« 東海道33 石部~草津宿~瀬田(後編) | トップページ | 東海道34 瀬田~大津宿(1) »

2019年5月 5日 (日)

塩船観音寺のつつじと大井戸公園ぼたん園

10連休も残すところ1日とちょっと。一年中お休みだけれど、お休み気分に浸って、つつじの花見、障子貼りをしたり、美術館に行ったり、お休みだからこそじっくり難しいと言われる本をと『薔薇の名前・上』を読みました。理解できないところもあったけれども、この後下巻を借りて読んでみようと思います。
ショーン・コネリの映画を忘れているのでもう一度観たいものです。今ローマ法王庁でも問題になっているようなことが、古来修道院でもあったし、キリスト教も法王庁と教会と各修道院と様々な派に分かれ熾烈な争いになっているのは、現代とこれまた全く変わらない。しかし修道士といえどもラテン語の勉強に始まって、その奥深い宗教に関する勉学はその理論が理解できないほど難しい。そして彼らに課せられたのは瞑想だけでなく(以前見た『大いなる沈黙へ』が迫力あった)、役割分担があって衣食住に関する仕事は作ることから始まり、また写本や聖櫃作りなど身をすり減らす仕事があるのを知りました。


つつじがすり鉢型に咲いて有名な青梅市の「塩船観音寺」に行ったのは4月29日でした。河辺駅からぐるっと歩いてぼたん園に寄ったりしてまた河辺駅へ。

つつじは15年前と変わらず見事に咲いていました。本堂もどこもみな行列。ぼけ封じ薬師如来には殊の外丁寧にお祈りしてきました。
Photo_40

Photo_41

Photo_42

Photo_43

Photo_44 

Photo_45 Photo_46

Photo_47 Photo_48


田んぼの蓮華を見るのは久しぶり。
Photo_49

藤橋城址公園 全国では3万も城があったそうで、こうした知らない城址も次々出てくるものです。
Photo_50

川越街道一里塚の榎 街道も5街道くらいしか頭になかったけれども、全国には一体いくつあったのでしょう?
Photo_51

大井戸公園ボタン園
Photo_52

Photo_53

Photo_54 Photo_55

Photo_56 Photo_57

青梅新町の大井戸(東京都指定史跡)  まいまいず井戸の一つ
大井戸とは水の得にくい武蔵野台地に構築されたもので、これは最大級。東西約22m、」南北約33m、深さ7mの擂鉢部と周囲の盛り土からなる。戦国時代から江戸時代初めに造られ、古青梅街道と秩父道の交差する位置にあり道行く人馬の水供給の役割があった。
Photo_58

旧吉野家住宅(1855年)(東京都指定有形文化財)
4_11

女子会だったので、河辺駅近くで「あんみつ」で疲れを癒しました。
Photo_62



5月2日に咲いていた近くの都立公園のユリノキの花
Photo_59

Photo_60

Photo_61

|

« 東海道33 石部~草津宿~瀬田(後編) | トップページ | 東海道34 瀬田~大津宿(1) »

コメント

珍しくコメント一番乗りでした。

「塩船観音寺」のツツジですが7,8年前頃になるでしょうか、だんだんさんが銀河さんと私を案内してくれました。
その時に「塩船観音寺」に初めて行き山の斜面全部にツツジが咲いてて、ツツジの間を歩きました。

「塩船観音寺」のツツジは咲く時期がずれてるので、何時行ってもツツジを楽しめるように考えて植えたのかしら。

ツツジも綺麗ですが大井戸公園ボタン園のボタンも立派ですね。
ユリノキの花なんて、初めて知りました。

tonaさんは普段からよく読書してますが、連休中も難しい本を借りて読んでるのですね。

投稿: ラッシーママ | 2019年5月 5日 (日) 19:23

★ラッシーママさま

早速にコメントありがとうございます。
私も久しぶりに行きました。
今はクルメツツジ系とキリシマツツジ系と一部のリュウキュウツツジ系が咲いていて一番先ごろのようでした。
ですから大体3つに分けて咲くようで4月上旬から5月半ばまで長いですね。

