« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月26日 (火)

東京都薬用植物園にて

3/22東京都薬用植物園ではいろいろな花が咲いていました。


カタクリ
2_2


1_3


ヒトリシズカ
Photo_3
 
ウグイスカグラ
Photo_4

シュンラン
Photo_5


ヒゴスミレ
Photo_6


チオノドグサ
Photo_7


ユスラウメ
Photo_8


アンズ
Photo_13


Photo_10


アブラチャン
Photo_11


Photo_12


コナラのドングリから発芽した赤ちゃん。教えてもらいに行った指導員の方も大変珍しいと言っていました。残念ながら育たないそうですが。
Photo_14


『なぜ、江戸時代の庶民は時間に正確だったのか?』山田順子著(時代考証家)


また江戸の話です。
江戸の長屋は上下水道が完備していた。それで100年で当時世界一の人口100万都市になった。パリやロンドンは50万。セーヌ川やテームズ川の水を飲み、下水はなく糞尿を道路に階上の人まで投げ捨てていたというエピソードは有名だ。そのため疫病が常に流行っていた。
江戸は糞尿を農家が買って、運んでくれたのですから、こんな社会はなかったのです。
江戸では下水は最後は堀や川へ流れ込むが、吐き出し口に杭や柵を設けて、ごみが一緒に流れ込まないようにしていた。掃除や修繕は町内ごとに費用を出して人を雇い、下水道を維持していた。水の管理に江戸は相当お金をかけていた。
今みたいに便利でもなく、豊かでもなく、娯楽も少なく、病気になれば治らない場合が多かったけれども、それに天災、火事が多かったが、完全リサイクル社会だったのでごみはほとんど出なくて世界一清潔な町であった。
その火事が多かったので庶民はすぐ逃げられるように、一番の財産の布団はいつも包んであり、鍋釜も少ししかなく、すぐ持って逃げられるようになっていた。庶民は貧しくその日暮らし。ましてや江戸時代布団は高価で掛布団まで買えなかった。敷布団を半分に折って、その中に柏餅のように横になって寝ていたとか。そうすれば、掛布団はいらないし、土間と四畳半か六畳一間で4,5人暮らしなので面積が半分で済んでみんな寝られる。日本は綿の栽培が増えず、綿ではなく、まず布に織ることが優先だったから、布団がとても高価だったというわけだ。初期は着物の重ね着と蓆が布団代わりだった。後になっても掻い巻きを持っている人は少なかったようだ。あのすーすーした長屋でさぞ寒かったことでしょうに、辛抱強かったのです。


江戸時代のやくざは関東地方に多く、関西にはいなかったそうだ。生糸が原因で生糸を売って農家が現金を持つようになり、流行ったのが博打。胴元が必要で、金があって素行の悪い地元の顔役がなったなどのことが理由のようだ。


バカ殿様でも政治ができたシステムあり。
大奥は江戸の女性にとって憧れの就職先であった。
西郷隆盛は大の写真嫌いであの顔は亡くなったのちに描かれたもの。
新選組のあの衣装は20万円のオーダーメイドだった。
おかずが少なかったからか一日五合のご飯を食べていた。
時代劇の言葉は今に合わせている。本当は鎌倉時代は平家琵琶の語りのような会話であった。室町時代の言葉は能や狂言。江戸時代は歌舞伎の中で唄われる浄瑠璃や長唄だそうだ。などなど知らないことが多くて面白い。

| | コメント (20)

2019年3月23日 (土)

「へそまがり美術~禅画からヘタウマまで~」於府中市美術館

P1060597-2
府中市美術館の<春の江戸絵画まつり>で今年はへそまがり美術の中のヘタウマに惹かれる。
・ヘタウマといえば、フランスのアンリー・ルソーを思い出してしまうが、ありました。1枚だけ。「フリュマンス・ビッシュの肖像」で足が宙に浮かんでいてとても変な感じなのです。
自分が画けないくせに言わせてもらうと、又ありました。夏目漱石の絵、あまり上手くはない。でも描くことが好きで夢中で描いている姿を想像してしまう。
Photo_2

