« 東海道五十三次歩き15 戸塚~藤沢(前編) | トップページ | 今年の観梅は »

2018年2月21日 (水)

東海道五十三次歩き15 戸塚~藤沢(後編)

●藤沢宿(6番目の宿)日本橋から約50㎞。戸塚宿から7.9㎞。

650x490_2神奈川県も随分歩いたように感じましたが、まだ半分だったのですね。箱根が大変そうです。
藤沢は東海道線、小田急線、江ノ電が接続する交通の要所だが、昔から江の島や鎌倉、大山への参詣の拠点として賑わった。また、鎌倉時代末期に創建された時宗総本山・遊行寺の門前町でもあった。

・藤沢宿江戸見附跡 遊行寺坂を下り、一里塚跡を過ぎると寺の横にあった。
338x450_338x450
・高札場跡
450x300
・遊行寺 時宗の総本山で正式名称は藤沢山無量光院清浄光寺
総門の手前に日本三大広小路の案内板があって、広小路とは火除地を意味するとある。藤沢広小路の他は、上野広小路と名古屋広小路だそうだ。
450x300_2
                     本堂
450x300_3
           シンボルの樹高約21m、幹回り7.1mの大銀杏
300x450
                    宗祖一遍上人像
450x300_4
    境内に浄瑠璃で有名な小栗判官と十勇士の墓と照手姫の墓がある
450x300_7
450x300_8
・境川に架かる遊行寺橋を渡ると旧東海道は右折する。昔の面影はなくただ蒔田本陣跡の標柱と、所々のある東電トランスボックスの絵や写真が昔を偲ばせてくれる。
300x450_2 435x450

・永勝寺には藤沢宿で旅籠を営んでいた小松屋源蔵の墓を囲むように、39基の悲しい一生を終えた飯盛女の墓が並んでいる。
450x300_9
・伝源義経首洗い井戸跡 奥州平泉で打たれた義経の首は、海に捨てられた。境川を遡ってきた首をここで洗い奥の白旗神社に葬られたという。スペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラに流れ着いた聖ヤコブの話みたい。
300x450_3
・小田急線を越えた先に藤沢宿上方見附跡(京見附)があって、藤沢宿が終わる。
300x450_4
◆茅ヶ崎までの間(ここ小田急藤沢本町から四谷までは以前歩いたので一度写真を載せていて重複するものありです)

・左手に母校の高校の方を眺めて通り過ぎると、引地川があり、そばにおしゃれ地蔵(道祖神)がある。願を掛けた女性が満願のあかつきには白粉を塗ってお礼をした。顔が白い。今も化粧が絶えることなく「おしゃれ地蔵」と名付けられた。
450x300_10
・反対側引地山養命寺の石像
450x300_11 300x450_5

・メルシャン藤沢工場の醸造タンク 残念ながら見学や試飲なし
450x300_12
右手が城南町で城は中世の山城・大庭影親の居城の大庭城。道路の反対側の丸寿で大庭城最中を買ったのでした。

・四谷は大山道の分岐・入口。一ノ鳥居と不動堂の大山道標の上の不動尊。左手が辻堂駅だ。
450x300_13 450x300_14

・二ツ谷稲荷神社の庚申塔は藤沢市指定の重要文化財
450x300_15

私が中学生からあしかけ25年以上住んだ茅ヶ崎に入る。地名や中高の名前、通り名、そして運転免許を取った自動車教習所がとても懐かしいが、お寺など知らないところばかり。

・松並木が立派
450x300_16
・茅ヶ崎マンホール蓋 海、カモメ、舟、朝陽に烏帽子岩がわかる。
450x419
・上正寺 上野寛永寺から移設された大きな石灯籠がある。この先のいくつかの寺にある。その理由は、寛永寺の墓所に多くの大名が石灯籠を寄進したが、戊辰上野戦争で寛永寺が炎上し、明治時代に縮小された時、東京近辺の天台宗の寺に分けられたのだそうだ。
450x300_17
450x300_18
300x450_6
・千手院の石像
450x300_19
・牡丹餅立場(牡丹餅茶屋)跡 藤沢宿と平塚宿の間が長いので4つの立て場があり、ここは牡丹餅が有名であった。
450x300_20
・海前寺 ここの石灯籠も寛永寺からのもの
300x450_7 300x450_8

300x450_9 300x450_10

・八王子神社庚申塔
450x300_21
・茅ヶ崎一里塚(江戸から14番目)
450x300_22
夕食はここに住んでいる妹も加わり、「すし処あさまる」で酢の物、刺身盛り合わせ、特上寿司をいただく。オーナーが船を持っているので魚の生きがよろしく美味しい。妹のお土産の茅ヶ崎名物・かりんとう万十も美味しかった。
450x300_23 450x300_24

450x300_25 450x300_26

                   (完)




|

« 東海道五十三次歩き15 戸塚~藤沢(前編) | トップページ | 今年の観梅は »

コメント


一つ一つ歴史の流れを確認なさりながら、
素敵ですね、母の実家が本鵠沼にありました、
藤沢方面は懐かしい場所でもあります、
インドアー派の私は家に篭る事が多く
こちらにお邪魔してお勉強させていただきます。
一人で歩かれるのですか?

