« 東海道五十三次歩き11 金谷~日坂~掛川(後編) | トップページ | 「猫百態」展 朝倉彫塑館にて »

2017年10月15日 (日)

近所で御開帳

ローカルな話ですが
近くの武蔵国分寺跡の方、国分寺仁王門の奥に国分寺薬師堂があります。
年に1回、10月10日に薬師堂内の「木造薬師如来坐像」の御開帳があります。ここに引っ越してきて21年にして初めて見てきました。

仁王門 国分寺市指定文化財 宝暦年間(1751年-1763年)の建立で、入母屋造の八脚門450x338
薬師堂 国分寺市指定文化財
建武2年(1335年)新田義貞の寄進により、武蔵国分寺史跡の金堂跡付近に建立されたと伝えられています。現在の薬師堂は宝暦年間(1751年から1764年)に今の場所に移され、建て替えられたものです。以前の建物は義貞が分倍河原で負けた時に焼き払ってしまったとのこと。その時薬師如来は持ち出されて無事だったのでしょう。450x338_2

木造薬師如来坐像 国指定重要文化財 平安時代末期から鎌倉時代初期の制作。作者不明。寄せ木造、漆箔仕上げ。像高191.5㎝。
今国立博物館で運慶展をやっているが、康慶・運慶親子の活躍した時代とほぼ同じ時代のもの。800数年ここにおわして、お顔も黒く変色して痛々しい感じです。今度は御開帳の祈祷の儀式から見てみたい。338x450
450x327
450x396
                  左脇侍・日光菩薩と十二神将のうち六体 元禄2年制作450x338_3
                   右脇侍・月光菩薩と十二神将のうち六体 元禄2年制作450x338_4
450x338_5
天井に龍が描かれるが色も褪せて見えない。寺額は東大寺西大門の勅額を模したものだそうです。450x338_6


帰り道
      花の時は気が付かず、実がなって初めて気が付くサネカズラ450x338_7
               マユミの実はまだはじけていない300x260

谷中で買ってきてもらった「もにゃか」という名の最中。餡は羽二重団子に入っているものだそうで美味しい餡子。猫ちゃんをパクリはちょっと気が引けたけれども。300x225

|

« 東海道五十三次歩き11 金谷~日坂~掛川(後編) | トップページ | 「猫百態」展 朝倉彫塑館にて »

コメント

市報に載っていたのでしょうか。
薬師堂の如来坐像ご開帳のこと、初めて知りました。
以前は自転車を仁王門の近くに置いて手を合わせてから、お鷹の道を殿ガ谷戸庭園まで往復散歩。
でも、ここ何年も行って無いのですよ。
良い機会を得られましたね、地元のことをもっと知りたいです。
府中街道を徒歩で多摩川まで行きました。
分倍河原に、新田義貞攻防の碑がありました。
歴史の片鱗を知ると、戦に明け暮れた過去がリアルに感じられるものですね。

マユミの実はまだですか、可愛くて好きです♪


投稿: だんだん | 2017年10月15日 (日) 13:38

★だんだんさま

薬師堂御開帳の事はかなり前に知りましたが、10日になると忘れていました。
今年は市報に公開と文化財めぐりの3コースの案内が載っておりました。
申し込んだのですが、医者の予約が入って、医者が終わってから午後に勝手に行きました。

府中街道を多摩川まで行かれたのですか。私は刑務所の横を通って島忠やケーズ電気までしか行っておりません。あとアントリー工場見学。その先は歩いてないです。
分倍河原に新田義貞攻防の碑があるのですね。この戦いがなかったら薬師堂は焼けなかったわけでどうなっていたでしょう。まだ探検するところがいっぱいありです。いくつかある鎌倉街道も何も歩いていませんしね。

マユミのはじけるのはもう少しでしょうか。ツリバナの方はなかなか見かけません。
有難うございました。

投稿: tona | 2017年10月15日 (日) 15:28

こんにちは
 
雨のお天気が3日目ですね。まだまだ続きそうですが、早くも嫌になりました。
 
お近くの国分寺の仁王門に薬師堂、古くから守られてきたことが
お写真からもよく伝わってきます。途中焼失したのが惜しいですが、
建て替えられてからでも250年くらいは経っていそう。
天井の龍の絵が消え入りそうですが、植物の絵はまだまだ見えますね。
描かれた時代が違うのかしら。
漆泊とは、漆の上に金箔を貼ったものなのですね。
なかなか建てられつくられた当時の姿を保つのも財政的なことなど
難しいのでしょうが、ちょっと残念ですね。
 