ぼたん園があるのは知りませんでいただいたパンフレットで知り、ハイキングし河辺の駅に戻りました。
ユリノキの花はチューリップにも似ているのでチューリップノキとも、葉が半纏に似てることからハンテンボクともいうそうです。
難しい本を読んでたまには頭の回転を良くしようと思ったのが間違いでした。上巻しか読めませんでした。下巻はこれから借りに行って2週間で読まなくてはなんです。あまりにもボーっと過ごした15年間でした。

投稿: tona | 2019年5月 5日 (日) 20:53

塩船観音、懐かしいです。
数回夫と行き、だんだんさんとラッシーさんともいったことがあります。
紫陽花の時期にもよく行きました。
3年ほど前に行ったら様変わりしていて、頂上の方に大きな仏像?があったような。
大井戸牡丹園は知りませんでした。

大井戸は三多摩に割と多くあったと言う「まいまいず」タイプの井戸なんですね。
tonaさんは必ずハイキングコースも歩いてくるのですね。素敵な場所をみつけるのがお上手です。

投稿: ☆銀河☆ | 2019年5月 6日 (月) 00:18

関東の観光地はどこも規模が大きくて
見る価値が大いにありますね。
都内にいたときもここは知りませんでした。

ユリノキは植物園で見たことがあります。
高木ですのにうまく撮影されましたね。

投稿: matsubara | 2019年5月 6日 (月) 08:18

★☆銀河☆さま

紫陽花や山百合や彼岸花、萩の季節もいいのですってね。
そうそう観音様が平成22年?かに新しく建ったそうですね。写真の奥に見えています。
まいまいず井戸のことを初めて知りました。掘り下げるのには岩盤の弱さが関係あるのでこんな形になったなんてね。
京都の和歌にも「ほりかねの井」として有名な歌人に詠われていますね。
同校5人ですからコースを見つけてくれた人がいたのですよ。ラッキーで色々見られました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年5月 6日 (月) 08:39

★matsubaraさま

ここのつつじは一見の価値ありです。
擂鉢型がまず素晴らしいです。
また丸く刈り込んだのは群馬の舘林とは違う趣ですね。箱根強羅はどうだったかしら。刈込でしたか。
ここのユリノキは高いのですが、割合と下の方から花をつけているのですよ。ですから写真に撮れます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年5月 6日 (月) 08:43

「薔薇の名前」、私は途中でギブアップしました。なんでこんな分かりにくいものを苦労して読まなくちゃいけないのか、他に読みたい本があるのにと思いました。
居酒屋「はじめ」で隣り合ったご婦人はこれが面白かったといっていろいろほかのエーコの作品との比較なども語ってくれて、ああ、世の中は広く深いと嘆じました。

投稿: 佐平次 | 2019年5月 6日 (月) 09:15

tonaさん、おはようございます♪
「塩船観音寺」のツツジ、懐かしいです。
何年か前に見に行ったことがあります。
よくこれだけのツツジを植えられたものだと感心します。
蓮華はこちらに引っ越してきた当時は田圃に沢山咲いており、
蓮華祭りも開催されていたのですが、
稲作をなさる方が減り、20年前頃から見られなくなりました。
藤橋城址公園や大井戸公園ボタン園が青梅市にあること、
知りませんでした。
ユリノキの花は独特の形をして可愛いですね。
我が家の近くの公園にも木はあるのですが、花は毎年咲きません。
あんみつが美味しそう!

投稿: hiro | 2019年5月 6日 (月) 09:55

 10日間の長い休みも終わりですね。
夫々に楽しんだことと思います。
 こちらは何時もと変わらない毎日を過ごしました。
4日午後の豪雨に雹には驚きました。
庭の草花は無残な姿になりました。

 青梅、つつじは変わりませんね。
相変わらず沢山の人が訪れているのですね。

 梅は流行り病気にやられ無くなりました。
その後の努力により、再植され、復活しつつあるとのこと。
青梅にはやはり梅がないと淋しいですね。
初めて見た時はその見事さに感動。今では一度きりの眺めでした。

投稿: 夢閑人 | 2019年5月 6日 (月) 15:30

★佐平次さま

以前読もうと思ったのですが、難しそうでやめました。今年は何故か、早稲田の講座で「修道院」を聞きましたので、突然読破挑戦を思い立ちました。後編も読む気満々ですが映画をもう一度観たい気持ちがもっと強いです。
居酒屋で知り合ったご婦人は『フーコーの振り子』なども語ってくださったのでしょうか。凄い方がいらっしゃるものですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年5月 6日 (月) 16:08

