« 東海道五十三次歩き8 府中~藤枝(3) | トップページ | 『アルチンボルト』展 国立西洋美術館 »

2017年8月15日 (火)

鷗外の「庭」に咲く草花 展

特別展 鷗外の「庭」に咲く草花 牧野富太郎の植物図とともに と言う長い名前の展覧会に、終わる直前に行ってきました。

462x650千駄木の駅を降りて団子坂を上って行くと文京区立森鷗外記念館があります。
ここは鷗外の旧居「観潮楼」の跡地で、鴎外は1892(明治25)年から、亡くなる1922(大正11)年までここで過ごしました。
鬱蒼と植物が茂る様子を写した写真がありました。
明治・大正の文豪として夏目漱石と並び称される鷗外は軍医でもあり、評論家、翻訳家としての一面も持っていて、晩年、帝室博物館の総長や帝国美術院の初代院長なども歴任した、輝かしい経歴の持ち主でもある。、軍医として、脚気惨害をめぐる議論では一部擁護論はあるものの、批判も浴びてる。北里がペスト菌を発見した際もこれを痛烈に批判していることは頑迷固陋であったと言わざるを得ないと思う。それはそれとして・・・

鷗外の日記や子供たちに残したエッセイからは、草花を好み園芸を楽しむ一面を見ることが出来る。また自身の作品の中に500種以上の草花を登場させているそうだ。
作品の中の草花は、季節感や自然の美しさを忠実に伝えるものもあれば、鴎外の想いを伝える表現手段として登場するものもあるという。

そんな鷗外は、牧野富太郎と交流があり、牧野は何度も鷗外の家を訪れている。
この展覧会ではそうした鷗外作品に見られる草花と、観潮楼で咲いていた草花を牧野富太郎の植物図と共に紹介していました。
今の新しい園芸種は一切ないわけで、昔の家庭の庭をそのまま鷗外の作品で見られるというとても地味な展覧会でありました。
なかなか鷗外を読み返すことが出来ないが、こうした観点から明治大正の小説を読み返すのもいいかもしれません。

                           ::::::::::::::::::::::::

GWとお盆休みはひたすら家の中だけでじっと過ごす我が家は、娘たちの夏休み中のお出かけ土産を食べ尽くしておりました(残るはおなめとジャムのみ)

・秩父土産ーーー和同最中、秩父おなめ(みそ)、しゃくしな(漬物)、ブルーベリージャム
86_450x338
・大森土産ーーーのり大福(前出)

・箱根の帰り土産ーーー小田原籠清の磯三昧(桜えび太鼓判・さつま揚げ・いわし揚げ・珍味揚げ)、馬車道アイスクリンハーバー
89_450x338
・山梨県土産ーーー黄金桃(すごく大きく普通の2個分)、夏のほうとう「おざら」、桔梗信玄餅、桔梗屋のどら焼きと桃まんじゅう
810_450x338
810_450x338_2


|

« 東海道五十三次歩き8 府中~藤枝(3) | トップページ | 『アルチンボルト』展 国立西洋美術館 »

コメント

観潮楼跡地のことは、前から聞いていたのですが
今回記念館としてオープンしたようですね。
前は記念室らしかったのですが。

上京したらぜひ行ってみたいところです。
牧野博士との交流は知りませんでした。

いろいろなお土産の中で桃がとてもおいしそう・・・
森茉莉さんもそうですが、我が子に全部ドイツ語で
命名したようですね。

投稿: matsubara | 2017年8月15日 (火) 18:23

★matsubaraさま

図書館内の鴎外記念室だったのですね。
牧野博士とは同い年だそうです。
練馬の牧野記念庭園にはまだ行っておりません。
次女の小堀杏奴さんは鴎外のテレビドラマ「獅子のごとく」が放映されてから全国講演が多くなり、北九州のカトリック系に通っていた娘の学校にも講演にいらっしゃいました。杏奴さん自身も入信していました。

そうそう、オキザリス・ボーウィが新しい葉の芽がにょきにょきと出てきました。一方もう一つの方はずっとピンクの花をつけていましたが、葉が枯れてきました。強いのでまた出てくるのでしょうね。お騒がせいたしました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年8月15日 (火) 19:12

鴎外記念館は知りませんでした。

一瞬、弥生美術館近くにある、鴎外ゆかりの水月ホテル鴎外荘が、記念館になったの?と思いました。
ここが鴎外旧居だとずっと勘違いしており、
一度食事に行かねばと思っておりました。

 この展覧会、地味かもしれませんが、鴎外ファンにはたまらない催しですね。
牧野富太郎の詳細な植物図も実物を見てみたいものです。

投稿: ☆銀河☆ | 2017年8月16日 (水) 11:56

★☆銀河☆さま

水月ホテル鴎外荘は横を通ったことがありますが、私もこの記念館に行って、勘違いしてしまいました。旧居が水口ホテル鴎外荘の方に移築されたのでしょうか?
お食事の部屋も舞姫の間などいろいろあるようですね。
牧野富太郎といえば、高知県立牧野植物園や
東京都立大学理学部牧野標本館や練馬区牧野記念庭園がありますね。どれも行ったことがありません。四国はツアーがあったので申し込んだのですが、何かで行かれなくキャンセルしたのが残念です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年8月16日 (水) 13:04

tonaさん、こんばんは~♪
森鴎外が植物好きだったなんて知りませんでした。
それと牧野富太郎と交流があったことも。
自身の作品の中に500種以上の草花を登場させていたそうですが
その点にも興味があります。
青空文庫で読めるかもしれないので探して読んでみます。

