« 東海道五十三次歩き13 見付~浜松(前編) | トップページ | 現代アートの街ビルバオとスペイン・バスク周遊9日間(1) »

2017年11月 6日 (月)

東海道五十三次歩き13 見付~浜松(後編)

600x304_3
・妙恩寺 金原明善の菩提寺 供養塔が立派である。450x338_8
                 家康公お手植えのツゲ450x338_9
・龍梅寺 臨済宗妙心寺派450x338_10
      焼餅地蔵があって、何故か焼き餅を備えたという面白い地蔵。 338x450_4

●浜松宿(29番目)

                     外木戸東門跡338x450_5
ここから浜松宿が始まる。本陣6軒、旅籠94軒あり、遠江・駿河国で最大の宿場であった。

            浜松の中心街が近くなってビルが多くなってきた450x338_11
・夢告地蔵が道端に祀られている。安政5年(1858)に大流行したコレラで亡くなった人を供養するために建てられた。450x338_2_2
遠州鉄道の高架をくぐった先を少し行くと 交差点に浜松城大手門跡がある。東海道は左へと折れるが、右に曲がって浜松城に寄る。338x450_6
・浜松城は、今川氏が築いた引馬城を家康が1570年に拡大築城し、地名も浜松に改めた。家康29~45歳の17年間過ごしたが、ここで三方ヶ原合戦敗北を経験した。
家康が駿府に移ってから廃城となるまで譜代大名が城主となり12人が入城したが、うち幕府老中を6人も輩出したため、「出世城」と呼ばれた。

                  天守閣 昭和33年に再建450x338_13
                    若い時の家康像338x450_7
             石垣は堅固な野面積みで400年前のもの450x338_14
                 天守門は平成26年に復元450x338_15
天守閣展望台から北に見える三方ヶ原古戦場。森の一番奥だそうだ。家康敗北で有名な三方ヶ原はこんな所にあったのです。450x338_16
                  西、水平線は浜名湖450x338_17
                     南、遠州灘450x338_18

大手門跡に戻り東海道、浜松宿を進むが、戦災で2度も焼失して何も残っていない。駒札が全部表示されていた。高札場跡、6つの本陣跡、問屋場跡、中番所跡。西番所跡は見つからなかった。P1110141_450x315

●高塚駅(東海道線)まで東海道を進む

・少し行くと、子育て地蔵尊があった。戦災で顔の一部が欠けてしまったことから「首なし地蔵」とも呼ばれる。(中央の地蔵)450x338_19
・掘留ぽっぽ道があり、ケ91タンク機関車があった。大正7年製造の初期軽便機関車(岐阜県美濃太田~多治見間)。450x338_20
         八丁畷は森田から東若林まで続く旧東海道の長い畷338x450_8
・畷が終わった所で右に曲がる角に道路に向かいあって建つ二つの御堂がある。 藤原秀衡が京で病気になったことを聞いた妾がこの地で秀衡の訃報を聞き、秀衡の菩提を弔い、自らもここで亡くなってしまう。しかし、秀衡は実際には病気から回復し、帰国途中に妾の話を聞きお堂を建てた。
                北側の秀衡が建てた御堂450x338_21
                 南側の妾が建てた御堂450x250

                  振り返ると虹が出ていた2_374x450
                   前方には夕焼けが450x338_24
・秋葉常夜灯。木造屋形の鞘堂であるで明かりがともり立派だ。袋井からいくつか立派な常夜灯にお目にかかってきた。338x450_9
          浜松領と堀江領の境界である領地境界石があった338x450_10
高塚駅に着き、東海道線で浜松駅に一駅戻り、新幹線ひかりに乗れたので家には9時前に到着できた。
         夕食のお弁当 家康くん弁当が売り切れで残念でした450x338_22
                       (完)

      ●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●

11月9日から17日までスペインバスク地方に行って参ります。海外は約2年半ぶりになります。天気予報を見ましたら現地はずっと雨でその後も雨の様子、ちょっとがっかりの旅になりそうです。帰りましたらまたよろしくお願いいたします。

|

« 東海道五十三次歩き13 見付~浜松(前編) | トップページ | 現代アートの街ビルバオとスペイン・バスク周遊9日間(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/66011771

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き13 見付~浜松(後編):

« 東海道五十三次歩き13 見付~浜松(前編) | トップページ | 現代アートの街ビルバオとスペイン・バスク周遊9日間(1) »