« 東海道五十三次歩き29 井田川~亀山宿~関宿(3) | トップページ | 東海道五十三次歩き30 関~坂下宿~土山(前編) »

2018年10月18日 (木)

秋をそこここで満喫

●河村城跡・洒水の滝
御殿場の山北駅で降り、標識に従ってハイキングです。

             山北駅では明日走らせるSLを点検整備中

1_d5270_450x300
      山北町マンホールは富士山と丹沢湖に架かる永歳橋をデザイン
2_450x418
                    河村城址案内碑
450x300
                    城址への道
4_300x450
   畝掘が見えてきた(敵の侵入を困難にしようと堀底を畝で区切ったもの)
5_300x450
河村城址碑 河村城は平安末期河村氏によって築城されるが、足利尊氏に負けた。その後いろいろ支配者が変わったが、戦国時代に後北条の支配となり、1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐で、この城は落城し廃城となった。
450x300_2
   きのこ 久しぶりに見るきのこ。薄い色。裏返して見るのを忘れてしまった。
アシナガイタチタケとSきのこ博士さまに教えていただきました。ありがとうございます。

450x301
城址公園から見える中央の山は、東名高速や新松田駅から見える、河津桜で有名な松田山ハーブガーデンの頂上。
450x300_3
                     小田原方面
9_450x300

洒水の滝へ向かうと田圃は見事にひこばえが生えた穭田(ひつじだ)になり、稲架(はさ)が並んでいた。
10_450x300
         花 ホトトギスやミゾソバ、コスモスなど秋の花が満開
111_450x300 11_300x450

11_3_450x300 11_4_450x300_2

              道祖神 ダムを造るので移転された
14_450x300
                    最勝寺 水子地蔵
12_450x300
  洒水の滝 台風以来と言うことで水量がかなりあるのに幅の細い滝であった
13_300x450

●小布施
・浄光寺へ、小布施駅よりシャトルバスで岩松院の近くのこの寺に向かう。
浄光寺薬師堂は重要文化財で、室町時代初めの1408年に建てられたもので、こんな場所に残っていたのが貴重だ。中が暗くて、建築の細かい所や薬師如来と眷属を見られなかったのが残念。
山門の仁王さまもかなり古いことを感じさせる
21_406x450 22_450x393

              薬師堂は苔むして静かな佇まい
3_450x298

          岩松寺への道はリンゴやコスモスですっかり秋の風情
4_450x300 5_450x300

6_450x300 7_450x300

                   トリトマと岩松院
9_450x300_2
・岩松院1472年荻野氏の開基で、先日見た北斎最晩年89歳の21畳分ある「八方睨み鳳凰図」を再び見て、福島正則の菩提寺で、霊廟を拝見。
「一茶と蛙合戦の池」と小林一茶の句碑を見る。蛙はヒキガエルだそうで少ない雌をたくさん雄が奪い合う様子を、病弱な我が子に託して詠んだと言われる。
9_450x300_3
10_300x450
町へシャトルバスで戻って、栗の小径を通り北斎館へ。栗の木を敷いた小径が素敵。栗の木も植えられていた。電車の沿線に栗の木がたくさん見られた。
112_300x450
113_450x300_3
小布施堂正門 高井鴻山の祖父が1750年に立てた門で、江戸末期には勤王志士、文人墨客、そして北斎もこの門をくぐり、通算4年間も名作を描き続けた。
13_450x262
北斎館では、再び北斎86歳の作品、二基の祭り屋台の「龍・鳳凰図」と「男浪・女浪」の怒涛図を見て再び感動する。
他に企画展示で「富嶽三十六景」と「富嶽百景」を、肉筆展示室二部屋で肉筆画・美人画、花鳥画、風景画をたくさん見た。

竹風堂は行列で断念し、喜の呼庵で栗おこわを食べ、栗のお菓子のお土産をいろいろ買って善光寺へ向かう。
450x300_4

●善光寺 55年ぶりで何も覚えいなかった。年間600万人も参拝するという善光寺は無宗派という事にも驚きですが、貫主のセクハラ問題にも揺れている。

                  仁王門から山門を見る
14_450x297
山門の楼上にかかる「善光寺」の額は字の中に5羽の鳩がいるから「鳩字の額」と呼ばれている。重要文化財。
15_450x300
本堂は国宝。裳階を廻らせた二重屋根は檜皮葺として日本一の規模を誇っている。江戸時代中期の建築で、壮大な伽藍は東日本最大だそうだ。
16_450x293
16_450x300
500円払うとお戒壇めぐりが出来るのです。こんな真っ暗な世界、もしかして生まれて初めて。御利益は何じゃ。極楽の錠前を探り当てました。秘仏の御本尊と結縁だそうです。
そこから出ると、法要があったので、絶対秘仏(日本最古の仏像とか)の御本尊を安置する宮殿を一瞬拝することが出来た。

      経蔵 重要文化財。一切経が納められ、輪蔵を回すことができる。
17_450x300
善光寺参道は趣があって素敵だ。ツルウメモドキや漆喰の建物、昔の建物などを見ながらとうとう長野駅まで歩いてしまった。
18_450x300
18_450x300_2
18_450x300_3
19_300x450

|

« 東海道五十三次歩き29 井田川~亀山宿~関宿(3) | トップページ | 東海道五十三次歩き30 関~坂下宿~土山(前編) »

