« 『続々ざんねんないきもの事典』今泉忠明監修 | トップページ | 東海道五十三次歩き27 益生~四日市宿~南日永(後編) »

2018年7月20日 (金)

東海道五十三次歩き27 益生~四日市宿~南日永(前編)

7/12(木)曇後晴れ。 天気予報で確かめると気温31~33℃。 暑くてだめなら名古屋城の本丸御殿を見ることにして出発。前回と同じ電車に乗り、益生駅に到着、9時に矢田の立場跡から歩きはじめる。
娘に用意してもらったクールタオル、ひんやりガードUVカット、Shirt Cool、ヒヤロンなどが随分役に立った。それに飲物各種2.5ℓも飲む。幅50㎝にも満たない日陰を見つけては走り寄る。一日中かんかん照りでなく時々曇った時があったのも幸いでした。対策を立てれば暑くても歩けるが33℃が限界です。41153歩。

600x367

◆益生~四日市宿の間 
由緒あるお寺の数々、立派な常夜灯、飛び出し坊や、力石、徳川家の威力などが印象に残った区間です。

歩き始めてすぐに和菓子屋「つたや」ではせっかくの<七里焼き>の小売りがなく、<桑名藩どら焼き>を買って午前中のおやつにする。本多忠勝が描かれている。
1_450x445
すぐ斜め前のお寺の了順寺の山門は、桑名城の門を移築したものだ。
2_450x300
・城南神社の鳥居は立派。それもそのはず、伊勢神宮の式年遷宮の際、内宮の一の鳥居が下賜され建て替えられているから。それは垂仁天皇の皇女倭姫命が天照大神の鎮座地を求めて、この地に休息したという言い伝えがあるから。御祭神は天照大神。
3_450x300
前回最後に飛び出し坊やを撮ったが、この日もいろいろなバージョンがあり、女の子のもあったりでまたまた撮ってしまう。滋賀県がルーツと教えてくださる方がいました。
4_239x450_2

江戸に向かう西国大名はここに立ち寄って衣服を改めてから桑名城下に入ったという晴雲寺を通り過ぎ、その先が安永の立場で、多くの茶店で賑わっていて安永餅が売られていたそうだ。

伊勢両宮常夜燈(伊勢神宮への祈願を兼ねているとのこと。1818年建造)と里程標
5_300x450
・員弁川を渡ると三重郡朝日町。マンホールは町の木の白梅だそうだ。
6_450x429
田圃の緑が目に染みる
7_450x300
・真光寺には松平家の家紋の梅鉢紋が彫られた手水鉢がある。それは第6代桑名藩主松平定良が有馬温泉帰りに病死、員弁川の洪水で川止めになった時に遺体を安置して手厚く葬ったお礼に松平家から寄進された。
8_450x308
・山口誓子の筆跡の句碑を通り、縄生一里塚(97里目)の標柱を過ぎると安達本家酒造がある。娘が重いのに「富士の光」を2本買っていた。
9_450x308
10_300x450
萬古焼を発展させた森有節の墓は遠いので行かず、朝日資料館は水、土曜しか開館してなく閉まっていた。

・橘守部生誕地遺跡 独学で国学を学んだ人で天保の国学四大家の一人。お墓は東京向島の長命寺にある。
11_450x300
・浄泉坊は徳川家に由緒ある桑名藩の奥方の菩提寺であったことから、山門の鬼瓦や本堂の瓦に三つ葉葵の紋がある。参勤交代でここを通る大名は、駕籠から降りて一礼していた。
12_450x300
122_450x300
13_348x450
・タオル工場が続く東海道の両側には美しい田圃が広がっている
14_450x313
・咲いたころを見たい桜並木がある
15_450x300
・多賀神社常夜燈(1864)は大きくて立派だ。多賀神社とは滋賀県の多賀町にある長寿と厄除け、縁結びの神社で、お詣りした人が多かったからここに造られたのか。
16_298x450

・朝明川を渡って、いよいよ四日市市に入った。
171_450x282
172_450x300
このような看板を随所に見かけ。民家の塀にも東海道の表示板があちこちに掲げられとても親切な市だ。それに国道と殆んど重なることなく旧街道を進める。
182_450x300
181_450x247_2
・19茶屋が店先に置いた力石。100㎏。茶屋で休んでいるとき余力のあるものが自慢げに持ち上げたらしい。
19_300x450
20_332x450
・長明寺 ここの山門も桑名城から移築されたもの。ここは蒔田城址と言われ山門の手前の橋の下は濠でコイが泳いでおり、築塀もなされている。
21_450x300
・富田の一里塚跡(98里目)京都は126里だそうで随分来たものだ。
22_300x450
・行啓記念道路碑 また明治天皇かと思いきや、初めて大正天皇のもの。大正天皇が皇太子時代に現四日市高校に立ち寄られて授業参観されたことを記念した碑だ。
23_291x450
・少し先のこちらは明治天皇御駐輦跡碑で、明治天皇は四度もこの地で休まれた。近衛文麿の筆だそうだ。
25_300x450
昼食はJR富田駅近くのイオンモールの中の柿安ミートエクスプレスで、四日市名物とんてき丼(ご飯少なめ)を頼む。
ここでお水を5杯も飲む。午前中はどら焼きとヨーグルトドリンク。午後は凍らせたレモンドリンクやアイス最中、他ポカリスエット、ウーロン茶、緑茶を全部帰宅まで飲みきる。
24_450x300

