« 皆さま、良いお年をお迎えください。 | トップページ | 外濠を歩く(1) »

2019年1月15日 (火)

リラックマ状態ですが、もうちょっと。

お久しぶりです。1月ももう半ば、もう1ヶ月寝ております。
病名はどう呼ぶのかわかりませんが、感染性の腸炎のようで、ここにきてやっと少し良い方に向かっているようです。
半月ばかりは本も読めない状態でしたが、今年に入っていろいろ楽しんでいたのですが、昭和49年発行の『世界の歴史』全16巻に手を付けたら小さな字で約500頁、2巻目に入りましたがきっと途中で投げ出すでしょう。(2巻目は塩野七海氏のギりシャ人とローマ人の物語20冊近くがこの1巻で終わってしまった)

毎日がリラックマ状態、幸い家族が今まだ元気なので面倒を見てもらっていますが、一人だったらと思うとぞっとしました。
いずれそうなるかもしれないし、反対になるかもしれないし、ちょっと死の淵を覗いたような日々でした。
そんな折、昨年9月に亡くなった樹木希林さんの『一切なりゆき』を読んで、結婚生活やいろいろ驚くことが多い中、大女優さんが靴は長靴入れて3足、あの素敵な洋服はもらいものか、ちょっと手を入れてアレンジしたとか。下着はよその亡くなった御主人の新品のをもらってゆったり着ているとか、家具は捨てられた昔の物を手入れして使っているとかで、ほとんど何もない生活で実に快適と書いていました。共感しました。そして全身癌でありなから6年間も、特に最後の1、2年は未封切りも含めて随分たくさんの映画に出演されている。
特に治療もせず、「痛い」じゃなくて「ああ、気持ちいい」と言い換えるとか、いろいろな症状も感じるけど、感じないようにしていて、知らんぷりしているそう。凄い方だ!

娘からも、水前寺清子の「三百六十五歩のマーチ」
      しあわせは 歩いてこない
      だから歩いて ゆくんだね
      一日一歩 三日で三歩
      三歩進んで 二歩さがる
      人生は ワン・ツー・パンチ
      汗かき べそかき 歩こうよ・・・
を贈ってもらい、11月5日から約2か月半やっとここまで漕ぎ着けたところです。
これから先はこのようなことの連続にならないとも限らないわけで、あまり心が強くならない自分を叱咤激励して進むしかありません。

今年もまたどうぞよろしくお願いいたします。、

450x422 231x450


393x450 191x450_2








|

« 皆さま、良いお年をお迎えください。 | トップページ | 外濠を歩く(1) »

コメント

tonaさん、こんにちは。
 
PCに向かうことがお出来になったのですね (←感涙です)
>少し良い方に向かっているよう
とのお言葉に、詰めていた息が解き放たれるようでした。
どうかここから先は、日にち薬でご回復となられますように。
お焦りにならず、そうそう、リラックマ気分でまいりましょう。
気付いたら、あら、ずいぶん元気になってたゎ、となられますよ、きっと。
樹木希林さんの『一切なりゆき』は私も買い求めました。
読むのはこれから。心の持ち様等々、私も色々教わろうと思います。
 
コメント欄が開いていましたので、思わずコメントしてしまいましたが、
お返事のご心配はなさらないでくださいね。 


投稿: ポージィ | 2019年1月15日 (火) 17:10

★ポージィさま

こんばんは
今日は思い切ってPCを開け、2時間ほど起きていました。
お陰様で、1ヶ月したら急に、おしゃるように日にち薬で少しずつ良くなって行くような感じです。まあ、又後退しても悲観せずにいきたいと思います。

『一切なりゆき』を購入されたのですね。私は2度ほど読みました。実に驚くような考えをされる方ですね。教えられることが多かったです。このように病気になった時も考えればよいのだと、気がつかされました。
いろいろ励ましていただき、温かいお言葉をありがとうございました。

投稿: tona | 2019年1月15日 (火) 18:52

長いこと更新されなかったので心配しておりました。
とりあえず快方に向かわれたようで何よりです。
「一切なりゆき」は私も新聞で広告を見て気になっていました。
人生で一番得したのは不器量であったこと、のようなことを言われてましたね。
映画の中での存在感も凄かった。
つくづく強い方ですね~!

