« 東海道五十三次歩き6 日本橋~大森(1) | トップページ | 『続・ざんねんないきもの事典』 »

2017年7月20日 (木)

東海道五十三次歩き6 日本橋~大森(2)

東海道最初の品川宿は旅人だけでなく、見送りや出迎えの人で賑わった。(朝出て、あるいは江戸に帰ってきて、ここで宿泊する人は殆どなかったのではと思う)
同時に春には桜の御殿山や潮干狩り客で賑わい、秋には紅葉の海晏寺と言う名所もあり、江戸近郊の遊興地であったそうだ。街道にずらりと並ぶ旅籠では芝エビや江戸前の新鮮な海産物の料理が人気を集めた。
又浮世絵にもあるが吉原と並んで一大遊里として、100軒近くの旅籠に「飯盛女」が1500人以上もいたという。
江戸時代末の品川宿は京急線・北品川駅の辺りから、青物横丁と鮫洲の境まで、全長約2.4km、戸数は1600戸であった。
 
京急線に沿って、品川駅→北品川駅→新馬場駅→青物横丁駅→鮫洲駅→立会川駅→大森海岸駅→平和島駅→大森町駅まで歩いた。一駅が短い。
JR品川駅ロータリーから進み、京急本線の踏切を渡ったら八ツ山口で品川宿の入口であった。品川駅は品川区でなく港区にある。本来の品川とは京急の北品川駅南側のこと。

338x450_2
利田(かがた)神社には品川沖に迷い込んだ鯨の供養碑がある。今は埋め立てられ海は遠いが当時は海辺であった。1798年鯨が迷い込んでしまったらしい。天王洲に追い込んで捕えた。これを沖に引っ張っていき、将軍家斉にもこれをご覧に入れた。この鯨がどうなったは書いてなかった。供養碑があるということは死んでしまったのか?450x338_2
                                  品川宿本陣跡 新馬場駅の近く431x450
品川神社(北品川宿の鎮守)線路をくぐった第一京浜沿いにある。
以前ここの写真を載せたけれど、石鳥居には見事なまでの昇龍・降龍が彫られている。450x338_3
                                         その左側には大黒天338x450
他にここには高さ7mの富士塚があり、浅間神社、御嶽神社、板垣退助の墓もある。また江戸時代には品川ネギ・カブ、大井ニンジ、戸越のタケノコが名産品だったとして記されている。七福神巡り発祥の碑もある450x338_4

品川橋 新馬場駅のホームの下を流れている目黒川に架かる橋で、向こうはもう南品川宿。450x202_2
品川宿の松 29番目の宿場・浜松より寄贈された樹齢約80年の黒松で、寄贈主に「品川宿の松」と命名された。ここ街道松の広場には、三島宿、袋井宿、大磯宿、保土ヶ谷宿の松がある。450x338_5
                    保土ヶ谷の松450x338_6
                  問屋場・貫目改跡450x249

青物横丁駅前の品川寺(ほんせんじ)には江戸六地蔵の一つがある。座高2m75㎝で大きい。地蔵というより鎌倉大仏の子分と言う感じ。450x338_7
                 七福神の石像が可愛い450x338_8
450x338_9
338x450_3

1軒置いた隣の海雲寺 千躰荒神で有名。竈の神、火の神、水の神で、火伏せ信仰の寺として多くの人が参詣する。450x446
ここには平蔵地蔵がある。1860年、平蔵と言う乞食が大金が入った財布を拾い正直に番所に届けた上、落とし主からの謝礼も断った。乞食の仲間は怒って平蔵を小屋から追い出し、平蔵は凍死してしまう。これを聞いた財布の落とし主が、地蔵を建てて弔ったという。憐れな地蔵。450x338_10

鮫洲駅を過ぎ、立会川駅に続く商店街に入ると、20歳の龍馬像が立つ。商店街が龍馬がいた土佐藩下屋敷から土佐藩が築いた浜川砲台への道筋にあり、若き日の龍馬が歩んだ道ということで、この銅像があるのだという。338x450_4
450x338_11

旧道と第一京浜が合流する手前に鈴ヶ森刑場跡がある。丸橋忠弥、天一坊、白井権八、八百屋お七、白木屋お駒など、演劇などで知られた者が処刑されたという。338x450_5
                     磔台と火炎台450x338_12

そのすぐ先のしながわ区民公園は憩の場所。しながわ水族館もある。とここはもう大森海岸駅だ。450x338_14
450x338_15
450x338_16

  更に歩き平和島駅の手前、平和島入口から次の大森町駅まで旧道に入る338x450_6
                 すぐ三原不動尊がある450x338_17

ここ大森は大きな森があったことに由来する。品川宿と川崎宿の中間地点で間の宿として賑わった。
また海苔の生産地だったので今でも海苔店が多い。平和島駅の手前の「大黒屋」ではのり大福が売られているそうで楽しみにしていたが、休日でした。残念無念。それならもう一駅歩こうということで大森町駅まで歩いた。

