« 東海道五十三次歩き26 鳴海宿・宮宿・桑名宿(1) | トップページ | 東海道五十三次歩き26 鳴海宿・宮宿・桑名宿(3) »

2018年7月 8日 (日)

東海道五十三次歩き26 鳴海宿・宮宿・桑名宿(2)

450x450
●宮宿(41番目の宿) 鳴海宿から6.5㎞ 日本橋から約371㎞ 宿の長さ約1.3㎞ 本陣2軒、脇本陣1軒、旅籠248軒。
宮宿は桑名への海上七里の渡しを控えていたことから、東海道で最も大きな宿場の一つであった。悪天候で欠航した際の船待ちの客や、乗り遅れた旅人で、他にはないほど248軒の旅籠で賑わった。熱田神宮の門前町でもあった。

新堀川を熱田橋で渡って宮宿(熱田宿)に入り、右に神明社があり名古屋と知多半島を結ぶ道の道標があった。

・一里塚跡(89里目)は再現されたもの
2089_300x450
・姥堂の建物の1階には裁断橋址があり、橋のミニチュアがあった。裁断橋は精進川に架けられていたが、川が埋め立てられすでにない。姥堂の姥は奪衣婆という説や日本武尊の母などという説がある。隣に都々逸発祥の地の碑があった。
213_283x450_2 212_173x450_2

あんかけスパゲティの店でミラカンの昼食です。ミラカンとはミラネーゼ(赤ウィンナー、ベーコン、ハム)とカントリー(玉ねぎ、ピーマン、トマト、マッシュルーム)をミックスした具のあんかけスパゲティ。胡椒が効いているのが特徴でしょうか。面白い味でした。
22_450x300
・すぐ先の鈴之御前(れいのみまえ)神社は熱田神宮への参詣者が禊をした場所だそうだ。神社の裏側が徳川家康幽距跡地だが見つからなかった。織田信秀の元に送られた時2年間ここに幽距させられたそうだ。
23_450x300
・白本陣跡の表示は見つからず、七里の渡しへ曲がる手前に分岐点の道標がある。南は宮の渡しへ、北は美濃路・佐屋路へと重要な分岐点だ。いつか佐屋街道を姫街道と同じく余裕があったら歩きたい。
24_300x450
・道標の向かいの地蔵が「ほうろく地蔵」。ほうろく売りが荷物の片方の重し代わりにして運んでここで捨てたのを石仏として地元の人が祀った。なかなか立派である。
25_300x450
・赤本陣跡の説明板が、ひつまぶしで有名な蓬莱軒の駐車場にあった。お店は30分待ちという混み具合。
26_450x367
・宮宿側の七里の渡し船着き場跡(宮の渡し公園)に到着。 芭蕉がしばしばここを訪れたことやシーボルトもここに寄ったということが説明板に書いてあった。
271_450x300
                     熱田常夜灯
272_300x450
時の鐘の櫓 昭和58年建築。江戸時代は熱田神宮前の蔵福寺にあって時を知らせていたが戦災で焼けてしまった。
273_300x450
・公園の前の熱田荘。明治時代の建物で料亭だった。今はデイケアとして利用されている。
28_450x294
・熱田神宮へ。三種の神器の一つである草薙剣を御神体としており、伊勢神宮に次ぐ社格を誇る。敷地19万㎡。本宮、別宮の他、摂社、末社など45社にのぼる。
29_450x262
               愛知県の日本酒が奉納されている
30_450x300
          御神木の大楠 弘法大師お手植えで千年以上という
322_450x350
本宮拝殿 祭神は熱田大神(天照大神)他、相殿神四神。相殿神は同じ社殿に二柱以上の神を合祀すること。広重の絵ではここの熱田神事が描かれる。
33_450x290
鶏がいた。奈良の山の辺の道の石上神宮には神様としての使いの鶏がいる。40年前に奉納された東天紅や烏骨鶏だ。さて、熱田神宮のこの名古屋コーチンは奉納されたのか、勝手に棲みついたのかわからない。
34_450x300
342_450x330
信長塀 信長が桶狭間の戦いの前、熱田神宮に戦勝祈願をした。戦勝した信長はお礼に築地塀を寄進した。
35_450x300
           きよめ茶屋で、抹茶ときよめ餅のセットで一休み。
36_450x300

ここで愛知県が終わりました。静岡県に比べてあっという間。往時の本陣や旅籠見学、美しい松並木、かきつばた園、東海道三社のうちの二社にお参りした。芭蕉の句碑が多く、しかも生前の直筆まで見られるとは。実にいろいろなお地蔵さまに会えたし、三面馬頭観音様もたくさん見ることが出来た愛知県でした。

