« 紅葉の大山へ | トップページ | 現代アートの街ビルバオとスペイン・バスク周遊9日間(4) »

2017年11月30日 (木)

現代アートの街ビルバオとスペイン・バスク周遊9日間(3)

450x350_2
<4日目> 11月12日(日)

ビトリアを離れ、ナバラ州の牛追い祭で有名なパンプローナへ、そこからまたアラバ県のビトリア南のワイナリーのあるエルシエゴへ。そこから私の地図は間違えていて直しましたが、一挙ギプスコア県のサンセバスチャンへバスで進んだ。
朝の出発が遅いからいいけれども、スペインの難点は夕食が一番早くても20時過ぎで終わるのが22時頃ということです。

●パンプローナ ナバラ州の州都 人口は約20万人
ローマの将軍ポンペイウスがピレネーへの前哨基地として紀元前75年に町を築いたのが始まり。

         サラサーテ通り  この町出身の作曲家の名を付けた450x338
            市庁舎広場 牛追い祭の開会式が行われる450x338_2
7月6日正午2階バルコニーからのロケット発射が合図。翌7日から14日、毎日朝8時に850mの距離を10頭の牛とたくさんの人が闘牛場まで走る。450x338_3
450x338_4
ヘミングウェイが泊まっていたホテルと、通っていたカフェ
338x450 450x338_5

闘牛場 スペインではマドリッドに次いで2番目、世界では3番目(1番はメキシコシティ)に大きい闘牛場。現在は牛追い祭の時しか見られない。450x338_8
ヘミングウェイの碑 ヘミングウェイは1923年のスペイン旅行で、マドリッドの闘牛を観戦。翌年牛追い祭を見学。1925年からパンプローナの闘牛、牛追い祭等を素材にした『日はまた昇る』を書き始めた。450x338_9
・聖母マリア大聖堂 12世紀建立だが現在は15世紀ゴシック様式  450x338_10
338x450_2
              ナバラ王国カルロス3世と皇妃の棺450x338_11
                       天井450x338_12
お店の風景450x338_13
338x450_3
338x450_4
               来年の牛追い祭りまでの日時450x338_14
           ここは巡礼の道の一つでもある。巡礼さんと印450x338_24
450x338_25 450x338_26

・エルシエゴヘ(アラバ県)450x338_15
450x338_16

●エルシエゴのワイナリーとホテル「マルケス・デ・リスカル」ミシュラン1つ星レストラン

・マルケス・デ・リスカル カナダ生まれの建築家フランク・ゲーリー設計 何とも形容しがたい複雑でどうなっているかわからない建築。面白い!  450x338_17
450x338_18
               裏側(掲載されていた写真から)450x338_19
・ミシュラン1つ星レストランで昼食
ワイン、前菜、赤えびのカルパッチョ、アスパラガスとキャビア、ノルウェーロブスター、コロッケ、メルルーサ&豚肉&羊肉のメイン、羊のチーズとアイスクリームのデザート、食後のコーヒーなど
1_450x220 450x291
3_450x338 4450x338
450x338_20 450x338_21
450x338_22 450x301

・建物から周囲の見学 450x338_23
450x338_27
450x338_29
450x131
・葡萄の葉4種
450x338_30 450x338_31
450x338_32 450x338_33

      オリーブの木の上の猫 バスク地方で唯一見た猫は美形であった450x338_35
450x338_2_2
・ワイナリー見学と試飲 建物は1860年。この地ではテンプラリーニョ種の赤ワイン製造でセラーには100万単位のワインが寝かされている。1862年製造ワインが14万3千本も置かれている所も見学。年間600万本の赤ワインを作り、65%は輸出。試飲ですが私にはボルドーより渋い味のするワインでありました。(白ワインは西300㎞の所で出来たもの)1_450x338
450x338_36
450x338_37
4_450x338
338x450_5
サンセバスチャンへ到着後の夕食はホテルの自室で    (続く)

|

« 紅葉の大山へ | トップページ | 現代アートの街ビルバオとスペイン・バスク周遊9日間(4) »

コメント

牛追祭の様子は、テレビで見たことがあります。
その時は世界中から人が集まるのでしょうねえ。
闘牛は、あまりにも残酷過ぎるというので
スペインでも随分縮小されているようですが
ここでは相変わらず行われているのでしょうか?
フランク・ゲーリー設計の家、なんとも凄いです!