|

« 『続々ざんねんないきもの事典』今泉忠明監修 | トップページ | 東海道五十三次歩き27 益生~四日市宿~南日永(後編) »

コメント

 毎回拝見さしていただいていますが、今様々に変わる今の国道から一歩昔の街道に入ると
昔のその儘のものが、いっぱい残っているのですね。
 
 子供注意の標識。よく目に留まる。マンホールはその自治体の花や、特産物を
表してるのが多いですね。それとなく町を宣伝してる。

 青々としたとした水田の稲の緑。 
夏休みの水路のフナ取り、吹く風の爽やかさ、秋の田んぼに飛び交うトンボの群れ。
こんな田園風景の中で過ごした少年時代がすごく懐かしい。
昔は身近に季節を感じました。

 

投稿: 夢閑人 | 2018年7月20日 (金) 14:30

こんにちは。暑い中、頑張っていらっしゃいますね。炎天下で4万歩強とはすごいです。熱中症に十分お気をつけ下さい。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年7月20日 (金) 17:29

★夢閑人さま

こちらにもコメント有難うございました。
時々国道を歩くと車ビュンビュンで辟易しますが、旧東海道を歩くと狭いですが車が少ないし、静かでほっとします。
昭和時代初めころのでしょうがそんな家さえとても古く感じます。
子供飛び出し注意の標識は、我が家の方には皆無、初めて見て可愛いし車の方も注意するのでしょうか。
今頃の稲の色のきれいな事に感動したりしています。
やがてトンボが飛び交い、この日は猛烈なセミの鳴き声が最初のうちしていました。
季節を感じますね。水路や川を覗くのもいいものですね。畑はあるものの、こうした自然に飢えています。都会の真ん中を離れないとこうした自然に出会えませんね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月20日 (金) 19:43

★多摩NTの住人さま

こんばんは。
若くないので、熱中症を恐れました。
あの手この手で対策をして、歩き切ることが出来、翌日も元気でいました。
むしろ、今の猛暑で少々バテ気味です。
でも草取りなど頑張っています。
ご心配をいただきありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月20日 (金) 19:47

こんばんは。
 
夏の間はお休みと思っていましたのに、この暑い中を
4万歩を超えて歩かれたというのでギョッとしました。
名古屋方面も毎日37℃だ38℃だと予報が出ていますのに、
先週後半のころ四日市辺りは少しはましだったのでしょうか。
十分熱中症対策をとられながら歩かれたとのことですが、
お嬢さん共々無茶はなさらないでくださいね。
 
桑名城の門がお寺に移築されていたり、こちらにも伊勢神宮の
式年遷宮の鳥居が下賜されていたり、はいさようならではなく
リユースされているのが良いですね。
時折現れる田んぼの緑にほっと心休まりますね。
その緑の中にシラサギが佇んでいるのはとても綺麗です。
桜並木も今の葉桜も綺麗ですが、花の時季にはさぞかし
きれいでしょうねcherryblossom

投稿: ポージィ | 2018年7月20日 (金) 20:27

tonaさん、おはようございます♪
この暑さの中、4万歩以上も良く歩かれましたね。
準備万端、気を付けて歩けば、長い距離でも歩けるものと感心しました。
益生~四日市宿の間には由緒ある立派なお寺が多いですね。
常夜燈の大きさにも驚かされます。
こんな立派な常夜燈が残っているのですから、
配線などに気を付けて、オレンジ色のLED電球でも付けて、
実際利用したら、さぞかし街道の雰囲気が出て
素敵なのではないかと思ってしまいました。
飛び出し坊やもいろいろなバージョンがあって楽しいですね。
橘守部については初めて知りました。
力石、これで100㎏とは驚きました。
こんな重い石を持ち上げられれば、自慢したくなる気持ちも分かります。
とんてき丼もスタミナがついて美味しそうです。