サネカズラ、わが家のは今年は花も少なく実もほとんどなさそう。
木の実たちは、鮮やかに色づいて初めて気づくことも多いですね。

投稿: ポージィ | 2017年10月15日 (日) 16:51

お鷹の道を何回か歩いた事がありますが、
この薬師堂と仁王門はよく覚えています。
人気もなく、静かな印象でしたが、
こんなに立派な仏像が800数年も
大事にされてきたのですね。
新田義貞に、本堂は焼き払われてしまっても、
大事に持ち出され、いまに続いているのですね。
薬師如来だけでなく、日光、月光、そして12神将まであったとすると
今よりずっと立派なお堂だったのかもしれませんね。

「サネカズラ」こんな実なのですね。
万葉集?源氏物語?の和歌に「サネカズラ」が登場しますね。

投稿: ☆銀河☆ | 2017年10月16日 (月) 00:37

お近くにご立派な遺跡があるのですね。
新田義貞の分倍河原の攻防戦は歴史で
習いましたね。
薬師如来も火事のとき持ち出され無事で
よかったです。我が地区の地名は薬師如来が
あるのでつけられたのに、仏像は盗難に
あったままです。
どこかに転売されたようででてきません。
とても残念なのですが・・・

サネカヅラは、都内でも見られるのですね。

投稿: matsubara | 2017年10月16日 (月) 09:00

★ポージィさま

又お出かけでしょうにありがとうございます。
月桂樹とオニユリが同居でしかも仲良く元気ということに驚きました。相性がいいのでしょか。
お隣の植物たちが迫っていますね。
家がくっつきあっているのよりは良い点もありますね。窓も開けられないですから。

今日で4日目、もう洗濯物が乾かなくなりました。明日はちょっと期待できそうかしら。

そう、天井の絵が壁一つ隔ててこんなに退色具合が違うのです。時代が違うのかもしれませんね。地元にこんな仏様があったとは、見るまで信じられませんでした。
漆箔を調べてくださったのですね。仏像に関しても本を数冊買って読んだのですが、全然頭に入っていませんでした。もう一度読まなくてはなりません。国宝でなくて重文の方ですから修理のお金も出ないのでしょうか。寄付しかダメでしょうか。
ポージィさんのお宅のサネカズラは今年は実が少なかったですか。ここもそうでした。天候が順調でなかったせいでしょうか。

投稿: tona | 2017年10月16日 (月) 09:01

★☆銀河☆さま

仏像は風を通しすぎての良くなさそうな感じですが、年に1回ですと風通りもなく、知らない間にやっているのかしら。それにしても保存ってなんでも大変なのですね。
新田義貞は焼き払ったとで、また寄進にきたということに驚きました。
そういえばこの頃あちらこちらに(徳川、真田、井伊などなど)13~16代目くらいが出演していますが、鎌倉時代の新田や源氏、北条などの子孫の方は聞きません。鎌倉を回っていた時に三浦の子孫の方に会いましたが。
サネカズラの和歌、確かにありましたね。全然出てきません。ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月16日 (月) 09:26

★matsubaraさま
国の国分寺の中でもここ武蔵国分寺は少し規模が大きかったそうです。今は国分尼寺跡まで整備されていますが、何もない広っぱで、相模国国分寺(海老名にありました)もそうでした。
途中で薬師堂だけでも再建されていたのは良かったです。

そちらの地名はそうだったのですか。
盗難で返ってこないなんて悲しいですね。

サネカズラはお鷹の道沿いの近くにありました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月16日 (月) 09:31