投稿: zooey | 2017年11月30日 (木) 22:53

tonaさん、おはようございます♪
沢山のお写真を拝見しただけで、スペイン・バスクの様子がよくわかりました。
サラサーテの音楽はよく聴きますがスペイン出身とは知りませんでした。
牛追い祭はテレビで見たことがありますが、すごい熱気ですね。
牛追いなので牛の後ろから走って牛を闘牛場まで追い込むものと思いましたが、
牛に追いかけられている人々もいましたね。
ヘミングウェイの「老人と海」は読みましたが「日はまた昇る」については
読んだことがなく、タイトルから戦争を扱った作品かしらと勝手に想像していました。
荘厳な聖母マリア大聖堂、 ミシュラン1つ星レストランの昼食も美味しそうですね。
紅葉が美しい頃行かれて良かったですね。
ブドウの葉が4種類もあること、知りませんでした。

投稿: hiro | 2017年12月 1日 (金) 08:15

こんにちは。地図を拝見すると結構あちらこちらの移動されているんですね。見るものがとても多いんでしょうね。お天気で良かったですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2017年12月 1日 (金) 08:28

★zooeyさま

テレビであのトマトを投げるお祭や火祭やこの牛追い祭を見ますね。たった一日だけでなくこんなに長期間にわたってするとは知りませんでした。この頃残酷ということで殆ど闘牛は行われていないですが、このお祭りでも闘牛場内に追い込むだけのようです。
フランク・ゲーリーの設計図と製作途中の写真を見たのですが、どうなっているのかよくわかりませんでした。宿泊棟はここだけでなく、2枚目の写真の右手の建物もそうです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年12月 1日 (金) 08:38

★hiroさま おはようございます♪

私も実はサラサーテがスペインのこんな東北部の片隅出身とは知らなかったです。また「ツィゴイネルワイゼンなどの曲を聴いて見たいです。
牛追い祭では、牛の前を走るのだそうですが人が多すぎるため後ろを走ることになる人が多いのでしょうね。時々死者が、怪我人は毎年何百人単位で出るそうです。
『日はまた昇る』は読みましたが何も覚えておりません。割合冒頭に出て来るらしいです。私もあのスペイン内乱を扱っていたのかと記憶していたのですが、今になると全然記憶に残ってないのです。
ミシュラン1つ星のお料理はさすがでした。材料も厳選されていて違いますね。
フランスのブルゴーニュのワインツアーに参加したことがありますが季節がもう少し早いです。ブドウの葉の紅葉がきれいでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年12月 1日 (金) 08:55

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
飛行機が遅れたために、旅程が変わって、かえって遠回りというかバスがあちこち、ドライバーさんがお気の毒という感じでした。
とはいえ、スペインの片隅をこちょこちょと回っていたようです。
後半になって雨から晴れに変わってホッとしました。随分印象が違いますものね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年12月 1日 (金) 09:01

ヘミングウェイの泊まったホテルに行かれたり
ミシュランの星一つのホテルでの美味しそうな
ケーキ、とか羨ましく存じます。
また、サラサーテの生まれた所も訪問されたり
実のある旅行でしたね。

今日山田先生のスペイン語とフランス語の
お話の時間に、バスク地方の言葉について
質問してみました。
先生は、バスク語はとてもむつかしくて
手がでないと言われました。
カタロニアの言葉について次回は習います。

投稿: matsubara | 2017年12月 1日 (金) 16:09

★matsubaraさま

サラサーテのことについてはこんな所で生まれたとは知りませんでした。ほぼ同世代ですが、すでに亡くなっているのですね。
外国で1つ星で食事をしたのは初めてでした。映画で星を取るまでの苦労話などを見たことはありましたが。美味しかったです。
そうだそうですね。バスク語はとても難しいと。授業時間もあるらしいです。大切にしているそうですね。カタルーニャ語も同じでしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2017年12月 1日 (金) 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/66105044

この記事へのトラックバック一覧です: 現代アートの街ビルバオとスペイン・バスク周遊9日間(3):

« 紅葉の大山へ | トップページ | 現代アートの街ビルバオとスペイン・バスク周遊9日間(4) »