投稿: hiro | 2018年7月21日 (土) 08:27

★ポージィさま

おはようございます。
何時もまだ梅雨なのでお休みを梅雨明け発表前にとってあったので、名古屋城を目指せばいいかと言うことで出発してしまったのです。
ところが最初曇っていましたので行けそうということ挙行、何とか乗り切れました。病院搬送なんて嫌ですから無理はこれでもしなかったです。
お城の門はそのまま遺されるのでわかりますが、伊勢神宮の鳥居がここでまた20年、そのあとはどうなるのか?は気になりながらもわかりませんでしたが、再利用、良いことですね。
江戸時代の古民家の解体されたときの大きな柱が今方々でまた使われているのと同じ、木は長持ちするのですね。
シラサギのいる田んぼには癒されます。近所にないものですから。
桜の季節もいいでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月21日 (土) 08:45

★hiroさま おはようございます♪

この日は33℃が最高気温でしたので、どうやら歩くことが出来ました。
本当にお寺が多いことに驚きました。
写真に収めるもあまりに多過ぎて載せることが出来ないほどです。
そうそう、この沿道のは常夜燈も大きいのです。見上げるのが多かったです。
hiroさんの発想なかなかですね。いい雰囲気かも。静岡や愛知では昼間なのに電気がついているのを見ました。夜歩かないのでどんな明るさかと想像はしてみるのですが。
飛び出し坊や目立ちますね。小学生の手書きのも見ました。ドライバーが気をつけることでしょう。
橘守部は埼玉県の幸手に長いこといて、説明版を読んだように覚えています。
とんてき丼は本当はもっと豚肉が分厚いらしいです。私にはこのくらいが丁度よかったです。四日市の名物とは今まで知りませんでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月21日 (土) 09:01

tonaさん、こんにちわ!

この暑い中を4万歩以上、歩いた事には驚きましたが
本人が気がつかないうちに熱中症で倒れ、そのまま亡くなったとニュースで何度も聴いてますので
今年は特に暑いので、くれぐれも注意して下さいンね。

桑名から四日市に入りましたね。
本当に車では何も分からず通り過ぎてしまいますが、tonaさんのように実際に歩いてみれば
歴史で習った所や人名などが出てきて、当時を偲ぶ事が出来ますね。
今回も色んな所を案内して頂き、ありがとうございました。

投稿: ラッシーママ | 2018年7月21日 (土) 12:23

暑いのに続けて東海道を踏破されてすごいです。
風さまのところでも見たことがあるような写真ですが、
全然知らないところばかりです。

飛び出し注意の看板は岐阜にも多いですが
デザインがこちらと違います。

サギをうまく撮られましたね。
運がよくないと遭遇しません。

投稿: matsubara | 2018年7月21日 (土) 15:37

★ラッシーママさま

こんにちは♪
今年は熱中症と言う言葉をテレビで聞かない日はないですね。
もう亡くなった方が随分いらっしゃいます。
ここを歩いた日の翌日から三重県も猛暑日になりました。一日早く歩いて良かったと思いました。古希を迎えちゃったので、凄く用心しています。猛暑日も買い物は午前中に出ていて歩かない日はないですが、水分補給と休養には特に気をつけています。自分の体がもう信用できなくなったので。
私も歩いたおかげで歩かなかったら一生知らなかったことがあって、それが結構喜びになっています。いつも一緒に旅していただいてありがとうございます。

投稿: tona | 2018年7月21日 (土) 15:59

★matsubaraさま

毎日病院通いで本当に大変ですね。
暑いですからお疲れになると思います。
十分気をつけられてくださいね。
そんな中、コメントありがとうございます。
飛び出し注意の看板はそちらにもありますか。
関東には見ないような気がします。
滋賀県からとか。
もしかして中山道を歩いたら気をつけて見ます。
サギは運が良かったわけですね。matsubaraさまも上手に撮られていましたね。
こちらには田んぼがないので、この景色を見るといい気持ちになりました。

投稿: tona | 2018年7月21日 (土) 16:07

炎天下を4万歩とは凄いですねえ。
私も結構驚かれる方ですが、せいぜい2~3万歩です。
色々な工夫をして、というのは
具体的にどんなことをなさっているのでしょう?

投稿: zooey | 2018年7月22日 (日) 23:16

★zooeyさま

体の外と中から冷やし、水分を2.5ℓとることでしょうか。外からは書きましたようにクールタオルを濡らして振りながらなど4種類、まだまだいろいろなグッズは売っていますね。
アイスクリームや凍った飲料を体内に入れるなどです。特に変わったことはないですが、飲料は尿が汗で出にくくなるから利尿性のあるお茶なども飲み、塩分が不足するので塩飴で時々補給します。塩そのものを舐める人もいるようです。あと、エネルギー不足も怖いのでカロリーメイトやゼリー補給で、何だか休憩時間がいつもより多くなるかもしれません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年7月23日 (月) 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/66960545

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き27 益生~四日市宿~南日永(前編):

« 『続々ざんねんないきもの事典』今泉忠明監修 | トップページ | 東海道五十三次歩き27 益生~四日市宿~南日永(後編) »