« 東海道五十三次歩き18 新居~白須賀~二川(前編) | トップページ | 信州の直虎の町・須坂と北斎と高井鴻山の小布施を訪ねる(1)4/7~4/8 »

2018年4月 5日 (木)

東海道五十三次歩き18 新居~白須賀~二川(後編)

◆白須賀宿と二川宿の間

・静岡県と愛知県の境にある境川は小さかった

450x300
・遂に静岡県湖西市から愛知県豊橋市に入った。それぞれマークが描かれていた。静岡県は富士山マーク。ここで万歳三唱!
450x333 450x300_2

・一里山の一里塚跡を過ぎる豊橋もキャベツの一大産地、キャベツ畑が広がる
450x300_3
・コオロギ販売店があったL8円、M7円とあった。但し200匹以上で小売りだそうだ。
450x197
・立岩という岩山が遠くに目立っていた
450x300_4

●二川宿(33番目の宿)白須賀から5.8㎞ 日本橋から約296.5㎞ 宿の長さは約1.3㎞ 本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠38軒。二川と加宿大岩の2村からなる宿場。

今まで離れていた新幹線をくぐり、東海道線を渡ると二川宿だ。
300x450_2
二川宿は凄いのだ。各家にこのようなのが置いてある。
316x450
そして草津宿と並び東海道に2ヵ所しか現存しない本陣と、一般庶民が利用した旅籠屋が復元されているのである。江戸時代の商家・駒屋も公開されているのだ。人口では53宿中42番目、旅籠数は36番目で規模は小さかった。藩領になったり幕府領になったりの繰り返し、しかも地震が2回、大火が4回も起きているのだ。まず神社などに立ち寄る。

・豊橋市のマンホールは出港する船と人々が見える

450x394
・十王院の石仏
450x300_5
・妙泉寺には芭蕉碑があり、春乙桜がきれいな日蓮宗の寺
450x300_6
・二川八幡神社 1295年鎌倉の鶴岡八幡宮から勧請された神社で、立派な灯籠2対や秋葉常夜灯があり、奥には各種神社もある。
450x300_7
・商家「駒屋」(東駒屋)江戸時代後期の商家の建物で無料で見学できる。まだお雛様がたくさん飾ってあった。
450x300_8
450x300_9
450x300_10
450x300_11
450x300_12
450x300_13
・手筒花火のデザインの消火栓
450x320

・東問屋場跡、脇本陣跡を通り過ぎ、いよいよ資料館を含めた本陣と旅籠屋清明屋の見学で入場料400円。

資料館>は二川宿の説明の他、当時の旅について説明の展示、ジオラマがあり、ワークシート8枚ももらう。凄い力の入れようだ。
この宿全体は間口が狭く奥に長い、京都の町屋のようだ
450x300_14
450x300_15
450x254
旅籠屋清明屋> 1817年に建てられた本陣に隣接した旅籠を解体修理復元している。荷物置き場、土間、台所、客室(繋ぎの間)、奥座敷(上客向け)などがある。
450x300_16
450x300_17
         旅籠の食事。煮物と魚の一汁二菜か一汁三菜だった。
450x300_18
<本陣> 東海道の宿場には111軒の本陣があった。伊勢から移住してきた馬場家が経営していた本陣。明治になり味噌、醤油醸造業を行っていたが、豊橋市へ建物が寄贈され、改修復元して公開された。敷地面積525坪、建物は181坪半だったのがその後233坪にもなってとても広い。
門(表、裏)、玄関、 式台(道具、武具を置く)、番所(見張り)、台所、土間、勝手、板の間、茶室。そして立派な大名が泊まった上段の間だ。名前のとおり、一段高くなっており、庭の眺めもよい。お殿様のお風呂やお手洗いも豪華だ。
450x292
450x300_19
450x300_20
450x300_21
450x300_22
その後、高札場の復元、本陣の向かいの東駒屋から分家した西駒屋を眺め、高札場跡と道路元標を見て、前の麩まんじゅうの有名な中原屋に入ったが売り切れであった。

・西問屋場跡の次に大岩町郷蔵跡の石柱があった。郷蔵とは年貢米の共同の備蓄所とのことである。
300x450_3
・大岩神明宮には牛と馬があった
450x300_23 450x300_24

・豊橋市の違うデザインのマンホール発見!吉田城(豊橋城)と手筒花火のようだ。
450x407
・二川駅に到着、浜松まで戻り「遠州の夢の夢ポーク弁当」が買えた。遠州産銘柄豚で、花の舞酒造の酒粕をベースにしたみそだれを塗って焼いてある。次回から豊橋から新幹線に乗るので浜松駅弁当はこれで終わり。
450x300_25

|

« 東海道五十三次歩き18 新居~白須賀~二川(前編) | トップページ | 信州の直虎の町・須坂と北斎と高井鴻山の小布施を訪ねる(1)4/7~4/8 »

コメント

東海道歩き、長かった静岡を抜けてヤレヤレでしたか
今でも東海道新幹線の駅が一番多いのは静岡県ですよね
22宿の内の一つ原宿が私の住む町です
宿場の規模は小さいですが帯笑園という東海道随一と言われた名園があり
多くの文人墨客が立ち寄ったとのことですが
今はそれも本陣も旅籠も残っていません
規模が小さいといいながら二川宿にこのような復元施設があるのが
うらやましい気がします

投稿: ビオラ | 2018年4月 5日 (木) 16:04

★ビオラさま

原宿は22宿のうち3番目でしたね。
白隠禅師に関係するお寺やすり鉢の載せた松などが思い出されます。
白隠正宗というお酒もあるのでしたね。
名園・帯笑園が無くなってしまったのが残念です。
殆どの宿で本陣などは残っていませんでした。ただ跡の碑がたっていました。
ですから二川宿は凄いです。小さいながら現存していて様子がよくわかりました。旅籠の中まで復元され、本陣と比較できます。それなのでとても力の入っている宿場だと感じました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年4月 5日 (木) 16:40

こんにちは。いよいよ愛知県突入ですか。ずいぶん進みましたね。どこでもこうして本陣跡が残っているのですね。とても興味深いです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年4月 6日 (金) 08:34

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
はい、やっと1年かかって愛知県入りです。
本陣は殆ど跡という標柱だけで、建物が現存してて復元はしていますが道中2ヶ所だけの一つです。脇本陣は舞坂に同様ありました。
殿様気分になって眺めました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年4月 6日 (金) 09:40

凄い人形の数ですね。
そのために作ったのでしょうが、いつ頃なのでしょう。

投稿: 佐平次 | 2018年4月 6日 (金) 11:17

★佐平次さま

いらなくなったお雛様がどこの町にも飾られるように、そんなのもありましたが、確かにバスケをしたり、手筒花火の打ち上げの様子や、迷彩服の自衛隊員の匍匐前進や竹取物語などは明らかにそんな昔とは思えませんね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年4月 6日 (金) 12:37

tonaさん、こんにちは~♪
二川宿は宿場町の面影がよく残っていますね。
資料館、旅籠屋清明屋、本陣などはお写真を拝見している
だけで、当時の様子がよくわかります。
ところで、本陣の意味は、宿場にもうけられた大名の宿泊施設
という意味であることはわかったのですが、
陣屋と本陣の違いがよくわかりません。
知り合いの方が、実家は昔、陣屋で苗字帯刀を許されたなどと
おっしゃっていたので・・・
陣屋って建物のことで職業ではないと思っていたのですが・・・
どうでもいいといえばいいことですが、わからないことが沢山あります。

寄った先々でマンホールの写真を写されていますが、
その土地の特徴を知るのに役立ちますね。
浜松駅弁当、ボリュームがあって美味しそうですね。

投稿: hiro | 2018年4月 6日 (金) 17:01

★hiroさま こんばんは♪

二川宿は小規模ながら通りも面影があり、本陣や旅籠まで再現されて、しかも資料館でいろいろ街道と旅人について説明されていますのでよくわかりました。
ここの旅籠はきれいで、私は一般旅人の旅籠は蚤や虱がいっぱいで不潔な小屋みたいのを想像していましたので、こんな風なのもありと勉強になりました。
本陣、脇本陣と陣屋は全然違うのですね。
Wikipediaに実にわかりやすく書いてありますね。城を持てない3万石以下の大名や旗本、その他諸々の藩庁が置かれた屋敷とか。飛騨高山の陣屋はご覧になっていらっしゃることでしょう。
私も勉強になりましてありがとうございます。
今回初めて知ったのが郷蔵でした。
色々興味が広がって写す写真も多くなっていきます。
マンホールも良いデザインのがありますね。
お弁当の肉の味噌と酒粕が混じった味が美味しかったです。

投稿: tona | 2018年4月 6日 (金) 18:53

こんばんは
 
二川は力が入っていますね! 以前TVでちらと紹介されているのを
見ましたが、tonaさんの記事で詳しく分かって楽しませていただきました。
二川は、豊橋市内の地名としてだけ知っていますが、行ったことありません。
(小学5~6年時の担任の先生が住んでいらしたところでした)
じっくり見てみたくなりましたが、豊川帰省するときはいつも時間がなく、
旧友に会う時間すら持てません…涙。でもいつの日か。
 
「駒屋」で、バスケットボールを観戦しているお雛様には吹き出しました。

投稿: ポージィ | 2018年4月 6日 (金) 21:45

★ポージィさま

本当にいろいろな面で力を入れている宿でした。
TVで紹介されていたのですか。知りませんでした。
担任の先生が住んでいらっしゃったのですか。ちょっと関係ありですね。
そのうちゆっくりとご覧くださいね。
やっぱりお雛様が飾ってある時期が楽しいかもしれません。仰るようにバスケットボール観戦のは面白いですよね。
資料館にもうちょっといたかったのですが、見学時間が終わりそうだったのでそれが残念でした。でもワークシートをいただいたのでそれで少し勉強しました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年4月 6日 (金) 21:57

ついに愛知県入りですね。
湖西市の隣りが豊橋市・・・このことも知りませんでした。
豊橋の手筒花火が全国的に知られていますね。
Saas-Feeの風の在職中、同僚に豊橋出身者がいて
彼からそのことを聞いていました。
豊橋にある酒蔵元の日本酒にも“手筒花火”の銘柄があります。
コオロギ販売が200匹からとはと、ちょっとびっくりします。
そんなに購入しても世話できませんよ。
数匹の鈴虫を飼った経験はありますが、それでもけっこう厄介でした。

古い商家には昔から伝わる調度品などがありますね。
滋賀県の五個荘には近江商人の商家がそのまま残っており
見学できますよ。
東海道沿いではありませんから、tonaさんの旅ではで会えませんので
別途、訪問なさってはいかがでしょうか。
ひな祭りのシーズンですと商家ごとにひな飾りが展示されます。

投稿: Saas-Feeの風 | 2018年4月 8日 (日) 14:58

★Saas-Feeの風さま

はい、愛知県にやっとという感じです。
豊橋市が一番静岡県よりとは初めて知りました。次回は豊橋(吉田宿)まで歩きます。
手筒花火は有名なのですね。
私には危険ではないのかしらと、実際に見たことがなく絵や写真だけなので思ってしまいました。
コオロギの販売元だなんて面白い店を発見。今は時期でないから店は開いてなかったです。
スズムシを買っていたことはありますは同種類でしょうかね。

江戸時代の商家もなかなかのものですね。
時々見かけまして今までも名前を忘れましたがお邪魔したことがります。
五個荘は通り過ぎただけ。行ってみたいところが次々増えていきます。もう時間もないのに、効率よく行きたいものです。
ひな祭りのシーズンは楽しみですね。昨年は鎌倉で見ました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年4月 8日 (日) 21:51

プチご無沙汰してしまいました。

ついに静岡県から愛知県に入ったのですね。
嬬恋キャベツは知ってましたが、豊橋もキャベツの産地だったのですね。
静岡県湖西市から愛知県豊橋市はよく車で通る所で、2年前に新井関所に寄りましたが
二川宿に本陣資料館があるのを初めて知りました。

商家「駒屋」にはいろんなお雛様があって面白いですね。

5月末か6月初めに東京の姉と奈良の姉と一緒に旅行を計画中ですが
待ち合わせを伊東の家にしようと思ってます。
そこから出発するので、今回の二川宿資料館も参考になりました。

投稿: ラッシーママ | 2018年4月 9日 (月) 22:07

★ラッシーママさま

もうお出掛けになれたご様子、良かったです。
リハビリの大切さを思い知りました。
何でもリハビリによって機能が向上する話を他の方からも聞きました。
新居関所からは来るまででしたら二川はすぐですね。
二川宿は本当に今までで一番東海道の建物や雰囲気や資料展示など豊富な宿です。
一度覗かれると良いと思います。
ご姉妹でもう計画が進んで楽しみですね。
お大事にね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年4月 9日 (月) 22:21

tonaさん こんにちは

オォ、愛知県に突入されたのですね!
次は三重、滋賀、京都となるのでしょうか?
もう、半分以上過ぎているのですね~

色々と興味深いところがあり、行ったつもりになって読ませていただいています。
それにしても「駒屋」さんの雛人形の数のすごいこと!
廊下にまでワラワラと押し寄せてきているみたいです。

帰りのお弁当美味しそう!
酒粕ベースの味噌だれですか。
駅弁も旅の楽しみの一つですね。

投稿: グレン | 2018年4月11日 (水) 15:09

★グレンさま

こんにちは。
はい、とっても長かった静岡県を歩き終えました。神奈川県はあと箱根宿だけですので、半分以上歩いたことになります。
当時の商家の造りも立派ですが、現在集められたと思われるお雛様の数が溢れ返っていました。
静岡県では掛川駅、浜松駅の駅弁を数回買いまして、殆ど食べたいお弁当を制覇しました。
酒粕と味噌の合わせたたれ美味しいですね。お魚にはありますが肉では自分でも作りませんから。
名古屋から向こうの風景も楽しみに頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年4月11日 (水) 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/66577239

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き18 新居~白須賀~二川(後編):

« 東海道五十三次歩き18 新居~白須賀~二川(前編) | トップページ | 信州の直虎の町・須坂と北斎と高井鴻山の小布施を訪ねる(1)4/7~4/8 »