« 「猫百態」展 朝倉彫塑館にて | トップページ | 東海道五十三次歩き12 掛川~袋井~見付1 »

2017年10月22日 (日)

柴又へ

柴又帝釈天題経寺と山本亭に行ってきました。もう3回目ですが今回は帝釈天の彫刻と山本邸の庭をじっくり拝見しました。

柴又駅前の寅さん像の前には「見送るさくら像」が新しく出来ていました。
338x450 301x450

338x450_2
参道には草だんごや佃煮、煎餅とお土産屋がずらり並んでいて、帰りに草もちを家人への土産に買いました。
450x338 450x338_2

帝釈天題経寺の創建は1629年で開基は日栄上人。日蓮聖人の親刻になる帝釈天の板本尊がある。裏と両脇には経文が彫られているという。江戸庶民に盛んに信仰された。

                 帝釈天二天門 彫刻が立派450x338_3
     瑞龍の松 東京都指定天然記念物 龍の形をしてとても美しい松450x338_4
帝釈堂木彫 昭和4年に完成された帝釈堂の外壁に法華経説話が当時の名人8人により彫られ、とても価値あるものだそうだ。450x338_5
450x338_6
450x338_7
客殿の日本一南天の床柱 樹齢1500年とは。その割には細い。南天は太くならない樹木なのですね。我が家の21年の南天の直径は3㎝。338x450_3
                  横山大観群猿遊戯図450x338_8
                  邃渓園(すいけいえん)450x338_10
450x338_11
矢切の渡し 雨のため渡し舟は休み 渡った先には伊藤左千夫の野菊の墓文学碑があるのでした。450x338_12
                       昼食450x338_13

山本亭 
カメラ部品製造の創立者山本栄之助翁の自宅で、関東大震災後に移り住んだ。
庭園は昭和初期のもので、当時のまま残されているのは、都内で旧安田邸、徳富邸とここだけだそうだ。今は葛飾区の所有。450x338_14
450x338_15
庭園のこのような記事が。足立美術館は行ったことがあって、アメリカの日本庭園専門誌のランキングは日本人が感じるのとは違うなあと思ったが、この山本亭の小さな庭園が3位とはまたびっくりです。樹木は種類が多く、樹木と池や石の配置などは美しくしっとりと落ち着いていますが。3_600x597_3
450x338_16
450x338_17
喫茶があって、昼食を食べ始めてから50分しかたたないのに善哉を頂く。大きなあずきでとても美味しい。450x338_18

|

« 「猫百態」展 朝倉彫塑館にて | トップページ | 東海道五十三次歩き12 掛川~袋井~見付1 »

コメント

雨の中、柴又帝釈天に行かれたんですか。
やる気旺盛ですね~見習わなければ。
題経寺というのも、ほとんど知りません。
結婚当初に東京案内してくれたけど、芋姉ちゃんには何が何やら!
帝釈天に行って、団子とウナギを食べたことしか覚えておりません。
東京をじっくり探検したいですが、あまりに未知なことが多過ぎます。
もう残された時間が無いです。
山本亭の庭があの庭園ランキングの三位。
フーンという感じです、足立美術館も一度見れば良いと思いました。
それでも友だちや両親とまた行きましたけどね~
tonaさん、あんこ好きですね♪

投稿: だんだん | 2017年10月22日 (日) 23:29

★だんだんさま おはようございます♪

雨の日なら空いているのではないか、ただし渡し舟は乗れないけれど、ということで出かけました。
帝釈天が経栄山題経寺(日蓮宗)というお寺の名前があったなんて知らなかったです。

>もう残された時間が無いです
全くその通りですね。私はさらにそれが少なくなり、体も急に婆になって自分でも若いつもりで動くと支障をきたすことに驚くこの頃です。
足立も山本亭も同じくフーンですね。アメリカ人など欧米人と日本人の感性の違いではないでしょうか。
そうなのです。餡子大好き人間で餡の良し悪しが少し分かる程度になりました。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年10月23日 (月) 08:21

