« サンシャイン水族館 | トップページ | 都立薬用植物園 »

2018年8月 5日 (日)

海野弘著『海賊の文化史』

       春に蒔いたアサリナの花がやっと咲き始めたのは7月25日
725_450x301
   7月31日頃から30輪近くのツキミソウの花が咲き続けています。7/31夜
731_450x300
        8/1朝 薄いピンクに変わって朝のツキミソウもきれいです
81_450x300
8月3日 今年もイヌキクイモが咲き始めました。高さが2.5mあるでしょうか。
83_300x450
たくさん実が付くゴーヤというのを買ってきたら1本は枯れ、残った方にたくさんの実がついたのですが、一番最初に出来たのだけ何故か真ん丸おデブちゃん。
83_300x450_2

海野弘著『海賊の文化史』

文学、映画、アニメに影響を与えた「海賊」
エドガ・アラン・ポー『黄金虫』、スティーヴンソン『宝島』、ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』などエンターテイメントとして海賊が隠れているということになる。
映画『パイレーツ・オヴ・カリビアン』、日本の海賊マンガ、松本零士『宇宙海賊キャプテン・ハーロック』、尾田栄一郎『ワンピース』(芝居で見ました)、さらにゲームソフトにおける海賊もかなりあるそうだ。

世界に名だたる、ヴァイキング、サラセン海賊、バルバリア海賊、サリー海賊、カリブの海賊バッカニア、
ホーキンズ、ドレイク、ロロノア、モーガン、ダンビア、エイヴリー、キャプテン・キッド、黒ひげ、アン・ボニー、バーソロミュー・ロバーツ、ラフィットなど伝説の海賊も解説されています。

コロンブス、マゼラン、ヴァスコ・ダ・ガマなど海賊化した冒険者でした。

海賊が何故文化なのか?要するに何でも文化なのです。
現代の海賊文化・・それは情報の海の海賊
2つの世界大戦中、秘密情報の海賊国イギリスの活躍はチャーチルでした。
その後に情報海賊帝国アメリカ誕生
そして海賊版(複製文化)戦争に突入。紙、ラジオ、レコード、テレビ、CD、DVDやインターネットのネット海賊。
現代の原始的海賊といえば南紅海のソマリア海賊が浮かぶが、他にインドネシア、マラッカ海峡、バングラデッシュ、インド、ナイジェリアなどに出没する海賊が怖い。

名古屋が40度と言う記録を出した8月3日に岐阜に出かけた娘たち夫婦、岐阜も何と40度だったそうで気温を撮影した写真がラインで送られてきました。何でも岐阜美術館が11月から改装で1年間休館ということで岐阜城見学もかねて出かけていました。中山道の加納宿もちょっと歩いちゃったそうだが、暑かったことでしょう。
帰り名古屋駅で買ってきてくれたのが、
桑名であまりに高くて買いそびれた貝新の「はまぐりの佃煮」・・・一つ一つ味わって食べました。
84_450x300 84_300x450

これは暑いために痛むので背負って歩けないで買わなかった、四日市名物「なが餅」。
餡子と餅が絶妙で美味しい。藤堂高虎も食べたという400年の歴史あるお菓子。
84_300x450_2 84_300x450_3

岐阜名物「いた柿」 日本茶にぴったりの上品な味です。ご馳走様でした。
84_300x450_4

|

« サンシャイン水族館 | トップページ | 都立薬用植物園 »

コメント

海賊、子供の頃に読んだ児童文学は
本によってはアウトロー的な英雄(子どもにとっては)に見立てたものもありましたが
実際には無論、そんなカッコイイものではないのですよね。
卑怯で残酷で恐ろしい。
近年観た、ソマリアの海賊に人質に取られたアメリカ人船長の実話を基にした「キャプテン・フィリップス」は面白かったです。
「なが餅」「いた柿」、懐かしいです~!

