« 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(1) | トップページ | 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(3) »

2018年3月25日 (日)

東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(2)

平塚宿(7番目の宿) 
藤沢宿から13.7㎞。日本橋から約64.7㎞。宿の長さは1.1㎞。本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠45軒。

平塚宿は昭和20年の大空襲によって殆ど焼けてしまって、今は脇本陣跡、高札場跡、本陣跡や問屋場跡の標柱や説明板を残すのみで面影は全くない。現在はこの通りが七夕祭りの会場である。

・江戸見附跡 石垣と竹矢来が再現されている
450x300
・本陣跡
300x450
・向かいに宝善院がある。なまこ壁が美しい!又エキゾチックで、いろいろな物を集めている面白いお寺だ。
450x300_2
450x300_3
日本最初の鉄道レール、明治5年開通した新橋横浜間のレール。昭和43年東宮御所改修中に出てきて、御所の補強材に使われたらしい。
311x450
埋め込まれた宮本武蔵ゆかりの瓦 東寺・観智院の桃山時代の瓦で武蔵がこの瓦の下で約1年半暮らしていた。観智院には武蔵筆の国宝の襖絵も残っている。
300x450_2
他にバリ島の道祖神やネパールの僧正像やぼたもち地蔵、そして光悦垣も作られていた。
450x300_4
・消防団の施設前に西組問屋場跡があり、施設のシャッターに広重五十三次「平塚・縄手道」が描かれていた。
450x300_5
・平塚の塚 桓武天皇3代孫・高見王の娘がこの地で亡くなり棺が埋葬され、墓として塚が築かれ、ここが平らになったので付けられたのが平塚の謂われだそうだ。
450x300_6
・平塚宿京方見附跡 後方に高麗山が見える。ここから大磯町となる。
450x300_7

平塚宿から大磯宿までの間
・マンホールは大磯町の木「クロマツ」、町の花「サザンカ」、町の鳥「カモメ」と「大磯の海」がデザインされている。
450x397
・花水橋からの高麗山 
450x300_8
・橋を渡った左の善福寺には横穴古墳があった
450x300_9
・高麗山の麓の高来(たかく)神社。江戸時代に高麗寺に属し、廃寺になって高麗神社となりさらに高来神社となった。
450x300_10
昼食は化粧坂交差点近くの「たまや」でプレミアムセット・魚河岸定食煮魚系で、煮魚は銀むつ(メロ)の煮付で、味付けもなかなかのものであった。
450x300_11
450x300_12
・化粧井戸 仇討ちで有名な曽我兄弟の兄十郎祐成の恋人・虎御前が化粧坂のこの辺りに住み、この井戸の水を汲んで化粧したのでこの名がついたという。
450x300_13
・大磯の松並木も立派だ
450x300_15
・江戸から16番目の化粧坂の一里塚跡450x300_14
・広重五十三次「大磯・虎ヶ雨」も掲示されていた
450x383

大磯宿(8番目の宿) 
平塚宿から2.9㎞。日本橋から約65.8㎞。宿の長さは約1.5㎞。本陣3軒、脇本陣なし、旅籠66軒。明治以後、歴代総理8人(伊藤博文、大隈重信、山県有朋、寺内正毅、西園寺公望、原敬、加藤高明、吉田茂)の屋敷が建てられ、この地は別荘地となった。

・大磯宿江戸見附跡 ここから大磯宿の始まり

450x300_16
・延台寺 大磯駅の近くにある曽我十郎の想い人・虎御前が庵を結んだ寺。法虎庵曽我堂には虎御前の成長とともに大きくなり、十郎の身代わりになったという虎御石が包まれて安置されている。 
450x300_17
450x300_18
            境内の虎池弁財天御神石と遊女の墓
450x439
・小島本陣旧蹟
201x450
・地福寺の島崎藤村と静子夫人の墓 細い柱の墓で意外な感じだ
450x300_19
・明治24年の創業時のままの「新杵」で西行まんぢゅうを買う。虎子まんぢゅうは売り切れで残念。
450x300_20
300x240
                        (つづく)

|

« 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(1) | トップページ | 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(3) »

