« 『アルチンボルト』展 国立西洋美術館 | トップページ | 東海道五十三次歩き9 大森~神奈川宿(2) »

2017年8月24日 (木)

東海道五十三次歩き9 大森~神奈川宿(1)

8/18(金)は30℃以下、時には雨と言うことで、夏休みが再び取れた娘と急遽、近場の方の東海道歩き、大森から川崎宿を経て神奈川宿の入り口まで。京急大森町駅から歩き始めたのは10:45で遅く、夕方も6時15分にはJR東神奈川駅から帰路に着きました。蒸すので飲み物ガブガブ。足がちょい重い感じで、すたすた行く子供の後ろを時に小走り気味に歩む老婆。35062歩。

すぐ次の駅の梅屋敷駅を過ぎると、梅屋敷公園がある。梅屋敷は江戸時代に山本久三郎という商人が屋敷に梅の木を植えた庭園を造り、そこで茶屋を営んだという。公園には里程標やたくさんの句碑・歌碑などが立ち並んでいた。450x338
450x338_2
338x450 338x450_2

公園の前には斬新なデザインの建物が目を惹き、屋根の縁には木が植えられている。大田区立体育館か?450x338_3
                                 Trump Tower 何のお店でしょう450x338_4
蒲田駅近くは羽根付き餃子が有名だが、お昼に少し間があったのであきらめて進むと、熊野神社の力石が目に入る。その昔近郷近在の若者達が祭礼時等に力比べをした石だそうだ。何㎏あるのでしょう。450x338_5
                               熊野神社内の稲荷社の狐の顔が怖い450x338_6
広い国道歩きが続き,、雑色駅を過ぎると、左手に源氏ゆかりの六郷神社が現れる。450x338_7
          梶原景時が寄進したと言われる太鼓橋は実に小さい450x338_8
また、大田区の文化財に指定されているという狛犬はユニークで今まで見たことがない。
450x338_9450x338_10

旧東海道に入る、人も車もそうは見えないのがいい。
338x450_4 338x450_5

多摩川の手前に落馬止め天神の北野天神がある。八代将軍吉宗公の落馬を止めたという天神様。今は願い事が決して落ちませんようにとご加護にあやかろうと祈る人が多いという。450x338_11
450x338_12
六郷橋に出た。六郷橋は瀬田の唐橋、岡崎の矢矧橋と並んで東海道の三大橋と言われたそうだが、1688年に洪水で流出してしまったそうだ。1874年(明治7)まで橋はなく渡し船であった。
450x338_13 450x338_14

           当時の渡し船の模型が橋の両側に置かれている450x338_15
渡り終わると橋のたもとには、明治天皇六郷渡御碑や渡しの説明板や川崎大師の灯籠がある。そして長十郎梨が、明治中頃この辺り大師河原村で生まれたという説明板もあった。
                     川崎大師灯籠338x450_6


橋を降りると川崎宿だ。日本橋から品川の次の二つ目の宿だが、宿になったのは最後から2番目、52番目にできたそうだ。観光案内板が良く整備された宿だが、ここも1761年の大火で消失したため、建物は残っていない。
宿の入り口にあった万年屋はアメリカ総領事ハリスも宿泊した旅籠で、奈良茶飯で有名であった。その向かいに田中本陣跡があり、大名家の財政難などで衰えてしまった本陣の荒廃ぶりを見たハリスが宿を万年屋に変えたそうだ。

このそばの「川崎屋・東照」という店が奈良茶飯を再現していたので昼食にした。
もち米に栗の甘露煮、大豆、小豆を加えてお茶の風味に仕上げたおこわで、シジミ汁も付いていて美味しかった。450x338_16
その隣に「東海道かわさき宿交流館」があって、興味深い展示がなされていた。川崎宿のジオラマや万年屋のコーナーや江戸時代の衣装を着られるコーナーなど、いろいろ充実している。無料。450x338_17
450x415




474x670


面白かったのが歌川国貞作 東海道五十三次 「美人東海道」展だ。広重の五十三次の絵(模写)の前に得意の美人画を描いた。今回はちょうど真ん中の袋井まで。残りは8/29~9/18まで。国貞はこんな絵を描いていたのですね。(クリックで大きくなります)

川崎宿で最も古い寺・宗三寺には、宿に大勢いた飯盛り女の供養塔がある。450x338_18
昔流れていた新川堀に架かっていた小土呂橋の親柱が保存されている辺りが川崎宿京側入口だ。ここで川崎宿は終わり鶴見へ向かう。450x338_19
                       (続く)

|

« 『アルチンボルト』展 国立西洋美術館 | トップページ | 東海道五十三次歩き9 大森~神奈川宿(2) »

