« 『インド人の秘密』パヴァン・K・ヴァルマ著 | トップページ | 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(2) »

2018年3月22日 (木)

東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(1)

670x360
茅ヶ崎の南湖の左富士は吉原の左富士とともに有名な個所。戸塚の手前にも微妙なのがありましたので全部で3ヶ所。晴れマークが出たこの日(3/15)、富士山が見られるかもしれないということでまた神奈川県に戻り茅ヶ崎から歩き始めました。あと楽しみは大磯の鴫立庵。道祖神が多い区間でもありました。JRの駅は、茅ヶ崎、平塚、大磯、二宮、国府津の区間です。20㎞ですがあちこちの寄り道で46973歩でした。

神奈川県は中学生からの故郷でもあり、東海道などもバスやその後は車でうろうろしていたので、知った風景だから何もなくてつまらない街道歩きになると思いきや、とんでもない。歴史的にも他にも知らないことが多いことがわかり、興味も尽きなくなってきています。
また、東海道から右側にたくさんの大山道が分岐していました。

茅ヶ崎から平塚宿までの間

・茅ヶ崎駅から北の東海道に突き当たった角の市役所に上野寛永寺の石灯籠が4つ並んでいる。茅ヶ崎のお寺などだけに随分たくさん寛永寺から石灯籠が移されたものだ。

Photo
・東海道を200年見守った、茅ヶ崎地区で一番大きなクロマツが平成21年腐朽のため伐採され、モニュメントとして残された。こんな大きなのが、私が住んでいた頃はあったのに知らなかった。
450x300
・湘南クッキーの自販機 藤沢から小田原あたりまであるらしい。娘にたくさんあるクッキーの中から「寄木細工」を買ってもらう。「湘南kids」「大磯の洗出」「湘南ビーチdeティータイム」などいろいろあった。
300x450
300x200
・境内に石造物多数の第六天神社。六地蔵の頭がなくて顔を書いた石が地蔵の上に置かれているのが面白い。
450x300_2
 三猿が刻まれた庚申塔や道祖神.。このあと、国府津までずっと道祖神を見る。
450x300_3
・南湖の鳥居橋から少し霞んでいたが、左富士が見えた!!富士山はあとは小田原と箱根芦ノ湖からと再トライの美保の松原です。全く富士山に対する執念が我ながらあり過ぎと思う。
450x379
 橋の先にある南湖の左富士之碑 一番右の工場の建物の左側にちょっとだけしか富士山が見えない
450x421
・橋の右手には鶴嶺八幡宮の鳥居がある。神社は遠いのでパス。中学生の頃何度か行ったことあり。
450x300_4
・神明神社にはかつて陰陽師の阿部清明の井戸があったが国道拡張でなくなり、今は碑が立っているのみ。
300x450_2
・「でかまん」という店があり、1つ3500円という大きな饅頭を売っている。普通サイズは150円だそうだが、10時の開店前に通過する予定だったのであきらめていた。一目見たかったけれど。大きいのは一日何個売れるのかしら。
450x300_5
・馬入川(相模川)のだいぶ手前に小出川があり、相模川橋脚跡がある。昔はこんな手前に相模川が流れていたのか。関東大震災のときに水田だったここから7本の鎌倉時代の橋脚が出てきて 今は保存のため埋められ、レプリカが置かれている。
450x300_6
・日蓮宗の上国寺と信隆寺とお寺が続くが、どちらも室町時代の木造日蓮坐像がある。これは上国寺のもの。
450x300_7
・スミレ この時期ハクモクレン、シデコブシ、河津桜などが見られた。
450x301
・馬入橋のところから平塚市に入り、相模川はこの橋から下流で馬入川と名前が変わる。橋からの富士山がまたまた霞んではいるけれど大きく見えた。カメラのレンズにシミがあって富士山の写真ではいつも目立つので見苦しいです。
450x300_8
・陸軍架橋記念碑 鎌倉時代には架けられていたのが、江戸時代、相模川も架橋が禁じられ、馬入の渡しには渡しが60ほどあった。明治の終わりに架橋。関東大震災で壊れ、陸軍が1か月半で橋を架けた記念碑が立っている。
300x450_3

・丁髷塚とちょんまげ最中 昔寒川神社と平塚八幡宮の御輿を担ぐ若者たちが喧嘩をし、馬入村側が寒川の御輿を川に投げ入れたりで乱暴を働き、打首断罪の判決を受けた。代官太郎左衛門はその丁髷だけを切り落とし、打首に代え、その丁髷を埋めた。その手前にある弘栄堂でちょんまげ最中を買う。 
300x450_4
450x300_9
・平塚のマンホールは七夕だ
1_450x411
450x418
・江戸から15番目の馬入一里塚跡
450x300_10
・平塚宿・江戸方見附手前の路地裏に「番町皿屋敷」で知られるお菊の塚がある。お菊は平塚宿役人・真壁源右衛門の娘で、江戸の旗本・青山主膳の屋敷に奉公にあがったが、家宝の皿を割り手打ちにされた。平塚に戻った娘の骸を父は刑死人の例にならい墓を作らず、木を植えて墓標としたという。
450x300_11
故郷ということもあって茅ヶ崎に力が入って長くなりました。

|

« 『インド人の秘密』パヴァン・K・ヴァルマ著 | トップページ | 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(2) »

