« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月13日 (月)

強制収容所症候群

先日又杉原千畝氏の番組をテレビで見て、3年前の6月に行ったリトアニアのカナウスの領事館の執務室を思い出したりしています。
日本の終戦と投下された原爆の事が話題になるこの季節、ドイツ人による収容所、これも2010年に行ったポーランドのアウシュビッツ収容所関連でフランクルの『夜と霧』を何度目かの読み直しをしていたら、図書館で大石芳野著『「夜と霧」をこえて』~ポーランド・強制収容所の生還者たち~が目に入り読んでみました。

あんな酷い収容所からほんの僅かな人が生還している。せっかく生還しても10年以内に90%の人が亡くなったという。
収容所の殺害・餓死・病死などの恐怖と直面しながら生きのびた条件とは「運」だった。
そしてプラス・強い意志が持てた人
          ・友だちの助けを受けられた人
          ・残虐な状況の中にも心ある人もいると人間を信じられた人
          ・屋根のあるところで働けた人
          ・ドイツ人と接触できた人
          ・からだの丈夫だった人
          ・家族がなく自分の心配だけすればよかった人
          ・服、手袋、帽子、靴下、下着などの何かが手に入れられた人
          ・食糧を余分に手に入れられた人
          ・医者、看護師、技術者などの特技を持っていた人
ある収容所の元オリンピック選手で優勝した人はその体力で、50万人のうちたった一人だけ脱走に成功したそうだ。

こうして多難な中を生還した人、しかもずっと生き残った人は運と強さゆえ、残りの人生をあの苦しみを経験すれば極楽の世界に舞い戻って、どんな苦難をも克服し充実した素晴らしい人生を・・・と私は以前の元気な時に思っていました。
実はそんなものではなかったのです。まず帰還する故郷、家がなかった。何処かへ帰還してその生業を立てなければならない。
肉体的な衰弱にとどまらず、精神的な障害、いわゆる今言う「トラウマ」が6,7年経っても消滅するどころか悪化し、慢性状態に変っていったのです。
収容所での過酷な日々が、精神的な傷となって深い痕跡を残した結果、情緒不安定、環境への不適合、集中力の欠如により、職業、勉強、家庭生活へ順応性を欠いた。
恐怖感、うつ病といった精神障害により身体的諸器官が影響を受け、不整脈、アレルギー、リユーマチ、坐骨神経痛、骨の退化、呼吸困難として現れているわけです。
そこを元気に普通に生きたごく少数の人は超人間と言えるでしょうか。一体どのくらいいたのか。精神科医のフランクルもその一人です。

あのイスラエル建国、そして中東における地位、パレスチナとの関係のユダヤ人の強引とも思える強さ。アメリカにおける富裕層のユダヤ人。優秀な民族で様々な面で世界の金融面、技術面も牽引している。ユダヤ教に頑固に固執するその姿。。
同じ人間でありながら考えられないことも多く、まだまだ理解できない事の多い人達です。
許されたドイツ、許されない日本。戦後処理のまずさゆえと言われる日本。それがどうしてなのか?いろいろ考えさせられる夏です。

◆心が安らかになる言葉です
Оこの大自然は、微妙で、かつ素晴らしいバランスで、私たちをつつみこんでくれています。 
人間がどのような知恵をもってしても、つくりあげることができない世界につつまれています (慈眼寺・塩沼亮潤)
・・・・しかし人間がその大自然を破壊しつくしていることは頭の痛い問題です。既に猛暑や他の異常気象で報いを受けています。

О私の師が晩年、病というのは人生最大の修行である、もし病をわずらってしまった場合あるがままを受け入れ、明るい気持ちで専心せよと申してました。(who?)
・・・・しかし果して自分に出来るであろうか。これまでもそうだったしこれからも課題です。
69_450x300
77_450x300
77_450x300_2


1年中お休みの身ですが、今夏休み。19日から30日まで海外に出かけてきます。帰国しましたらまたよろしくお願いいたします。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

都立薬用植物園

薬の勉強でなく花を楽しみに行く薬用植物園です。

そういえば、小田原の<ういろう>で買った「透頂香・ういろう」なんですが、効能は「腹痛、下痢、胃痛に始まり途中、夏負け、寒さ負け、そして広く急病に用い又強壮剤として常用す」とあります。141粒で1000円だったか、1回大人は10~20粒服用。凄くよく効くと友人から聞いていたので買ってみて試したみたところ、結果は何も私には効かなかった、ということです。漢方は風邪薬でも以前いろいろ使っていましたが、やはり医者に行く羽目に。西洋医学が処方する薬にずっと頼っていたたため、私には漢方は役に立たず、値段も高いし、残ったういろうはお守り代わりに持ち歩いています。
昔の人は植物や虫や石など自然界にある中から研究して薬にしたわけで、歩いて旅した時代の人々にとって「ういろう」のような薬は高くてもどんなにかよく効き、ありがたかったであろう。まあ、それなのに西洋薬に浸ってしまったおんぶにだっこの私には何も効かないということに驚いているここ数ヶ月です。
それなのにこの植物園に来て、それでもちょろっと効能を見たりしていました。午前中から猛暑の日ですぐ木陰に避難。外の木陰より更に涼しかったのが温室とは。係員さんが資料室で涼んでいったらということで、そこで冬虫夏草をしげしげと見てきました。

コンニャクの花の実 マムシグサの実のオレンジ色版という感じでとうもろこしみたいでもある。
1_300x450
                 ヤマトシジミチョウでしょうか
450x301
                      トウワタ
450x300
コガネバナ 根の断面が鮮やかな黄色をしているので付いた名。消炎、解熱、下痢とありました。しそ科の花に似る。
450x300_2
                     コガマ(ガマ科)
450x300_3
  シロヤマブキの実 シロヤマブキの花は4弁なので実は4つ。しかし色が意外。
450x311
               ハマナスの実 食べられるそうだ
450x300_4
       オオボウシバナ(ツユクサ科)ツユクサの変種で青色染料となる
450x301_2
                  センニンソウ 有毒植物
450x300_5
         カブトムシ 大学生が他所の木からここに集めていた
10_300x450
ヘチマの花 子供の頃以来お目にかかる花で意外と大きかった。たわしと化粧水としての用途がありました。
11_450x300
               ナタマメの花 酢漬けにするらしい
12_450x344
     ブチヒゲカメムシ ナタマメにいた。大豆、綿、胡麻、稲穂などの害虫。
13_450x325
         ミソハギ(ミソハギ科) 民間療法の急性腸炎、下痢止め。
14_450x300
        ハブソウ(マメ科) 葉がハブに噛まれた時の民間薬であった
15_450x312
          トウガン(ウリ科) 葉の形が目立つ。漢方では鎮咳。
16_450x300

温室
            アカホオオショウガ  面白い所に花が咲く
17_450x449
                  オオバナアリアケカズラ
18_450x300
                  ジュズサンゴ 小さな花
19_450x301
         インドジャボク 血圧降下剤。世界を変えた薬用植物。
20_450x300

資料室
                    冬虫夏草
21_450x260_2
                   マンネンタケ(レイシ)
22_450x259
23_450x300
24_450x300

           _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


夏休みを取った娘たちが次に行ったのが高崎。何しに行ったのかと思ったら、かみつけの里博物館と保渡田古墳群で埴輪を見たついでに洞窟観音と徳明園へ。
その翌日に上野の「縄文展」で土偶を見に行っていました。
群馬県のお土産もなかなかに美味しくどんどん食べています。
86_450x389
86_300x450

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

海野弘著『海賊の文化史』

       春に蒔いたアサリナの花がやっと咲き始めたのは7月25日
725_450x301
   7月31日頃から30輪近くのツキミソウの花が咲き続けています。7/31夜
731_450x300
        8/1朝 薄いピンクに変わって朝のツキミソウもきれいです
81_450x300
8月3日 今年もイヌキクイモが咲き始めました。高さが2.5mあるでしょうか。
83_300x450
たくさん実が付くゴーヤというのを買ってきたら1本は枯れ、残った方にたくさんの実がついたのですが、一番最初に出来たのだけ何故か真ん丸おデブちゃん。
83_300x450_2

海野弘著『海賊の文化史』

文学、映画、アニメに影響を与えた「海賊」
エドガ・アラン・ポー『黄金虫』、スティーヴンソン『宝島』、ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』などエンターテイメントとして海賊が隠れているということになる。
映画『パイレーツ・オヴ・カリビアン』、日本の海賊マンガ、松本零士『宇宙海賊キャプテン・ハーロック』、尾田栄一郎『ワンピース』(芝居で見ました)、さらにゲームソフトにおける海賊もかなりあるそうだ。

世界に名だたる、ヴァイキング、サラセン海賊、バルバリア海賊、サリー海賊、カリブの海賊バッカニア、
ホーキンズ、ドレイク、ロロノア、モーガン、ダンビア、エイヴリー、キャプテン・キッド、黒ひげ、アン・ボニー、バーソロミュー・ロバーツ、ラフィットなど伝説の海賊も解説されています。

コロンブス、マゼラン、ヴァスコ・ダ・ガマなど海賊化した冒険者でした。

海賊が何故文化なのか?要するに何でも文化なのです。
現代の海賊文化・・それは情報の海の海賊
2つの世界大戦中、秘密情報の海賊国イギリスの活躍はチャーチルでした。
その後に情報海賊帝国アメリカ誕生
そして海賊版(複製文化)戦争に突入。紙、ラジオ、レコード、テレビ、CD、DVDやインターネットのネット海賊。
現代の原始的海賊といえば南紅海のソマリア海賊が浮かぶが、他にインドネシア、マラッカ海峡、バングラデッシュ、インド、ナイジェリアなどに出没する海賊が怖い。

名古屋が40度と言う記録を出した8月3日に岐阜に出かけた娘たち夫婦、岐阜も何と40度だったそうで気温を撮影した写真がラインで送られてきました。何でも岐阜美術館が11月から改装で1年間休館ということで岐阜城見学もかねて出かけていました。中山道の加納宿もちょっと歩いちゃったそうだが、暑かったことでしょう。
帰り名古屋駅で買ってきてくれたのが、
桑名であまりに高くて買いそびれた貝新の「はまぐりの佃煮」・・・一つ一つ味わって食べました。
84_450x300 84_300x450

これは暑いために痛むので背負って歩けないで買わなかった、四日市名物「なが餅」。
餡子と餅が絶妙で美味しい。藤堂高虎も食べたという400年の歴史あるお菓子。
84_300x450_2 84_300x450_3

岐阜名物「いた柿」 日本茶にぴったりの上品な味です。ご馳走様でした。
84_300x450_4

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »