« 幽霊の額の三角(△)の意味 | トップページ | 鎌倉16 梶原・寺分へ »

2017年9月14日 (木)

餡子好き

●昨日の朝は富士山が見え、昨晩の夕焼けの色がきれいで、ムンクの「叫び」のようだと写してみると、電線が邪魔するわが家の西の空でした。写真に写すと色がその通りに出ないものです。913_380x285
Posterart_art24005162new1_277x380

●今年もまた新たに知った花がありますが、最近咲いているピンクの花、今まで見たことがなかったのです。最近3ヶ所で見ました。oさんにまた教えていただき感動したところです。
その名もツルバキア・ビオラセア(ソサイアティガーリック)・ユリ(ネギ)科。南アフリカ原産。葉はニラのようで、傷つけるとニラのにおいがします。
450x338
450x338_2

●若い頃は両方好きだったのに、かなり前からケーキより餡子の方がより好きです。美味しい緑茶に餡菓子を食べる午後のひとときはまさに至福の時。日本人で良かったとつくづく思います。餡子評論家になれそうなくらい今まで食べてきました。子どもたちが何かに付けて買ってくれた最近の餡子菓子。
8/25 小田原の城下町最中
8251_338x450 8252_450x338

9/10 禅師丸本舗の大きな栗饅 禅師丸柿に似せているかな。禅師丸柿というのは川崎市王禅寺の原産で、新百合ヶ丘に住む友人の庭のを頂いたことがある柿。
910_450x338

9/12 都立立川高校校章付きどら焼き

912_450x338_2

9/9,9/13 松呂 生餡を一口状に丸めた砂糖をまぶした、 昔駄菓子の定番商品の松呂。国立劇場買いました。913_450x338

●その国立劇場9月の公演として観てきたのは
428x600
声明と雅楽「荘厳の調べ」法勝寺供養次第による無学法会。声明と雅楽の他に舞楽もありました。天台宗と真言宗、両方の声明も聞くことが出来、また声明と雅楽の共演もです。
出演が天台声明・七聲会、真言宗豊山派・迦陵頻伽聲明研究会、十二音会、江戸里神楽・若山社中。法勝寺は1077年京都岡崎後に時の白川天皇により建立されたが応仁・文明の乱で廃絶。跡地は京都市動物園だそうです。

雅楽のみ、声明のみと雅楽と舞楽は既に見聞していますが、こんな贅沢なのは初めて。
そして衣装が素晴らしく、この伝統の衣装を作る人々がいることまで伝わってくるのは歌舞伎のいろいろな脇の仕事をする人と全く同じです。
そしてこの公演だけでも約1ヶ月、いつも満席で鑑賞する人々がいることも嬉しいこと。
難しいと言われる日本の古典芸能が多くの人々に次から次へと伝えられ、またそれを見る人も若い人へと受け継がれていくことに感動を覚えます。文楽に至ってはまずチケットが取れません。凄いことです。

|

« 幽霊の額の三角(△)の意味 | トップページ | 鎌倉16 梶原・寺分へ »

コメント

文楽、幸いにチケットが取れてます。
小三治の出る落語会の方が(一日だけだからか)獲りにくいです。
でも油断できないかな。

投稿: 佐平次 | 2017年9月14日 (木) 09:26

富士山がいつも見られてよろしいですね。
本当にムンクの叫びと似た色の空です。
オスロに行ったときこの絵は見ました。
4点も叫びがあるとはこの時まで知らなかったです。
盗難にあい、傷つけられたのも痛々しいです。

ツルバキアは、我が家にもありますが手入れが
悪いせいであまり花が咲きません。

餡は私も大好きです。
でもそれを評価するほど「通」ではありません。

雅楽とはよいものを見られましたね。
お正月にテレビで見る程度です。
文楽は東京にいた25年前友人と見ました。
日曜日でなくて、夫がとても悔しがったことを
思い出しました。
その友人も今は故人です。

投稿: matsubara | 2017年9月14日 (木) 09:38

★佐平次さま

文楽がとれたなんて良かったですね。
落語の一日だけっていうのは至難の業でしょうね。
落語は婿さんが連れて行ってくれないと行けないのです。今まさに仕事に忙しい年齢で。
全然違うけれども笑点だけが1週間に1回の愉しみです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年9月14日 (木) 15:54

★matsubaraさま

富士山、電線が邪魔ですが見られるのがラッキーです。1昨日と昨日と夕焼け空が実にきれいでした。
「叫び」4点は微妙に色が違います。オスロでご覧になれてよかったですね。
盗難に遭ったのも戻ってよかったですが、修復は大変ですね。フェルメールが1点どうしても戻りません。
ツルバキアがお庭に!私は今年初めて見たのです。花の香りは良いそうですが葉がニラと同じなんて。
文楽は私も国立劇場で1度だけ見ただけです。
ありがとうございました。
なかなかチャンスがありません。