コメント

こんにちは。
 
東海道五十三次歩き17 平塚~大磯 ①と② も興味深く拝見しました。
かっての東海道を彷彿とさせるものなど何もなさそう‥と
勝手に思っているようなところでも、たくさん残っているものですね。
歩けばこその発見といえるでしょうか。
tonaさんにとって、お子さん時代に馴染み深かった土地でも、
当時と現在の興味関心の向く対象の変化があると、それが新たな発見に
繋がるのですね。
私にとっては、どれも何にも知らなーい、状態でしたが、
唯一、湘南クッキーだけわかりました(^^;)
以外と広い範囲に置かれているのですね。
以前、最寄り駅近くにも自販機があったのですが、ついぞ買うこと
ないまま、新しくビルが建つときに撤去されてしまいました。
② の中では、宝善院、平塚の名の謂れ、善福寺の横穴古墳などに
心引かれました。

投稿: ポージィ | 2018年3月26日 (月) 11:14

★ポージィさま こんにちは。

本当にそうなのです。
子供の頃、東海道や松並木、鶴嶺八幡宮や地名などしか知らなかったです。
歩いたからこそ見られたわけで、自転車や車で通っただけでは気がつかないことがいかに多いかと、興味が今は東海道の面影や歴史に向いていてやっといろいろあることに気がついた地元でした。
海岸側に住んでいましたのでよけいです。それに海岸側は史跡はないようで、昔北村透谷ら文学青年たちが南湖の結核療養所にいたくらいしか覚えていません。

湘南クッキーの存在、娘に教えてもらって初め知りました。ポージィさんの駅の方にもあったのですか。二宮の駅の方にも見ましたよ。なぜか湘南なのに箱根関係のまでありました。種類が多いですね。
宝善院の住職さんの趣味でしょうか。こういうお寺面白いですね。
横穴古墳も鎌倉とは違っていて、もっと古い縄文弥生時代が偲ばれました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月26日 (月) 11:44

伊勢原に住んでいたことがあって
その時代には平塚と結ぶ道路を使って平塚に出ていたものです。
でもご紹介の場所などについてはまったく知らなくて
このようなところがあったのかと思っています。
大磯には行ったことも無く湘南電車で通過するのみでした。
湘南平に行った時の帰りに大磯駅から湘南電車に乗ったことがあるような気もするのですが・・・。

投稿: Saas-Feeの風 | 2018年3月26日 (月) 14:15

平塚には息子の友人がいて、「挨拶してきて」
と言いますので、35年前一度下車しましたが、
その家以外何も見ていません。
余裕のない上京でばたばたして記憶もありません。
宿場町だったのですね。

大磯は吉田茂の別荘だけかと思いましたら
著名人が多く住んでおられたのですね。
吉田氏は、箱根駅伝にその別荘前の道を避けて
ほしいと頼んだと聞いています。
応援がやかましくて迷惑と言われたようです。

投稿: matsubara | 2018年3月26日 (月) 14:34

★Saas-Fee風さま

伊勢原にも住まわれたのですね。
なかなか景色に恵まれたところです。
大山街道を歩くのと大山に登るために何度も足を運びました。
ロマンスカーも停まるようになったそうで。
高麗山が見えますね。
高麗山から湘南平を縦走し確かに大磯の駅に出ますよ。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月26日 (月) 16:38

★matsubaraさま

平塚にも下車されたそうですが、私も宿場町とは知らずに子供の頃七夕を見に行っていました。
昨年も久しぶりに七夕を見て飾りも随分変わったように思いました。

大磯の総理大臣の別荘は再建された吉田茂邸だけで、原敬の別荘後跡の看板だけ見ましたが、後の人のはどこにあるのかわからない状態です。
箱根駅伝でもそう申されたのですか。ワンマン道路と同じ発想ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月26日 (月) 16:46