それと将軍様の絵。家光の「兎図」はご覧のように切り株にちょこんと乗っている兎が言われてみないとそれとわからない。
今朝、サンシャイン水族館で見たアンゴラ兎にふわふわ具合が似ているなあとは思ったのですが、見ていると笑いがこみ上げてきます。家光は御用絵師の狩野探幽に学んだという。
家綱の「鶏」の絵は余白が多く小さくてアンバランス感がじわり。重厚な箱に収められた将軍の絵を拝領した臣下が大事に受け継いできたのです。
・禅画
難しい禅問答は全然理解できないが、布袋さまや寒山拾得図が多く微笑ましやら凄い顔やら。
雪村、狩野山雪、仙厓、白隠やその他知らない画家の絵がたくさん。春叢紹珠の「皿回し布袋図」も面白い。
ここにきて自分では初めて発見したのは、寒山拾得の顔の凄いこと!どれもこれもよくぞこんな怖いような、醜いながら愛嬌あるような顔を画家たちは描いたこと。
・その他
長沢蘆雪「狗子図」子犬のどれを見てもかわいいこと。美術館からいただいた栞に子犬のスタンプがあったので押したので使います。
小川芋銭「河童百図 幻」の河童は飛んでいるのか?
池大雅、小林一茶、与謝蕪村はお馴染みの画風。
伊藤若冲「伏見人形図」・・有名な変わった絵。長すぎる頭の「福禄寿図」
おかしかったのが
 芦雪「郭子儀図」 画面いっぱいに孫たち。
 岸礼「百福図」 100人のおたふくがいてその長い黒髪も不気味でありおかしくもあり。
そうそう、蛭子能収(名前も顔も漫画も知らなかった!この日TVで旅番組とクイズ番組でしっかりお顔を拝見。見たことありました。)の漫画も展示されていた。稚拙さを強調して面白く見せる「ヘタウマ」の画風を持ち味としてるそうだ。

国芳「荷宝蔵壁のむだ書」有名なこのいたずら書きみたいな絵の誇張されて書かれた役者たちの顔は見れば見るほど味わい深い。
三岸好太郎、村山槐多、小出楢重、萬鉄五郎の絵はごついという感じ。
2、3か所で同じ題材で、比較に丸山応挙の絵が並んで展示されるが、いわゆる正統派というか上手いと見とれるこの有名画家のとは違う今回の企画展。
よくもこんなに集めに集めたり138点。後期もかなり展示替えがあるということで、当美術館の学芸員の凄さに感動です。


| | コメント (12)

2019年3月18日 (月)

四手井淑子著『山科の家 夫・四手井綱英と私の戦中日記』

四手井淑子氏の本をブログ友から紹介していただきました。
著者は日本菌学会会員で、1717年生まれ101才か。夫は2009年逝去した京都大学名誉教授で森林生態学の草分けとして「里山」の概念を提唱した人。

四手井淑子著『山科の家 夫・四手井綱英と私の戦中日記』

縁戚にあたる人と結婚し、山科の家に入り、そこで繰り広げられる舅と子姑(夫の姉)とのすさまじい苛めによる壮絶な日々、近所の一族並びに人々の回りまわったうわさ話に翻弄され、結核を患って治ったばかりの箸者は、ストレスから血反吐を繰り返すほど。それでも産後の主婦もそうだが、具合悪くて絶対に寝混んではいけなくて、それで亡くなっていく嫁さんたち多いこの地で転勤まで頑張る。

現代においても、知人の娘さんが京都に嫁入りして物凄い苦労で、家に引き取りたいと言っていたことや、ある作家の京都は嵯峨野や伏見さえも受け入れられないよそ者とされるなどと書いていたのを思い出し、山科でも戦中戦後の話だからさもありなんと思える。
それでも著者が耐えられたのは、夫の綱英氏の存在だ。末っ子でありながら当時の男性としては珍しい愛妻家、常に愛妻の味方。料理もお菓子も作り、奥さんの作った料理を褒め、常にいたわりの言葉をかけて、本当に当時としてはあり得ない夫であった。著者も苛められながらもいじめられた舅に優しいほろっとするような言葉を投げかけ、親身に世話したりする方なのだ。