お嬢さん、いろいろなところに行かれたのですね。
私が食べたことがあるのは夏のほうとう「おざら」と
桔梗信玄餅ぐらいですね~
大きな桃がおいしそうです。

投稿: hiro | 2017年8月16日 (水) 22:14

団子坂上から少し歩いたところにある旧安田邸庭園を見学したことがありますが
森鷗外記念館のことをまったく知りませんでした。
鴎外が牧野博士と交流があったことも知りませんでしたしねえ。

秩父土産ーーー和同最中というのは
秩父鉄道(でしたかね)沿線にある和同開珎発祥の地の関連でしょうね。
銭に関わる神社があると聞いています。

10日から帰省していた次男が今朝(というよりも今日に日付が変わった時に)
1日から単身でステイしてい次男の長女(小学一年)も一緒に
東京へ向かって出ました。
一気に寂しくなったSaas-Feeの風家です。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年8月17日 (木) 06:49

★hiroさま おはようございます♪

私も森鴎外の作品はかなり読んでいますが、そういう観点で読んだことが一度もなかったので
、もう1回読んでみたくなりました。

娘たちは夏休みを取って、これに美術館を入れて5日間連続出かけていました。海外旅行みたいなものですね。お勤めより気分がリラックスして良かったみたいです。
山梨県のほうとう、いろいろ食べましたが、もちもちしていて美味しいですね。
黄金桃はジューシーであり、美味しかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年8月17日 (木) 08:34

★Saas-Feeの風さま

旧安田邸庭園は上野駅から歩くととても遠かったですが、団子坂上からだと近いわけですね。
この記念館は少し前までは図書館に付属して記念館としてあったらいいですけれども、新しく記念館だけになりました。昔海の方まで見渡せたらしく眺望が良かったようです。それで観潮楼という名前を付けたのかと思います。

秩父は和同開珎が見つかった地ですね。最中に和同開珎と書いてありました。
秩父札所はまだ3カ所くらいしか行ってないので、からきし詳しくないです。
お孫さんが2週間もいらしていたのですか。それは寂しくなってしまいましたね。次はお正月でしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年8月17日 (木) 08:45

この辺りも久しく歩いていないなあ。
唆されるようです。

投稿: 佐平次 | 2017年8月17日 (木) 10:44

森鴎外と聞くと、どうも「舞姫」が浮かんでしまいます。
あの時代に遠いドイツからはるばる追いかけて来た女性を、結局追い返してしまうんですものねえ。
まあ、どういう事情だったのか、本当のところは誰にも分かりませんが…
黄金桃、見事ですね。
日本の桃は、果物の女王と呼ばれるドリアンなんかより素晴らしく、世界一だと思います。

投稿: zooey | 2017年8月17日 (木) 20:17

★佐平次さま ありがとうございます。

もう随分とあちこち歩かれていらっしゃるから、御存じでしょうが、気が向いたら歩いてください。
有名な団子坂は始めてでした。

投稿: tona | 2017年8月18日 (金) 08:12

★zooeyさま ありがとうございます。

森鴎外を、ドイツ人女性が日本まで追いかけてくる、しかも明治時代のあの旅行が困難な時代に。娘たちの資料でも明らかにされたのですね。なんだか時代が現代風でもあり不思議な気持ちさえ起ったものでした。
日本人男性がもてた!

日本の果実、りんごやブドウ、そして桃、本当に美味しく育てたものですね。凄いことです。
果樹栽培技術も大したものですね。

投稿: tona | 2017年8月18日 (金) 08:19

tonaさん、お久し振りです。お元気で歩いていらして凄いです♪
月末も夏休みサービスがあるけど、ひとまず我に返りました♪

森鴎外記念館って、団子坂にあるのですか。
不忍池の水月ホテル鴎外荘かと勘違い。
食事をして「舞姫」執筆の間など見てきました。肝心の舞姫は読んでおりませんsweat01
類は友を呼ぶというのか、大賀一郎氏も牧野富太郎氏と親しく逢っていたようです。
蓮が早朝にポンと音立てて咲くとの風評に、2人は不忍池で数時間実験したそうな~
結果は無音だったそうです(大賀博士を検索して分かったエピソード)
故郷津和野は私が最も好きな所で、生を受けた旧居にも何度か行きました。

しゃくし菜の酸っぱ味が大好きです、秩父は地場の産物が豊富ですね。
女性のオッ〇イより大きい桃、さぞ甘かったでしょうね。
長女と一宮へ桃狩りに行って、もぎたての少し固めの味も最高でした。

箱根へ行かれたのですか?

投稿: だんだん | 2017年8月20日 (日) 12:36

★だんだんさま

こんにちは。
今度はお二人の夏休みをゆっくり過ごされていらっしゃいますね。ブログ復活されていらしたのですね。
だんだんさんがいらっしゃった水月ホテル鴎外荘は鴎外が住んだ家のようですが、あそこに移築されたのでしょうか。住まわれた地は団子坂の上の所のようです。
私も最初はちょっと勘違いしたりしました。
蓮と大賀氏、牧野氏のお話面白いですね。
音はしないのですか。
津和野は2度ほど行きました。良い所ですね。
水の流れの中の鯉が印象的でした。もう行くことはないでしょうと思います。

私、九州にいたときは4年間以上、高菜の漬物を飽きずに食べていましたが、しゃくし菜も同様に美味しいですね。
桃は大きくて半分がやっとこです。夏ではスイカやブドウより好きです。今年も食べられて満足です。
箱根は娘たちが岡田美術館に三部作を見に行っていました。小林館長の講話も聞いたから途中で昼食に出て行ったと言っていました。
だんだんさんもご覧に慣れてよかったですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年8月20日 (日) 13:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65667242

この記事へのトラックバック一覧です: 鷗外の「庭」に咲く草花 展:

« 東海道五十三次歩き8 府中~藤枝(3) | トップページ | 『アルチンボルト』展 国立西洋美術館 »