« 老化と古くなってきた陋屋と | トップページ | 東海道五十三次歩き29 井田川~亀山宿~関宿(2) »

2018年10月 8日 (月)

東海道五十三次歩き29 井田川~亀山宿~関宿(1)

9/27(木)今回は古い家並みがあちこち残る雰囲気の良い亀山宿と、東海道で2つ目の重要伝統的建造物群保存地区の関宿を歩くので大変楽しみにしていました。
4:40起床でのぞみ6:30に乗り、名古屋で関西本線に乗り換え前回の井田川駅に9:50頃到着。出かける時から道中ずっと降っていた雨が駅に着いたら止んでいた。遠くなって歩数も34057歩でかなり楽になった。

550x480
◆井田川~亀山宿

・駅前の日本武尊をまた見て、旧井田川小学校跡の二宮金次郎像を見る。家の方には殆どないが、この街道筋では廃校をいくつか見てきた。宿の中でも廃屋があり、電車が通ったことにより、駅から遠ざかる宿ほど過疎化が進んでいる。そして沿道のバスは一日に数本。各家は駐車場を2つも3つも持っている車社会だ。
1_300x450
・亀山のマンホール。亀山城多門櫓と市の花の花しょうぶが描かれている。
2_450x442
・歩道橋のタイルには亀にローソクがのっている。亀山はローソクで有名なのだそうだ。知らなかった。全国シェアの5割以上で全国第1位だし、ローソク燃焼比較実験で世界1の評価を得たローソクとのこと。
31_450x300
・椋川
4_450x300
・瓢箪「ぶら下がるだけが仕事の大瓢箪」と書かれ、数えきれないほどぶら下がっていた。
5_450x300
・谷口法悦題目塔 谷口法悦は京の日蓮宗の篤信者で、一族とともに17世紀終わり頃、各地の街道筋や追分などに題目塔を造ったという。篤信者の凄さを知る。
6_300x450
・和田道標 三重県内で東海道最古の道標(1690年)。亀山城下から亀山領若松港へいたる重要な分岐点だったそうだ。
7_300x450
・シャングリさん 通行人による疫病から子ども守るために祀ったという小さな祠だ。現代は外国からも疫病が入りますが医学が発展してありがたいものです。
8_450x300
・石上寺の一つ一つ囲まれている石仏
9_450x300
・和田一里塚(104里目)復元されたもの
10_300x450

●亀山宿(46番目の宿) 庄野宿から7.9km 日本橋から約410㎞ 宿の長さ約2.3km  本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠21軒。
この宿は石川氏6万石の城下町。幕府直轄だったため、これを嫌う大名たちが泊まりを避けたため宿場町としての規模が小さく、発展しなかった。しかし歩いてみると亀山城跡の趣のある宿であり、道が曲がりくねって枡形になっている。

・露心庵跡 説明板のみだが、この辺りが亀山宿の入り口になる。江戸口門跡はさらに900m先にあり、京口門跡も西側にある。江戸口門は城主が築造し、外側に堀を巡らし、土塁に囲まれた枡形の曲輪があり、門には櫓や番所が置かれていた。
11_450x367
・亀山宿も屋号札があちこちにかかっていて楽しい
121_300x450
122_450x354
昼食は亀山名物・みそ焼きうどん(サラダ付)。牛肉入りで美味しかった。
13_450x300
・店を出ると飛び出し坊やがこの辺りにもあった
14_450x300
・福泉寺山門 1795年建造、江戸時代後期の地方有力寺院の建築様式。正面軒唐破風付入母屋造、本瓦葺、一軒一戸の楼門。立派です。
15_450x356
樋口本陣跡、高札場跡、大手門跡などを通り過ぎる。

          道はずっとベージュ色のカラー塗装でわかりやすい
16_450x300
・左手に遍照寺が。東海道からお詣りすると鐘楼門をくぐった後、坂を下りることになる。位の高い人は坂を下りることを嫌ったそうで、「頭で鐘撞く遍照寺」と言われた。そう言われてみると表門をくぐって下るのは珍しいかもしれない。他にあったかしら。
門からの眺めは素晴らしい。門をくぐって下から門を見る。
171_450x300
172_450x300
                    千手観音石像
181_300x450
         弘法堂の中には弘法大師様が21体も。これまた珍しい。
18221_450x300
・だいくや跡
19_450x300
・少し先の道を右へ曲がって亀山城跡へ向かう。現在残るは多門櫓と石垣、土塁、塀の一部が残っている。
201_450x300
202_450x300
203_450x300
・亀山神社 城跡の横には立派な亀山神社があった
21_450x300
・城址の楠門跡に何故かSLが展示されていた。C58359とあった。
22sl_450x300

|

« 老化と古くなってきた陋屋と | トップページ | 東海道五十三次歩き29 井田川~亀山宿~関宿(2) »

コメント

近くまでいらしてましたのに、なかなか
おつきあいできなくてすみません。
関宿は、20年前母も連れて3人で行きました。
二度目は、月見草表紙絵を描いて下さる
谷さんが当時津市におられましたので、
亀山も磨崖仏も津の駅前の偕楽公園にも
案内してもらいました。
三度目は石薬師の佐佐木信綱記念館とか
本居宣長記念館とか六華苑など行きました。
四度目は、友人と亀山城跡やらこの写真に
ありますSLも見て来ました。
でもまだまだ知らないところが多い隣県です。

一度風様と、斎宮記念館で待ち合わせた
ことがあります、あそこは二度行きました。
夫の車よりうんと大型でした。

投稿: matsubara | 2018年10月 8日 (月) 15:05

早朝からのお出掛けはお疲れさまでした。雨がやんで良かったですね。亀山は行ったことがありません。D51はその昔、関西本線を走っていました。亀山駅の先の加太駅を過ぎ急峻な鈴鹿山脈を越えるのが有名な撮影ポイントでした。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年10月 8日 (月) 15:16

★matsubaraさま

三重県は伊勢、鳥羽、志摩しか今まで行ったことがありませんでした。津市も行っておりません。しかし今回北の方の道を歩いて少しだけですが、見ることが出来て親近感が湧きました。
岐阜は隣県だったのですね。
随分色々いらしてるのですね。
斎宮記念館も知りませんです。
色々な寄り道は道から遠く外れるとなかなか出来ません。日帰りですから余裕がないことも多いです。
しかし、歩くだけでも随分勉強になります。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月 8日 (月) 20:59

tonaさん、こんばんは~♪
亀山市という地名は知っていましたが、
ローソクで有名なことは知りませんでした。
亀山宿にはいくつもの史跡がありますね。
遍照寺あたりの眺めはまるで江戸の昔に
タイムスリップしたようで素晴らしいですね。
亀山城跡や亀山神社は春になると桜が咲き誇り、
美しいのでしょうね。
亀山名物・みそ焼きうどんも美味しそうです。

投稿: hiro | 2018年10月 8日 (月) 21:04

★多摩NTの住人さま

雨に降られなかったのはラッキーでした。
D51が関西本線を走っていたのですか。
関西本線は関で利用は終わり加太の方までは行かれないのが残念です。有名な撮影ポイントですか。カメラマンがたくさん構えていたのでしょうね。その中のお一人だったのですね。
多分もう関西本線は乗ることがないと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月 8日 (月) 21:06

★hiroさま

こんばんは♪
私もローソクのこと初めて知って、奥が深いことも知りました。
昔『ローソクの科学』など読んだのですが何も覚えていません。
亀山宿は城下町で建物がなかなかでした。
桜と城、小田原を思い出します。
名古屋に入ってから味噌を使ったお料理を何回も食べたような気がします。
他のお店は豚肉だそうですが、ここは牛肉で美味しかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月 8日 (月) 21:12

こんばんは happy01
東海道歩きも亀山から関ですか?!京都までは、あとわずか数回ですね。
亀山は私にとってはほとんど通り過ぎる街でした。伊勢や奈良・大阪方面へ車で出かけるとき、パーキングエリアや国道沿いのドライブインに立ち寄るぐらいで、街の様子は全く知りませんでした。あらためて色んな史跡があるのだなと知った次第です。
でも、カメヤマローソクは有名です。伊勢のおかげ横丁にもお店があったと思います。

↑ の多摩NTの住人様が仰ってますが、1970年代初めまで関西本線をD51が走っていました。私が小学生か中学生のころ、関の次の加太駅へ父に連れて行ってもらい、D51を見た記憶があります。

投稿: 慕辺未行 | 2018年10月 8日 (月) 22:51

★慕辺未行さま

おはようございますsun
亀山にはパーキングエリアがあるそうですね。
名古屋からは本当奈良大阪方面はすぐですね。一度バスツアーで名古屋から高速で京都に入ったことがありましたが、ああ、これが鈴鹿なのかと広い道路に気持ち良く乗って眺めました。
おかげ横丁は歩きましたが、亀山ローソクなんて全然知らなかったので、今になると見られなかったのが残念です。
関西本線をD51が1970年代まで走っていたのですか。実際にご覧になることが出来たので良かったですね。
私は大井鉄道でC~やらに乗り損ないました。突然キャンセルされたからです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月 9日 (火) 08:27

亀山ローソクがローソク燃焼比較実験で世界1とは知りませんでした。
素晴らしいですね。
欧米では、教会やムードのあるレストランなど今もローソクを使っていたりと
向うが本場であると思っていました。