四手井淑子著『きのこ学放浪記』
そうした著者が転勤で山形に行ったときに突然目覚めた「きのこ」に対する興味。それが再び疎開で山科に戻って苦労するが、夫が戦地より帰り、東京から最終的に京都大学へ赴任してから子育てに手がかからなくなった辺りから本格的にきのこの研究にのめりこんでいったようだ。
元々勉強が好きな方だったから、それはそれは男性並みに没頭。体が弱くてもそれをも乗り越え励むのだ。最初の『きのこ学騒動記』は読まなかったが、放浪記の方はきのこを求めて日本だけでなく外国まで、それも人の入らない辺鄙な所へ、ある時は急登を登り、藪漕ぎし、寒さに震え、かなり変わったきのこ学者のお供、自身の発見のきのこの命名や論文発表に関してアメリカのきのこ学者とのやりとりなどなど、本当に学者顔負けの奮闘ぶりで驚いたしまった。私の亡き母より1才年上で101才の今もお元気のようだ。

地面に横たわっていたのが、突然むっくり起き上がるヒマラヤユキノシタの花
315_2
315_3

315_2_2

パソコンが新しくなってと思ったら明日はココログのリニューアルだそうであわててアップしました。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

『ガザに地下鉄が走る日』 岡真理著

著者は京都大学の教授で、現代アラブ文学・パレスチナ問題・第三世界フィミニズム思想が専門。東京外国語大学外国語学部アラビア語学科卒業。
カイロ大学留学時代やモロッコ日本大使館専門調査員時代にパレスチナに興味を持ち何度も訪れる。したがってイスラエル、ユダヤ人、ユダヤ教に対しては極めて批判的。
この本を読んでみると頷かざるを得ない説得力がある。
先の世界大戦でナチによるユダヤ人排斥運動で、ユダヤ人が600万人も殺され、私たちはフランクルの『夜と霧』を読み、アウシュヴィッツを見学し、杉原千畝の話に感動してきた。
ユダヤ民族の悲惨さをこれでもかとここに聞き及んできたのに、そのユダヤ人が、住んでいたパレスチナ人を排斥し、先祖の土地と言ってイスラエルを建国。その後の両民族の戦争は知らない人がいないほどに報道されてきた。しかしここまで深い内容も知らずにきたのだが、この本で情勢を知ることが出来た。
不思議・・・ホロコーストや収容所生活であんなに苦しめられたユダヤ人が、ずっとパレスチナ人に残虐な行為をしている。どうして?そこまでしなくてはならないのか。出来るのか?
仕返しするとしたら昔のナチスドイツ人にでしょう。しかし善良なるドイツ人もかつてどうしてあんな残虐な行為をしたのかも説明するのが難しいようだ。

ヨルダン川西岸地区とガザ地区はパレスチナ自治区でありながら、1967年に占領され、多くのパレスチナ難民が隣のレバノン難民地区や世界に逃れて行った。そこでの生活も悲惨ながら、自治区に住んでいる人々はなお悲惨である。ガザ地区はトンネルでエジプトとつながっていて唯一の物資の輸送が行われ、人々は一歩も出られなく人質同様の生活らしい。電気もガスも途絶え、下水設備も破壊され、汚物は全部海に流され、目の前の海が悪臭漂う、魚の摂れない状態へと変わり果てた。
西岸地区もイスラエルがどんどん植民し、塀を造って占領していき、60%はイスラエルの土地化しているという。パレスチア人をドローンで監視しているともいう。生活の自由は完全に奪われている。爆弾を落とし、どんどん若者の命を狙い、足を狙って行動できないようにする。
こうした生活に将来なんの希望も持てず絶望の中に若者たちは、心が壊れていくでしょう。すさみ、麻薬に手を出し、敵の爆撃に自爆で答えたりする。
そう、未来に何も希望がなく、国家も持てない生きる屍となった人々の悲劇は終わりそうになく、なんら解決も見つかっていない。
そこへ他の国がイスラエルを巡っていろいろ駆け引き。それでも世界最大級の強制収容所に現在いるパレスチナ人は何だか永久に救われないような。
国家を持てなかったクルド人もまた今大変な思いであり紛争が絶えない。