コメント

おやおや、いつの間にか懐かしの長野、ここも行けるかな。

投稿: 佐平次 | 2018年10月19日 (金) 09:48

ご自分で本を見て行き先を決めるんですか。
近場でウロウロしているのと違って、歴史探訪されてるのが良く分かります。
天気も少々のことでは、関係なしですね♪

御殿場から行くと、河村城址があるんですね。
そして小布施、善光寺へとアクティブなこと!
昨日は蕎麦打ちで、小布施出身の方が渋皮煮を持って来られました。
小布施から何と20kg仕入れて、何週間もかけて完成だそうです。
お店も顔負けの美味で、毎年の愉しみ♪
善光寺詣りでは、ご縁綱を持って拝観しました。
戸隠神社への道のりに、善行寺へ行く細道が多々ありますよね。
牛に引かれて行ったのかなと、昔を思いました。

投稿: だんだん | 2018年10月19日 (金) 12:41

tonaさま
河村城址のきのこは、傘裏のひだを見ないと断定はできませんが、アシナガイタチタケかもしれません。急に秋が深まり、どこへ出かけるにも良い季節になりました。善光寺本堂地階の戒壇巡り、私も2度ほどやりましたが、本当に漆黒の闇で手探りで壁に触れながら慎重に歩きました。無事、錠前を探し当てたとのこと、良かったですね。きっと、この先ご利益があることでしょう。

投稿: shikamasonjin | 2018年10月19日 (金) 15:04

★佐平次さま

ありがとうございます。
日帰りで長野へぶらりです。
わざわざ小布施の栗を食べに行ったような感じですが、北斎の肉質画でした。
しかし秋のりんごがたわわに実るのを見、北信五岳を眺めるという贅沢をいたしました。
佐平次さんはなぜか長野でなく、桐生だったのですね。内田百閒のようで面白い!

投稿: tona | 2018年10月19日 (金) 15:37

小布施は10年くらい前に行きましたでしょうか。
善光寺は20年前でまだブログをスタートしてない
頃ですので、写真が殆どありません。
この地域では親族を喪うと善光寺に参拝する
習慣があり、父の死後行きました。
母の納骨が済んだら行くべきですが、まだ
予定はありません。

丹沢は全く未知のところです。

投稿: matsubara | 2018年10月19日 (金) 15:37

★だんだんさま

いえいえ、自分一人ではなく友人とです。前から北斎に凝っている同志なので、また見たいというわけです。
友人がとても良い本を見付けてきてくれました。
余った時間に善光寺へ。
「牛にひかれて善光寺詣り」の意味も説明が書いてあったので知りました。
以前戸隠神社は奥社まで登りましたがちょっとした登山でした。善光寺へ行く細道が多くある由、知りませんでした。昔からまずは善光寺と、いろいろな道があったことでしょうね。

小布施はこっちが目的だったのではないかと言うくらい、栗おこわを求め、栗のお菓子(細いモンブランは一日前の15日に終わってしまってがっかりでした)を求めて彷徨っておりました。
小布施ご出身のご友人、もうただただ感心するばかりです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月19日 (金) 15:48

★shikamasonjinさま

暑かった夏から解放されてほっとしています。元気が出てきます。
アシナガイタチタケ・・ありがとうごございます。裏を見忘れました。今まで教えていただいたきのこの写真を見たのですが、とても薄い色で見当たりませんでした。

戒壇巡りを2回もされたのですか。そう、漆黒と言う言葉がぴったりの世界でした。
この先のご利益があることを願っています。

投稿: tona | 2018年10月19日 (金) 16:01

★matsubaraさま

まあ、そちらでは親族を亡くされると善光寺へいらっしゃるという習慣があるのですか。
昔からずっとなのでしょうね。
学生時代に行ったきりですので、もう何も覚えていませんでした。
本堂が国宝とは!奥行きがあり、大きな教会のようです。
日本もあちこち宝がいっぱいなのだと思いました。
御殿場線ってあまり乗ったことがないのですが、今回は数駅だけ乗りました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月19日 (金) 16:08

こんばんは happy01
小布施は訪れたい街の一つでした。信州へは何度も行っていましたが、当初は小布施の街の名前さえ知らず、20年ほど前に知ったと思います。以来、いつか訪れたいと思いつつ叶わず。
善光寺もやはり訪れたことがなく、こちらもいつかは・・・と思っていました。
私の現状そして先を考えると、とても行けそうにないので、こちらで楽しませていただきます。
実は愛知県内にも善光寺(稲沢市祖父江町)があり、そこで戒壇巡りができます。私はそこで一度だけ体験しました。