投稿: bonji | 2018年2月21日 (水) 23:20

こんにちは。いよいよ藤沢市内ですね。20年前に2年間ほど藤沢に勤務していたので懐かしいです。S高校は昔の面影は残っていましたか? 私は横浜のS高校でしたが、校舎はまだ昔のままだったと思います。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年2月22日 (木) 07:55

日本三大広小路のこと知りませんでした。
名古屋広小路だけかと思っていました。

茅ヶ崎とはすてきなところで少女時代を
過ごされたのですね。

小栗判官と照手姫の墓は、岐阜県にも
あります。

威厳のあるニャンコですね。

投稿: matsubara | 2018年2月22日 (木) 08:10

妹さんとの食事もいいですね。
さぞかし話が弾んだことでしょう。

投稿: 佐平次 | 2018年2月22日 (木) 11:03

★bonjiさま

本鵠沼や鎌倉は高校の友人がたくさんいまして、お邪魔したことがあります。
いいところですね。
この街道歩きは、娘が有休を取れた日に一緒に歩いてもらっています。
私は説明を聞きながら後をついていくだけです。
帰ってから写真見ながら行ったところを復習しています。
街道を歩いて大分勉強になりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年2月22日 (木) 20:42

★多摩NTの住人さま

高校に寄っている暇がなかったので見なかったですが、変わらないと思います。私が在学中に火事になって建て替えたのですよ。
横浜のS高には友人が一人いましたが、とうとう疎遠になってしまいました。
クラス会や女子会はよくやっています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年2月22日 (木) 20:46

★matsubaraさま

もう東京が一番長くなってしまいましたが、中学高校時代とそのあとかなり過ごした湘南地方は今でも温暖でいいところです。津波の心配が出てきましたが。
もう親はいないけれども実家がありますので年に2回は寄っています。
小栗判官、照手姫の墓がそちらにもあるのですか。浄瑠璃でしか知らな世界、またよく調べて見なくては。
猫には殆ど出会えません。わざわざこちらに向かって歩いてきてくれました。
威厳ありですね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年2月22日 (木) 20:52

★佐平次さま

店に予約しておいてくれて、久しぶりに会って楽しめました。ラインはやっているのですが。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年2月22日 (木) 20:53

藤沢も、車や電車だとあっという間に通り過ぎてしまうのですが
歩くとこんなに色々なものがあるのですね。
マンホールも地域によって随分、違うものです。
私もニャンコの写真に惹かれました。

投稿: zooey | 2018年2月22日 (木) 22:15

tonaさん、おはようございます♪
遊行寺って時宗の総本山だったのですね。
大きなお寺だろうとは思っていましたが、全く知りませんでした。
藤沢にメルシャンの工場があることも知りませんでした。
予約すれば工場見学や試飲ができるのでしょうね。
茅ケ崎の松並木あたりは何度も車で通った事があります。
「すし処あさまる」のお刺身やお寿司の美味しそうなこと。
昔は「えぼし」まで何度か食べに行ったことがありますが、
こちらのお店は知りませんでした。
ネットで検索してみましたが、ランチタイム定食メニューでも
十分満足できそうでした。
機会があったら出かけてみたいです。
戸塚~藤沢宿も見所が多かったですね。
ありがとうございました。

投稿: hiro | 2018年2月23日 (金) 09:01

★zooeyさま ありがとうございます。

本当に一日歩いたところを電車では10数分で通り過ぎてしまいます。
昔の人に新幹線や飛行機を味わわせてあげたいなあと思うことしきりです。
それなのに、昔の人を偲びつつ、わざわざ大変な歩きをしているのも、車で通り過ぎると知らない部分を発見できるからです。

この猫ちゃん頭がよさそうで、サービス精神にも富んでいるみたいでした。

投稿: tona | 2018年2月23日 (金) 09:14

★hiroさま おはようございます♪

時宗って踊る宗教だなんて思っていまして、北陸の方かと勝手に思い込んでいた私でした。
昔の地元にあったのです。
季節柄静かな佇まいでした。
メルシャンは多分予約も受け付けていないと思います。
我が家の近くのサントリービール工場はしていて一度楽しんできました。
「すし処あさまる」は新鮮そのものです。築地のだけでなく、漁が出来る日はそれこそ船を持っているので、ぜいたくを味わえますね。
駅から近いのがいいです。
「えぼし」は南湖にある浜料理ですね。海が見えてこちらもなかなかです。
神奈川県内は見どころがあまりないかと期待してなかったのですが、静岡県とは違った面がありました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年2月23日 (金) 09:26

