある、東海道の玄関口の高輪大木土門が開けられる頃にたどり着いた。木戸は明け方六つ(午前6時)に開き、暮れ六つ(午後6時)に閉じられた。

日本橋の四隅には日本国道路元標のレプリカ(本物は道路の真ん中にある)、日本橋由来記、日本橋魚市場発祥の地碑、罪人の晒し場跡がある。
450x338
橋が架けられたのが1603年、何度か消失し、現在の二連アーチ橋は明治時代の終わりに完成し、重要文化財だ。五街道すべての起点だ。

百十四銀行(本店は高松市) 明治5年に国立銀行条例に基づいて開設された153の国立銀行のひとつで、他に5行(四、十六、十八、七十七、百五)当時の名前で営業。見たことあるようないような。114_338x450
東京駅八重洲口からのびている中央分離帯に、オランダ人航海士ヤン・ヨーステンの碑がある。450x338_2
京橋辺りに来ると「江戸歌舞伎発祥の地」「京橋大根河岸青物市場跡の碑」がある。450x338_3
338x450
銀座発祥の地碑や銀座の柳の碑(ちなみに今の柳は2代目)等を通り過ぎると新橋のお馴染みの「芝大明神」や「増上寺」に至る。もうここで早めの昼食はお寿司。雨が止む。
芝大明神には昔この辺りは生姜畑が多かったということで生姜塚がある。338x450_2
増上寺では今回は山門横の「グラント松」を知る。米国第18代大統領グラント将軍は明治12年、国賓として日本を訪れ、増上寺に参詣し、記念としてこの松を植えたとのこと。450x338_4
こちらは41代大統領パパブッシュが副大統領として昭和57年、来日の時、増上寺訪問の際のお手植えの「ブッシュ槇」のコウヤマキ。338x450_3

田町に入ると、田町薩摩邸跡があって、ここが江戸無血開城の「西郷・勝会見の地」碑がある。450x338_5
                     シマトネリコ450x338_6
450x338_7
                      東京タワー338x450_4
三田の「元和キリシタン遺跡」 徳川家光が1623年、50人のキリシタンを処刑したという。450x338_8
この日はどこの神社にも茅の輪があって、我々は御田八幡神社にてくぐり、心身清浄を祈願する。338x450_5

高輪大木戸跡 朝6時に開いたという大木戸跡に到着。昼食をはさみあちこち寄り道があったので、すでに2時間どころか3時間40分位経っていた。450x338_9
四十七士の墓であまりにも有名な泉岳寺 最近ここを見ているのでさすがに覚えている。2年前には赤穂城も見てきた。
                  お寺と大石内蔵助の墓450x338_10
338x450_6
高輪大木戸から品川宿まで東海道の東側は石垣の海岸だった
                  高輪海岸石垣の跡450x338_11
品川駅ロータリーの品川駅創業記念碑 (明治5年の時刻表と運賃が裏に刻み込まれている)338x450_7
(2)は品川宿から大森まで京急線に沿って歩いた記録を。つづく

|

« 緑の「信州」と青の「越後」(3) | トップページ | 東海道五十三次歩き6 日本橋~大森(2) »

コメント

都内は25年前見たつもりですのに、まるで
知らないところばかりです。
泉岳寺は関西の友人を案内する必須コース
ですから、何度も行きました。
日本橋の起点はまだ数年前に行ったところです。
見所がたくさんありますね。でも、JR、私鉄
地下鉄ばかりの移動では見つかりませんね。

東海地方には、16銀行が生き延びました。

投稿: matsubara | 2017年7月17日 (月) 18:23

★matsubaraさま

泉岳寺や増上寺は何度も行きました。道筋にあるのですね。
日本橋に下から隅田川に出る舟がこの頃大人気で、その時の待ち時間にたっぷり橋を見学しました。今回はさっと見て歩き出しました。広重の絵を思い出しながら。
まあ、岐阜に十六銀行があるのですか。たった6銀行だけです。
百十四銀行は自分のビルだそうです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月17日 (月) 19:33