◆名古屋駅から近鉄で30分、桑名駅で降りて歩きはじめるが、桑名宿七曲りを歩く前に海臧寺と六華苑を見学する。

・桑名のマンホール 七里の渡しと蛤
373_450x419 373_450x402

桑名の千羽鶴 1枚の紙から最大切込みを入れながら97羽も鶴を折るそうだ
376_450x417
・海臧寺 三大河川の治水工事に外様大名の薩摩藩が工事を命じられた。その間、悪疫、紛争、工事費の超過などの責任を負って殉難した24名の墓があり中央が平田靭負のお墓である。
381_450x300
38_300x450
「通り井」・・桑名は水質が悪く、住民たちは飲み水の確保に苦労したので、桑名藩の4代目藩主が水路を造り、各所に井戸を設けて用水にしたという。・・説明板や三崎見附跡や蔵前祭車庫を通って、六華苑へ

・六華苑 山林王、桑名の実業家二代目諸戸清六の邸宅で洋館部分はジョサイア・コンドルの設計(鹿鳴館を設計した人)。「黒井戸殺し」のロケ地として使われたそうだ。敷地は18000㎡と広い。
391_450x290
         洋室、庭(国の名勝)、和室、離れ屋とどこも実に素晴らしい。
3921_450x300
393_450x300
394_450x300
395_450x300
396_450x300
397_450x300
                        続く

|

« 東海道五十三次歩き26 鳴海宿・宮宿・桑名宿(1) | トップページ | 東海道五十三次歩き26 鳴海宿・宮宿・桑名宿(3) »

コメント

こんばんは happy01
東海道歩きも愛知県から三重県へ、ですね。
宮宿近辺の旧東海道、数回ではありますが車で通ったことがあります。かつての面影はほとんどなかったでしょう?!しかし、七里の渡し跡は、2~30年ほど前に新たに整備されました。
熱田神宮は三種の神器の一つである草薙剣をご神体としてお祀りしていますので、本当にありがたい神社です。
以前メールにも書きましたが、私が生まれたのがこの近くで、掲載してあります地図でいえば、国道1号線と堀川が交差したところの左上つまり北西あたりです。

投稿: 慕辺未行 | 2018年7月 8日 (日) 23:12

★慕辺未行さま

おはようございますsun
残念ながら宮宿の面影は殆ど跡だけでありませんでした。
七里の渡しはきれいな公園になっているのですね。もう2~30年もたつのですね。

熱田神宮が伊勢神宮の次に格が高いとは今まで知りませんでした。一度行って見たいというのが遂に叶いました。広いですね!

お生まれになった家の見当はつきましたよ。
白鳥庭園やその先には白鳥公園、川の東には白鳥古墳などがありますね。熱田神宮からもとても近い場所ですね。まさかお近くを歩けるとは思いもしませんでした。
名古屋は修理に入ってしまった名古屋城にも徳川美術館にも行っておりません。また機会があったらです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月 9日 (月) 09:04

熱田神宮を見て思い出しました。
 昭和20年1月、16才。中学の動員で名古屋に一か月間いました。
名古屋港の近くの大江町にいました。
ある休みの日、熱田神宮が近いことを知り、別に目的があったわけでもなく、
有名な神宮なので行ってみようと思い立ち、友達3人で出かけました。
異論歩きです。。どのくらい時間がかかったかは忘れました。
結構歩いた記憶があります。2時間くらいかな?
途中人に道を聞きながら歩きました。やっとたどり着きました。
広い。何か鬱蒼と木が茂っていたような気がします。
本殿に着き、とにかくお参りしました。
「元気で早く帰れますように」

 日の丸を掲げてお参りしてる一団もいました。戦勝祈願?
不思議なことに境内でひょっこり友達に会う。一人で来たとのこと。まさかこんなところで
会おうとは思いもしなかった。
同じような考えだ。また一人で帰って行った。
その親友も一作年旅立った。

名古屋。私にとっては、寒くて辛い思い出しかありません。その後行ったこともありません。
いろいろ思い出されます。

こうして拝見しますと昔の史跡がいろいろあるのですね。その頃は知る由もなし。
ああ!名古屋。あまり思い出したくない。

投稿: 夢閑人 | 2018年7月 9日 (月) 12:50

とうとうお近くまで来られましたね。
熱田神宮も20年くらいご無沙汰です。
信長塀は覚えています。
宝物館にも入りました。

諸戸邸は3度くらい行きました。
月見草表紙を描いて下さる谷さんとも
行きましたし・・・

いろいろ見学され充実した旅でしたね。

投稿: matsubara | 2018年7月 9日 (月) 13:04

きよめ餅と清め茶屋,懐かしいですね。
今は他所へ移転していますが,市立熱田図書館が熱田神宮境内にあって,
それで神宮にはよく行きました。高校時代のことです。

投稿: gaki | 2018年7月 9日 (月) 13:16

こんにちは。
宮宿が東海道で一番大きい宿だとは全く知りませんでした。
248軒もの宿とは往時の賑やかさは並ではないですね。
でも史跡があまり残ってないとは残念な事です。