投稿: zooey | 2019年1月15日 (火) 23:55

東海道53次を踏破されてようとしておられるのですから、
病に伏されるすがたが想像できません。

でも病ともうまくつきあい、世界史まで読破
されてしてすばらしいです。

時間の有効活用ですね。さすが・・・

ずっと気になっていました。
とにかくPCに立ち向かえるのですから大丈夫です。

樹木希林さんは、悠木千帆の時から注目されていましたね。
「ただいま11人」の女中役が褒められていました。
もう50年以上前の話ですね。ここまで息が長い
役者さんとは思わなかったです。
自分で女優でなくて役者と言っていました。

投稿: matsubara | 2019年1月16日 (水) 07:58

★zooeyさま

ありがとうございます。
あまりに長いともう治らないのかと悲観的になったり暗くなったり、心の葛藤がありました。病名や原因がわからないのも焦りの原因でした。しかし世には難病を含めていろいろな病気と闘っている人が多いのも事実。私なんか笑い飛ばされそうです。
不器量と言えば、あの富士フィルムのCMも面白いですね。ドラマなど全員が超美女、美男子では成り立ちませんもの。
独特な希林節ももう聞かれなく見られなくなると思うと寂しいですが、私たちにその強さを残してくれました。

投稿: tona | 2019年1月16日 (水) 08:36

★matsubaraさま

お見舞いありがとうございました。
昔と違って様々な得体にしれないウィルスが蔓延して人の弱みに付け込んでくることがわかりました。年齢を考えてゆるゆるとですね。

悠木千帆時代の若くて老け役見事でした。
なるほど女優でなく役者に徹していらしたのですね。
晩年の作品もまだ見てないのが多いですがなかなか味があっていいです。チャンスがあったら観てみたいです。

投稿: tona | 2019年1月16日 (水) 08:43

こんにちは。1ヶ月以上も寝ているというのはつらいですね。快方に向かっているということで、良かったです。どうぞお大事になさって下さい。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: 多摩NTの住人 | 2019年1月16日 (水) 08:45

新年早々、大変でしたね、ってまだ進行形ですか。
これだけの記事が書けるのですから、もう大丈夫と思いますよ。
面倒を見てくれる人がいる幸運を大切にお大事になさってください。
樹木希林さん、亡くなっていっそうその人生が輝きを増したような気がします。
もっともそんな言葉を嫌う人でしょうね。

投稿: 佐平次 | 2019年1月16日 (水) 09:24

★多摩NTの住人さま

すっかり高齢者、まだ病院の中でないのが幸いです。上には上がありますからね。
寝ているとさぞかし瞑想にふけって良い考えが浮かんでくると思いきや逆でした。
人間が全然できていないのを実感でした。
今年もよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年1月16日 (水) 10:02

★佐平次さま

病気をしていろいろ悟る人が多い中、私は全くそんなことなく、鬱々と過ごし、そんな中やはり読書ができれば最高な気分になれました。

樹木希林さんはけた外れの方ですね。
ブログを書かれていらっしゃる方たちの中にもそんな貴重なお友達がたくさん佐平次さんにはいらっしゃいますね。佐平次さんこそ輝いて見えます。あちこちお具合が悪いことを差し引いても。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年1月16日 (水) 10:09

tonaさん、こんばんは~♪
ブログが更新されていなかったのでどうされたのかと
心配していましたが、回復に向かわれている様子に安堵いたしました。
『世界の歴史』、よく読まれましたね。
私は数行で投げ出してしまうかもしれません。
樹木希林さんの『一切なりゆき』は興味がありましたがまだ読んでいません。
樹木さんらしいことが書かれていると思いました。

「三歩進んで 二歩さがる」・・・
きっとよくなりますよ。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: hiro | 2019年1月16日 (水) 19:37

★hiroさま

おはようございます♪

お陰様で多分また戻ることもあるでしょうが、前進していると思います。ご心配いただきありがとうございました。
寝ているだけだと頭も惚けるのですね。運動しないとコレステロールも増えて医者に指摘され検査までさせられています。運動するとすぐ元に戻ると思うのですが。

希林さん、ずっと映像やテレビ出演で知っていたのに、こんな凄い方とは亡くなるまで知りませんでした。強い方がおられることに驚くとともに勇気をもらいました。
日の入りも遅くなってきてどことなく春の兆しが感じられます。まだこれから雪も降りそうですが。
寒い中にhiroさん宅はお花が満開で温かさに満ちていますね。

投稿: tona | 2019年1月17日 (木) 08:31

暮以来ブログの更新が無いので心配していましたが、やっとブログを書けるようになったのですね、良かった。
確かに一人暮らしの時に病気になったらと思う事もありますが
リラックマさんも言ってるように、前もって不幸な事を心配するよりも
その時がきたらなるようになるさ・・・クセラセラで行きましょう。