★hiroさま

こんにちは♪
本当に一体何本植えられているのでしょうか?圧巻ですね。そして毎年ずっと咲いているなんて。手入れが大変かと思いました。
蓮華は昔は肥料だったそうですが、化学肥料も多くなり、いつの間にかなくなって、本当に久しぶりに見て子供の頃を思い出して懐かしかったです。
私も歩いている途中にいろいろなものを発見して、充実したハイキングになりました。楽しいものです。
この都立武蔵国分寺公園のユリノキは毎年咲いています。咲かないこともあるのですね。
あんみつも久しぶりでまたとても美味しかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年5月 6日 (月) 16:15

★夢閑人さま

10連休、元号が変わってのイベントが多くてテレビで色々見ました。
マザー牧場の訓練された羊の群れが牧羊犬に促されて「令和」と並んだのを見て感動です。

そちらは豪雨に雹だったのですか。植物が可哀想でしたね。
いつも大型連休はどこにも出かけたことがないですが、今年は2日ほど出かけました。それも近場で電車も混んでいませんし、車もスムーズに流れました。

青梅の梅は私が今まで見た観梅では最高級でした。何度も見たい風景でした。もう生きているうちは見られないと思うと寂しいです。
その点、つつじはやられないのですね。
早くお庭の花々が復活しますように。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年5月 6日 (月) 16:23

こんにちは。塩船観音寺のツツジは見事ですね。以前、テレビ中継を見たことがありました。ユリノキは本当にチューリップのような形ですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2019年5月 6日 (月) 17:42

★多摩NTの住人さま

私は2度目ですが、きれいだなあと感動しました。ツツジの種類も色々ありますね。

チューリップノキともいいますものね。
蕊が数えきれないほどありそうに見えます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年5月 6日 (月) 18:44

こんばんは(^o^)/!
塩船観音寺は初めて聞きましたが、見事なつつじ園ですネェ w(^o^)w!色彩りどりのつつじの花が境内を埋め尽くしている景観は圧巻ですね。
牡丹の花も今が旬でしょうか?!赤やピンク、白などの牡丹・・・気品さえ感じます。
ユリノキの花は初めて見ました。葉っぱの緑色との色合いがきれいですネ!

投稿: 慕辺未行 | 2019年5月 6日 (月) 23:04

「薔薇の名前」は若い頃読みました。
難しくてとても読みにくかったのですが
世界の名作とされているのだからと意地になって一応、最後まで読み終わりました。
ですがもう、中身はサーッパリ憶えていません。
後年、その映画を観て、そちらは非常に分かりやすかったので
今も覚えています。
中世の暗い修道院の中での愛憎劇とサスペンスを
ショーン・コネリーが好演していました。
塩船観音寺のツツジ、見事ですね。

投稿: zooey | 2019年5月 6日 (月) 23:46

★慕辺未行さま

おはようございます。
今日はもうお仕事にお出かけになっていらっしゃるでしょうね。
塩船観音寺はここ国分寺に来てから行きました。青梅市にありますので青梅線の沿線です。
見事で圧巻されますね。このあたりでは一番のつつじを見る名所だと思います。

あれから1週間たちますが、昨日はまだ植物園の芍薬が殆ど咲いていませんでした。牡丹はそれに比べて随分早く咲くものと認識を新たにしました。
ユリノキは今年はここで2本目、あまり見かけない木ですね。晴れると美しいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年5月 7日 (火) 08:52

★zooeyさま

「薔薇の名前」を読まれ映画もご覧になったのですね。
宗教論がとても難しいです。
でも今回は石にかじりついても読みます。
映画は忘れてしまってもう一度見たいです。

でも絶対に読みたくないのが、若いころ意地はって読んだジェームス・ジョイスの『ユリシーズ』やマルセル・プルーストの『失われた時を求めて』です。長くてわからなくてもう読む気がしません。

ここのツツジ、なかなか素敵ですね。丁度満開でした。まだ遅咲きのもありましたが。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年5月 7日 (火) 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海道33 石部~草津宿~瀬田(後編) | トップページ | 東海道34 瀬田~大津宿(1) »