投稿: tona | 2017年9月14日 (木) 16:04

声明と雅楽とは面白い催しですね。
文楽がそんなに人気があるとは知りませんでした。
歌舞伎なども有名な演目は、
友の会のようなものに入って年会費を払わないと
良い席はとても取れないようです。
私がたまに行く時は友人に取って貰っているのですが
でも行ってみると、観客の年齢層が凄~く高いのです。
先々どうなるのだろう?とちょっと心配になったりしまうs。

投稿: zooey | 2017年9月15日 (金) 10:33

夕焼けの色がきれいでムンクの「叫び」のようだとはtonaさんらしいです。
私など絵心が無いので綺麗で終わってしまいます。

ツルバキア・ビオラセアは綺麗な花ですが、葉がニラの葉っぱに似てるのですね。
春に咲くニラハナも花は綺麗ですね。

そんなに餡が好きなのですね、私は食べますが大福1個も食べれば充分で
最中は戴けば食べますが自分からは買いません。
都立立川高校校章付きどら焼きが売ってるのですか、もしかして店主さんは
その高校出身かも・・・
ケーキより果物を買います。

声明と雅楽「荘厳の調べ」でtonaさんが感動した様子が文章より伝わってきます。
この公演が1か月間、満席なのですね。
文楽のチケットが取れない・・・それほど人気があるのですね。
文楽は銀河さんのご主人が嵌ってるようです。

投稿: ラッシーママ | 2017年9月15日 (金) 16:18

★zooeyさま

私も友達が会に入っているのでいつも一緒に買ってもらっています。
それでも今年も文楽は手に入りませんでした。
この頃歌舞伎も歌舞伎座の方ではなくてもっぱら国立劇場です。新しくなった歌舞伎座には一度も行ってないのですよ。
確かに観客の年齢層は高いですね。
でも建て替える前に行った時もそう思いましたので、常に高齢ではあっても高齢に近づいて、あるいはリタイアしてファンが増えるのかなあとも思ったりしました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年9月15日 (金) 16:28

★ラッシーママさま

ありがとうございます。
ツルバキア・ビオラセアは本当に花の色が素晴らしいのですが、葉をちぎるとニラ臭がしますよ。ニラといえば丁度花盛りが終わる所ですね。

全く、餡子大好きばあさんになってしまいました。なるべく買わないようにしていますが、国内旅行では必ず買って食べています。美味しい餡子に当たるためには値段とやはり老舗を見つけないとだめかもですね。
都立立川高校の焼き印月どら焼きはひょんなことからいただいたものです。

7月は歌舞伎で銀河さんと同じ演目でした。
まあ、銀河さんのご主人様は文楽に嵌っていらっしゃるのですか。知りませんでした。

投稿: tona | 2017年9月15日 (金) 19:38


昨日の夕方の夕焼けは見ませんでしたが、孫が
きれいな虹が出てたと、スマホで写真を撮って来てました。この頃、曇りがちな天気で、所によっては雨が降っていたのでね。
 やっと、熱帯夜からも解放され、朝夕は秋らしくなってきました。

tonaさんも甘いものがお好きなんですね。
甘い餡子のお菓子でお茶を飲む。年取ってから特に多くなりました。
気分的にやすらぎますね。
私は若いころから甘辛両党で、羊羹を食べながら、ウイスキーを飲んでいました。
今はしません。朝はコーヒーにチョコレートです。

 立川高校の校章入りのドラ焼きがあるのでね。
息子が立校に行ってました。その頃からあったのですかね。
ドラ焼きも、最中も大好き。時々買ってきて、お茶を飲んでいます。
以前は食べ過ぎると胸焼けしてました。
ランソプラゾールを飲んでるからでしょうか、この頃全く胸焼けしなくなりました。
でも、あまり無茶はいけませんね。

 舌をかみそうな名前の花。見たことなし。
世の中には、珍しい美しい花があるものでね。
一般に熱帯地方原産の花は、珍しく、色鮮やかなきれいな花が多いです。


投稿: 夢閑人 | 2017年9月15日 (金) 20:59

★夢閑人さま

虹が出ていたのですか。気が付きませんでした。きれいな夕焼けでした。
熱帯夜が無くなって、元気が出てきますね。

両党使いなんて羨ましいです。これはとても出来ません。ビールとワインはいいですが、もう日本酒やウイスキーは全然飲めません。
酒かお菓子かといえばもちろんお菓子の饅頭系になってしまうわけです。
コーヒーも飲めません。飲むと調子悪くなります。珍しいでしょうか。

どら焼き、息子さんの時はどうでしょうか。文化祭の時に、校内でも売っているようです。
お菓子は大丈夫ですが、油や刺激の強いカレーなど辛い物は食べません。私もまだランソプラゾールを半年に1回1ヶ月分をもらってきている状態です。真夏の暑い時が厳しかったです。

夢閑人さんもこのお花見たことありませんか。私は今年になって立て続けに3回見て、名前を教えていただけました。
今年もかなり新しい花を見ましたので、まだまだ樹木もそうですが、知らない花が多そうです。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年9月16日 (土) 08:33

tonaさん、おはようございます♪
こんな綺麗な夕焼けは最近見たことがありません。
こちらは曇ってばかりです。
ツルバキア・ビオラセアという花、初めて見ました。
ユリ(ネギ)科ということですが、同じ科で春に咲く
アリウム(白花)にもよく似ていると思いました。
私も最近は和菓子を食べることの方が多くなりました。
小田原には何度も行きましたが、この最中は知りませんでした。
栗饅も美味しそうですね。
御近所の方の息子さんが東大の大学院を卒業された時、
校章入りの紅白饅頭をいただいたことがありますが、
立高にも同じようなものがあったのですね。知りませんでした。
「荘厳の調べ」、素晴らしい舞台のようでしたね。
古典芸能にはあまり縁がなくて、能、狂言、歌舞伎等は
近くで公演がある時見に行く程度です。
雅楽はお正月にNHKで見たことがありますが、荘厳な調べが素敵でした。
たまには都心に出たいと思うこともあるのですが、
年々と億劫になってきています。いけませんね。

投稿: hiro | 2017年9月16日 (土) 09:20

ツルバキアは6年前にmatsubaraさんが送ってくださいました。
毎年咲いていますが今年はまだ咲いていません。
最初の咲いた時の記事をトラックバックしました。

夕焼けの写真ですが実際の空の色と写真の色とが違っていることは多いですね。
思うように撮れないものです。
最近のカメラには夕焼けをきれいに撮る機能が付いていることがありますね。
それを使うと彩度が上がり過ぎて淡い色がきつくなってしまいます。
夕焼け撮影は難しくて困ります。

投稿: Saas-Feeの風 | 2017年9月16日 (土) 15:44

★hiroさま こんにちは。

この夕焼けは2日続きました。きれいですね。
ツルバキア・ビオラセアは初めてでしたか。新しい花ではなく、南アフリカ原産で18世紀には知られていたのですね。今年になるまで知らなかったです。

hiroさんも和菓子をよく召し上がりますか。
小田原城をかたどった最中は私も初めてで知りませんでした。
お饅頭やどら焼きは焼き印が付けやすいので、記念に型を作れば簡単に出来るわけですね。
東大のもあるのですか。
古典芸能はテレビでやっているのを見る方が多いです。音楽会もそうなりました。
私も出かけるのは美術館だけで、映画館さえなかなか出向けないでいます。
茅ヶ崎にいたら東京へはほとんど出られないと思います。山などはすぐ足が向きますのに。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年9月16日 (土) 16:21

★Saas-Feeの風さま

トラックバックをありがとうございました。
きれいに撮られていますね。
6年前のお花ですね。全然強知りませんでした。
名前がやっと出て来るようになりましたが、来年には忘れていると思うとむなしいですがノートに記して思い出します。
私のカメラにも「夕焼けを幻想的に撮る」とか「夕焼けを印象的に撮る」なんていうのがありますが、違いがさっぱり分からないままでした。
Saas-Feeの風さまでさえ、夕焼けは難しいのですね。朝日も上手く撮れたためしがありません。この頃あきらめて、旅行先では早起きしないです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年9月16日 (土) 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65788319

この記事へのトラックバック一覧です: 餡子好き:

» 庭の花 ツルバギア (付)ニラ アガパンサス [花筐~花がたみ]
6月中旬にブログ友のmatsubaraさんから花の苗を戴いた。 すぐに庭の中でも西日のあたらない場所に植えてみた。 しばらくすると新たな花芽が伸びてきて そしてきれいな花が咲き始めた。 ツルバギア・ビオラセア (ビオラケラ) (2011.08.01) ツルバキアとも呼ばれ 長い茎の先端に小さな星型の花が幾つも咲いている。 (201...... [続きを読む]

受信: 2017年9月16日 (土) 15:39

« 幽霊の額の三角(△)の意味 | トップページ | 鎌倉16 梶原・寺分へ »