« 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(2) | トップページ | 皇居乾通りの桜 »

2018年3月28日 (水)

東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(3)

大磯宿(8番目の宿)の続き

・海水浴場 西湘バイパスをくぐった先に松本順先生謝恩碑と海水浴発祥の地の碑がある。初代軍医だった松本医師は健康増進を目的として日本で初めての海水浴場をここに作ったそうだ。
300x450
450x300
・新島襄終焉の地もこの辺りだ
300x450_2
・湘南発祥の地大磯の碑がある。大磯の海岸が中国の景勝地「瀟湘湖南」という湖に似ているからとか。裕次郎の葉山からサザンの茅ヶ崎が湘南のイメージだったのだが。
300x450_3

鴫立庵 西行法師がこの沢や海岸で歌った「こころなき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ」の歌を偲び、江戸初期に崇雪が創建した。京都落柿舎、大津無名庵(義仲寺)とともに日本三大俳諧道場と呼ばれる。沢の上の橋を渡って門へ。
450x300_2
450x300_3
                                円位堂の中の西行法師坐像
450x300_4
                沢の奥の小高い丘には墓石や歌・句碑が目白押しだった
450x300_5
島崎藤村旧宅 こじんまりしているが広い縁側は畳敷きである。藤村は住んで2年半、ここで亡くなる。
450x300_6
・上方見附跡 大磯宿終わり
450x300_7

大磯宿から二宮を経て国府津まで

・又立派な松並木が出現する
450x300_8
・滄浪閣は伊藤博文の別邸。大磯プリンスホテルの別館だったが10年前に閉館したがまだ建物はある。親戚がここで結婚式を挙げた。
300x450_4
・県立大磯城山公園 旧三井財閥別邸跡地。大きな公園で展望台からの景色を眺めただけにとどまった。道を挟んで反対側には旧吉田茂邸(外国からの貴賓を招くための)が火事のあと再建されたけれども時間がなくてパスした。
 展望台から富士山がかすかに見え、目を左に移すと箱根、伊豆、相模湾が一望できた。
450x300_12
450x300_9
450x300_11
・本郷橋 不動川に架かるがこれは神奈川の橋100選だそうだ。100選ってこんなのまであるのですね。
450x300_13
・江戸から17里
17_450x353
・この日は道祖神だらけだった。馬頭の残っている観音様もあり、たくさん可愛いいのがあったけれど省略。
450x300_14
300x450_5
・大磯町と二宮町のある中郡の二宮町に入るとじみなマンホールが目に入る
450x405
・塩海橋で葛川を越えるが、二宮は古くから製塩が盛んで、これに由来する名前だそうだ。
300x450_6
・二宮駅前の「ガラスのうさぎ」記念像 作者高木敏子は東京大空襲で母と妹たちを失い、焼け跡に父が営んでいたガラス工場で作ってくれたガラス細工のうさぎが歪んだ形で残っていた。そのあと疎開途中の二宮町で、父を眼の前で米軍の機銃掃射で亡くしたことを元に書かれたノンフィクション文学である。私も読みました。220万部を超えるベストセラー。
駅の向こうには菜の花で有名な吾妻山公園がある。
300x450_7
・等覚院は藤棚で有名だそうだ。水子地蔵のお母さんに抱っこされた地蔵の子どもの他、足元にも可愛い子が二人いる。
450x300_15
450x300_16
・日本橋から18番目の一里塚跡のあたりが大磯宿と小田原宿の間だ。梅沢の立場があって間の宿として、松屋本陣もあり大名など特権階級の人々が休憩した。
18_238x450
・小田原市に入ったら又マンホール 富士山や小田原城と、どうやら女性を乗せた輦台を担ぐ人足さんがわかる。
450x424
・浅間神社にも道祖神や庚申塔がたくさんあり、その中に天邪鬼を踏んでいる像が!
300x450_8
・史跡車坂の標柱の所に、太田道灌、源実朝、阿仏尼の素晴らしい歌がありました。
450x315
・緑と黄色に着色された不動尊が載った大山道標。藤沢の四ツ谷も不動尊であった。
300x450_9

この前後道祖神などたくさん見て国府津駅に到着。帰りも茅ヶ崎から単線の相模線に乗り、橋本、八王子乗り換えで地元に。いつもの「庄や」にて遅い夕食を。若どりのジンギスカン炒め。じゃがいも明太チヂミ。お通しは肉豆腐。セロリの浅漬けなどを美味しくいただく。

|

« 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(2) | トップページ | 皇居乾通りの桜 »

コメント

相模国一之宮寒川神社にお参りに行ったとき(高麗山に登った日)、茅ヶ崎から宮山駅まで相模線に初めて乗りました。茅ヶ崎に住んでいる知人は、毎年初詣は寒川神社と云っていましたが、tonaさんも茅ヶ崎にお住いの頃は何回もお参りに行ったことでしょう。先日、TVでやっていましたが、お住まいは?と問われて「湘南」と云うのは平塚市民ばかりで、他は鎌倉、茅ヶ崎、大磯と云うそうですが、面白いですね。平塚(の場所)を知らない人は居ないと思いますが、自信がないのでしょうか。