投稿: zooey | 2018年8月 5日 (日) 23:55

ツキミソウがすごく成績優秀ですね。
すばらしい!!
我が家は枯れて一鉢になりそれも息絶え絶えです。
また、種をおねだりすることになるかもしれません。

海賊が文化?考えようによってはそうなりますか。
日本にも村上水軍がいましたものね。

あんな暑い日に岐阜に来られていたとは・・・
さすがに若さですね。

なが餅は何度も三重の知人に頂きました。
日持ちが悪いのが難点です。

岐阜の「のし柿」と思いますが、これまで差し上げず
失礼していました。

貝新のものは有名ですので東京でも手に入ると
思います。

投稿: matsubara | 2018年8月 6日 (月) 08:46

どの菓子もうまそう、もっとも上等なお茶を淹れないと臥龍点睛を欠きそうです。

投稿: 佐平次 | 2018年8月 6日 (月) 10:02

★zooeyさま

そうだったのですよ。
長い航海では海賊まがいのことをしないと生き延びられない。
航海発見者の偉人でさえ海賊だったとは。
その残酷な事、欧米人の古い歴史と共に頭に刻み込んだとき、白人崇拝主義は崩れたのです。
「キャプテン・フィリップス」はまだ見てないんで見てみたいです。
名古屋方面の名物は両口屋や外郎しか思い浮かびませんでした。いろいろあるのでだんだん味わっていきたいと思いました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年8月 6日 (月) 11:15

★matsubaraさま

この暑さの中、ツキミソウが元気で4日間30も花が咲き、その後も20近く咲き続けています。しかし種はまだつかないのです。そのうちつくでしょうから見張っています。

村上水軍や毛利家・吉川家などの関係の本を読んだことがあります。
岐阜の40度の写真を見たときは驚いてしまいました。一世代若いと大丈夫なのですね。

なが餅すぐ食べるようにと言うことで2日間、2個ずつも食べました。餡が質が良いので美味しいです。
柿ジャムも売っていたそうで柿が美味しい所なのですね。
元気だったらいつか中山道加納宿も歩くので楽しみです。
貝新は新橋にあって、父が元気だったころは帰りにお土産に貝新の佃煮をよく買ってきていました。懐かしいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年8月 6日 (月) 11:25

こんにちは
 
夏らしいお庭の風景が脳裏に広がりました。
日の光と植物の葉たちが作る陰影や輝きは、暑い中でも
どこか涼を誘う気がします。
月見草たちが元気ですね。
 
海賊たちもそれぞれの文化といえるのですね。
パイレーツ・オブ・カリビアン の映画を思い出しても
頷ける気がします。
近年ではソマリアの海賊が記憶に新しいです。
(日本のすしざんまい社長が、マグロ漁の船を用意し
 漁の仕方を教えたりなんだりして、多くの海賊は元々の
 漁民としての生活にもどったという記事を読みましたが、
ほんとのことかしら?)
 
お嬢さんご夫妻、40℃超えの暑さを体感していらしたのですね!
お土産は美味しそうなものがたくさん!
東海道歩きの際、お持ち帰りを断念された「なが餅」もあって
良かったですね。このなが餅、偶然ながら先日ポージィ故で、
姪が桑名名物の「安永餅」をお土産といってくれました。
津島市(愛知)に勤めていて、すぐ隣だからと。
そんなことをしてくれたのは初めてで、びっくり&嬉しかったです。
賞味期限が短くて大急ぎで食べなくてはいけなかったのが
ちょっと残念でしたが、美味しくいただきました(^^)

投稿: ポージィ | 2018年8月 6日 (月) 11:29

★佐平次さま

美味しい和菓子には緑茶。高いのと安いお茶の両方揃えています。この頃餡物を食べることが多くて、高いお茶がすぐ無くなってしまいます。ときには築地場外市場まで買いに行きます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年8月 6日 (月) 11:29

★ポージィさま

午後になるとさすが元気な花たちもうなだれて、太陽がうらめしくなります。日が暮れるのを待ってお水をやると立ち直ってくるそのことが愛おしいです。
新しくお花を買うことが無くなって、今は我が家の土地にあった強い物だけが生き残っています。
種をまくのも少しあるのですが、この作業がいつまで続けられるか、もう数年でダウンでしょう。
すしざんまい社長さんのお話、知りませんでした。
怖いソマリアの海賊ですが、この本を読むと歴史的にはずっと怖い海賊だらけだったのですね。そんな中、日本人も随分海に乗り出して行っています。凄いことだと感心しました。

安永餅のお店の前も通りました。横目で見ながら残念と言いつつ歩いておりました。
津島市、今地図で確認しました。知らなかった愛知県も東海度沿いの市だけは結構頭に入りましたが津島市は初めてです。
姪御さんのお土産、美味しかったでしょう。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年8月 6日 (月) 11:43

ツキミソウが一夜にいっぱい咲いて
これは素晴らしい咲きようですね。
我が家はひと鉢だけですし、一夜に最多で3つという咲きようです。
それに毎晩咲くというわけでもなく
朝になって「あ、昨夜は咲いていたのか」と
ピンクに変化した花を見て気づくことが増えています。
5月、6月、7月初めには、咲くたびに写真を撮っていましたが
最近は撮ることも少なくなっています。