コメント

茅ヶ崎の左富士、ご覧になれたのですね!
私は3回くらい通りましたが、いずれもアウト。
やっぱり、心がけの違いでしょうかね~(-.-)

投稿: 風人社(ぱ) | 2018年3月22日 (木) 18:40

★風人社(ぱ)さま

行く日が決まっていますので富士山が見えそうな日には神奈川県側を歩くことにしました。
この日は晴天ではなかったのですが、もしかして見えるかもという感じでしたが、たまたまラッキーでした。明日続きをと思いましたが、愛知県はピーカンですが小田原は曇り状態なので断念します。
いつもコメントありがとうございます。
地図のお陰さまです。遠い寄り道は結構パスしてさぼっています。

投稿: tona | 2018年3月22日 (木) 20:15

こんにちは。茅ヶ崎に左富士がありましたか。知りませんでした。東海道新幹線では静岡を過ぎ安倍川を渡ってからしばらくすると左座席の後方に左富士が1分ほど見られます。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年3月23日 (金) 07:47

tonaさん、おはようございます♪
JRの駅の区間だと茅ヶ崎~国府津まで歩かれたのですね。
寄り道を入れると20㎞+αだそうですが、驚くばかりです。

この辺はよく車で通りましたが、ゆっくりと歩いたのは
湘南平・高麗山周辺だけなので、富士山を見たことはないような気がします。
湘南ビールの熊澤酒造は茅ケ崎市の香川ですよね。
ビールはお中元によく利用しますし、併設されている
蔵元創作料理 天青さんには何度も行ったことがあります。
三猿が刻まれた庚申塔は初めて見ました。
随分歴史のありそうな庚申塔ですね。
でかまんのお店や相模川橋脚跡のことも知りませんでした。
比較的近くに住んでいても知らないことばかり。
tonaさんのブログを通していろいろ知ることができて嬉しいです。

投稿: hiro | 2018年3月23日 (金) 10:00

茅ヶ崎にも左富士があるのですね
吉原だけかと思っていました
富士山に強い思い入れがおありのようですが
同じ富士山でもそれぞれの地で見せる姿は様々で
富士の素晴らしさを一層思いますね
頭のないお地蔵様に書かれたユーモアな顔や
でかまん、丁髷最中などは銀河さんのブログでみました
3500円ものおまんじゅうとは一体どんな大きさなんでしょうね
平塚のマンホールは七夕ですか、ずっと以前一度だけ平塚の七夕飾りを見たことがあります
今でもにぎやかに飾られているのでしょうか?

投稿: ビオラ | 2018年3月23日 (金) 21:58

★多摩NTの住人さま

こんばんは。
茅ヶ崎のは吉原よりもしっかり左富士でした。東海道に2、3ヵ所しかないのが不思議なくらいです。道がくねくね曲がったところがあるのに。
新幹線の中のは知りませんでした。面白いですね。
覚えていましたら今度見てみます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月23日 (金) 22:03

★hiroさま こんばんは♪

今回は今まで2番目に長かったです、1番は53300歩でしたから。
さすがに翌日腿が筋肉痛を起こしましたが、間もなく治りました。最初大股に歩いたのがいけなかったのです。
熊澤酒造が香川ですか。相模線にありますね。よく御存じですね。私は行ったことがなかったです。住んでいても知らないことが多いとわかりました。

私も湘南方面で初めて三猿が刻まれた庚申塔を見ました。こちらは本当に多かったですよ。
私も歩いたおかげで東海道の沿道だけですが、いろいろのこと知り心の中で喜んでおります。
有難うございました。


投稿: tona | 2018年3月23日 (金) 22:11

★ビオラさま

茅ヶ崎の南湖のは有名です。ただ工場が出来て裾野まで見えなくなりましたようです。というのも私も初めて見たのです。
富士山一周を歩きましたが、雪については東から北側が素晴らしいですね。
河口湖や田貫湖からの眺めは最高でした。そして大菩薩峠や薩埵峠からの眺めも。
ダイヤモンド富士も電車に乗りますが多摩川で見られます。何より家の2階から見えるので楽しみです。
ビオラさんはいつも大きく見られていいですね!
3500円のお饅頭を見られなかったのがとても残念でした。30数人分在りますかね。
平塚の七夕ですが昨年昼間ですが行きましてブログに書きました。賑やかで踊りもありました。
有難うございました。

投稿: tona | 2018年3月23日 (金) 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/66524944

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(1):

« 『インド人の秘密』パヴァン・K・ヴァルマ著 | トップページ | 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(2) »