熱田神宮、そういえば行った事ありません。
こちらも伊勢神宮に次ぐ格式だったとは!!
コンドル設計の六華苑、行ってみたいです。

投稿: ☆銀河☆ | 2018年7月 9日 (月) 14:01

近づいてこられましたね。
熱田神宮しか判らないSaas-Feeの風です。
熱田神宮にしても参拝したのは30年近く前のことになりますから
何も知らないのと同じようなものでしょう。
六華苑には一度も入館していなくて
何故なのか・・・それが判りません。
自分のことなのに・・・。
いつも脇を通り過ぎるのみでした。
写真を拝見して、これは見学せねばと思いました。
テレビドラマの“黒井戸殺し”ですが、
アガサ・クリスティの推理小説ファン(若いころのことですが)なので
あのドラマの録画をしてありますが
まだ再生してません。
六華苑でロケがあったなら、
観なくては・・・と思いました。
原作の“アクロイド殺し”は
学生時代に読んだのが最初で、
その後、数回読んでいます。

投稿: Saas-Feeの風 | 2018年7月 9日 (月) 15:29

★夢閑人さま

中学の動員で、故郷を離れて随分遠いところまでいらしたのですね。
本当に大変でした。
今グーグル地図で大江町から熱田神宮まで辿ってみました。わかりやすく川筋にです。名古屋港から随分の道のりです。
2時間もかかったのも頷けます。
早くお帰りになりたい一心でしたのね。
御友人に会うという不思議なこともあったのですか。
戦争の時ですし、寒さと飢えと楽しいことは一つもなかった悲しい思い出の地だったとは!
私は3歳半だったからその年齢の時のことを何も覚えていません。覚えていないため戦争の辛さを何も知らないのです。親は大変だったでしょうに。疎開していたのでしょうと思います。
辛い名古屋の思い出、勿論初めて知りましてただただ日本中に悲しい辛い思いをした少年少女もいたことを認識しました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月 9日 (月) 16:03

★matsubaraさま

岐阜が随分近くなりました。
熱田神宮は全く初めてでその大きさに驚きました。
そして各式にも。
今回はいろいろな中の場所を巡る時間がありませんでしたが、伊勢神宮のように2回行ったということもありますから、また機会があったらと思います。
諸戸邸はとても立派ですね。和洋の建物が繋がっていて、離れもあり、驚いたのが大きな蔵でした。お庭も広くてどこから見ても良かったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月 9日 (月) 16:10

★gakiさま

この日は暑くて鶏を見ている頃は少々熱中症気味かと思われるくらい。
ところがこのきよめ餅とお抹茶をいただいたら嘘のように元気になりました。
三嶋大社でも福太郎という草餅をいただきました。
知立神社付近では大あんまきでした。歩くと餡子は元気が出ます。食べ物の話ばかりで失礼しました。
図書館が熱田神宮にあった由、環境がよかったのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月 9日 (月) 16:18

★☆銀河☆さま

こんにちは。
同じ七里の渡しでも桑名側の旅籠は半分の120軒だったそうで、熱田神宮もあるしでこんなに多かったのでしょうか。
それなのに戦災で何も残っていないのが寂しい限りでした。
熱田神宮の格式が伊勢神宮に次ぐとは驚きました。歩かなかったら一生知らなかったわね。

コンドル設計の六華苑は☆銀河☆さんならいろいろな発見があると思います。機会がありましたら是非いらしてみてください。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月 9日 (月) 16:26

★Saas-Feeの風さま

熱田神宮はとても有名だと思いましたら、格式が高い神社でしたのね。
本殿の拝殿までとても長かったです。
他の摂社末社までは2つくらいしか回れませんでした。
木陰が涼しかったです。

アガサ・クリスティの『アクロイド殺し』は衝撃的で『そして誰もいなくなった』同様、他にも衝撃的なのはありますが、よく覚えています。もじって『黒井戸殺し』にして放映されましたね。私は見なかったのが残念です。
イギリス版のアガサクリスティのドラマは『カーテン』まで殆ど見ております。
本も全部揃えましたが、引っ越しの時全部捨てました。残念。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月 9日 (月) 16:38

