« 東海道五十三次歩き21&1-2 箱根~三島~沼津(後編) | トップページ | 東海道五十三次歩き22 二川宿~吉田宿~国府(前編) »

2018年5月14日 (月)

三代将軍家光遺愛の松(盆栽)とバラの鑑賞(都立園芸高校)

世田谷ウォーキングで開催された都立園芸高校訪問に参加しました。

駒沢公園オリンピック記念塔の前に集合 出発してここに戻るまで約3.5㎞
300x450_3

深沢の園芸高校に到着すると、正門から本館までイチョウ並木が続いている。大正元年(1912)に植えられたとのことで樹齢は90余年になる。本館側から撮影。
450x300_2
正門の脇に「兎々呂城」の石碑が建っている。
調べてみると、園芸高校の所に兎々呂城があったそうだ。城主は南条右京亮重長公。南条家は小田原北条家の家臣で、国府台合戦において戦功を上げた事から、この領地を与えられたと言わる。この「兎々呂城」は「城」を「キ」と読み「トドロキ」と読んだのではないかといい、それが現在の「等々力」という地名になったという説もあるようです。
300x450_4
ハナミズキ(別名アメリカヤマボウシ)
大正元年、当時の東京市長・尾崎行雄氏から3000本の桜はワシントンに贈られ、今もポトマック河畔に咲いている。(以前行ったときは花の咲くのが遅くて咲いてなかったのが今でも残念)その返礼として大正4年に白花のハナミズキが40本東京市に贈られ、そのうちの2本が園芸高校に植えられた。他のは全部絶えたが、ここの1本だけが今も花を咲かせている。咲いたらすぐ花柄を摘み取るという作業が行われるそうだ。
300x450_5
三代将軍家光遺愛のゴヨウマツ。全部で3鉢あるそうだが、園芸高校には2鉢、皇居に1鉢あるそうだ。
450x300_3
7_450x300
下から幹を写すとこんなに太く普通の松の幹と勘違いしそうだ。樹齢500年とのこと。植木鉢の中の根はとぐろを巻いている凄い状態なのでしょう。こんなに圧縮されても生きている姿は感動ものです。
8_450x300
     風雨の時などはレールに沿って奥の小屋に避難できるようになっている
9_450x300
この学校ではゾウガメが飼われている。
名前はきんさん、ぎんさん。長寿で今世界で一番長寿のゾウガメは200歳とか。
10_450x330 11_450x297


バラ園 
昭和8年本校卒業の鈴木省三氏(京成バラ園芸所長だった、バラの育種家)より寄贈されたバラが植えられている。
昭和63年(1988)に設けられ、バラの品種の歴史を系統的に学べる日本で唯一のバラ園。原種・古代バラが88種168株、現代バラが約120種425株植えられている。
450x300_5
450x300_6
450x300_7
450x300_8
5_450x300
450x300_9
450x300_10
                     マチルダ450x300_11
450x300_12
10_450x300
    原種の方はもう殆ど咲き終わっていた。早く咲き開花期も短いそうだ。
11_450x300
                山椒バラ」が一輪のみ残る
121_450x300
地図で見ると、駒沢公園の約4分の1の敷地を持ち、東京ドーム2つ分の広さの当校には、イギリス式庭園とフランス式庭園もあり、外部には玉川果樹園や伊豆下田農場もあるそうだ。
教室内にいる生徒は見えないが、盆栽の実習をしている生徒を見かけた。
曰くのある植物やちょっと満開を過ぎたバラを見られて大満足でした。

|

« 東海道五十三次歩き21&1-2 箱根~三島~沼津(後編) | トップページ | 東海道五十三次歩き22 二川宿~吉田宿~国府(前編) »

コメント

tonaさん、こんにちは~♪
駒沢公園には一度行ったことがありますが、
都立園芸高校のことは全く知りませんでした。
都心と園芸高校は結び付きませんでしたが、
設立当時はこの辺も田園地帯だったのでしょうね。
等々力の地名の由来もよくわかりました。
ハナミズキが桜の返礼に送られて来たのは知っていましたが、
どこに植えられていたかまでは知りませんでした。
最後の1本なのですね。
こんなに大木だと花柄を摘みの作業も大変でしょうね。
三代将軍家光遺愛のゴヨウマツは素晴らしいですね。
ホーチミンでも大きな盆栽はありましたが、それ以上です。
花が咲くわけではないので、野ざらしでも良いのかと
思いましたが、ずいぶん大切に育てられているのですね。
200歳のゾウガメにもびっくりです。
バラ園も見事ですね。機会があれば出かけてみたいです。

投稿: hiro | 2018年5月15日 (火) 14:36

都立園芸高校。都立で園芸専門校があるなんて全く知りませんでした。
1908年設立というからもう110年、歴史のある学校なんですね。
歴史ある五葉松の盆栽、ハナミズキもあるのですね。すごい。
設立当時はまだ何にもない武蔵野が広がっていたのでしょうね。
バラも見事。私もほとんど京成バラ園のバラを購入してます。

