« 東海道五十三次歩き10 藤枝~島田~金谷(3) | トップページ | 白樺湖 »

2017年10月 2日 (月)

シモバシラの花・殿ヶ谷戸庭園にて

シモバシラ(シソ科)の花 冬になると、枯れた茎の根元に霜柱のような「氷の結晶」ができる。以前初めて景信山で見た時は興奮しました。

「季節の花300」よると、
茎の部分が枯れて、 気温が氷点下ぐらいにまで下がった早朝。
しかも雨や雪が降っていないとき、強い風が吹いていないとき。勿論雪が積もっていないことも。
今まで4回くらい見たのはこの偶然が重なった時だったときでラッキーだったのです。
こんなにたくさん咲いている園内、シモバシラが出来たら見事でしょう。タイミングを見計らって見に行きたいものです。
450x338
450x338_2
450x338_3
園内450x150
450x356
萩のトンネルと萩338x450
450x351

回数重ねて来ているのに、馬頭観音の石碑を見るのは初めてです。武蔵国分寺にある馬頭観音11基のうちの一つだそうだ。
江戸時代府中宿へ助郷として馬の供給をしていたので、馬が多かったとのこと。338x450_2
湧水の池450x338_4
今の国分寺駅あたりの昔の景色。寂しい武蔵野の原野といった感じ。想像以上でした。450x338_5


丁度園内隅の蔵で「秋の山野草展」が開かれていました。たくさんあった中から花が咲き、実がなっていたほんの一部の作品を。
手入れだけでなく温度管理なども大変そうな野草たちですが、小さくて可憐で、青や紫、白が多かったです。

                  ギンミズヒキ(タデ科)450x338_2_2
                 ウズラバムレチドリ(ラン科)450x338_6
                   タムラソウ(キク科)450x338_7
               ヒダカミセバヤ(ベンケイソウ科)450x338_8
          マキギヌ別名クモノスバンダイソウ(ベンケイソウ科)450x338_9
                  サルナシ(マタタビ科)450x338_10
                  シクラメン(サクラソウ科)450x338_11
                  白ホトトギス(ユリ科)450x338_12
                  ベニバナオケラ(キク科)450x338_13
                 スズフリラッキョウ(ユリ科)450x338_14
フユノハナワラビ(ハナヤスリ科)450x338_15
                  ダンギク(クマツヅラ科)450x338_16
                   ホトトギス(ユリ科)450x338_17
                     ローヤガキ450x338_18

|

« 東海道五十三次歩き10 藤枝~島田~金谷(3) | トップページ | 白樺湖 »

コメント

萩って繁みぜんたいを撮ると花が見えなくなってしまいますね(私のスマホでは)。
アップがいいのですが、あの全体の雰囲気を撮りたいものだと思うのですが。
ローヤガキ、面白い宝石のようです。

投稿: 佐平次 | 2017年10月 2日 (月) 11:12

25年前、わざわざ東山植物園に早朝に行き、
シモバシラを見に行ったことがあります。
新聞に出ていましたので。
今は植物のために名古屋まで出かける元気は
ありません。

見たことがあるのは、タンギクで、
育てていたのは、ミセバヤ、ギンミズヒキです。
今もあるのはホトトギスくらいでしょうか。でも白はありません。

シクラメンは、今頃咲くとは知りませんでした。

投稿: matsubara | 2017年10月 2日 (月) 13:20

tonaさん、こんにちは~♪
殿ヶ谷戸庭園、武蔵野の面影を残した素敵な公園ですね。
国分寺と言えば中央線の中から見える森に囲まれた
日立中央研究所が印象的でしたが、
殿ヶ谷戸庭園もその近くにあるのでしょうか?
秋の紅葉の頃も素敵でしょうね。
シモバシラは冬の高尾山で見たことがありますが、
この時期の花は初めて見ました。
シソ科らしい花の形をして、素敵ですね。
美しい山野草もたくさん見せて頂き有難うございました。

投稿: hiro | 2017年10月 2日 (月) 13:21

★佐平次さま

そうですね。萩は咲いているのに写真に写らないのです。1本の木になっているのはきれいだったのですが。でも昔から愛でてきた花、風情があってこの頃いいなあと思います。
ローヤガキ、柿の仲間で食べられるのでしょうが、小さすぎですね。ホント、宝石みたい。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年10月 2日 (月) 16:41

★matsubaraさま

名古屋の東山植物園ですか。それは大変でしたね。
私も高尾山まで見に行きましたが、こんな近くの庭園にたくさんあるのは初めて気が付きました。
ミセバヤは種類がたくさんありました。
ギンミズヒキはめったに見ませんよ。お庭に咲いていたのですか。
ホトトギスの白と斑入りの葉のは珍しいですね。
シクラメンはミニシクラメンです。原種に近いのでしょうか。ギリシャのメテオラで見た原種のシクラメンは圧巻でした。でも白いのはありませんね。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年10月 2日 (月) 16:49

★hiroさま 

こんにちは♪
殿ヶ谷戸庭園は江口家から三菱財閥三代目に買い取られ、今は東京都が買い取って管理しています。
日立中央研究所とは駅の反対側で、南口を出るともう斜め前に見えますよ。
そうなのです。池の周りの紅葉が素晴らしいのです。大山には敵いませんが。
私もシモバシラは景信山から高尾山に行く時に見ました。ですから冬の高尾山は富士山を見るだけでなくシモバシラを見るのも楽しみですね。
山野草でウズラバムチドリはhiroさんのブログで見たような気がします。
こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月 2日 (月) 16:56

 朝夕はすっかり涼しくなりました。
肌寒さを感ずることもあります。
秋の花たちが咲いていますね。
秋の花は、派手ではないけど、落ち着きます。
萩の花を見ると秋だなあと感じます。

 お彼岸のおはぎの餡子が萩に似てるから「おはぎ」
と言うと説明してましたけど?