日本橋から大森まで歩くなんて凄いですねえ!
地下鉄でも結構ありますのに。
しかも四万歩超とは、恐れ入ります。
この暑い中、水分など余程たっぷり補給されながら歩かれるのでしょうか。
岐阜の十六銀行は、地元では一番大きな銀行なのですよ。

投稿: zooey | 2017年7月17日 (月) 22:25

★zooeyさま ありがとうございます。

品川駅あたりが時間的に丁度真中でした。
このあと長い品川宿を通り過ぎ京急の駅を何駅も通り過ぎて大森町駅に。蒲田まではちょっと無理でした。
水分と塩分と冷たいものと時々休養で乗り切ります。この後2回行った静岡から先が7月に入ってしまったので暑かったです。
後ほど書きますのでまたよろしく見てください。
岐阜に生き残った6銀行のうちの十六銀行があるのですって。
岐阜に行く機会があったら横目で見たいものです。

投稿: tona | 2017年7月18日 (火) 08:18

tonaさん、おはようございます♪
もうtonaさんの健脚ぶりには驚かされるばかりです。
10時頃出発して夕方6時半近くまで、40706歩も歩かれた
そうですが、私の足だったら悲鳴をあげて壊れていると思います。

地図に疎い私ですが、旧東海道は地図を見れば誰でも歩けますか?
案内人もいないのに、よく道を間違えずに歩かれたものだと
その点も感心します。
いろいろな発見があったようですが、自分の足で歩き、
確かめると、しっかりと身につくことでしょうね。
生姜塚、パパブッシュの「グラント松」、田町薩摩邸跡、
初めて知ることばかりですが、せっかく見せて頂いたのですから、
少しでも脳裏に焼きつけておきたいです。
昨年の秋からNHKで放送された「忠臣蔵の恋」を見ていたので
泉岳寺には一度訪ねてみたいと思っていました。

息子は東日本大震災の時、職場のある大崎から横浜まで
歩いて帰ったそうですが、次回はその品川からですね。
楽しみにしています。

投稿: hiro | 2017年7月18日 (火) 09:19

こんにちは
 
何と今回はまた4万歩超えでいらっしゃいましたか。
6月末の8時間は休憩を入れてとはいえ、きつくありませんでしたか?
驚きとと感嘆でしばし( ゚д゚)ポカーンとしていました。
 
お江戸日本橋七つ立ち♪ 子供の頃、お江戸日本橋七つ橋と
歌っていたのは内緒です。意味も分からないまま(^^;)
修正されてからも七つが何時か考えたこともありませんでしたが、
午前4時ころだったのですね。それは提灯がいりますね。
子供のころ知っていたのは1番だけでしたので、今回ネットで
歌詞を検索して見てみました。面白かったです。
大森には歌の2番で到着ですね。
さすが、お江戸(東京)内の東海道ということもあって、
見どころといいますか歴史的なものも、昔から近代にいたるまで
さまざま残されているのですね。
訪ねたことのない所ばかり、知らないことばかりでしたが、
今回は、家光時がキリシタンを50人処刑したという事実に
なぜか強い衝撃を受けました。
鎖国もし、島原の乱もあり、厳しいキリシタン弾圧をした
将軍だったということを急に思い出した感じです。
次は品川から大森ですか。大森は駅に何度か降り立ったことが
ありますが、駅と目的地の往復のみでしたから、何も知らないと
同じです。何が登場するかしらと楽しみにしています。

投稿: ポージィ | 2017年7月18日 (火) 11:57

★hiroさま

こんにちは♪
日本橋から品川まではとても短く感じられました。電車に乗って知っているところだからでしょうか。
歩き慣れると結構歩けちゃうもので不思議です。
最初ご紹介した「風人社」の地図とそれに付いている簡単な説明書を見ますと、時々間違えて後戻りしますが、どんどん行かれます。特に品川までは一本道で迷うことがありません。
増上寺は何度も行っているので、見るところないかと思いきや、お手植えの木を発見しました。
「忠臣蔵の恋」をご覧になっているのですか。四十七士全員のお墓がありますので、この間は詳しい人と行ったので、内輪話などを聞くことが出来ましたが、もう忘れました。
震災の時は皆さん大変でしたね。大崎から横浜までしたか。凄い距離ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月18日 (火) 16:18