2014年12月6日、3年以上前ですが、横浜で夜飲み会があった時に、昼平塚まで足を延ばし、高来神社にお参りし高麗山に登ってきました。高麗山は標高こそ200mに満たない低山ですが、山渓カラー名鑑「日本の山1000」にも記載されている名山で、また、発生するきのこの種類が多く、神奈川きのこの会の有力メンバーが定点観察のフィールドにされていた場所です。

投稿: shikamasonjin | 2018年3月26日 (月) 17:31

tonaさん、こんばんは~♪
関所とは別に交通の要所には番所があったのですね。。
「関東ふれあいの道」では湘南や平塚も歩く予定ですが、
主に海岸沿いを歩くので、このような面白味はないかもしれません。
宝善院は何でもありですね。
平塚の謂われや横穴古墳、初めて尽くしのことばかりです。
高麗山は高来神社から登ったことがあります。
低山なのに、汗だくだくで、結構疲れました。
大磯に歴代総理8人もの別荘があったことは知りませんでした。
吉田茂邸や旧島崎藤村宅には一度訪ねてみたいと思いながら
いまだに実現していません。
島崎藤村夫妻のお墓もあったのですね。

投稿: hiro | 2018年3月26日 (月) 19:10

★shikamasonjin さま

時間を有効に使う名人さま、さすがですね。
高麗山を子供のころから皆「こうらいさん」と呼んでいました。「こまやま」と知ったのは数年前に登った時です。初冬に登ったのですが、まさかきのこのことまで知りませんでした。
そうなのですか。日本の山1000に入っているとは。知人に1000を全部登った人がいます。もうびっくりでした。
何時もいろいろ教えていただきありがとうございます。

投稿: tona | 2018年3月26日 (月) 19:41

★hiroさま  こんばんは♪

大磯から小田原までずっと海岸沿いですよ。
「関東ふれあいの道」は平塚の先は行かないのでしょうかね。また歩かれる日を楽しみにしています。
宝善院は面白いですよ。なまこ壁の強烈な印象から始まります。門にはツタが這って実がなっていました。
高麗山は高来神社から登られましたか。小山のようでも標高差200mはちょっとしたものですよね。
島崎藤村の家には行きましたが、お墓は割合近くのお寺でした。こんな質素な墓石は初めてと言ってもいいくらいです。
平塚の謂れなんか考えたこともありませんでした。大したところではないと思ったのは間違いでした。
有難うございました。

投稿: tona | 2018年3月26日 (月) 19:51

こんにちは。鉄道レールまであるとはずいぶん面白いお寺ですね。平塚も大空襲があったとは知りませんでした。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年3月27日 (火) 08:48

★多摩NTの住人さま

日本最初のレールの切れ端を見ることが出来ました。このレールが捨てられないでまた再利用されていたとは驚きました。
この当たりでは東京大空襲しか頭にありませんでしたから、私も平塚空襲を知らずにいました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月27日 (火) 09:48

平塚ー大磯というと、車で数えきれないほど往復してますが。
歩かないと、宿場の雰囲気も古墳の有無も感じることができませんね。
七夕祭も行って無いのでして・・・

煮魚の銀ムツが美味しそう、そんなとこだけ目がいってしまいます。
お年は上ですが、tonaさんは強靭な方です。
最近は自転車に乗り過ぎて、腰まで痛くなりました。

投稿: だんだん | 2018年3月27日 (火) 20:40

★だんだんさま

確かに歩くと見えてくるものがいっぱいあるものですね。
本当は車に乗るのが大好きなのですが。
でもそれは山道を登る時とか海辺や湖の回りを乗って景色を眺めるときがいいでしょうか。

煮魚になるお魚、スーパーにはなかなか売っていません。大磯の海岸で獲れた新鮮な魚を食べられるのはこういう所でないと。

腰は難物ですね。この頃歩いているとき腰が痛くなくなりました。美術館見学の時はもうすぐ痛くなります。しばらく美術展から遠ざかってしまいました。
腰痛体操と遠赤外線照射が効いていると信じ込んでいます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年3月27日 (火) 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/66536256

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(2):

« 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(1) | トップページ | 東海道五十三次歩き17 平塚~大磯(3) »