« 御岳山と日の出山・花見ハイキング | トップページ | 東海道五十三次歩き20 箱根宿(後編) »

2018年4月28日 (土)

東海道五十三次歩き20 箱根宿(前編)

600x410_3
4/19(木)新宿駅のこれから乗るロマンスカーは7時発の箱根湯本行き。3月17日にデビューしたばかりの新車両だそうで、新幹線の窓と違い、窓がすごく大きくて眺望がいい。先頭車両の一番前の席を買うのは大変らしい。
到着した「はこね51号」。座席が自動的にこの後反対方向に変わって掃除がなされる。2号車に乗りました。
450x300

◆箱根宿へ 箱根東坂を上がって行く。これに対して箱根峠から三島側を西坂という。

箱根湯本から芦ノ湖畔の箱根宿、関所まで。箱根湯本の標高が108m、甘酒茶屋705m、芦ノ湖723m、箱根神社767m、箱根関所730mへ向かうので標高差約600mの石畳を上る。34588歩、1880段。バスで小田原まで戻るためバスターミナルの横にある箱根関所がこの日の終着点で箱根神社に寄り道したりする。

・前回最後の景色・早川にかかる橋から湯元温泉駅と二子山が見える。箱根旧道は二子山の南側を通っていて、二子山の向こう側までこれから上って行くことになるが、後で二子山にびっくりするのである。

450x300_2
・ギョリュウバイの大木
3_450x300
・早雲寺 北条2代氏綱が創建。小田原征伐において一時的に豊臣秀吉軍の本営が置かれるが、石垣山城が完成すると当寺を含む一帯は焼き払われたのだという。
450x300_3
450x300_4
北条五代の墓がある。右から1代目早雲、2代目氏綱、3代目氏康、4代目氏政、5代目氏直。
5_450x300
                           連歌師・宗祇の墓がこんなところにあった
300x450_2
・正眼寺
                       大きな地蔵は稲葉氏の紹太寺から移されたもの
300x450
                 曽我堂 兄弟を供養するため親類縁者により建立された
450x300_5
・「仲睦まじい道祖神」と呼ばれる
10_450x345
・旧箱根街道一里塚碑(22里目)
11_300x450
・箱根旧道入口に着き、いよいよ石畳の道が始まる
14_300x450
・猫に会えた
13_347x450
・觀音坂の石碑 この先箱根関所まで謂れがそれぞれありそうな、女転がし坂、西海坂(さいかちざか)、橿木坂(かしのきざか)、猿滑坂など13の坂が続くのである。それもいちいち写真に収めていくから時間がかかる。坂の碑の石の形がそれぞれ違っていて面白いのだ。
15_300x450
・駒形神社から須雲川の集落を見る
16_450x300_2
・鎖雲寺 浄瑠璃「箱根霊験記」の勝五郎と初花の墓の五輪の塔が並んでいる。お寺に飼われたレトリーバーがツーショット写真で人間と一緒に笑うのには驚いた。
17_450x428
                      初花堂を覗くと、菩薩像の前に初花の像がある。
18_450x293
・割石坂の石碑 曽我五郎が富士の裾野に仇討ちに向かう時、刀の切れ味を試そうと、巨石を真二つに切り割った所だそうだ。曽我兄弟が良く出てくる。
19_350x450_3
・「これより江戸時代の石畳」という案内板があり、江戸時代の人々が踏んだ石だと思うと感慨ひとしおである。
20_300x450
接待茶屋があった場所の案内板や「石畳の構造」の案内板がいくつかあって何層にもなっているのだと知り、造った人々の苦労を偲ぶ。

・箱根八里の歌にもあるように、石畳や川の石にも苔がむして滑らかではあるが、石畳は転びそうで、ストックを使用する。
21_450x300

・東坂の中間点にある間宿の畑宿に着く。寄木細工は有名で工房や店が並んでいる。
22_300x450
・茗荷屋本陣跡 ここの庭園はハリスやヒュースケンなど幕末外交の使者たちも感嘆したという。
23_450x293
・駒形神社の御利益を見てやってください。12も書いてあって何でもありの神社。有難味があまり期待できないかな。
25_450x300
24_450x290
境内の太子堂は聖徳太子が祀られ、太子は大工職人たちに工匠の祖として崇敬された。箱根細工が盛んな畑宿では多くの職人に尊崇されている。
26_450x300
・畑宿一里塚(23里目)石畳を挟んだ直径9mのこの対の一里塚は復元されたもの。右側の木はモミ、左側はケヤキ。目印だけでなく、夏には木陰を作り、冬は寒風を防いでくれた。
27_450x300
                      右側
27_450x300_3

|

« 御岳山と日の出山・花見ハイキング | トップページ | 東海道五十三次歩き20 箱根宿(後編) »

コメント

箱根には行きましても団体旅行ですから、
こういうおもむきのあるところには寄れません。
そのことが残念です。

石畳の道がまだ健在するのですね。
熊野にしかないと思っていました。

猫は威厳があって周囲の様子からみてヤマネコ
みたいですね。

投稿: matsubara | 2018年4月29日 (日) 07:47

★matsubaraさま

そうですね。
石畳を下って来る人に数組会いましたが、全部白人のカップルや男性でした。
この東海道歩きでは殆ど私たちを追い抜いて行く人には出会えません。でも歩いている人はいっぱいいるようなのです。
山道を登るのは石畳はとても歩きにくく疲れます。いかに普通の山道が歩きやすいか実感しました。

猫はなるほど山の中の猫、ヤマネコ風。食料の調達など思わず考えてしまいました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年4月29日 (日) 09:02