投稿: 夢閑人 | 2018年5月15日 (火) 16:17

★hiroさま こんにちは♪

園芸高校は深沢にありますので、むしろ等々力からの方が近いでしょうね。しかし駒沢公園からもそんなにかかりませんでした。
110年以上も前のこの当たりはそれこそ畑や雑木林に囲まれた地帯だったでしょうね。
地名にはいろいろな説があるようですが、これも頷けました。
返礼のハナミズキの話は有名ですが、残っていたとは驚きました。子孫は日本全国の家庭や街路樹として当然のようにあるのですが。
木は背が高いので高い梯子や車に積まれた梯子でぐるぐる回る機械(名前がわかりません)に乗っての作業ですね。普通は散るに任せるだけですが、そのようにして木を弱らせないようにしていると説明されました。
ゴヨウマツの大きさにもビックリですが、手入れが行き届き葉の色も鮮やかでした。
ここのゾウガメは2匹合わせて200歳でしょうか。それで金三銀さんの名前が付いているのですね。200歳のゾウガメはセイシェル諸島に住んでいるようです。
バラ園はもっとゆっくり出来ないとせっかくの系統的に説明されているのが勉強ができませんでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年5月15日 (火) 16:41

★夢閑人さま

府中駅のそばに都立農業高校がありますが、都立園芸高校もあったのですね。
私も初めて知りました。
110年たっていますので、樹木、特に銀杏並木が素晴らしいです。秋はさぞかしきれいに黄葉することでしょう。他にもカナリーヤシなどもありました。畑もあります。
圧巻はバラ園でしょうか。
京成バラ園芸からきたここのバラは神代植物園のバラと絶えないように交換しているそうです。原種のバラが散ってしまっていたのが残念でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年5月15日 (火) 16:48

こんにちは
 
樹齢500年の盆栽松に驚きです。大きいとはいえ所詮は鉢。
その中でもこうして何百年も生き続けられるとは、植物の底力を感じますし、
もちろん大切に守られてきたからこそですね。
どうしていいのかさっぱり分からず放置されている、うちの鉢植えの松が
可哀想です。何年か前に盆栽体験に参加した時のものなのですが、
ネットを見てもどうしてよいやらさっぱり分からないままなのです。
園芸高校とあって、植物たちもバラたちの種類も豊かですね。
生徒さんたちは日々どんなことを学んでどんな将来を
思い描いているのかしら… confident

投稿: ポージィ | 2018年5月15日 (火) 18:06

★ポージィさま こんばんは♪

盆栽ってこんなに長いこと育て続けられるのですね。驚きました。
ポージィさんも松の盆栽をお持ちなのですか。体験されて楽しかったでしょうね。
でもその後がわからないのですか。当然ですよね。本に書いてあったとしても盆栽は難しそうです。
園芸高校のこの松も鉢は当時のものではなさそうですからサイズをいくらか変えていったのでしょうか。
生徒さんたちは、将来好きな植物の仕事をしていくべく日々励んでいるのでしょう。みんな小さな時からお花が好きだったのでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年5月15日 (火) 18:42

都立園芸高校の名前は知ってましたが、tonaさんの写真で知りました。
さすが園芸高校ですね、桜の返礼として贈られた白花ハナミズキ40本の内の1本だけが今も花を咲かせている。

三代将軍家光遺愛のゴヨウマツの盆栽が全部で3鉢
その内の2鉢が園芸高校で今も立派な形で樹齢500年とは信じ難いですね。
以前にTVで埼玉の盆栽を写してましたが、松1本が1億円だそうでビックリでした。

亀は長生きとは知ってましたが、こちらで飼ってる亀は2匹で200歳も凄いです。

薔薇も綺麗な時期に見れて良かったですね。

投稿: ラッシーママ | 2018年5月16日 (水) 22:50

こんにちは。都立園芸高校は知りませんでした。地図で確認しましたが、確かに広そうな場所ですね。バラの香りが素晴らしかったでしょうね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年5月17日 (木) 08:30

★ラッシーママさま こんばんは。

ワシントンの桜の返礼のハナミズキが1本だけまだ生きているとは驚きました。それほど太くなっていないのですね。

うぉぉぉ!盆栽の松1億円ですか。
ということはこの松はもう値段が想像つかないほどですね。凄く立派でしたよ。
葉の色つやもいいし、よく剪定されていてどうしてこんなにできるのでしょう。根の方はどうなっているのでしょう。
亀はおそらくきんさん、ぎんさんと名前が付いているということは足して200歳でしょうね。
薔薇は本格的に見たのは今年、ここが初めてです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年5月17日 (木) 22:18

★多摩NTの住人さま

等々力に近い深沢にあるのですね。
広い敷地を持つ高校でした。
本当にバラの香りに満ちていて、今年も満足できました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年5月17日 (木) 22:20

都立園芸高校というものがあることも知りませんでした。
駒沢公園なら、たまにタロウを連れて行きますので
是非一度寄ってみたいものです。
この見事な薔薇園は、誰でも見られるのでしょうか?

投稿: zooey | 2018年5月18日 (金) 12:36

★zooeyさま ありがとうございます。

この日の翌日が12日(土)が一般公開の日と言うことでした。
校内に入るのは許可がいるのでしょうね。
許可を得ていた参加した会は副校長の説明を受けることができました。
他にも数名のメンバーがいましたよ。

投稿: tona | 2018年5月18日 (金) 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/66719989

この記事へのトラックバック一覧です: 三代将軍家光遺愛の松(盆栽)とバラの鑑賞(都立園芸高校):

« 東海道五十三次歩き21&1-2 箱根~三島~沼津(後編) | トップページ | 東海道五十三次歩き22 二川宿~吉田宿~国府(前編) »