投稿: shikamasonjin | 2018年3月28日 (水) 18:10

ほとんど未知のところばかりですので
珍しく見せて頂きました。

阿仏尼と、太田道灌、源実朝の歌も
興味深く拝見しました。

道祖神とか、庚申塔は、関東独自のもので
関西にいたとき、東の方に旅したら見たいと
願っておりました。

投稿: matsubara | 2018年3月28日 (水) 18:15

★shikamasonjin さま

はい、初詣はずっと寒川神社に、そして子供の七五三のお祝いも地元の人はここでした。
当時からお正月は凄い行列でした。
高麗山に登った日には寒川神社にもいらしゃったのですか。本当に感心してしまいます。
私も以後出来るだけ時間を有効に使いたいです。残り時間が少なくなったのでその感を強くしているところです。
>お住まいは?と問われて「湘南」・・・
の話初めて聞きましたが面白いですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月28日 (水) 19:46

★matsubaraさま

阿仏尼と、太田道灌、源実朝の歌、どれもいいなあと思いました。阿仏尼は紀行文「十六夜日記」も書いて実に精力的な旅をされたのですね。歌碑をこれまで2,3カ所(静岡県でも)見ました。

>道祖神とか、庚申塔は、関東独自のもの・・
そうなのですか!知りませんでした。静岡県にもたくさんあったのですが、神奈川県の方が多いと思いました。
特に大磯から小田原にかけては多いと感じました。何故なのでしょう。
いろいろありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月28日 (水) 19:55

こんにちは。大磯も見どころ満載ですね。たいへん興味深く拝見しました。帰りは相模線でしたか。単線でのどかなローカル線ですね。私もたまに利用することがあります。橋本から京王線で2つ目がわが町です。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年3月29日 (木) 08:30

tonaさん、おはようございます♪
よく車で通る場所ではあるのですが、知らないことばかりです。
新島襄終焉の地は京都と思っていたし、
鴫立庵はお蕎麦屋さんだと思っていました。
島崎藤村旧宅は本当にこじんまりとしていますね。
しかし、夫婦二人ならこれで十分ですね。
ものに溢れた現在の生活を見直さなくてはと思います。
県立大磯城山公園は二宮の吾妻山公園に菜の花を見に行った
帰りに寄ったことがあります。
近くに旧吉田茂邸があったこと、知りませんでした。
もし、機会があったら訪ねてみたいです。
高木敏子さん、二宮に疎開されていたのですね。
「ガラスのうさぎ」は私も読みました。
歩く旅はいろいろな発見があって面白いですね。

投稿: hiro | 2018年3月29日 (木) 10:38

そちらにいるころは、たびたび西湘バイパスや国道1号を通っていましたが
車で通過するのみ・・・
ご紹介の場所について、初めて知ることがたくさんあります。、
随所に史跡や著名人ゆかりの場所があるのですね。
相模線も懐かしいです。
利用したのは一度か二度しかありませんが
日常的に車で走った道筋近辺にある
門沢橋、社家、厚木、海老名の四駅には親近感があります。
現在の駅舎は、すっかり変貌しているのでしょうね。

投稿: Saas-Feeの風 | 2018年3月29日 (木) 14:26

★多摩NTの住人さま

こんばんは。
そうだったのですか。乗ったことはあります。
随分広い範囲をマラソンなどで走ったり歩いたりされて植物を観察されているのですね。
凄いですね。
茅ヶ崎から橋本までも1時間もかかりますが完全に座ってすいていて楽です。実家にいく時は何時もこれを利用します。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月29日 (木) 22:44

★hiroさま こんばんは♪

新島襄に関しては私も京都の同志社のそばのご自宅で亡くなったとばかり思っていました。
いわば客死ですね。
私も二宮の吾妻公園の菜の花と美しい富士山を満喫したことがあります。徳富蘇峰でしたかの家を見についでに行きました。
駅の反対側は知りませんでした。
鴫立つ沢のの、沢がありましたよ。庵の前に。
旧吉田邸はまた新しくなったそうで、お庭なども素敵らしく、またの機会に行こうと思っています。
「ガラスのうさぎ」やはり読まれましたか。
東京大空襲とも関係しますが、本当にこの間の地震のように肉親をすべてなくして生きて行った可哀そうな人々の話、忘れられませんね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月29日 (木) 22:53

★Saas-Feeの風さま

国府津過ぎますとずっと西湘バイパスが見えています。 伊豆半島にいく時利用していましたね。
門沢橋、社家、厚木、海老名などもそうですが、そのほか百白い名前の駅がこの線にはありますね。まあ、しかし急ぐ旅には向かないわけで、扉の開閉も時分ですからローカルですが、山が見えるのと桜の季節も沿線が桜に染まりきれいです。
駅舎は寒川などはエレベーターやエスカレーター、階段とみなきれいになっていますので他もそうだと思います。
東海道もいろいろためになりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月29日 (木) 23:02

昔大磯辺りを散策した時の所があり、懐かしく拝見しました。
「翔南}の起源はそんなことだったのですね。
旧東海道には、いろいろな史跡が立派に残されているのですね。
大磯の辺りには松並木も残っていました。

投稿: 夢閑人 | 2018年3月30日 (金) 12:45

★夢閑人さま

神奈川県は住んでいた関係で、箱根の関所くらしか頭にありませんでした。
しかし歴史上実にいろいろな姿勢が存在しているのですね。
楽しく歩いています。
大磯の松並木も茅ヶ崎同様立派でした。
しかし今の所一番は舞坂です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月30日 (金) 16:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/66547057

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(3):

« 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(2) | トップページ | 皇居乾通りの桜 »