★ポージィさま

こんにちは♪
6月末はまだ気温が30度以下でしたので、とても楽でした。7月に入ってからの2回が結構暑くて・・・。そのうちまた読んでいただきたいですが、今度歩くのは9月下旬になります。

ポージィさんがご覧になったということで、私も今、歌を18番まで見てみました。歩いたところは懐かしいです。教えてくださってありがとうございます。私も最初」七つ橋と歌っていましたね(笑)。
キリシタン処刑は江戸にもあったとは驚きました。九州の方ばかりかと思っていたのです。
京急の方の大森ですのでイメージが違っていました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月18日 (火) 16:38

山手線で通過することの多いエリアでした。
今回の記事中の場所では何度か訪ねたり歩いたのは
日本橋と増上寺だけのように思います。

百五銀行は三重県津市に本店があります。
神奈川からこちらに来た時、都市銀行が無くて
給与振込先には百五銀行か三重銀行を選ぶように社から云われました。

ヤン・ヨーステンの碑も知らなかったですよ。
泉岳寺にも参拝したことがありませんし
歩くとさまざまな史蹟や遺跡を知ることができますね。
西日暮里の次男宅を足場にして歩いてみたいと思いました。

興味深いところのご紹介をありがとうございます。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年7月18日 (火) 22:02

★Saas-Feeの風さま

本当に山手線で通過するエリアでちらちら見えますね。
百五銀行が三重県にあるのですね。
岐阜に十六銀行があるそうなので、これで3つ確認できました。もっとも岐阜と三重の銀行は見てないのですが。あと3行は調べたのに今はもう忘れました。
ヤン・ヨーステンの名前から八重洲という地名がうまれたという話を聞いたことがあります。
どうってことない風光明媚な名勝の地でもない所でもそれにまつわる歴史や絵画などいろいろ伺いしれて、面白いこともあります。
ご次男さま、西日暮里とは歴史豊かなところにいらっしゃいますね。
こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月19日 (水) 08:35

田舎者なので、都内は社会科見学の子どもです。
歴史の勉強をさせて頂きますね。増上寺も泉岳寺も知らないのです。
ただ、昔は生姜畑もある農村だったのだなと・・・
日本橋は懐かしいのです。元火災のあった白木屋、後の東急百貨店。
結婚当初たまに食事の待ち合わせで、住んでた竹ノ塚から東武線で百貨店前で待ち合わせ。
方角音痴の私に地図書いてね、不安120パーセント!
家に電話が無く急な仕事で来られない時、会社の同僚が伝達に来てくれたこともありました~
日本橋の下の川巡りは、人気があるそうですね。
切支丹弾圧は全国に流刑されたのですが、江戸もそうでしたね。
大森は少し歩いたので、楽しみです♪

投稿: だんだん | 2017年7月20日 (木) 14:42

★だんだんさま

私も住んでいる地域以外は全然歴史地理に疎いです。知らないところが多くて、だから恥ずかしいことも多いですが、学べて面白いですね。

えっ、だんだんさん方向音痴なのですか!
私も威張れないけれども、不安ですよね。
そうそう、電話のない時代、どうしていたのでしょうね。思い出せないことも多いです。
今の時代とても考えられませんね。
日本橋の下の川巡りは結構面白かったです。
江戸でもキリシタン処刑があったことを、ここで初めて知りました。島原や五島列島や長崎方面しか頭に浮かんでこなかったです。
東海道はこの当たりは東海道線側でなく京急に沿っているのも今まで知らなかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月20日 (木) 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65546304

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き6 日本橋~大森(1):

« 緑の「信州」と青の「越後」(3) | トップページ | 東海道五十三次歩き6 日本橋~大森(2) »