山本庭園、このあいだは休園で涙を呑みました。
見られないとなると見たくなります。

投稿: 佐平次 | 2017年10月23日 (月) 08:44

★佐平次さま 有難うございます。

あら、あら、とても残念でした。
人間ってそうなのですよね。
今まで何回あったことでしょう、私の場合ですが。

投稿: tona | 2017年10月23日 (月) 16:09

こんにちは。寅さん映画はもう何年も見ていません。一時、BSで放映していたのをずっと見ていました。柴又は何回か行ったことがあります。川甚のうなぎが美味しそうですね。たくさんの文人に愛された店でしたね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年10月24日 (火) 08:24

tonaさん おはようございます。

山本亭! 確かにいつか行ったのですが
どこへ行った時に一緒に見たのか忘れていたのですが、
tonaさんの記事で柴又に行った時だった~と思い出しました。
tonaさんと同じコースだったようです。
お部屋の中で何か頂いたような気がしますが、
善哉だったかどうかは忘れてしまいました。
私も餡子大好きです。特に甘いもの好きというわけではないのですが、
餡子だけは無性に食べたくなることがあります^^


寅さんの像のお隣にはさくらさんもできたのですね。
柴又といったら、帝釈天より先に寅さんの名前が浮かんできます。
映画の効果ってすごいですね。

投稿: グレン | 2017年10月24日 (火) 11:42

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
寅さんの映画は最近もテレビでやっていますね。
私の友人にも寅さんの映画を全部見た人もいます。
川甚のうなぎ、さすがに大きいのは頂けなくなってしまいました。たくさんの文人も美味しいと川を眺めながら食べた様子が浮かびますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月24日 (火) 13:41

★グレンさま

グレンさんも同じコースでしたか。
以前は舟で渡り、野菊の墓の碑を見て松戸市側の電車で帰りました。

昔はケーキも作って食べるほどでしたが、最近10年はすっかり餡子党に変身で、今日もこれからお饅頭を作るべく、漉し餡を買ってきました。小さいのなら毎日でも食べられます。
そのかわりお酒は飲まないで必要な時だけです。

さくらさんの像が出来ていたのですよ。「見送るさくら」とタイトルがありました。
顔は倍賞千恵子さんにそっくりではありませんが。
仰る通り、柴又と言えば、まず寅さんで、次に帝釈天と浮かんでくるほどです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月24日 (火) 13:52

東京の姉が柴又の隣の駅の高砂に住んで居て、私は帝釈天に行った事がなかったので
今年のお正月に行って来ました。
映画の「寅さん」も1本も観た事がなく、渥美清さんが亡くなってから相当経ってるので
空いてるだろうと思いましたが、お正月だったからかしらお願い事をするのに大分並びました。

混んでるせいもあって、ゆっくりとしてられなかったのですが
この帝釈天、こんなに彫刻が立派とは知りませんでした。
松も立派と思いましたがtonaさんの写真で再認識させられました。
兎に角混んでて、早くその場を去り達方のです。

邃渓園(すいけいえん)や山本亭があるのも知りませんでした。
改めて姉の家に行く用事を見つけ観に行ってみたいと思います。

投稿: ラッシーママ | 2017年10月24日 (火) 21:18

★ラッシーママさま

お姉さん、高砂だったのですか。どこに住んでいらっしゃるのかなあと思っていました。
高砂で乗り換えて一駅ですね。
柴又は何時も混んでいるらしいですね。
お正月なんて凄いでしょう。
そこで大山街道を歩いた人たちで雨でどうするかと相談したら、雨の方が空いているからと行こうということになったのです。空いていましたよ。
彫刻が凄かったですし、お庭がなかなか趣があって良かったです。
山本亭3位がどんなものかご覧になるといですね。見る目があるのかないのか人によっても違いますしね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月25日 (水) 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65949532

この記事へのトラックバック一覧です: 柴又へ:

« 「猫百態」展 朝倉彫塑館にて | トップページ | 東海道五十三次歩き12 掛川~袋井~見付1 »