素晴らしい仏たち、いつも見られるといいですね。
雨の九品寺に行きたくなりました。

投稿: 佐平次 | 2017年10月16日 (月) 09:51

★佐平次さま

来年も忘れなかったら見に行きます。
九品寺の阿弥陀仏は先日行ったときは、一体を修理していました。だからいつも輝いていたのですね。
お近いのでしょう。
私は延々と南武線と東急大井町線で1時間以上かかりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月16日 (月) 10:12

tonaさん、こんにちは~♪
私の実家の近くのお寺でも御開帳がありますが、
12年に一度らしく、一度も見たことがありません。
弟の話によると、前回は2014年4月だったそうなので次は2026年。
行ってみたいのですが、80歳近くになるので行けるかどうか・・・
こちらは一年に一度御開帳が有るので良いですね。
次回はぜひ祈祷の儀式にも御参列下さい。
御本尊の薬師如来菩薩像、よいお顔をされていますね。

サネカズラの実、可愛いですね。初めて拝見しました。
「もにゃか」美味しそうですね。
甘いものがお好きなのですか?

投稿: hiro | 2017年10月16日 (月) 13:33

★hiroさま こんにちは♪

12年に一度ですか。鎌倉を回った時も30年とか60年に一度などがありました。
秘仏で絶対に御開帳がない所もありますね。御前立がありますけど。全くいろいろですね。
hiroさん、80歳なんてまだまだ大丈夫、是非ご覧になってください。

サネカズラは固まり具合が独特ですね。残念ながら花を見たことがありません。
来年こそと思ってカレンダーに書いても、写し忘れたりしています。

甘い物というか、餡子が好きです。お酒よりも。この間餡饅頭を作って冷凍してこの1週間ずっと食べていました。今までよく糖尿病にならなかったと思ったことでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月16日 (月) 16:33

こんにちは。ここは以前、歩く会で通りました。もちろんその時は閉まっていましたが、ご開帳があるのですね。お近くにこういう文化財があるのは良いですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年10月17日 (火) 08:03

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
お鷹の道には数分で到着する所にいますが、10月10日を毎年忘れて今年やっと仏像に出会えました。
年間を通して人々が歩きにやってきます。良い環境のありがたみを忘れています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月17日 (火) 08:31

tona さん、こんにちわ!

今日で雨が4日目?ですか、洗濯物が乾かないし次の洗濯物を干さなくてはならないので
先程コインランドリーに行きましたが、車が6,7台駐車場が満杯で他にも
2台が待ってたので帰ってきました。
誰もが考える事は同じです。

tonaさん宅の近くに由緒あるお寺があって、毎年1日だけご開帳があり
今年初めて観れたようで良かったです。

我が家の近くにも絹の道があって資料館もあり、お寺とは違いますが昔の人々の生活が分かり
何回か行きました。
それもラッシーが健在の頃ですから10年以上前ですが・・・

家の周りにも調べるとある物ですね。

投稿: ラッシーママ | 2017年10月17日 (火) 13:51

★ラッシーママさま こんにちは。

コインランドリーはやっぱり混んでいましたか。家では今日はアイロンを掛けました。
明日は晴れマークが。

21年目に行くなんて鈍いですね。呆れています。
八王子の絹の道のことを聞いたことがあります。資料館があるのですか。
本当に近所にも歴史があるわけですが、東京都内にもかなり行ってないところや歴史を知らない所があります。
福岡県にいたとき、県別の歴史書があって福岡県だけ読みましたが、もう忘れました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月17日 (火) 16:23

「もにゃか」にウケてしまいました。
このニンマリ顔といい、
ネーミングといい、最高です!
これだけのためにも谷中に行きたくなりました。

投稿: zooey | 2017年10月19日 (木) 13:26

★zooeyさま

可愛いネーミングですね。
日暮里のエキナカで見つけたそうです。
zooeyさまはイヌ派だけでなく猫ちゃんも!
娘も犬も好きなのに、猫の前で動かなくなったのは、すでに小学生の頃からでした。そのため定刻で帰らない時は猫に引っかかっているのです。
東海道では私は花の方に行ってしまうし、娘は猫の方に行ってしまうし、後で時間を見て慌てたことも。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年10月19日 (木) 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/65919587

この記事へのトラックバック一覧です: 近所で御開帳:

« 東海道五十三次歩き11 金谷~日坂~掛川(後編) | トップページ | 「猫百態」展 朝倉彫塑館にて »