樹木希林さんですが、あの方は存命中より変わった考え方をする人だと思ってました。
常識では考えられない行動をして、他の方ならそっぽを向かれそうな事でも
希林さんは通じるのですから人間味なのでしょうか。

話しは一寸ずれますが、以前頸椎の手術後に3カ月ほど太いカラーを付けられ
首を下に向ける事が出来ず自由が奪われ鬱状態になりそうだった時
夜明けの来ない日は無いとブログ仲間から慰められたのが凄く心強かったです。
tonaさんも快方に向かってらっしゃるのです、もう少しの頑張りですよ。

投稿: ラッシーママ | 2019年1月17日 (木) 10:56

★ラッシーママさま

お陰様でやっと起き上がってPCに向かう元気が出てきました。お見舞いありがとうございました。
リラックマ精神大切ですね。心配し過ぎになるのが体が弱っている時、この精神で行かなくては。
頸椎の手術をされたのですか。それは大変でしたね。「夜明けの来ない日はない」・・確かに勇気がもらえますね。
鬱状態の時はよほどのことがないとなかなか心が晴れません。私もいろいろ励ましてもらったり本を読んだり、紆余曲折してここまできました。普通でいられることのありがたさが、そのうちもっとわかると思います。
希林さんの考え方にも元気がもらえました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年1月17日 (木) 18:36

一か月も寝てて何を考えますか?
人間不調な時は、なんでもネガティヴに考えががち。病は気からと言います。
「痛いと思うから痛い」他のことに気を採られていると、夢中になると痛いことすら感じない。楽しい時は時間を感じない。
「火事場のバカ力」とよく言いますが、人間その時は全くほかのことを考えず、また考える暇もない。一つのことに集中してるから。
私も近くで火事があり、延焼しそうになり、家具を運びだしました。普段は持てないようなものを一人で運んだようです。後で見て驚く始末。
 樹木希林さんは、ほんとは人を気遣う繊細な
性格の人らしいと言ってる人もります
あの飄々とした態度は達観してるからと思います。長年培ってき経験から生まれたことかもしれません。
 よく眠れない時もあります。寝よう寝ようと思うからなお眠れない。でも何時の間にか寝てる。人間の行動は本能的に従順な時に望みどおりに行われるもの。
逆らうから不自然になる。
 
 野生の動物は、怪我でも病気でも、自分の持つ免疫力、知恵、治癒力によって克服する。
人間だって持ち合わせているはず。

 現代は医学、薬に頼り過ぎ。11月の初めごろから風邪気味で熱はないが咳がひどく苦しみました。あらゆる咳止め薬を試み。複数の医者にもかかりました。でもよくならず、ある医者には年だから焦ってはいけないとまで言われました。薬は諦め、お湯の蒸気を吸い込み、咽喉を潤し、吸入役を併用したら治りました。
原因は空気の乾燥によるもの。なんてことはない。全く平凡な療法でした。
いろいろ理屈つぽいことばかり申しましたが、私なりの経験と、考えを述べました。ごめんなさい。

 。

投稿: 夢閑人 | 2019年1月17日 (木) 20:22

★夢閑人さま

私よりさらに人生経験豊富な夢閑人さんのおっしゃること、本当にごもっともだとかみしめました。
ネガティヴになってしまう、それが二歩進んで三歩下がる日もあったりでますますもうだめなのかと思ったりの日々でした。
しかし一人だと思ったらそんなこと思っている暇ないですよね。何でも自分でこなさなくては。人の手も上手に借りて、きっともっと仰る火事場の馬鹿力ではありませんが、上向きになれたはず。つくづくいろいろ考えた長い2ヶ月でした。まだこれから治療することもあって樹木希林さんの様に考えて、強くならねばと思いました。
逆らうということも良くないのですね。
本当に野生の動物は医者の世話にもならず、自然に死んでいく、その逞しさに感動します。

私もかつて咳で悩みました。今は加湿器が友達です。日本人は乾燥に弱いのですね。冬はそういった意味で気をつけなければなりません。
色々なお言葉身に沁みました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年1月18日 (金) 08:08

こんばんは
その後、お体の具合いかがでしょうか?
少しでもPCと向き合える時間が取れるようで、ちょっと安心しました。しかし、決してご無理なさらずご自身のお体第一に!

