« モロッコ周遊(最終回) | トップページ | 名古屋城・徳川園・徳川美術館観光 »

2018年12月 9日 (日)

高野秀行著『辺境メシ』~ヤバそうだから食べてみた~

木枯らしも吹かなかった暖かだった11月、12月になってもまだエンジェルストランペットが咲いていましたが今日枯れました。
125_450x300

300x450
tona自虐本・・・高野秀行著『辺境メシ』~ヤバそうだから食べてみた~

打撲した時にすぐ骨密度を計測され、血液検査のための血を抜き取られた結果、転落4日後にはもう骨粗鬆として薬を飲むことになりました。
11日間飲んだとき、書いてある副作用の中で、食欲不振、下痢の症状が突然現れ、即、勝手に薬をやめても1週間以上続き、おかゆとスープと栄養補給剤で安静に過ごしていました。
静かに歩けるようになって自虐本として買ってきたのが『辺境メシ』。
何しろテレビで美味しそうな食べ物を見ても顔を背け、無理に口の中に押し込んでいた状態だったのに、もっと凄い食べ物を見て、普通の食べ物が美味しく見えるか、いえいえ自分を虐めちゃえという心境。

いやはや高野さん、どこの国の”うえっ”というような食物、飲み物も全部一人だけでも試してしまうのですから、もう驚きを越えて同じ人間かと呆れてしまうほどでした。
小さい頃胃腸が弱かったという著者が、なぜ辺境ばかりに行って変な食べ物を口にして美味しくて満足したり、まずくても味わったことを喜んだりしているのか、本当に変わった人だと思います。
以下、今まで聞いたことのある食べ物や驚いた食べ物
<アフリカ>
ゴリラ・チンパンジーの肉や猿の脳みそ。蟻。ラクダの肉、ラクダ乳丼。デーツは過酷な砂漠マラソンの必需品。

<南アジア>
羊の脳みそと睾丸。水牛の生肉、皮、脊髄リンパ液、頭全部、髄液胃袋包みカリカリ揚げ。

<東南アジア>
巨大蜘蛛の唐揚げ。虫の缶詰(モグラコオロギ、ゲンゴロウ、蚕のさなぎ、バッタ、赤アリの卵)。大ナマズのトムヤム。
虫のサンドイッチや虫のピザ。田んぼフーズ(蛙、おたまじゃくし、ムカデとイモムシを掛け合わせたようなガムライケーン、その他ゲンゴロウなど)の水煮。
ネーム(豚の生肉発酵)・・これは最高に美味しいそうだ。

<日本>
猛毒フグの卵巣の糠漬け。ツチクジラ。猫を狂わす「ちゅーる」。ワニ(鮫)のバーガー・ソーセージ・サブレ。

<東南アジア>
ホンオ(韓国のエイの発酵食品)は世界で2番目に臭く恐ろし事になる食べ物。ちなみに1番はスウェーデンの「シュールストレミング」・・食べた後で失神したり入院したりする人が大勢いるとか。
虫と言えば、バッタ、タランチュラ、セミの幼虫までは聞いたことがあるが、巨大ムカデとサソリを作者は間違って生で食べた、きゃー。唐揚げにしたら美味しかったそうだ。
豚の生血の和え物。山羊の胃の中のものスープ。中国最凶の料理・胎盤餃子。

<中東・ヨーロッパ>
イランのチョウザメ肉。上記のシュールストレミング。臭さを形容した言葉が数々あるけど、それはそれは凄い。トルコの2.5cm四方の皮に包む極小餃子。

<南米>
ペルーの蛙丸ごとジュース。ヒキガエルジュース。アマゾン蛇のスープ。アンデスの巨大ネズミ串焼き。ペルー・アマゾンの口噛み酒(普通の醸造より美味しかったそうな)。
幻覚剤ヤヘイで1時間なのに千年間も旅をしてしまった幻覚剤を試す。

著者はヘンな食べ物探索がライフワークなのだそうであり、今や消えようとしている世界の伝統食品を消える前に早く食べに行かねばとおっしゃる。

読んでいるうちに時が経って私の副作用が消えたのでありますが、もう写真と文章で想像するだけで何一つ食べたいと思わない。以前にも書いたように唯一の私の食の冒険がイモムシの焼いたのであります。

そんな折も折、山友だち(80代の男性)が春から痩せた(伝聞)そうで、すい臓がんと言うことを本人から電話で知りました。入院せず、今は病院に腹水を抜きに通っていて殆ど食べられないとのこと。でも癌の治療は一切しないと言っています。さすが山男、凄いのですが、物を食べられないという憂き目、辛い日々ですね。tonaさんは無理にでも飲んだり食べられるだけいいよと言われました。全くその通りです。

|

« モロッコ周遊(最終回) | トップページ | 名古屋城・徳川園・徳川美術館観光 »

コメント

我が家のエンジェルストランペットは
オレンジ色です。台風のあった9月に終りました。
黄色も明るくてよろしいですね。

聞くだに恐怖の食べ物をどんどんお食べに
なるとは、つわものですね。
とても真似はできません。
ハチノコなども栄養豊富と聞いていますが
まだ体験していません。
世界不思議発見で、女性が平気で爬虫類を
食べているのを見たことがありますが、
勇気あるなあと感心しているだけです。

投稿: matsubara | 2018年12月 9日 (日) 19:23

今日の読売新聞の読書欄に書評とともに紹介記事が載っていました。興味深いので図書館から借用できるようになったら読んでみるつもりです。でもあまり変なものを食べると、時間が経ってからウイルス性の肝炎や寄生虫が原因の重篤な病気にかかることもあるので、お勧めできません。まあ。試してみようという人もいないでしょうが・・。

投稿: shikamasonjin | 2018年12月 9日 (日) 21:02

こんばんは(^o^)/!
いやはや・・・この本の著者、すごいものを食べていますね。料理されて出てきたものが、何なのか分からなければ食べられても、それが何であるかを知ったら、私だったら食べられそうもないです。
カンガルーやダチョウ、ワニの肉なら食べたことがあります。水牛やヤクの肉はとても美味しかったです。

投稿: 慕辺未行 | 2018年12月 9日 (日) 22:27

★matsubaraさま

オレンジ色のエンジェルストランペットって殆ど見かけませんね。
黄色は一番強いです。でも冬は下まで切って部屋の中なのです。鉢が重いからもうそろそろやめなくてはというところです。

この方に匹敵する人は何人かおられるようですが、有名な人は小泉武氏、石毛直道氏でしょうか。この方たちは学問的に探求していらっしゃるからまた別の面が見られますね。
しかし高野氏の場合はもうびっくりの連続です。
私も小さい頃のイナゴがせいぜいでハチノコはまだです。
そうでしたね、不思議発見では勇気ある女性が多いですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年12月10日 (月) 08:32

★shikamasonjinさま

読売新聞にも載っていましたか。私は買ったあとですが、数日前に毎日新聞で大きく取り上げていましたので驚きました。

>時間が経ってからウイルス性の肝炎や寄生虫が原因の重篤な病気にかかることもある・・・
本当にそのことが気がかりですよね。まだ52歳の若さ(何でも自分と比較する)ですから、元気ですね。
おしゃるように試す人は友人中の数人のようです。
しかし小さい時胃腸が弱かった人の変身ぶりが不思議です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年12月10日 (月) 08:39

★慕辺未行さま

おはようございます。
この中の殆んどは食べられそうにないです。
世界にはこんなものまで食べて生き続けてきた人々がいたんだと、その環境に同情したり、そこに生まれからにはどうしよもないのだ、あるいはそれが一番美味しい彼らの食べ物だと思ったりいたしました。
慕辺未行さんは結構いろいろ召し上がっているのですね。
ワニは一度試したかったです。今は結構ですが。水牛やヤクは美味しいのですか。水牛は牛ですものね。牛肉は美味しいのに、高くて1年通して殆ど食べられません。
ダチョウは鶏肉風かしら。カンガルーは想像できません。ウサギは食べたことがありますが、蛇はどうしてもだめです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年12月10日 (月) 08:48

タイで昆虫の唐揚げを道ばたで売っていたのは友達の手前もあってむしゃむしゃ食いました(うまかった)けれど、生系はダメそうです。
蜂の子は大丈夫、ご馳走です。
刺身を食うのだから、馴れればいけるのかな。
中華料理で蛇など知らない間に食べていますし。

投稿: 佐平次 | 2018年12月10日 (月) 10:15

こんにちは
 
長いこと咲き続けて楽しませてくれたエンジェルストランペット、
とうとう枯れたということは霜が降りましたか。
暖かな11月と12月の始まりのあと、一気に真冬ですものね。
 
自虐でこの本を読まれたとは。
tonaさんのご紹介を拝見するだけで顔が歪んでしまいました。
日本で伝統的に食べられてきた昆虫類でも食べる気になれませんのに、
世界にはなんとすごい食べ物が色々あるのでしょう。
命を奪ったものは脳だろうと脊髄だろうと食べ尽くすのが礼儀
かもしれませんが、カエルの丸ごとジュースなんて想像するだけでもダメ。
私は食糧難でサバイバル生活を強いられたら、早々に脱落組に
入りそうです。今こんなこと言っていても、実際に酷い飢えに
苛まれたらコロリと変わるのかもかもしれませんが。
オーストラリアで食べたワニ・バーガーは美味しくいただけましたが。
小さいとき胃腸が弱かった方が、用心深くなるどころか
真逆の道を歩んだことも驚きですね。

投稿: ポージィ | 2018年12月10日 (月) 10:53

tonaさん、おはようございます♪
白いエンジェルストランペットを10年前頃まで育てていましたが、
3~4年で枯れてしまいました。オレンジ色もすてきですね。

『辺境メシ』という本が出版されていることは知っていましたが、
読みたいという気持ちはおこりませんでした。
骨粗鬆のお薬は、近所に住む同い年の友人が、
自転車に乗っている時転倒し、左ひじを骨折して、
飲んでいることは聞きましたが、
副作用のことは話しておられませんでした。
3ヶ月後には骨密度が上がったとかで、喜んでいましたが・・・
酷い副作用があって大変でしたね。
その『辺境メシ』の内容を知って、いやはや驚きました。
こんなものを食べるのなら、死んだ方がましだとも思いましたが、
人間、何も食べられなくて死ぬほどの窮地に立たされた
なんでも食べられるのかもしれませんね。
高野さんは飽食の日本に育ちながら、あえてゲテ物食いをする
わけなので、ある種、凄い人だとも思えます。

投稿: hiro | 2018年12月10日 (月) 11:14

★佐平次さま

あらー、中華料理で炒め物の中に蛇が潜んでいるかもしれないのですね。あって不思議でない話です。中国や中華街は行かないからもう大丈夫。
蜂の子は長野県の特産品でしたっけ。いちど食べてみたいとは思っています。イナゴは小さい時の記憶だけでもういいです。
おぉ!タイで昆虫のから揚げ召し上がったのですね。
なんでもこれらの中にはとてもお酒に合うものが多いとか高野氏が書いておりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年12月10日 (月) 13:41

★ポージィさま

いよいよ冬将軍のお出ましで萎れた花を見て可哀想そうになりました。

薬に弱いという自分に初めて遭遇という感じです。今までアレルギーもなく来たのでしたが。ただ胃を荒らす薬は怖いですので必ず胃薬をつけてもらっています。
やかり骨粗鬆の治療薬はそれなりに効き目があるのですね。効けば背中も腰も曲がらずにとてもいいのですが。
血液検査によればカルシウムもビタミンDもちゃんと採れているのに吸収できていないということで、うまくいかないですね。つまり薬で吸収できない分を多く取らねばならないということですから、食べ物や日光浴だけでは無理ですね。

私もこんなの食べるくらいなら死んだ方がましです。今「食べる西洋美術史」を読んでいましたら、人肉を食べる話が出てきました。
ポージィさん、ジェリコーの『メデュース号の筏』をご存じですよね。この絵には表されていないらしいですが、これも人肉を食べて何百人のうち12人残ったそうです。南米の飛行機事件もありましたね。
ということは死を選ぶ人もいるでしょうが、あくまで食べて生き残ろうとすることもあるのですね。平和ボケで胃腸が我儘な私はいちころです。
ありがとうござました。

投稿: tona | 2018年12月10日 (月) 14:04

★hiroさま こんにちは♪

一頃、白とピンクと黄色三色育てていましたが水やりが大変と、重いので家の中へが無理で一番強い黄色のみ残しました。
これももういつやめるかの問題になってきました。この頃そうした面で凄く寂しいです。
まあ、皆さんのブログで楽しめばと気持ちを切り替えました。

ご友人はこの骨粗鬆を治す薬が大丈夫なのですね。副作用は100人に一人ですって。私は残念ながらその中に入ってしまいました。
今まで何でも普通の所にいた私でしたが、こんなところで少数派に入ってしまって、こういった点でも情けない77才となってしまいました。
嘆いてばかりもいられませんので気持ちだけは強く持とうと、自分を励ましているところです。
窮地に立たされた戦中、敗戦後の人々は逞しかったですね。悲しいお話もいっぱいありますが総じてみんな出来ないようなことまでやったのですからね。いざとなったら・・しかしこの本の中の一部はとても実行できません。
ありがとございました。

投稿: tona | 2018年12月10日 (月) 14:19

すっかりご無沙汰してしまいました。
その間にもコメントをくださっていて感謝しております。
一日だけ休むつもりでいたのですが
いろいろ出てきて時間的にも気持ち的にも余裕が無くなりまして
更新はするものの、皆さんのブログを訪問できないため
コメント欄をクローズしておりました。
愉しみにしていた会社OBゴルフコンペも
ドタキャンをしてしまう破目となりましたが
なんとか状態が好転したのでブログに復帰しました。

世の中には、食べられるものは何でも食べようとトライされるかたがおられるものですね。

フグの卵巣の粕漬は酒の肴ですよね。
何度か味わったことがありますよ。
ご紹介されている他のきわものと同レベルであるとは
とても思えないのですけどねえ。

イナゴの佃煮も美味しかったですよ。
子どものころには、普通に売られていましたが
今では貴重品になっているのでしょうか、
見かけることがありません。

しかし、凄いものばかりで、Saas-Feeの風は
とても口にする勇気はありませんねえ~。

投稿: Saas-Feeの風 | 2018年12月11日 (火) 14:29

★Saas-Feeの風さま

いろいろな不都合が出てくるものです。
私もドタキャンの連続、暫く約束なしの寂しい手帖になりました。書いてあるのは医者ばかり。
お大事になさってください。
フグの卵巣の糠漬けと書いてありましたが、風さまも召し上がって美味しかったのですね。いかにも酒のお友という感じ。

イナゴは私も小さい頃食べました。長野県に行くとあるのでしょうか。蜂の子と一緒に。
私もこの中では殆ど食べてみたいと思うものがありません。
世の中には毎日のようにいろいろな人がいることを知らされ、驚きの連続ですが、このような人も驚かされますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年12月11日 (火) 16:56

こんにちは。世の中にはいろいろな食べ物がありますね。イナゴの佃煮は食べますが、ここに挙げられたものはとても食べられません。

投稿: 多摩NTの住人 | 2018年12月12日 (水) 08:36

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
作者はこの中にあげてある食べ物は半分以上は美味しいと書いていますが、勇気もあるし、好奇心がこちらに傾いて面白い人ですね。
イナゴの佃煮、子供のころ食べたきりで、今はもう食べたくありませんで、私もこの中では何も食べたくないです。
まあ、日ごろ食べている食べ物をありがたく思いました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年12月12日 (水) 08:56

私も読売新聞の書評で読みました。
世の中には奇特な人がいるものだと思いましたが…
私も根性なしで、ここに書いてあるものなど、とてもじゃないが食べられません。
暫く前に、オーストラリアでナメクジを食べた男性が
その後数年間寝たきりになってついに亡くなったとニュースで知りました。
そんなこともあるのだと驚きました。

投稿: zooey | 2018年12月14日 (金) 21:57

★zooeyさま

偶然ながら同じころ毎日新聞でも大きく取り上げられていました。
わざわざ私もこんなものを食べに行かなくても結構です。
一つとして食指が動くものがありません。
しかし世界にはこういうものしか食べられないという地域もあるのですね。昔から食べ物がそれしかないから体に順応している。魚を生で食べる日本の刺身や寿司は世界に浸透しましたが、食べ物の優しさが違いますものね。
そうですか。ナメクジで亡くなったとは!
この方もいろいろ変なものを食べすぎて病気になるのではと書いておられる方がいましたがさもありなんです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2018年12月15日 (土) 08:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/67466016

この記事へのトラックバック一覧です: 高野秀行著『辺境メシ』~ヤバそうだから食べてみた~:

« モロッコ周遊(最終回) | トップページ | 名古屋城・徳川園・徳川美術館観光 »