貝新の“はまぐりの佃煮”は高価なので
購入は贈答用ばかりになっています。
写真を拝見して、たまには自分使いにしてみるかなと思いましたよ。

笹井屋の“なが餅”を、暑い最中に歩いているときには
とても購入できませんね。

両方ともに旧東海道・桑名宿、四日市宿では
欠かせない品ですよね。

しばらく旧東海道テクテク旅のブログアップを休んでおりましたが
再開第一篇を数日中にアップしますね。

投稿: Saas-Feeの風 | 2018年8月 6日 (月) 16:28

tonaさん、こんばんは~♪
アサリナの花、初めて拝見しました。
ネットで調べましたが、つる性で多年草の植物なのですね。
涼しげでとても素敵です。
ツキミソウも相変わらず、綺麗に咲いていますね。
イヌキクイモは昨年も拝見しましたが、けっこう草丈があるのですね。
小学生高学年の頃、庭の一角をMy花壇として与えられていましたが、
その時花壇の中央で咲いていた花とよく似ています。
ゴーヤなりましたね。良かったですね。我が家は不作でした。

いろいろな海賊がいるのですね。
スティーヴンソン『宝島』は男の子の読む本かと思って
この歳まで読んでいません。
映画の『パイレーツ・オヴ・カリビアン』は何作か
見ましたが、私ってあまり海賊が好きでないみたい。
インターネットのネット海賊、怖いですね。

「はまぐりの佃煮」、おいしそうですね。
「なが餅」のお店はブログで拝見しましたが、ほんとに長いお餅
だったのですね。
「いた柿」は食べたことがあります。
嬉しいお土産でしたね。

投稿: hiro | 2018年8月 6日 (月) 18:43

★Saas-Feeの風さま

今年種を蒔いたら殆ど発芽して密集していたので鉢を増やし、地植えにもし、後はもったないけど苗をたくさん捨てました。
たくさん咲いていますがまだ種が全然できません。
貝新は東京にもありまして父が佃煮をよく買ってきてくれていましたので知っていました。
ところが蛤、凄く高価なのを知って買いませんでした。とうとう、また名古屋方面に行った娘が買ってきてくれました。大満足です。

なが餅美味しかったです!この間本店と支店両方を恨めしく写真を撮って残念な思いでしたから思いがけず食べることが出来てこれまた大満足でした。ちょっと食べすぎです。
お陰様で桑名宿、四日市宿は忘れられない宿となりました。
9月行くところもアップしていただけるそうで楽しみにしています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年8月 6日 (月) 19:38

★hiroさま こんばんは♪

アサリナ、珍しいですか。私も種をいただいてからもう10年になりますかしら。ずっと絶えないできました。紫色がきれいでしょう!
最盛期は数珠つなぎに咲くのが美しいです。

キクイモ、イヌキクイモの他に後から入ってきたキクイモモドキもあるそうで、なかなか見分けられないようです。キクイモだけ大きな芋を持っているそうですが。
さすがよく実が付くと言うだけあってたくさん出来つつあります。昨年の種からのもありますので今年もたくさん食べられそうです。飽きちゃうかもしれません。
『宝島』はもう忘れましたが、『ロビンソン・クルーソー』『家族ロビンソン』はまだ子供用の古いのが残っています。海賊とは直接関係ないですがまたいつか読んでみます。 
私も『パイレーツ・オヴ・カリビアン』最新作まで見ました。

なが餅、本当に長かったです。
「いた柿」はご存じだったのですね。
ありがとうございました。
   

投稿: tona | 2018年8月 6日 (月) 19:58

『海賊の文化史』はなかなか面白そうですね。機会があれば読んでみたいと思います。
桑名と言えばやはりハマグリですね。美味しそうです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年8月 7日 (火) 08:16

★多摩NTの住人さま

おはようございます。
映画で見る海賊も凄いですが、ここに出てくる歴史上の人々もそっくりの凄い海賊揃い。

ご飯によくあうハマグリで、食欲が出ました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年8月 7日 (火) 08:34

 月見草って黄色だとばかり思っていました。
太宰治の本に「富士には月見草が良く似合う」
とあり、黄色と。
学生の頃からずっと思い込んでいたので、
なぜ皆が白やピンクの小さな花を月見草と言うのか不思議でした。
今回少し調べてみましたよ。
黄色はマツヨイグサなんですね。
tonaさんのブログで長年の疑問が解けました。