投稿: 慕辺未行 | 2019年1月18日 (金) 23:16

★慕辺未行さま

おはようございます
お陰様で昨日通院が終わりまして10日ほど薬を飲めば終わりで、急に良くなりました。
年を考えてゆっくりと生活するようにしたいと思っています。
お見舞い有難うございました。
慕辺未行さまも早く治られると良いのですが。

投稿: tona | 2019年1月19日 (土) 08:15

ご旅行時以外は週に二回、まめに更新なさっていたtonaさまのブログ、、、
しばし新しい記事がUPされずに心配しておりましたが、だいぶお元気になられたとの事安堵いたしました。

モロッコから帰国して以来色々ありましたね。
tonaさんがインフルエンザA型に罹られたとの記事を読み、私はすぐに予防注射の予約をしたものです。
その後も次々と・・・?
一人暮らしの私が同じ状態になったらどうなるのだろう?と、恐ろしくなりました。
最終的にはリラックマ状態で、なるようにしかならないという心境なのですね。
樹木希林さんの樹木希林さんの『一切なりゆき』も読んで見たくなりました。

投稿: nao♪ | 2019年1月20日 (日) 10:59

★nao♪さま

はい、モロッコから帰ってから途中2度ほど出かけましたが、あとはあちこち医者通いの2カ月半でした。80代に入ったらこんな事もと思っていましたが、私に限り、老化がこんなに早くに一度に押し寄せるとは!呆然としました。
まあ、気を取り直して完治したら無理しないようにと思っています。もう以前から出かける前後2日はあけるようにしていました。
しかしぶっ続けの旅行は致し方なくきっとその疲れなのでしょう。
もし一人だったら食べることもできずやはり誰か人の手を借りないと死に至ると思いました。しかしまたそんな状態になったらその時考えるしかありません。もちろん備蓄とかいつでも入院できる準備とか、今回は救急車を呼んだ場合いとかは考えておきますが。
希林さんの本は追い込まれたときの気持ちにぴったりでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年1月20日 (日) 16:43

リラックマの表現に、少しづつうごめく(言い方悪くてごめんなさい!)tonaさんを想っています。
御家族の援助に大いに甘えて、日常を取り戻して下さいね。
元気が取り柄の自分も、強烈な帯状疱疹でブロック注射しながら4カ月間悶えました!
さすがに5kg痩せて・・・前より太りましたが(笑)
樹木希林さんの人となりは、納得します。
畏敬の念を抱きながらも、病への取り組みの真似は出来ませんね。
フジコ・ヘミングさんも過去の経験から、我が道をいく方ですよね。

365歩のマーチ、明るくなる歌をくれたんですね♪

投稿: だんだん | 2019年1月20日 (日) 18:37

★だんだんさま

お蔭さまでここにきて随分良くなりました。
帯状疱疹って私もやりましたが1ヶ月も欠勤しました。
今回はお腹でしたので以前より減っていた体重がさらに5㎏減ってもうこれ以上減る肉がありません。1㎏でも2kgでもいいから増えるといいのですが。
私も癌だったら樹木希林さんのような生き方が出来ません。
そう、フジコ・ヘミングさんもそうですね。
今回はいろいろ元気づけられました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年1月20日 (日) 20:04

モロッコから帰国後不調が続いていたようでしたので心配しておりました。
今は少し癒えて快方に向かっている由、良かったです。
長く病床で過ごされる心細さ、お察しします
でも看てくれる人がいらっしゃるのは幸いでした
普段はあまり意識しないけれどこうした時に家族の有難さを感じますね。
まだ無理は禁物、もう少し旦那様に甘えさせてもらいましょう。
樹木希林さんの生き方はユニークでもありうらやましくもありです。
芯の強い方だからこその生き方なのでしょうね
存在感のある役者さんで演技も見事でした。

投稿: ビオラ | 2019年1月21日 (月) 17:16

★ビオラさま

ご心配いただきありがとうございます。
まあ、よくも次から次へと病気が襲ってきたものです。風邪以外は全部初めて経験の病気です。
不注意もありますが、加齢ということで治りも遅く先を考えると絶望的になったこともありました。
しかしそれではいけないのだといろいろなことで知った日々でした。
普通は逆なのですが、夫も病気持ちなのですが、今年はとても元気で助かりました。
樹木希林さん、おっしゃるようにかなりユニークで、本当に強い方ですね。とても真似できないし、これから先もし癌になったら思い出す本になります。

投稿: tona | 2019年1月21日 (月) 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リラックマ状態ですが、もうちょっと。:

« 皆さま、良いお年をお迎えください。 | トップページ | 外濠を歩く(1) »