« 中山道3 高宮~鳥居本宿~番場宿~醒井宿(後編)      | トップページ | 釧路湿原国立公園へ2泊3日の旅(1) »

2019年7月19日 (金)

深大寺城跡

なんと水生植物園の隣に深大寺城跡があるというではありませんか。女子会で行ってきました。

もう深大寺は何回行ったことでしょう。神代植物園、蕎麦がセットです。
今回はまず深大寺境内をボランティアガイドさんの案内で説明をしていただきました。
すると今まで表面を見て通っていただけで何もわかってないことが判明・・いつもそうなのですが。
まず天台宗であったことを知りませんでした。
8_20190719094201 

又、「空海」を丁度読んでいたので、<よんどころなくというか、空海と対立した最澄の天台宗ね>なんて思っていた私。ガイド氏曰くの空海は本当に立派であったが後継ぎがずっとよくなくて・・・、しかし天台宗は後継ぎが立派で宗派を盛り立てていき、その後ここを出た人が次々と宗派を打ち立てていったと。
そう、法然(浄土宗)
   栄西(臨済宗)
   親鸞(浄土真宗)
   日蓮(日蓮宗)などの他、立派なお坊さを大勢輩出しています。

毎年7月20日前後の3日間、深大寺鬼燈(ほおずき)まつりが行われて今年は11回目だそう。契約している農家のほおずきはとても大きく、干し柿が吊るしてあるように見えます。
1_20190719094301

国分寺崖線の続きだそうで、あちこちから水が湧いている。不動明王の眷属:左の制多迦(せいたか)童子と右の矜羯羅(こんがら)童子から流れ落ちていて不動の滝と呼んでいる。
2_20190719094401

山門の柱は埋まっていなくて乗っているだけ。1695年普請で境内最古の建物。
3_20190719094301

直径1㎝くらいの小さなキノコが可愛い! ヒナノヒガサ Sさんありがとうございました。
4_20190719094901
こちらは15㎝くらいある大きなキノコ。チチアワタケ
7_20190719095001

オオムラサキのサナギ
5_20190719095001

本堂の両脇にムクロジの木となんじゃもんじゃの木(一つ葉タゴ)があるのが有名。両方とも実がなっていた。これは、なんじゃもんじゃの木の実。
6_20190719095101
 
延命観世音菩薩が彫られている。
9_20190719095301

深大寺そば、そば粉多めを頼んだがこしがあってとても美味しかった。おかずが何もなかったのが気になったけれど。
10_20190719095501

鬼太郎茶屋の車か
18_20190719095501


水生植物園にはハンゲショウ、ミゾソバ、ギボウシが咲き、シオカラトンボが止まっていました。
11_20190719095701
12_20190719095701
13_20190719095701
14_20190719095801 

国の史跡 深大寺城跡 初めて知りました。深大寺城は半島状大地の先端に位置し、南側が一望できる場所だったとか。
扇谷上杉氏の城郭だったが、北条氏綱が上杉攻めを行った際には無視して本城の方が攻撃されてしまったそうです。

15_20190719095901
16_20190719095901

17_20190719100001

調布駅まで歩く途中にある、 布多(ふだ)神社本殿は江戸時代中期建立でこの日は7日、七夕の日で雨でした。
19_20190719101701

|

« 中山道3 高宮~鳥居本宿~番場宿~醒井宿(後編)      | トップページ | 釧路湿原国立公園へ2泊3日の旅(1) »

コメント

こんにちは
 
深大寺には、かれこれ10年近く前(もう10年!?)に1度だけ
行きましたが、深大寺城跡があることなど全く知りませんでした。
水生植物園へは足を延ばさなかったのですが、そこにこのような
遺構があったのですね。兵どもが夢の跡。
室町時代の城でしょうか。その後廃城となったのですね
深大寺のことも、自分たちでスーッと回っただけ。湧き水とムクロジは
覚えていますが、宗派も含め知らない事ばかりでした。
ガイドさんにお話を伺うといろいろ知ることができますね。
鬼燈まつりのホオズキ、このような飾り(?)を見るのは初めてです。
オレンジ色なので遠目にはホント干し柿ですね。
布多神社の七夕飾りも素適です。そうそう、7月7日の七夕は
梅雨入り発表のあった日であいにくのお天気でした。

投稿: ポージィ | 2019年7月19日 (金) 11:19

深大寺と言えば「そば」
そば目的で一度行っただけで、うわべだけしか知らない。
近くだけに猶更行かない。
深大寺城址なんて知る由もなし。
大きなほおづきですね。ほおづき祭りと言えば
浅草しか知らなかった。あちこちであるのですすね。今頃は深緑で散策も気持ちいいでしょうね。天気が良ければ・・・

投稿: 夢閑人 | 2019年7月19日 (金) 11:50

こんにちは。深大寺に城跡がありましたか。知りませんでした。国分寺崖線のヘリに建っていたのですね。興味深いです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2019年7月19日 (金) 12:35

★ポージィさま

こんにちは♪
深大寺城跡とは驚きました。都旧跡から国の史跡になったそうで、さっき勝手ながら直しました。すみません。
水生植物園の家がある方の反対側の少し登ったところにありました。
そうそう、戦国時代の遺構ですね。
今まで三渓園とか、東松山の吉見の百穴とか、都民の森などでボランティアガイドさんに世話になりましたが、凄く詳しく知っていて舌を巻くほどです。時間さえ許せばいつもお願いしたいです。
深大寺の鬼灯まつりはいつも門の所の飾りが素敵のようです。当日はほおずきの付いた枝などいろいろ売られるとのことです。浅草のと同じかしら。
ここ十数年、毎年織姫と彦星は雨で会えていませんね。一日中傘をさしていました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年7月19日 (金) 13:42

★夢閑人さま

深大寺は崖線のところにあって昔から土地が悪くお米がとれなかったそうですね。蕎麦が土地に合っていて、美味しかったので将軍家にも献上したそうです。以前からもう蕎麦は作っていませんが(深大寺城跡に少し植えられていました)、昔からの名物でお蕎麦屋さんが連立しています。
浅草の市は行ったことがありません。結構な賑わいでそうね。
あいにく雨が降ってしまい、山行が深大寺になったのでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年7月19日 (金) 13:53

★多摩NTの住人さま

全国には何百と城があったそうですが、こんなところにもあったなんて、知りませんでしたね。
立川から続く国分寺崖線はここを通り、轟渓谷のあと、大田区の田園調布まで続いているのですね。どこもこうした水が湧いています。
深大寺もそうであったなんて知りませんでしたので、正直驚きました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年7月19日 (金) 14:01

tonaさんへ
深大寺、私も一度だけお参りに行きました。水生植物園や城址公園へは行っておりません。苔の間から出ている小さなきのこは?、ヒナノヒガサでしょうか。大きいきのこは傘裏や柄を見ないと確かなことは言えませんが、多分チチアワタケ?。

投稿: shikamasonjin | 2019年7月19日 (金) 22:22

★ shikamasonjinさま

深大寺は崖線にあたるそうで、いつも水が湧き出て、そして梅雨でしたのでじめじめ感があり、きのこがきれいでした。
ヒナノヒガサ、これまたぴったりの素敵な名前ですね。今まで教えていただいたのにも随分ありました。
チチアワタケ、私の写真を作ったきのこ編にありました。以前1度教えていただいていました。これ一つしかなく、人通りも多くひっくり返して見られず残念でした。
いつも教えていただきありがとうございます。
この2枚も加えたいと思います。

投稿: tona | 2019年7月20日 (土) 08:17

27年前東京にいたころに美味しい
深大寺蕎麦を味わい、神代植物園を
見学しましたが、城址があることは
存じませんでした。
八王子城があったことは、前から
存じていましたのに、片手落ちでした。

ムクロジの実がなっているところは
見たことがありません。
大木ですので、神社にある木は
目立ちますが、実はまず見えません。

この中ではギボウシだけわが家に今咲いて
います。

投稿: matsubara | 2019年7月20日 (土) 08:39

tonaさん、こんにちは~♪
深大寺には独身時代に国立天文台とセットで
一度行っただけで、かれこれ50年近く行っていません。
覚えていることは、深大寺境内を歩いたことと、
お蕎麦を食べたことくらい。
もう一度訪ねてみたいと思っているのですが、
こちらからだと交通が不便で(小田急線1本で行けないので)
遠のいていました。夫とデイトした思い出の地でもあるので、
ぜひもう一度、ゆっくりと訪ねてみたいです。

投稿: hiro | 2019年7月20日 (土) 11:13

★matsubaraさま

私も今頃になって深大寺城跡を知りました。
戦国時代上杉と関係があったようです。

ムクロジは羽根つきのあの黒い玉をたくさん落ちていたので拾ってきましたが、捨てました。石鹸の代わりにもなるとか。

ギボウシ、我が家のは秋に咲く種類です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年7月20日 (土) 16:42