投稿: zooey | 2018年10月 9日 (火) 08:31

★zooeyさま

亀山ローソクのエピソードとして、第3次中東戦争で7年間もスエズ運河に放置されていた貨物船からカメヤマキャンドルが出てきたそうですが、炎天下の室外温度60度にも変質していなかったそうです。
ローソク、日本では仏壇で使うだけで、欧米のように使いませんね。
ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「悔悛するマグダラのマリア」の揺れる炎がきれいだと思い出しました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月 9日 (火) 08:52

体調不良ですっかりご無沙汰してしまいました。

厚木ではまったく遭わなかった追突事故でしたが
こちらに来て10年ほどの間に4度の追突被害に遭い
そのために以前から頸椎に異常が出ています。

後遺症が加齢とともに酷くなるようで、
今回は首が上下左右前後方に動かせなくなり
日常生活にとても大きな影響となりました。

一時は手術かと心配しましたが、それは回避できて
現在は回復しつつあります。

そんなことでブログ訪問がなかなかできなくて申し訳ないことになりました。

亀山は車で通過するか、ゴルフ場に行くことが多いのですが
亀山城跡や亀山公園の花しょうぶ園には何度か行ってます。

古い街並みを歩いたことがありませんので
興味が湧きます。
元気になったら歩いてみたいですね。

投稿: Saas-Feeの風 | 2018年10月 9日 (火) 11:27

★Saas-Feeの風さま

何処がお悪いのかと懸念していたのですが、そういうことだったのですか。4回も。
大切な頸椎や頸髄を損傷して麻痺になった方(星野富弘氏など)もいらっしゃることですし、ちょっとビックリしましたが、やはり後遺症ってなかなか大変な苦痛ですね。
少しは回復されたそうで良かったですが、どうぞ無理なさらず静養されてください。

亀山は城下町だったということを知らないでいました。一部しか残っていませんが、櫓だけでも存在感があります。
三重県にはこの後、関、坂下と2つも宿があります。元気になられて歩けるといいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月 9日 (火) 15:12

こんにちは
 
この回も早朝のご出立でいらっしゃいましたね。
 
古い家並み(亀山宿)や、重要伝統的建造物群保存地区(関宿)と、
どちらも歩きながらタイムトラベル気分をたっぷり味わえそうで
興味が湧きます。
亀山城跡に現在も残る櫓や石垣も往時をよく偲べそうですね。
 
カメヤマローソクは以前から知っていたのですが、この場所の亀山と
全然結びついていませんでした。迂闊ですねぇ(^^;)
亀山名物に「みそ焼きうどん」があるのですか。味噌煮込みうどんは
尾張や三河で何度か食べたことがありますがみそ焼きうどんは
初めてです~ 美味しそう、食べてみたいです。

投稿: ポージィ | 2018年10月 9日 (火) 17:14

4時半起床で東海道歩き、寝坊助の私にはとても真似できません。
三重県には個人で2度ほど行ってますが、伊勢、鳥羽、志摩しか行って無いので
tonaさんの記事が新鮮です。
亀山ローソクって有名だったのですね、ローソクなんて滅多に使わないので知りませんでした。

投稿: ラッシーママ | 2018年10月 9日 (火) 20:27

★ポージィさま

こんばんは。
いつもコメントいただくばかりでありがとうございます。
遠くなりまして、朝早くなりました。次はこの間、あの日ですが、電車接続の関係でちょっと遅かったのであんな時間にスマホからの練習でコメント入れて失敗したのでした。すみませんでした。
城下町は小田原や駿府などいくつかありましたが、ちょっと雰囲気が違って空間的広がりがあるというか、そんな感じです。
カメヤマローソクは初めて知りました。工場の前にバス停があって「亀山ローソク前」でした。
味噌煮込みうどんは名古屋の方でいただいたような気がします。もう忘れています。
これはうどんなどが鉄板の上でジュージューと音をたてて出てきました。味噌焼きうどんは底の方が卵で包まれていました。美味しかったです。

投稿: tona | 2018年10月 9日 (火) 21:38

★ラッシーママさま

夜そんなに早く寝られるわけでないので、結構寝不足、いつも電車で居眠りです。
行きの電車で眠れないことがあると結構疲れちゃいます。
私も三重県は伊勢、志摩、鳥羽しか知りませんでした。
亀山ローソクはしばらく忘れないと思います。
何時も読んでくださってありがとうございます。

投稿: tona | 2018年10月 9日 (火) 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/67251752

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次歩き29 井田川~亀山宿~関宿(1):

« 老化と古くなってきた陋屋と | トップページ | 東海道五十三次歩き29 井田川~亀山宿~関宿(2) »