四日市・なが餅、岐阜・いた柿、
美味しそうですね~。
娘さん、なが餅が買えなくて残念がっていた
のを覚えていて下さったのね。優しいですね。

投稿: ☆銀河☆ | 2018年8月 8日 (水) 00:16

★☆銀河☆さま

そうですね。太宰治の有名なこの部分の花はマツヨイグサですね。マツヨイグサにもおよそ4種類あってなかなか特定は難しいですが、花後の色で区別するようで。
一頃よく見たのですが最近は見かけません。
ツキミソウは強いですが、より強い外来系に負けて自生がおぼつかなくなってきたようです。
頂いた種からの発芽ですから絶えないようにしたいです。2年草とも言われますが、今年は2年目のが無くなってすべて種から、ですから開花が遅くなりました。

娘もなが餅を買えなかったこと、残念がっていたので自身も美味しく食べたようです。高い蛤を買ってきてくれたのは予想外で、桑名に関してもう思い残すことはないです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年8月 8日 (水) 09:05

アサリナ、初めて見るお花です
涼し気な色がいいですね
月見草がたくさん咲いていますね、
我が家の庭植えはただいまお休み中?花は見えません
海賊文化ですかぁ、そういえば海賊が登場する物語はいっぱいありますね
ベストセラーになった「村上海賊の娘」は
その内容が残忍過ぎて
映像では見られないお話だなと思いながら読みましたが
そんな残忍さをもつ海賊なのにあちこちにに登場する裏には
何か別の意味での魅力があるのでしょうか。
街道歩きでは買えなかった四日市の「ながもち」や
岐阜の「いた柿」のお土産、うれしいですね
美味しい日本茶でいただきたいお菓子ですね

投稿: ビオラ | 2018年8月 8日 (水) 15:08

★ビオラさま

アサリナ花の色は独特でとても大好きな色です。高原にいるみたいな気持ちになるのです。

今年は暑いので植物が可愛そうでなりません。
我が家はモミジバルコウソウ、マルバルコソウやこの他にサルビア・ガラニチカやバラやゼラニウム、コエビソウなどがしょぼしょぼと咲いているだけです。

『村上海賊の娘』を私も読みました。信長の頃話だったのですね。
外国の海賊の話は残酷なのに物語にすると面白くなるのですね。海賊なしでは海の発展や物流も、造船も進歩しなかったみたいです。

静岡では袋井や掛川のお茶を購入しましたが、川根茶もそうですが、何といっても日本では静岡県のお茶が私は一番好きです。
近所に狭山茶。九州にいた時は八女茶をいただきましたが。そして頂き物の宇治茶などもありますがやはり静岡茶が好みにあっているのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年8月 8日 (水) 16:15

いろいろお花を育てておられますね。
種から育てるとはすごい。
ツキミソウ、いっぱいありますね
家には「ヒルザキツキミソウ」がありましたが
なくなりました。また現れるかも?

 イヌキクイモ。前の空き地に群落がありましたけど、草刈りを繰り返してる間にすっかりなくなりました。
 
 ゴーヤ。今年も沢山採れそうですね。
ズングリムックリもあればすらっとした長いのもある。
うちは以前採れすぎて困ったのでやめました。

 海賊、世界には沢山存在しますね。
日本も石油タンカーが狙われたことがありました。
対峙する国同士が狙い合う海賊。村上水軍だってそう。
船を狙う海賊だけでなく、現世では情報海賊もいる。
アメリカはその最たるもの。

投稿: 夢閑人 | 2018年8月 8日 (水) 17:42

★夢閑人さま

2日間ほど涼しくて命の洗濯をしました。
明日からまた暑くなるそうでうんざりですが、頑張らなくてはです。
今咲いているのも、夏に強い、しかも我が家に居ついていくれたものばかりです。
「ヒルザキツキミソウ」は我が家にはあわず、すぐ1年でなくなってしまいました。
イヌキクイモは増えて増えて、何10本と苗を捨てていまして5本のみ残しました。
ゴーヤは100本近くとれますが、佃煮にして冷凍して冬まで食べています。
夢閑人さんの家にあるような素敵なお花が何もないのがちょっと寂しいですが、仕方ないですね。サギソウなんてとても育てられませんものね。もう昭和記念公園で咲いているでしょうか。

現在は情報海賊が恐ろしいですね。
ハッカーとか一頃叫ばれましたけれども、そんな単純な世界ではなさそう。北朝鮮とか中国もアメリカ同様によく話題に上がるようになりました。
海賊より詐欺に遭わないように気を付ける年寄りです。
有難うございました。
 

投稿: tona | 2018年8月 8日 (水) 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/67024085

この記事へのトラックバック一覧です: 海野弘著『海賊の文化史』:

« サンシャイン水族館 | トップページ | 都立薬用植物園 »