 白いホトトギスがあるのですね。
そういえば庭にホトトギスがあったのに、今年はない。
根腐れしたのかな?

昔の国分寺駅辺りの写真、いつごろ撮られたのかは知りませんが、
武蔵野の自然が広がっていたのですね。
 50年前にこちらに来ましたけど、国分寺駅の南口、随分変わりましたね。
あの頃、中央線はまだ阿佐ヶ谷の辺りは下を走っていました。
こちらもまだ雑木林が続いていました。^
 義妹が小平にいましたので、こちらに来る前から、東京に出張の時、よく国分寺で
乗り換え、小川に行っていました。
 津田塾大学は深い森の中でしたが、今はどんなでしょう?
多摩地区はほんとに田舎と言う感じでした。あの頃が懐かしい。

投稿: 夢閑人 | 2017年10月 2日 (月) 17:24

★夢閑人さま

萩や葛、芒などを見ると特に秋を感じます。
本当に朝晩涼しくて気持ちの良い季節になりました。
夏のお疲れは出ませんでしょうか。

餡子の色や丸い所が萩の花に似ているのでしょうかね。初めて知りました。春は牡丹餅ですね。
ホトトギス無くなってしまいましたか。我が家はホトトギスだけはずっと枯れないで咲いてくれます。
白いのを見たのは初めてです。咲かせている方がいるのですね。

古い写真なのですが、別荘(江口家→三菱家)から撮ったとすると大正2年以後で、中央線は明治22年に出来ているので、電車が写っていないですが、繁みの向こうに線路があったのかもと思いました。

国分寺は西武線と連絡しているので、飯能や秩父方面の山に行くときなど私にはとても便利です。
玉川上水も途中にあります。津田塾大は行ったことがないです。深い森は電車からはあまり見えませんが。
今国分寺は北側が工事中で、高層マンション2棟と商業施設が下に入るそうです。
暫くざわざわと落ち着きません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月 2日 (月) 20:00

こんにちは。殿ヶ谷戸公園にお出掛けでしたか。一度だけ行ったことがありました。シモバシラが咲く季節になりましたね。今年はまだ見ていないので、終わらないうちに見ておきたいです。冬の氷柱が楽しみですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年10月 3日 (火) 07:54

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
駅の前なので、家からも近いです。
シモバシラの花はどこかの山で一度見たことがるだけでした。この庭園には数本だけだと思っていましたら、群生していました。
私も冬になって見るのが楽しみです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月 3日 (火) 08:08

殿ヵ谷戸庭園に、こんなに沢山シモバシラの花が…びっくり!
厳寒の頃、行くべきですね。
tonaさんと同じく、景信山~高尾山で多く見てました。
その後昼頃まで氷花が健在で、寒い場所は大丈夫なんだと気付きました。
入り口近くの萩のトンネル越えると、園内散歩が出来て落ち着く庭園ですね~
山野草は一部どころか、いっぱい見せて頂き嬉しいです♪
ダンギクは、記念公園の日本庭園でも咲きますね。
サルナシの実って食べましたか。とても甘くて美味しいんです!
蓼科山にボロボロ落ちていて、キウイの原種と教えてくれました。

投稿: だんだん | 2017年10月 3日 (火) 17:17

★だんだんさま

こんばんは。
21年目でこんなにあるシモバシラ、初めて知りました。氷柱を是非見たいものです。
やっぱり景信山や高尾山でご覧になりましたね。
寒い所だとお昼ごろまで。この庭園は暖かい方ですよね。
昭和記念公園のダンギク知りませんでした。
さすが年間パスポートを持っていらっしゃるから何がどこでいつ咲くか?生き字引です!

サルナシの実はまだ食べたことがありません。
色はたしかにキウイですね。原種だったのですね。
色々教えていただき有難うございました。

投稿: tona | 2017年10月 3日 (火) 21:27

霜柱の花が殿ヶ谷戸公園で見られるなんて知りませんでした。
花水木さんの高尾山の写真で霜柱の花を見て、
一度見たいものだと思っていました。
殿ヶ谷戸公園なら気楽に行けそう。
今冬、行ってみます。

投稿: ☆銀河☆ | 2017年10月 3日 (火) 21:59

★☆銀河☆さま

おはようございます。
私も長年住んでいてシモバシラがたくさん咲いているのを知りませんでした。
高尾山みたいな山でしか見られないのかと。
庭園に電話して霜柱が出来ているか、聞いてみるといいですね。
私も気をつけてみます。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年10月 4日 (水) 06:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65863662

この記事へのトラックバック一覧です: シモバシラの花・殿ヶ谷戸庭園にて:

« 東海道五十三次歩き10 藤枝~島田~金谷(3) | トップページ | 白樺湖 »