日本三大広小路なんてあるのですね。
tonaさんの記事で初めて知る事が多いです。

遊行寺、立派なお寺なのですね。
小栗判官と照手姫の歌舞伎を先月に観て、どんな内容だったのか知ったのですが
そのお墓がこのお寺にあるのですね。

今回の「東海道五十三次歩き」前編・後編は
近いので親密感もあり興味深いです。
上野寛永寺から立派な石灯籠があちこちのお寺に移設されてるのですね。

茅ヶ崎に妹さんが住んでるのですか、一緒に食べたや鵜う蝕、美味しそうです。

投稿: ラッシーママ | 2018年2月23日 (金) 11:51

一緒に食べたや鵜う蝕、美味しそうです・・・一緒に食べた夕食、美味しそうですの間違いです。

投稿: ラッシーママ | 2018年2月23日 (金) 11:55

★ラッシーママさま

いつもありがとうございます。
広小路はあちこちにあるらしいですが日本三大というのは上野以外を初めて知りました。
小栗判官と照手姫をご覧になっていましたね。
私は見たことがなくて、検索して知ることになりました。
街道を歩いていると昔のお芝居のお話になった関係者の墓などが随分とあるものです。そこで初めて知ることが多く、随分知らないことが多過ぎと我ながらこの年になって驚くやら恥ずかしいやらです。
昔は上野の動物園や美術館があるあたりは全部寛永寺の敷地で火事や、手狭になったことで茅ヶ崎まで石灯篭が移されたなんてね。
はい、妹が実家を守っておりますので、茅ヶ崎の美味しい魚などをいつももらっております。東京は新鮮で美味しいのになかなかありつけないですから。

投稿: tona | 2018年2月23日 (金) 16:40

しばらく留守してました。
その間にコメントをありがとうございました。
先ほど復帰しましたので、またよろしくお付き合いください。
就職してから結婚するまで戸塚に住んでいましたので
興味深く拝見しました。
数年間のことでしたが戸塚のことをまったく知らないことが判りました。
戸塚駅から国道1号、原宿交差点あたりまでは
歩いたことがありますが
それ以外だと金井から藤沢に抜ける道(神奈中バス路線でした)くらいかなあ~。

投稿: Saas-Feeの風 | 2018年2月25日 (日) 14:26

★Saas-Feeの風さま

茅ヶ崎に住んでいましたが車で国道1号線を通っていたり、東海道線から左右の戸塚当たりの景色を眺めるだけでした。今回もただただ旧東海道を歩いただけでしたが、左右にいろいろ発見があって面白かったです。
金井という場所も知りません。
驚いたのは神奈中バスの車体のデザインや色が私が中学生の頃から全然変わらないということで、どこの会社もそうなのでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年2月25日 (日) 16:01

以前お住まいだった辺りを歩かれたのですね
懐かしい風景もですが歩いてみて出会う発見も数多かったようですね
広小路とは路を広く取って火の延焼を防ぐ意味があったのですねぇ
こちら三島にも広小路の地名がありますが
その意味を知ってその地形に納得です
おしろいを塗った道祖神は珍しく楽しいですね
4万歩も歩いた後の夕食、
活きの良いお刺身や特上お寿司で疲れも吹き飛んだことでしょう(笑)

投稿: ビオラ | 2018年2月25日 (日) 16:36

★ビオラさま

単調で何も見るものがないところも多いですが、毎回いろいろな発見があるのでやめられません。
そしていろいろ勉強になっています。
広小路の意味も知らなかったし、それなのに方々にあるのですね。三島にもあるのですか。

おしろいだけでなく口紅までしていて、こんなのはまだ見たことがなくて、面白かったです。

今回は出身地にゴールでしたので、美味しい海の幸がいただけました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年2月25日 (日) 19:18

マイブログ、相変わらずの遅い更新でご無沙汰しておりました。
遊行寺やら権太坂やら崎陽軒、松並木など・・・
見覚えのある所がたくさん出てきた今回と前回の東海道歩き楽しませていただきました。

私の友人は品川から順番に歩いて、真冬と真夏の2カ月間はお休みし今年の4月に京都でフィニッシュだと先日聞きましたが・・・
tonaさんの東海道歩きは違っていて、冬の日差しの中の歩きも気持ちよ良さそうですね。
箱根も木々の芽吹きがある頃歩かれたら楽勝ですよ。
がんばれ~!!

投稿: nao♪ | 2018年2月25日 (日) 20:21

★nao♪さま 

戸塚区も横浜市、naoさんもよく御存じでしょうね。
国道1号線と時々合体する旧東海度を歩くのは初めてです。
黄色い崎陽軒には驚かされました。
美味しかったです。
ご友人がもうすぐ京都ですか。凄いですね。
そうそう、箱根は3回後くらいですが、浜松の方も行きまして、ごちゃごちゃになりそうですが、致し方ないです。芽吹く頃、そして富士山が見える頃が理想ですが果たして?
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年2月26日 (月) 08:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/66418740

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き15 戸塚~藤沢(後編):

« 東海道五十三次歩き15 戸塚~藤沢(前編) | トップページ | 今年の観梅は »