こんばんは
 
お昼ご飯にあんかけスパゲッティーのミラカンを食べられたのですね。
実はあんかけスパゲッティーが名古屋名物になっていること
まるで知りませんでした。私が名古屋に通っていたころには
すでにあったみたいなのに。夫も知らずにいて、つい10日ほど前
出張で愛知に行った際、お昼ごろ名古屋に降り立ったら、
あんかけスパゲッティーのお店に行列ができているのを見たそうで、
帰ってから「今名古屋ではあんかけスパゲッティーが流行りなのかな?」と
言っていました。
「ミラカン」「ミラネーゼ」「カントリー」「バイキング」
何のことやらさっぱり分からないネーミングですね(^^;)
 
知らないと言えば、熱田神宮もいつも近くを通っていたはずなのに、
一度も参拝せずじまいでした。やはり格式あるのですね。
信長が桶狭間の戦いの前に戦勝祈願したのが熱田神宮で、
お礼に寄進した塀があるとは。ますます行ってみればよかったとの
思いが湧きあがります。熱田神宮の名古屋コーチンに何か違和感…
と思ったら、雄鶏でも尾羽が短いからでした。たまたまでしょうね。
(まったくもって余談ですが、雄鶏の尾羽ってクラフトや装飾用に
販売されているみたいですね。)
知らないことだらけだからとはいえ、いつも脇道にそれた
コメントになってすみません sweat01

投稿: ポージィ | 2018年7月 9日 (月) 21:12

★ポージィさま

あんかけスパゲティについて、ポージィ家でもそんなことがあったのですか。
行列が出来ていましたか。
私はもちろん知らなくて娘が調べてくれました。本当はひつまぶしとどちらにするかで迷ったのですが、最近食べたばかりだったのでこちらにしました。正解でした。ひつまぶしのお店こそ行列で、待ち時間と合わせて1時間ではとても足りなかったです。
ミラカンなんてネーミング、わからなかったのですが言われてみればそうかと。

熱田神宮の格式の高さも知りませんでした。これは本で知りました。
信長塀はとても長かったです。今もちゃんと壊れないで残っているのですね。

あらまあ、全然気がつきませんでしたが、サイトで名古屋コーチンの写真を見ましたらオスは立派な黒い尾羽がついているではありませんか。ここで見たのはちぎれてしまっていますね。ポージィさんは違和感を感じたそうでご存じだったのですね。クラフト用や装飾用に販売されているとは驚きました。
いつもいつも教えていただきありがとうございました。とても嬉しいです。

投稿: tona | 2018年7月 9日 (月) 22:05

tonaさん、こんばんは~♪
名古屋や桑名は知らないことばかりですが、
熱田神宮には一度は行ってみたいと思っていました。
とても広く格式のある神社のようですね。
名古屋で一番のパワースポットだそうですが、
名古屋駅から近いのでしょうか?
三大河川の治水工事、「通り井」
学校では教えてくれない歴史を知ることができるのも
街道歩きの楽しみですね。
桑名の六華苑も見てみたいです。
素敵なご紹介、ありがとうございました。

投稿: hiro | 2018年7月 9日 (月) 23:36

★hiroさま おはようございます♪

熱田神宮は名古屋の駅から名古屋鉄道で最速11分で行かれます。降りるとすぐに神社に到着します。
何時か是非ご朱印も。

暴れ川の三大河川、桑名に着いてから河口でありながらその大きさに驚きました。
さぞや治水は大変だったことでしょう。
あの頃外様でいじめられた薩摩藩の藩士たちの無念が伝わって来るようなお墓でした。
六華苑もきっと満足されると思います。
こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月10日 (火) 09:13

こんにちは。すみません。今回は東海道の話より、あんかけスパやひつまぶしが頭に残りました。15年以上前に名古屋に出張することが多かったことがあり、その際にヨコイのあんかけスパゲッティやひつまぶしを良く食べました。それに名古屋コーチンに味噌煮込みうどんですね。思い出したら、また食べたくなりました。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年7月10日 (火) 15:26

★多摩NTの住人さま

こんばんは。
名古屋ご出張とは、よく御存じなのですね。
名古屋は新幹線で通り過ぎるのが殆どでした。
挙げていただいた中で名古屋コーチンはまだ頂いていません。食べないうちに桑名に入ってしまいましたが、まだ何回か名古屋乗り換えが多いので又食事をしたりお弁当を買ったりしますね。私もいまに懐かしい味になることと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月10日 (火) 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/66917280

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き26 鳴海宿・宮宿・桑名宿(2):

« 東海道五十三次歩き26 鳴海宿・宮宿・桑名宿(1) | トップページ | 東海道五十三次歩き26 鳴海宿・宮宿・桑名宿(3) »