コメント

この暑さの中で3万歩とは気の遠くなるお話です。
大田区にいましたので行けるはずでしたのに
全く知らないところばかりです。

お食事も美味しそう・・・

東急沿線に、六郷鉄橋があり、それがとても
歴史あるものとどこかの博物館で見たことが
あります。

投稿: matsubara | 2017年8月24日 (木) 13:42

tonaさん、こんにちは~♪
この暑さの中、35062歩とは恐れ入りました。
tonaさんの健脚ぶりには、脱帽させられるばかりです。
この辺はいつも電車で通り過ぎるだけですが、
都内だというのに意外と静かそうで驚きました。
六郷神社の狛犬は歴史が感じられますね。
ユーモラスな大きな顔とずんぐりむっくりの体つき、
ちょっと情けない表情をしていますが、ユニークで面白いですね。
歌川国貞が五十三次を描いていたなんて知りませんでした。
広重との合作のようですが、なかなか面白いですね。

投稿: hiro | 2017年8月24日 (木) 13:52

★matsubaraさま

matsubaraさまは大田区の方にお住まいでしたか。
私は所々だけです。今回はずっと京急の沿線を六郷まで歩けました。
旧東海道が所々出てくるのです。広い道路は京浜第一です。

このおこわがとても美味しかったです。しじみ汁にとても合ってるんですね。
川崎宿の歴史も知ることが出来ました。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年8月24日 (木) 15:47

★hiroさま こんにちは♪

35000歩は東海道歩きではちょっと少ない方です。
暑いとちょっと足が重くなりました。
多摩川を電車で渡ったのは茅ヶ崎から東海道線で通っている時と、最近では大山街道歩きで田園都市線で渡った時です。その間東横線に乗りましたが覚えておりません。
歩いて橋を渡るのもいいですね。昔はこのような船で渡ったのですね。
娘は狛犬、私は狐を撮るのが好きですが、この狛犬は本当に変わっていますよね。区の文化財というのがあるのですね。
国貞の「美人東海道」は広重の東海道五十三次を背景にアレンジして美人を配したそうですが、宮(名古屋)以降は広重の絵が間に合わなかったらしく、国貞自ら背景を描いたと言われているそうですよ。今回初公開だそうです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年8月24日 (木) 15:58

こんにちは。
8/18は辻堂へ行きましたが、雲多めとはいえ蒸し暑い日でした。
そのなか3万5千歩超を、時に小走りを交えながら歩かれたとは…
tonaさん母娘はお2人ともすごいです。
 
道中にはいろいろと面白いものがあったようですね。
梅屋敷公園は、ここで一日の残りを過ごしたくなりそう。
Trump Towerはなにかと物議をかもす彼の方と何か関係が?と
好奇心でググってみましたら賃貸マンションのようでした。
力比べをした力石が大切に保存されているのですね。
石は小さくても意外なほど重いですが、これは何十キロあるのやら。
丸くて掴みどころがないだけに持ち上げるのはさぞ大変だったでしょうね。

熊野神社内お稲荷さんの怖ーいお狐さんに対して、六郷神社の
狛犬の顔は脱力系ですね。初めて見るタイプです。
落馬止め天神なる神社もあるとは。「落ちない」から、現代は
ずいぶん広範囲のご利益が期待されているようでおかしいです。
神様が戸惑っているかも。
川崎宿の、ハリスが本陣の荒廃ぶりを見て宿を変えたというお話に、
新聞に載っていた荒廃ぶりがうかがえる江戸城の写真を思い出しました。
奈良茶飯を再現したというおこわ、とても美味しそうで、
お腹が空きました。
「東海道かわさき宿交流館」も面白そうですね。江戸時代の扮装
試してみたいです。されました?そんな時間はなかったかしら。
歌川国貞の東海道五十三次「美人東海道」も面白いですね。
 
次は鶴見ですか。どんなものが見られるか、拝見するのを
楽しみにしています。

投稿: ポージィ | 2017年8月24日 (木) 17:27

★ポージィさま

興味を持っていただきありがとうございます。
トランプ・タワー調べてくださったのですか。すみませんでした。賃貸マンションとは!
御本家とほぼ同じですね。あちらは目の玉が飛び出そうな家賃で驚きました。
梅屋敷公園は緑が濃く、人もあまりいなくて感じの良い公園でした。駅名にまでなったのですね。
この石何㎏あるのでしょう。ちなみに私は10㎏がやっとこかしら。

本当にこんな狛犬の顔、ちょっと笑ってしまいました。文化財ですよ。

日本の神社仏閣は本当に何でもこじつけてみんな熱心に願い事をするのですね。私もそうですが。吉宗の落馬防止が受験者までにつながったとは、おっしゃるように神様も戸惑っているでしょう。
荒廃した江戸城の写真をご覧になったのですか。私は知りませんでした。あのハリスさんがこんなことをしていたとは、歩かなかったら知らなかったことで面白く本や看板を見ました。