せんじつ行ったばかりの箱根、でもこんなに歩かなかったなあ。

投稿: 佐平次 | 2018年4月29日 (日) 09:42

★佐平次さま

旧東海道は箱根新道のそばにあります。
時々車の音や車が見えました。
箱根の記事を違う角度で眺めさせていただきました。
私は石畳ばかり眺めて芦ノ湖に到着しました。
歴史や地理などなど面白いですが、寝たきりにならないように歩いているみたいなもの。
でも寝たきり状態になったりして。
まあ、自己満足ですね。
有難うございました。

投稿: tona | 2018年4月29日 (日) 12:36

こんにちは。旧道を歩かれたのですね以前、仲間達との歩く会で通りましたが、その時は、一部メンバーの強い希望で、元箱根から下りました。それでも途中は急な登り階段もあり、かなりきつい道だったことを思い出します。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年4月29日 (日) 15:12

ロマンスカーもずいぶん変わりましたね。
窓が大きく、スマートな車体、眺めがいいでしょう。

 旧東海道も今の国道とほとんど並行してあるのですね。
一歩入ると昔のままが残っている。
何度か箱根には行ってても、目的がなければ行かないところ。
昔は歩いてこの急な坂道を行ってたのですね。
「箱根の山は天下の険」と言われた難所だったのですね。

★独り言
tonaさんの年代はまだまだ元気に、何不自由なく動き回ったのにと思うと羨ましい気持ちです。年のせいとはいえ、思うように行動できない自分をもどかしく思うこの頃です。
 一人暮らしになって一年半、慣れたとはいえ、何かしら、時間が過ぎて一日が終わるといった具合。凡々の毎日です。

 

投稿: 夢閑人 | 2018年4月29日 (日) 18:04

★多摩NTの住人さま

元箱根から下られたそうですが、下る方が足には良くなかったのではと思いました。というのも三島に降りる方は膝によくなかったからです。登山も同様、下山の方が苦手になりました。
標高差が結構1000m級の山と同じくらい上り下りしますものね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年4月29日 (日) 18:59

★夢閑人さま

ロマンスカー、展望がよくて格好も良いですね。本当に眺めが良いです。新幹線はそとを覗くのが大変です。

旧東海道は箱根新道が見え隠れしていますよ。
歌の通り、芦ノ湖まで登って、そのあと同じく下るのですからね。小田原側からの方がちょっと長く合わせて八里になるとことですね。

お察しします。私の年齢さえ、この冬体調を崩したときは死について考えました。気持ちが外に向かなくて落ち込んでしまいました。でも夢閑人さんのことを思うと甘すぎると猛反省。医者を変えて治療を変え元気になってきました。そうなったからには動かなくてはと寝たきりにならないようにと頑張れるようになりました。
これから参考にさせていただいて年を重ねるようにしていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年4月29日 (日) 19:19

標高差も稼いだ箱根宿でしたね。石畳は歩きにくくてもう嫌です(*_*;
早雲寺や駒形神社は、まだ行って無かった・・・
ご利益あり過ぎて困りますね~
其々に石碑が主張しているようで、良い確認になりますよね。
他は夏休みに熱海と箱根を交代で過ごしているので、覚えのある所でした。
富士屋ホテルはカレーライスが美味しいのですが。
付け合わせの入れ物が寄せ木細工。とても上品で、小さな家具の趣です。
西海でさいかちですか・・・樹木の槐(えんじゅ)と似ても似つかぬ字ですね!

上手な朗読は、情景の中に人をいざなうのだと感じます。
良いひと時でした。ありがとうございました♪

投稿: だんだん | 2018年4月29日 (日) 21:19

★だんだんさま

石畳と階段続きで閉口しました。
普通の登山並みに標高差があって有森裕子さんみたいに自分をほめたいくらいでした。それ嫌い最近は低い処ばかりということです。
箱根も関所や杉並木と言ったこちら方面は全く知りませんでした。
箱根八里の歌の歌詞を思い起こしながら歩きました。
富士屋ホテルは覗いただけで、お食事はしていないのですよ。もちろん日光の金谷ホテルも軽井沢の万平ホテルもです。金谷ホテルもカレーライスが美味しいとか。
寄木細工がお料理に使われるなんて素敵ですね!

全く異次元の体験をして、夫に良かったねと何回も言われました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年4月29日 (日) 22:02

tonaさん、こんばんは~♪
今回も良く歩かれましたね。
私も30年前頃、芦ノ湖から湯本まで旧道(下り)を歩いたことがあります。
でもお友達とおしゃべりしながらだったので、割石坂の石碑や茗荷屋本陣跡
駒形神社はよく覚えていません。改めて認識できて良かったです。
早雲寺も15~6年前頃訪ねました。
北条5代祭りを見に行った時、足を延ばして寄ったのですが、
忘れかけていた記憶がよみがえりました。
旧道歩きは趣があって良いですね。

投稿: hiro | 2018年4月30日 (月) 22:31

★hiroさま おはようございます♪

今日も良いお天気ですね。お庭の花々が輝いていることでしょう。
もう既に歩いておられたのですね。
歌にある有名な箱根路、どんなかと興味津々でした。
石畳や階段をひたすらを上って行くのには閉口しましたが、昔の人はもっと大変だったのではないかと思ったりしました。前日雨が降ったのでストックを使って楽をしましたから。
早雲寺聞いたことがあったのですが、北条5代祭りがあったのですね。小田原城で5代の肖像画を拝見しましたが真中の代の人が顔が全然違っていたのが印象的であとは親子だなあと眺めていました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年5月 1日 (火) 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/66659617

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き20 箱根宿(前編):

« 御岳山と日の出山・花見ハイキング | トップページ | 東海道五十三次歩き20 箱根宿(後編) »