表題はガザ地区に住む子どもがガザに地下鉄が走る夢を絵に描いたことからきている。

19310_450x300_2
                   ウンナンオウバイ

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

絵が語る江戸の暮らし

パソコン復活。今回はその日に直してもらえましたが、もう半年も持ちそうになく、次はwindows10になって私にとっては大変そうです。

最近の毎日川柳から第2弾 みなさん本当に上手

 挨拶し帽子脱いだらカツラまで
 物隠す神が近頃住みついた
 ファミレスでお一人様と連呼され
 あ行から順に巡らす浮かばぬ名
 再調査するにも税のムダ遣い
 割り勘のために呼ばれたような席
 CMのハイジあまり好きじゃない
 志望校無事受かったのハイジちゃん
 重要な書類だちゃんと処分しろ

街道を歩いていると、江戸時代の様子を再現したり教えてくれる施設が多い。広重の東海道五十三次の絵でさえ、絵解きも碌(チコちゃんで知った字)に出来ずにいます。
そこで江戸ものや、日本の歴史、又街道筋やお寺・神社にある仏像・石像のことも知るといいわけで、その勉強が追い付かないうえ、欲張って世界史に首を突っ込んで全部中途半端な私です。この頃勉強のパワーもダウンし、覚えられないし、覚えてもすぐ忘れてしまう・・・試験がないのでいいとしましょうとなります。

本田豊著の『絵が語るー知らなかった江戸のくらしー庶民の巻』では絵に出てくる人々に旅人も多くためになります。

・旅では体を洗えなかったのでしょうが、女性の髪を洗うのにうどんの茹で汁が使われ、髪に艶を出した。
・大名行列の絵にも出てくるのですが、江戸時代はロボット歩きだった。今日のような歩き方になったのは軍隊行進が学校教育に取り入れられた成果だそうだ。そういえば昔ロボットさんがいましたね。
・大名行列が通った時、行列の主より格上なら立ったままでやりすごすが、格下だと立膝で行列を見送る。その格上か格下かは家紋で判断したそうで、そのため『武鑑』という家紋の百科事典で全国の藩の家紋を頭に入れておかなくてはならなかったそうだ。現在は25000くらいあるそうだが、果して江戸時代事典にはいくつ載っていたのでしょう。
・江戸の絵を見ていると、中国の絵と間違えていたのですが、子どもに髪の毛がない。江戸時代後期、江戸の町では子どもは髪の毛を剃っていたという。何故かは書いてなかった。
・江戸で身投げの名所は・・両国橋だった。ここは大川(隅田川)の流れが早く深いから、死体が上がらなかったという。川は成功率が高かったそうだ。
・「シャボン玉」という童謡は、実は間引きの歌である・・というのには驚いた。「生まれてすぐにこわれて消えた」のはシャボン玉でなく、子どもの命だったという。
・写真にもたくさん撮りましたが、行倒れや捨てられた子どもを供養した地蔵や石仏、始末をしたのは穢多非人の身分の人だった。

近所の梅と河津桜を夫が撮ってきました。

450x300
450x300_2
450x300_3

河津桜は公園に1本、他に1本しか見当たりません。
450x300_4
450x300_5
450x300_6
450x300_7
450x300_8



| | コメント (24) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

パソコン入院中

今朝突然パソコンが壊れてしまいました。
しばらく娘のところに入院です。
無事なおるとよいのですが…

というわけで、しばらくアップできないかもしれません。また皆さんのところにお伺いできないかもしれませんが、なおりましたら、またよろしくお願い致します。

スマホでアップしてみましたが、慣れないので結構大変でした…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »