« 鎌倉16 梶原・寺分へ | トップページ | 東海道五十三次歩き10 藤枝~島田~金谷(2) »

2017年9月22日 (金)

東海道五十三次歩き10 藤枝~島田~金谷(1)

650x3299/20(水)いよいよ島田~金谷の間で天下に名高い大井川の、今の橋を渡りました。気温27℃、曇時々晴れ、雨が少しぱらつく。43980歩。
東海道の駅は藤枝~六合~島田~金谷駅。藤枝宿の残りと、蓬莱橋往復、島田宿、そして大井川川越遺跡と金谷宿。大井川鉄道のレトロな新金谷駅を見学しました。

神奈川県と富士市からの富士山 曇がちだったのに見えた富士山。雪がなくてあまり風情がないけれどもその雄姿はいつ見ても素晴らしい。小田原からと富士市あたりから。
450x338 450x338_2


●藤枝宿の続き。いつものように5:10起床。こだまで藤枝の駅に到着したのが8時50分。瀬戸の染飯(後ほど写真を)を現在でも販売している喜久屋は駅近くにあるというので9時開店めがけて行ったがお休みであった。
駅前の道路を北にまっすぐ進むと旧東海道に突き当たる。前回の所より歩きはじめる。松並木がぽつぽつと続いている。

338x450
はなからエンジュやマキの実(イチイを訂正)、ハナセンナの花に目が行ってしまう。
450x338_3 407x450

450x338_4
瀬戸新屋村は掛川藩と入りこむ特異な村で田中藩牓示石跡がこの後何度か出てくる。
338x450_2
      道の合流点に六地蔵は彫られた石や数体の石仏が祀られている450x338_5
東海道追分は今は削ってなくなってしまった瀬戸山を通る古東海道と、裾を通る旧東海道の分かれ目。ここは当時大井川の河川敷に近く、氾濫して湿地帯だったらい。338x450_3
無縁寺跡と延命地蔵があって、大井川から旅人の溺死体がここに漂着したと伝わる。450x338_6
千貫堤も大井川の洪水から土地を守るために築かれたが現存するのは10mくらいであろうか。
ここに「千貫堤・瀬戸染飯伝承館」があって藤枝名物染飯のレプリカを見せていただいた。強飯をクチナシの実(足腰の疲れを取る)で染めてすりつぶし、薄く延ばしてほし乾かしたもの。葛飾北斎の絵にも出てくる。450x338_8
450x338_9
岩田神社 東方からの伊勢神宮参拝者が、大井川が川止めになると、藤枝や島田宿に逗留し、やむを得ず岩田神社で代参を済ませて帰京したという。ここ神社は大化2(646)年の古き時代に伊勢神宮の御分霊が勧請されたという。450x338_10
                   造り酒屋の古い土蔵450x338_11
この辺りの瀬戸踏切付近で、昭和35年に新幹線の速度実検が行われ175㎞を記録した。線路を3本作り、実験後に撤去したのでここだけ上りと下り線の間隔が広くなっているそうだ。450x338_12
六合駅の少し手前から島田市に入り、駅を過ぎると昭和天皇御巡察碑があり、明治天皇は多いけれど、これは珍しい。338x450_4
一級河川大津谷川を渡ってから回転寿司で昼食
450x338_13 450x338_14
450x338_15
黄色い(写真では色が出ていない)ヤマボウシの木に実も生っていた。今頃咲くヤマボウシは初めて。違う木なのであろうか。
450x338_16 450x338_17

                    レウコフィルム450x338_18
いよいよ島田宿(23番目)に入る。島田宿枡形跡(宿東入口)の案内板。枡形の跡はない。ここから大井神社前の西の枡形まで1㎞。枡形を少し過ぎて左に曲がって蓬莱橋に寄り道。450x338_19

●蓬莱橋 ギネスブック登録の世界一長い木造橋で、全長897.4m 幅4m。歩行者、自転車専用の有料橋(100円)。向こうには牧ノ原台地の茶畑が見える。その先端に御前崎灯台がある。450x338_20
450x338_21
2_450x338
3_450x338
                 向こう側の展望台から450x338_22
渡った先には七福神や道祖神や展望台などいろいろな縁起物がある
1_450x408 338x450_5

450x376
                    (続く)

|

« 鎌倉16 梶原・寺分へ | トップページ | 東海道五十三次歩き10 藤枝~島田~金谷(2) »

コメント

カラスアゲハでしょうか、少々痛んで哀れを誘う晩夏(初秋?)ですね。

投稿: 佐平次 | 2017年9月22日 (金) 21:45

★佐平次さま

早速にコメント有難うございました。
カラスアゲハだったのですね。
多分私は初めてです。蝶の写真を集めていますがその中になかったです。
やっと初秋、体が楽になりましたね。頭は夏のままウニ状態です。

投稿: tona | 2017年9月22日 (金) 22:01

世界一長い木造橋がそんなところにあるとは知りませんでした。
しかも1879年に造られたとは凄いですね?
人影が見えませんが、誰も利用していないのでしょうか?
最後の彼岸花とアゲハ、綺麗ですね!

投稿: zooey | 2017年9月22日 (金) 22:09

イチイの実は初めて拝見しました。
岐阜県の木なのに・・・

あの長い橋のことは、短歌会の会員だった方から
写真を見せてもらっていましたので、存在は
知っていました。
ハチ公の飼い主の上野博士の孫弟子だった
小林先生から聞いていました。
30年くらい前に・・・
でも行っていません。

投稿: matsubara | 2017年9月23日 (土) 08:37

★zooeyさま

私も大井川にこんな橋が架かっていることを知りませんでした。
1879年というのは明治に入ってからですが、1870年に通船が許可されて、失業した川越人足のため牧ノ原を開墾して茶畑を作るのに、通した橋と聞きました。
渡った人は私たちを含めて3組だけでした。
渡った先で見たアゲハですが、動いていてとても撮りにくかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年9月23日 (土) 08:43

★matsubaraさま

イチイなのですが赤い実がそうだと思うのです。だんだん赤くなるかは今までその過程を見たことがないのでわからないです。違っていたらごめんなさい。今まで数回食べましたが甘くておいしいです。
ドイツのハイデルベルクでも食べました。

蓬莱橋をご存知でしたか。
ほぼまっすぐでとても素晴らしい橋です。
最初の部分の橋脚だけ木製で、その向こうはコンクリートでした。
ギネスブックに登録されているのを見聞するのは初めてかもしれません。

投稿: tona | 2017年9月23日 (土) 08:54

今回の記事で知ってるのは「蓬莱橋」です。
約5年前に島田で1泊した時に、牧之原大茶園畑を観て
蓬莱橋を渡ったのですが、未だ足に自信が無い時で1/3ほど行って引き返してしまいました。
その時は橋を渡る人が多かったのですが、tonaさんが渡った時には人が少なかったのですか?
渡った先には七福神や道祖神や展望台などいろいろな縁起物があったのですね。

投稿: ラッシーママ | 2017年9月23日 (土) 21:40

こんばんは(^o^)/!
東海道五十三次歩き、頑張っておられますね。
大井川に架かるこの橋、私は以前にどなたかのブログか何かで知りました。
時代劇の撮影によく使われるそうですね。
この東海道歩き、どこまで続くのでしょうか?
愛知県内、特に名古屋市内を歩かれる機会がありますか?

投稿: 慕辺未行 | 2017年9月23日 (土) 23:30

★ラッシーママさま

牧之原茶園をご覧になったのですか。一部が見えました。
壮観でしょうね。
橋も素敵ですね。
橋の向こう側もとても良かったです。
縁起物が並んでいるのですね。
あの時人はたった6人しか渡りませんでした。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年9月24日 (日) 07:40

★慕辺未行さま

そうです。時代劇やドラマの撮影に使われると書いてありました。
東海道は京都3条の橋までです。
浜松を出てから、愛知県に入り、鈴鹿の方を通るようで、まだ研究しておりません。
静岡県が長くて半分の袋井までもうすぐなのですが。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年9月24日 (日) 07:43

tonaさん、おはようございます♪
東海道五十三次歩き、順調に進んでいますね。
ハナセンナは我が家でも咲いていますが、鉢植えなので
だいぶ下葉が落ちてしまいました。
7月にも咲き、2度目の開花ですが、一度咲き始めると
けっこう長く咲くので楽しみです。
今ごろ咲くヤマボウシは珍しいですね。
レウコフィルムは初めて拝見しました。
蓬莱橋には2年前の12月に行ったことがあります。
江戸時代は江戸城を防衛するため橋はかけられていなかったそうですが、
参勤交代の時など、藩主のための生活用具(風呂・トイレなど)
も運んだそうですから、川を渡るのも大変だったでしょうね。
風が強かったので橋を往復したのは、ツアー客の中で
私も含め5名しかいませんでした。

投稿: hiro | 2017年9月24日 (日) 09:08

こんにちは。また楽しませてもらっています。富士山が綺麗ですね。世界一長い木造橋は知りませんでした。これは一度歩いてみたいです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年9月24日 (日) 16:22

★hiroさま こんばんは♪

やっと30℃をきるようになって歩きやすくなりました。
ハナセンナがあるのですか。9月に木に咲く黄色の花として珍しいですね。鉢植えとは鉢が重いことでしょう。最初は7月に咲くのですか。
知りませんでした。
今日茅ヶ崎に墓参に行きましたが道筋にやはり黄色の山法師の花が植物ストックをしているところに咲いていました。
レウコフィルムは教えていただいたのですが、葉が白っぽく(銀葉というのでしょうか)きれいな色のお花です。あまり見かけないです。

蓬莱橋を渡られたのですね。今はとても気持ち良い風が吹いて歩きやすかったです。でも歩いている人が私たちの他に4人しかいませんでした。
有難うございました。


投稿: tona | 2017年9月24日 (日) 19:42

★多摩NTの住人さま こんばんは。

曇っているのに見える富士山でした。
もしかして大井川で見えるかもと思いましたが、すっかり曇ってしまって見えませんでした。
蓬莱橋はとても気持ちよく歩ける橋です。車が通りませんから。そしてコンクリートでなくて。
読んでいただき有難うございました。

投稿: tona | 2017年9月24日 (日) 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65824152

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き10 藤枝~島田~金谷(1):

» ギネス認定 世界一長い木造橋 静岡県島田市 [花筐~花がたみ]
<“バラいっぱいっ! ばらの丘公園 静岡県島田市”からの続き> 島田市ばらの丘公園を後にして 途中のことはさておき・・・ 歩いて2時間20分後には 大井川に架かる“蓬莱橋”の近くまで来ていた。 旧東海道の大井川川越遺跡から大井川の河川敷へ降り そこから東へ40分ほど歩いたところだ。 大井川の“蓬莱橋” 全長897.4m 通行幅2.4m...... [続きを読む]

受信: 2017年10月 5日 (木) 14:31

« 鎌倉16 梶原・寺分へ | トップページ | 東海道五十三次歩き10 藤枝~島田~金谷(2) »