奈良茶飯は何度でも食べてみたいご飯でした。
交流館の展覧会後期も行きたいくらいですが、チラシをもらってきたのでこれを見ることにしました。
はい、江戸時代の扮装はパスしました。若い方はやってみて写真を撮ったら楽しいでしょうね。江戸時代にタイムスリップして。

投稿: tona | 2017年8月24日 (木) 21:39

うーん、凄い脚力です。お嬢さんの若さにつられるってこともありますよね。

大森貝塚のある所からスタートですか、銀河さんが生まれ育った場所。
以前面白い街よ~と誘われて、オフ会で散策しました。
池上本門寺も行き、初めて蒲田駅から電車に乗って帰りました。
六郷神社の太鼓橋が小さい!
狛犬の表情がユニークで、睨めっこしたくなりました(笑)
落馬止め神社はまさに言葉通りで、受験時にはお参りが多いでしょうね。
国貞はどの美人さんもなよっとして、典型的な流線形モデルですね~

奈良茶漬けは、歩き通したご褒美の美味しいお食事でしたね♪

投稿: だんだん | 2017年8月25日 (金) 12:17

京浜急行にはあまり乗った経験が無いので
梅屋敷駅すら判っていません。
それにしてもこの暑い折に35000歩も歩かれたとは・・・。
Saas-Feeの風はゴルフでできるだけカートに乗らずに
クラブを数本持って歩くように心がけていますが
それでも18ホールで18000歩程度ですからねえ。

トランプタワーが面白いですよ。
仰るように何なのでしょうね。

旧東海道を歩くと歴史あるものに出会えますから
後でそれらを調べることによって更に奥深いものを知ることができますね。

数年前に歩いていたのは静岡や愛知の旧東海道ですが
ブログ記事がサイトの消滅ですぐに取り出せないことが残念です。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年8月25日 (金) 15:21

★だんだんさま

そうです。若い時は元気だったのですよね。歩くのも坂もどんどん歩けたのに。ぐたぐたしないといいのかもしれません。
大森は銀河さんが育った家と線路の反対側で、銀河さんさえ知らなかった所と以前おっしゃっていました。私はオフ会で行かれた所には行っていません。大森貝塚は教科書で習っているのにね。
そうそう、太鼓橋あまりに小さくて、最初目に入らず探してしまいました。
この狛犬は傑作ですね。これからこんなのには出会わないと思います。
国貞は美人画の大御所、さすがいろいろな美人さん56枚(最後に三条大橋の他に京都の図を描いている)も描いています。
奈良茶漬けはもう1回食べたいと思ったほどです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年8月25日 (金) 16:25

★Saas-Feeの風さま

ゴルフする人って随分歩いているなあと思っていましたが、この頃カートですね。
でもSaas-Feeの風さまは歩いていらっしゃるのですね。18ホールで18000歩ですか。
富士山裾野一周が毎回このくらいでしたね。

トランプタワーは調べてくださった方がいらして賃貸マンションだそうです。凄い命名で新しいのでしょうかね。
静岡と愛知県の旧東海道を歩かれているのですね。静岡はやっと次回に大井川ですから、白須賀までまだまだです。その後やっと愛知県ですね。そちらの四日市なんて気が遠くなりそうです!
確かにいろいろ知ることが出来ました。そばから忘れるのが悲しいですが、知った時は嬉しいものです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年8月25日 (金) 16:40

親娘でてくてく、いろんな話が楽しそうです。
ごはんもとてもうまそうだ。

投稿: 佐平次 | 2017年8月26日 (土) 10:27

★佐平次さま ありがとうございます。

はい、思考能力劣化のためすべて頼りきりですが、話すことは道中の見物に関することです。
このご飯はお奨めです。美味しいですよ。

投稿: tona | 2017年8月26日 (土) 15:38

こんにちは。大森からスタートでしたか。あちこち見覚えのある場所もあります。次は鶴見から神奈川宿ですね。子供の頃の思い出が多いです。一里塚も出ますかね?

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年8月27日 (日) 15:18

★多摩NTの住人さま こんにちは。

鶴見や神奈川宿あたりは思い出深い地ですか。
日本橋から5番目の市場一里塚がありました。写真に収めてきました。
明日でもupしますのでまた良かったらご覧ください。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年8月27日 (日) 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65703189

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き9 大森~神奈川宿(1):

« 『アルチンボルト』展 国立西洋美術館 | トップページ | 東海道五十三次歩き9 大森~神奈川宿(2) »