« 近所で御開帳 | トップページ | 柴又へ »

2017年10月19日 (木)

「猫百態」展 朝倉彫塑館にて

台東区立・朝倉彫塑館は国指定名勝で国登録有形文化財です。昭和10年に現在の原型が完成したそうです。
450x338_2
朝倉文夫はここを「朝倉彫塑塾」と命名し、門下生を育成し、住まいと学校と生育の場が一体となっていました。
2度目ですが、建物の素晴らしさを認識していませんでた。撮影禁止ですが玄関と屋上だけは禁止マークなしです。
大きな鯉のいる池と様々な素晴らしい石が並べられた中庭は、和風の住居棟とコンクリート造りのアトリエ棟に挟まれています。アトリエは天井高8.5mで三方向から光りを取り入れている。
和風建築には竹がいろいろな所に形を変えて使ってあり、様々な木を用いた床の間、天井などや置いてある家具なども垂涎もの。書斎は天井までガラス張りで凄い蔵書で埋まっている。

                    門と玄関

450x338_3
450x338_4
屋上 スカイツリーが半分以上雲の中というのは初めて見ました450x338_5
450x338_6
450x338_7

ところで「猫百態」展では猫の様々な姿態を、石膏とブロンズで見ることが出来ます。
ちらしに書かれていますが、猫は、予期しないような動き、人を避けるような仕草、奔放で媚を売らないかと思えば甘え上手な性質。朝倉氏はそうした猫の特性を好んで制作したそうだ。
写真で拝見すると10数匹飼っていたようです。見ていてとても楽しい。312x450

               夕焼けだんだんの方に行ってみる380x285_2
以前もブログに載せたりしている、お店や屋根の上の猫など、猫だらけの谷中銀座でした。450x338_8
450x338_9
450x403


もう終わってしまいましたが、都美術館の「ボストン美術館の至宝展」ではゴッホの肖像画と曽我蕭白が見られて感動し、太田美術館の「月岡芳年・月百姿」が素晴らしかった。
そして生誕150年記念で練馬区立美術館で開かれた「藤島武二展」は色々な画風に挑戦した画家の絵を150数点見ることが出来ました。練馬区は豪気、75歳以上は他の地域の人も無料です。
運慶展は行列が長くあきらめましたが、芸術の秋は早稲田大学の方の美術史講座がまた始まって、復習もままならず、読む本もたくさんあって、それなりに暇人の私もちょっぴり忙しいです。

|

« 近所で御開帳 | トップページ | 柴又へ »

コメント

谷中にもご無沙汰だなあ。
運慶展をもう一度行こうと思うのでそのときに足をのばそうかな。
運慶展、私が行ったときは行列はなかったですよ。
台風の日がチャンスかな^^。

投稿: 佐平次 | 2017年10月20日 (金) 10:18

★佐平次さま 

谷中は数年に一度歩いています。
運慶展、そうですね。
台風の時、なるほど、日曜日に行きましょう。
良い知恵をありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月20日 (金) 16:00

お早うございます。
台風接近でまたまた雨の週末ですね。今週晴れたのは18日のみ・・・
今日は孫娘の運動会の予定なので、お弁当を作るべく早起きしましたが延期となりました。

15年以上も前にご近所仲間と谷中~根岸と散策し、その折に朝倉彫塑館に立ち寄った覚えがあります。
古い下町風情の街並みの中に、この斬新な建物が案外マッチしていましたね。
中は和風の香りがしていました。
その頃はまだスカイツリーがなくて・・・
猫が似合う古い街並みは残っていても、見える風景が変わっていくようです。

芸術の秋!、あちこちの美術館にお出かけになるフットワークの良いtonaさんに刺激をいただきました。

投稿: nao♪ | 2017年10月21日 (土) 09:23

谷中と言えば、お年寄りの立ち寄る店が多く並んでる・・・の印象しか無いのですが
「朝倉彫塑塾」があるのですね。
芸術に疎い私ですので、何時も教えて貰う一方でお恥ずかしい次第です。
玄関から見た「朝倉彫塑塾」からは和風の住居棟があるなんて・・・

谷中は猫の作り物?が多いのですか?
次々と美術館巡りをしてらっしゃるtonaさんを尊敬してます。

投稿: ラッシーママ | 2017年10月21日 (土) 13:48

★nao♪さま

こんにちは。
あら、運動会延期。運動会今年はどこの学校も雨で大変ですね。次回は晴れますように。
折角食材を買いこんでご家族はやきもきですね。台風もこちらを直撃のようです。

私も3度目くらい。中に入ったのは2度目ですが、10数年たつと結構忘れています。だから私の場合、10年おきに足を運んでもいいわけです。
猫ちゃんだらけに谷中、夕焼け段々には前回猫がいたのに今回は1匹も見かけませんでした。そんな谷中で「ねこ百態」展、似合っていました。
世界の名画が次々と日本にやってきて、今は一番その点では良い時代でしょうね。ただ有名なのは混んでいるのが難点です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月21日 (土) 15:50

★ラッシーママさま

谷中銀座を歩いていたら、おばあさんの原宿を思い出しました。売っているものなどそっくりな所があるのですから。
芸術に疎いとは言わせませんよ。
あちらこちらの旅行先でどんどんいろんな分野に渡る芸術をご覧になっていらっしゃいます。

看板など店のどこかに猫が描かれ、本当に猫好きの町のようです。
ねこあくしょんは猫グッズがいっぱいでした。
屋根の上の猫は探すともう何匹かいると聞きましたが、2度ともこれだけです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月21日 (土) 15:57

谷中は何度か行っていますが
朝倉彫塑館は未訪です。
猫百態、楽しそうですね~!
久しぶりに谷中の揚げたてコロッケなど食べながら
歩いてみたくなりました。

投稿: zooey | 2017年10月22日 (日) 23:09

★zooeyさま

揚げたてコロッケは谷中銀座の中ですね。
朝倉氏は猫をたくさん飼っていたので、そのしぐさが実によく観察されていました。
ワンちゃんに比べると、ちょっと陰気で複雑な気分を出しています。
気質の違いで猫好き犬好きがあるのだと思いますが、両方とも面白いですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月23日 (月) 06:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65936552

この記事へのトラックバック一覧です: 「猫百態」展 朝倉彫塑館にて:

« 近所で御開帳 | トップページ | 柴又へ »