★hiroさま

こんにちは♪
50年前とあまり変わっていないでしょうね。
私は天文台に行ってないのです。
おそばは確かに美味しかったです。自分の家でゆでるのとは違いますね。
まあ、デイトの地だったのですか。それは是非また尋ねて見なくてはですね。
水生植物園の菖蒲とセットか、神代植物園の薔薇などでしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年7月20日 (土) 16:46

梅雨寒の後には蒸し暑さが襲ってきましたね。
今日は冷房入れています。
5月の末に神代植物公園にバラの撮影に行き、お蕎麦も食べましたが・・・
深大寺や水生植物園まで足を延ばすことができずに残念です。
深大寺城があったことすら知りませんでした。
水生植物園も見た覚えはありません(汗)
でも・・・
武蔵野の森の空気を感じられただけで満足でした。
結婚して10年間、三鷹台に住んでいた時は時々訪ねた深大寺と植物園・・・
今年40年ぶりくらいに行きました。
横浜南部から車で1時間半かかりましたが、とても懐かしかったです。

投稿: nao♪ | 2019年7月20日 (土) 21:10

★nao♪さま

いよいよ気温が高くなって昨晩は28度の熱帯夜でした。そして今日も蒸していよいよ蒸し暑い夏の先駆け、来週は梅雨明けのようですね。

神代植物園の分園の水生植物園は道路の反対側にありますのですぐわかります。
菖蒲の時がいいようです。入っていくと右手に森みたいなのがありましてそこを登っていくと深大寺城跡があります。わかりにくいですがすぐ隣でした。
三鷹台から近かったでしょう。私は昭和記念公園とここと新宿御苑と都の薬用植物園だけをぐるぐる回っているという感じになりました。アルプスで見た高山植物はもう叶わないですが、写真で見て良い思いをしたと幸せな気分になります。
nao♪さんはまだまだ登れそうで、頑張ってください。
明日から北海道に出かけます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年7月20日 (土) 21:47

わたしもシロナカッタ!

投稿: 佐平次 | 2019年7月21日 (日) 10:17

深大寺には2~3回行ったことがありますが
同じく城跡があったことは全然知りませんでした。
深大寺の事も詳しくは知らずダダ眺めて辺りを歩いただけ(^_^;)
ガイドさんがつくと詳しいことが聞けて発見に目を見張る事たびたびです
ほおずき祭りですか、このように飾り付けをしたほおずきは初めて見ます。
オオムラサキの蛹しっかり擬態ですね。
言われなければ萎れかかった葉っぱです。

投稿: ビオラ | 2019年7月22日 (月) 19:43

★佐平次さま

いつもいつも洒落ちゃって!!面白うございまする。
1昨晩ホテルで飲んだワイングラス1杯が750円でそっくり返りました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年7月23日 (火) 21:51

★ビオラさま

深大寺って植物園と兼ねて良く行きますね。
やはり城跡はご存じありませんでしたか。
日本中城跡だらけという感じがしてきました。
出来るならばガイド付きで見学した方がとてもお得な感じですし、良くいろいろなことがつながってくるものですね。

このほうずきが並みの大きさでないのですよ。飾り付けが毎年少し違うようで変わっていますね。
オオムラサキのサナギはもちろん初めてみました。擬態なのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年7月23日 (火) 21:58

深大寺城址を想い出しました!でも横目に見て通り過ぎたのです。
行けたならば、もっと同感を得られたのに・・・

去年12/2に「武蔵野の森サスティナブル観光」をした記事を載せました。
サイクル自転車で寺社を回り、深大寺も寄りました。
寺ごとにガイドさんが説明してくれて、国分寺崖線(ハケ)がくっきり!
水生植物園から歩いたことの無い道を通り、あちらが城址と言われました。
次の寺に行くので行きませんでした。残念。
ほとんどの寺が天台宗でした。


投稿: だんだん | 2019年7月24日 (水) 14:46

★だんだんさま

「武蔵野の森サスティナブル観光」自転車で回ったのですか。私には無理ですが行動範囲が広いですね。
ここも国分寺崖線とは思いませんでした。
等々力に行ったときはそうではないかと思いました。
深大寺城跡は国分寺跡みたいなもので大したことないですが、昔の城を想像していました。
天台宗が多いのですか。それは知りませんでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年7月24日 (水) 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中山道3 高宮~鳥居本宿~番場宿~醒井宿(後編)      | トップページ | 釧路湿原国立公園へ2泊3日の旅(1) »