途中内川橋で内川を渡るところにするがや通りという案内板があったが、この通りはかつての羽田道で、川崎大師や穴守稲荷に行く道として利用されたそうだ。338x450_7
                       おわり


 

|

« 東海道五十三次歩き6 日本橋~大森(1) | トップページ | 『続・ざんねんないきもの事典』 »

コメント

こんばんは。
日本橋から大森町まで40000歩も歩かれたとは
さすがです。
私は1回目はツァーだったので新馬場まで、
2回目は新馬場から京急蒲田まででした。
私達のほぼ1.8倍くらいの距離を歩いてらっしゃる。皆さん健脚ですね。
お嬢様と歩いてらっしゃるのですか?

私は大森生まれの大森育ち。
と言っても京浜東北線の内側の方でここいら辺はあまりよく知りません。
子供の頃海苔屋が沢山ありました。
海苔大福は知りませんでした。
今度娘に言って買ってきてもらおう~っと。
私達は今横浜あたり、あと一回tonaさんが歩いたら、追い越されそうです。
tonaさん、体力あります!!

投稿: ☆銀河☆ | 2017年7月21日 (金) 00:55

★☆銀河☆さま

はい、娘が有休を取れた日に歩いています。
雨だったら小田原まで、曇り以上だったら静岡方面。次回は大井川になります。秋に涼しくなってからです。
私も大森は京浜東北線の大森駅、川端粒子美術館に行ったときしか降りていませんで、あちら側の雰囲気しか知りませんでした。
旧東海道は海苔屋さんがまだまだいっぱいなのですね。
大黒屋さんはこの日水曜日、閉まっていました。もし召し上がるチャンスがありましたら、ご感想をお聞かせください。
昨日、目は6ヶ月検診でした。異常はないようでしたが、また4ヶ月後に検診です。夫は術後1年というのに。人によって違うのですね。
この頃見える有り難さが遠のいて、慣れとは恐ろしいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月21日 (金) 08:12

オールシーズン歩かない私は、この暑さの中で
40000歩も歩かれると聞き恐れ入りました。

品川神社だけ車窓に見たことがあります。
入る機会はありませんでしたが。

いろいろ知らないところを教えて頂き別の
東京の顔を知ることができまはた。
竜馬に縁のあるところもあるのですね。

鈴ヶ森処刑場は近かったし、存じて
いましたが、当時怖くて行けませんでした。

投稿: matsubara | 2017年7月21日 (金) 09:03

★matsubaraさま

この時は6月末で雨も午前中降っていましたのでそんなに暑くなかったのですよ。
東海道と言えば旧東海道や消えた部分もあっていろいろな道です。
それがずっと国道1号線を歩くのかと思いきや、時々旧道に入ると車も殆ど通らず、頭から現代の建物を消して昔の面影を偲べます。
寄り道をするといろいろなものが見られて、歴史も感じ、面白い面もありました。
鈴ヶ森処刑場跡にやっと行くことが出来ましたが、その処刑の様子を読むと背筋が寒くなります。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月21日 (金) 09:18

とぎれとぎれに歩いたところです。
楽しい散歩ですが、今は暑くて。
最初の八山道標に映っているものはtonaさんの水分補給用ですか^^。

投稿: 佐平次 | 2017年7月21日 (金) 10:05

よく歩かれましたねえ!
只々脱帽です。
蛇足ですが、
白木屋お駒は白子屋お熊のことだと思います。
たまたま何かで読んだのですが
人形浄瑠璃『恋娘昔八丈』で白木屋お駒のモデルとなったようですよ。

投稿: zooey | 2017年7月21日 (金) 11:25

こんにちは
 
品川は駅名や地名としてはよく知っていても、電車で通過した
ことしかない地。今回のtonaさんの記事を拝見して、歴史的にも
へぇーこんな所だったんだと、江戸時代の様子など想像してみますが、
ちょっと想像力が足りないようです。
それでも、ずらりと並んだ旅籠や今より近かった海など、
現代の品川とは随分と違う様子だったのでしょうね。
ネット上の地図を見てみましたが、品川区民公園は長~くて広~いのですね!
大森も、京浜東北線の大森駅で降りて、西口(?)から
坂と階段を上ってマミ会館へ直行直帰したことがあるだけです。
tonaさんが歩かれた東側の街や京急線辺りはまるで知らないままです。
平和島駅近くの「大黒屋」さんの海苔大福は有名なのですか。
お餅部分に海苔が混ぜ込んであるのかしら。
以前江の島で海苔羊羹なるものを食べて、意外な美味しさだったのを
思い出しました。お休みの日だったのは残念でしたね。