投稿: 慕辺未行 | 2018年10月19日 (金) 23:09

tonaさん、おはようございます♪
短期間にいろいろな所に行かれたのですね。
河村城跡・洒水の滝は私も今年の3月初めに行きましたが、
滝の水量が少なく、ちょっと残念だったことを思い出しました。
この時期は緑も濃く、滝の水量もあり綺麗です。
小布施と善光寺は15年前の今頃、善行寺は坂東33観音巡りの
お礼参りに4年前の9月に行っています。
どちらも懐かしく思い出しましたが、小布施の栗の小道は
気が付きませんでした。ツアーでしたので、時間に追われて
急ぎ足で北斎館を往復したからかもしれません。
素敵な小道ですね。
善光寺のお戒壇巡りは神秘的でしたね。
右手で腰の高さの壁を伝って真っ暗闇の中を進みましたが、
はたして極楽往生のお約束はいただけたでしょうか。
貫主のセクハラ問題には呆れてしまいました。

投稿: hiro | 2018年10月20日 (土) 06:01

★慕辺未行さま

おはようございますsun
私も信州は山や湖、池など合わせると一番行っている所かなあと思います。
小布施は3度目、忘れている所、新しい発見があります。
善光寺は殆ど初めて行ったようなものです。何一つ覚えていませんでしたから。
稲沢市がどこのあるか調べて見ましたら、名古屋駅から近いのですね。
そこの善光寺でも戒壇巡りができるのですか。
いやはや怖くはなかったけれども凄い体験でした。
お体如何でしょうかね。なかなか根治が難しそうで大変ですが少しでも楽になるようお祈りしています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月20日 (土) 08:49

★hiroさま おはようございます♪

河村城址・洒水の滝はhiroさんのブログで先に拝見していたので親近感がありました。
今回の滝は水量が多いと出店のおばさんに聞きました。長いから華厳の滝のように細く見えました。やっと有名な洒水の滝が見られて大満足です。
最近行った小布施はツアーでしたから栗の小道はあったはずですが、私も何も気がつきませんでした。
善光寺は観音巡りのお礼参りにいらして、戒壇巡りもされたのですね。
こんな事があることさえ知りませんでした。
私も極楽往生を信じたいです。
貫主の問題、まだ居座っていらして解決に至ってないようですね。せっかくの善光寺の名前に傷がつくことでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月20日 (土) 08:59

泗水の滝・・・読み進めると小布施???
なんとまあ、フットワークの好いこと!
びっくりしました。
厚木にいるころに当時は小学生や幼稚園児だった子どもたちを連れて
泗水の滝を目指しドライブしたことがありましたが
もう40年近く前になりますかねえ。
どこかに写真が残っているはずなのですけどね。

長野には社用で行ったきり、善光寺も標識を横目にしたのみになってます。
ゆっくり旅をしたいものです。

投稿: Saas-Feeの風 | 2018年10月20日 (土) 14:49

★Saas-Feeの風さま

山北方面は今年いっぱいで終わりになる同好会で行きました。高齢化です。
私も夏の間は外国と7月9月の東海道歩き以外は全然出かけませんでしたが、やっと重い腰を上げて参加しました。
Saas-Feeの風さまも洒水の滝にお出かけになったのですか。遠い日の思い出になりましたね。
長野は友人と気ままに日帰りで出かけてみました。北信五岳がきれいに見えていてなかなかにリフレッシュできました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月20日 (土) 18:45

私は旅行で一番多く行ってるのが長野県ですが、小布施はまだ行った事が無いのです。
小布施に浄光寺薬師堂があるのですね、知らなかった・・・
山門の仁王様も1408年に建てられた薬師堂も古いのが分かりますし貴重ですね。

善光寺は行った事が無かったのですが、「牛にひかれて善光寺詣り」の諺があるくらい有名なので
是非行って観たいと思い3,4年前に行きました。
その後去年?だったか「布引観音」に行ったら牛の像がありましたが
牛を追っかけて老婆が観た観音様が布引観音様だったようですね。
私も布引観音に行って、善行寺との関係を知りました。

投稿: ラッシーママ | 2018年10月21日 (日) 17:43

★ラッシーママさま

お帰りなさい。
小布施まだでしたか。
北斎の絵があり、高井鴻山の家やお墓もありますね。
栗おこわやお菓子なども美味しいです。

「牛にひかれて善光寺詣り」、私は意味も知らないでいました。
今回戒壇巡りなどの体験もしてなかなか有意義でした。
布引観音も行かなくては片手落ちなのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月21日 (日) 19:49

こんにちは。御殿場から小布施?別の日ですね。御殿場のSLはまだ現役でしたか。いつか乗ってみたいです。善光寺に行ったのはもう30年前ですね。懐かしいです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年10月22日 (月) 08:52

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
快晴が2日続いて見える富士山は真っ白ですね。
御殿場線に乗ったのは13日で翌日14日の日曜日に運転すると聞きました。あちこち整備をしていました。ここもSLが時々走っているのですね。
小布施と善光寺は16日に行ってきました。ツアーでないのでお天気を選んででした。
善光寺は何時も混んでいるのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年10月22日 (月) 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/67287766

この記事へのトラックバック一覧です: 秋をそこここで満喫:

« 東海道五十三次歩き29 井田川~亀山宿~関宿(3) | トップページ | 東海道五十三次歩き30 関~坂下宿~土山(前編) »