投稿: ポージィ | 2017年7月21日 (金) 11:33

★佐平次さま ありがとうございます。

本当に暑いですね。
もう外に出る気も失せます。
涼しいうちに買い物だけはという感じです。

私の荷物ではないのですよ。
この写真を開いて初めて気が付きました。
何だったのでしょう。
何だか怖くなりました。何事も起らなかったですが。

投稿: tona | 2017年7月21日 (金) 16:43

★zooeyさま

本当に我ながらよく歩きました。気温がまだそれほど高くなかったから大丈夫でした。

白子屋お熊のことを教えていただきありがとうございます。立札に書いてあった、「演劇などで知られた者」を抜かしましたので、付け加えさせていただきました。
白井権八も平井権八ですものね。
zooeyさまは浄瑠璃にも詳しいのですね。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年7月21日 (金) 16:48

★ポージィさま こんにちは。

今の品川が埋め立てられて海から遠くなったので、絵画と全然違っていますものね。
なかなか想像しにくいことは確かです。

品川区民公園はとても素晴らしい庭園でしたよ。どこかの大名屋敷の庭園のようでした。運河につながっているようですね。
水族館に入る暇がなかったのも残念でした。

マミ会館は大森にあったのですか。
京浜東北線と京急の大森は雰囲気が全然違います。街道の事がなかったら一生知らないままだったです。

江の島に海苔羊羹があるのですか。
今味を想像してみましたが、意外や美味しそうです。海苔大福もおっしゃるように餅部分に海苔が混ぜてあるのでしょうか。海苔と餅は合うのですよね。
食べ物の事って結構残念度が高いです。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年7月21日 (金) 16:57

tonaさん、こんにちは~♪
旧東海道は京急線に沿って歩くのですね。
京急に乗るのは羽田空港に行くときなので、
蒲田までしか乗ったことがありません。
どこもそうですが私鉄は一駅が短いですね。

品川が一大遊里だったなんて知りませんでしたが、
このようにお写真を拝見しながら文章を読んで行くと
当時の街道の様子が目に浮かぶようにわかります。
特に神社やお寺には、歴史のあとが良く刻まれていますね。
浜川砲台はテレビで見たような気がしますし、
鈴ヶ森刑場の名前はドラマなどで知っていましたが、
具体的な場所は今初めて知りました。
しながわ水族館はオープン当時に行きましたが、
こんなに整備された公園の中にあるとは気がつきませんでした。
大森と言えば貝塚が有名ですが、旧東海道とは
離れた場所にあるようですね。

投稿: hiro | 2017年7月21日 (金) 17:12

★hiroさま こんばんは♪

京急は横須賀に行くときと羽田の近所に宿泊するときに乗ったことがあります。
品川過ぎてからの周囲の景色は見ていませんでした。
喜多川歌麿の3部作の一つ「品川の月」は品川の遊女を描いています。「深川の雪」が発見され、箱根の岡田美術館にあり見に行ってきました。深川ですが、品川も同じような感じに思えました。(後の2作はアメリカにあるのでネットで見ました)
神社やお寺はたくさんありますが、歴史的に有名なのだけ、何時もぶらぶらと寄り道しています。意外な人が眠っていたりして驚くこともあります。
しながわ水族館に行かれたのですね。↑の鯨塚に鯨の頭のオブジェがありますが、水族館の前にはその片割れの鯨の尾の部分があります。

大森貝塚は教科書で習いましたね。京浜東北線側の方に有るのでしょうか。私は行ったことがないです。沢庵和尚のお寺も行っておりません。
ありがとうございました。


投稿: tona | 2017年7月21日 (金) 21:06

そちらにいるころ京浜急行線を使ったことが
二度か三度という程度ですから
その沿線のことについては大森貝塚や鈴ヶ森刑場跡を除くと
判っていないところばかりです。
詳細な道中記にさまざまな見どころを知り
若いうちに歩く機会が無かったことを残念に思います。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年7月22日 (土) 15:25

★Saas-Feeの風さま ありがとうございます。

私も今 Saas-Feeの風さまが住んでいらしゃるところは、何も知らず、歩いたこともありません。観光地と東京近郊ばかりです。
本当に働く事だけで、休みの日は家事の日々は余裕がありませんでした。でも残る人生が少なくなりましたが、もうちょっと元気に回れたらと思っているところです。
全国47の地域、足を入れてないのが宮城県です。いつか松島や仙台に行けたらと思います。新幹線で簡単に行けるのに、私には遠い所となってしまいました。

投稿: tona | 2017年7月22日 (土) 16:28

こんにちは。品川から平和島あたりまでは数年前に仲間たちと歩きました。知っている場所が出てきて懐かしいです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年7月23日 (日) 17:24

★多摩NTの住人さま

まあ、もう歩いていらっしゃったのですね。
一駅が短いので随分駅を通過します。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2017年7月23日 (日) 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65559948

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き6 日本橋~大森(2):

« 東海道五十三次歩き6 日本橋~大森(1) | トップページ | 『続・ざんねんないきもの事典』 »