« 八海山・苗場田代・奥只見湖遊覧で紅葉狩り | トップページ | 中山道7 六軒駅~鵜沼宿~太田宿(2) »

2019年11月 1日 (金)

中山道7 六軒駅~鵜沼宿~太田宿(1)                

日にちが前後してしまいましたが街道歩きに戻ります。10/17(木)いつもの6:16ののぞみに乗り、名古屋→岐阜→六軒駅へ。9時10分頃から歩き出す。殆ど曇り。
歩いている本人でないと興味がわかないと思うのですが、それを読んでいただいてくださる方々に感謝です。復習の意味で書き連ねているのですが、日本のこんなところがあると一つでも頭に残ると楽しいです。歩かなければ見られないこともあります。

◆六軒~鵜沼

まずは駅近くの神明神社に寄る。このあたりにはこの名の神社が多いと調べてみたらわからなかったが、この神社は主祭神が天照大神で全国に5000社あるという。
蕃塀があります。これは初めて見るような、あるいは今まで気が付かなかっただけか。蕃塀とは「参道上で拝殿の前に存在する短い塀」で、正殿を直視しないようにするとか、不浄なものの侵入を防ぐために造られたという説がある。愛知、三重、岐阜などに多いらしい。
1_20191101100101

またまた馬頭観音があった。三面八臂。この後も次々と現れて大喜び状態。
2_20191101100101

六軒一里塚跡も標柱のみ。
3_20191101100201

長楽寺のこの石造は地蔵群か33体の観音様か?
4_20191101100201

津島神社には各務原市指定重要有形民俗文化財の皆楽座がある。皆楽座は。客席を持たない舞台のみの芝居小屋である。廻り舞台、奈落、セリ、太夫座などを備えているそうだ。驚いたことに拝殿を兼ねているため本殿に向かって正面にある。
5_20191101100301
              皆楽座
6_20191101100401
2本の大きなキンモクセイが満開。この日は一斉にどこも咲いていて、一日中金木犀の香りの中にいるようでした。
7_20191101100501

坊の塚古墳である。岐阜県では2番目に大きい前方後円墳だそうだ。
古墳の上に登ることが出来た。向こうが前方になり、今立っているところが後円となる。滋賀県では出会わなかったが、岐阜県には古墳が多いようです。
Photo_20191101101301
9_20191101101401

空安寺の前に日露戦役忠魂碑。乃木希典の字だそうだ。この地の方がたくさん亡くなったのだろうか?碑の後ろの塀を見てもわかる通り、空安寺は立派な塀に囲まれたお寺だ。
10_20191101101501

お隣に衣装塚古墳。こちらは円墳で、上部に墓碑が並んでいるそうで4世紀後半から5世紀前半に築造。
12_20191101101501


●鵜沼宿(52番目の宿)加納宿から16.8㎞、太田宿まで7.4㎞。本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠25軒。

西の見附跡があって鵜沼宿に入ってきた。
見附跡の横の階段を上っていくと翠池がある。農業用のため池だそうだ。
13_20191101101601

石亀神社に寄る。ご神体の石亀様が亀に見える。
鵜沼は石材の産地だったので採掘場跡に建てられた神社。この鵜沼石は尾張藩主の墓石としても使われたそうだ。
14_20191101101601

鵜沼宿は濃尾震災(明治24年)により建物は消失しまったのだが、最近になって脇本陣の復元をはじめとして整備され、道の塗装もされ、風情のある街並みになっている。
登録有形文化財の4軒、安田家住宅、梅田昭二家住宅、梅田吉道家住宅(茗荷屋)、坂井家住宅と続く。茗荷屋だけ唯一震災を免れた160年前の建物だそうだ。
15_20191101101701

二ノ宮神社は6~7世紀頃の古墳の上に建てられた神社で、下に横穴式古墳の石室があるという珍しい神社。
16_20191101101801
17_20191101101901

鵜沼宿脇本陣跡。
18_20191101102001
江戸時代末期の鵜沼宿各家の間取りを描いた 「鵜沼宿家並絵図」 をもとに、現存する脇本陣の外観や内装、意匠などを参考にし、脇本陣を務めた坂井家の建物の姿に平成22年に復元し、公開している。うだつが上がっている。ここに宿泊した芭蕉の句碑もあった。ボランティアガイドさんが熱心に説明してくださる。
中山道69次の瓢箪。大小あるが宿の大きさに比例しているのもあった。
19_20191101102001
お庭。
20_20191101102201
部屋の様子
21_20191101102201
風呂場  
22_20191101102301   
ボランティアガイドさんたちは今年、文献をもとに和宮が召し上がったという食事の再現をしたそうだ。
茄子の奈良漬けとごぼうだけの味噌汁が好物だったそうだ。献立表の部分、写真がちょん切れです。

ダウンロード - 23e5928ce5aeaee5bea1e886b3.jpg

23_20191101102501

菊川酒造。
24_20191101104901

旧大垣城鉄門(くろがねもん)。高麗門と呼ばれる型式の門で、短冊型の鉄板を隙間なく貼っている。火矢による攻撃から門を守るため。
25_20191101105001
26_20191101105001

 

|

« 八海山・苗場田代・奥只見湖遊覧で紅葉狩り | トップページ | 中山道7 六軒駅~鵜沼宿~太田宿(2) »

コメント

tonaさん、こんにちは~♪
10日、17日と週一のペースで街道歩きをなさったのですね。
一日に50000歩も歩かれることもあるそうなので、相当お疲れになると
思うのですが、その回復力の早さには感心するばかりです。

蕃塀や皆楽座など、珍しい建造物が多いですね。
お地蔵さんは立像か、石造りでも表面はお坊さんのような像が
立体的に彫られているものしか見たことがなかったので、
石造の33体のようなお地蔵さんは初めて見ました。
古墳も多いですね。
神奈川にも古墳はあるのでしょうが、まだ一度も見たことがないです。
鵜沼宿の古い建物も素晴らしいですね。
木のお風呂は子供の頃、入っていました。懐かしいです。
和宮が召し上がったという食事、当時は最高のものだったのでしょうが
意外とシンプルでビックリしています。

投稿: hiro | 2019年11月 2日 (土) 09:45

古墳の上の神社、瓢箪、和宮の質素?な食事、たしかに歩かなくちゃ見られませんね。

投稿: 佐平次 | 2019年11月 2日 (土) 10:42

★hiroさま

こんにちは♪
そうなのです。こういうことも時々あるのです。それも2回とも5万歩で疲れが出ましたが1週間で問題なく回復できました。

私も今回は今までにない蕃塀を知りました。隠すにしては小さすぎと思いながら、これからまた出かけたときにこれを見たら飛び上がってしまうでしょう。
涎掛けをしているとお地蔵さんと思ってしまいがちですが、33あるので観音のような気もします。定かでないのが気がかりです。
古墳が岐阜県にはたくさんあることも知りました。
鵜沼宿の4軒並びの建物が素晴らしいです。それに道もきれいで、脇本陣など復元も多く、ボランティアさんも多く力を入れている宿だと感じました。
このお風呂、まさしく子供の頃ずっと入ってたお風呂ではありませんか。
和宮のお好きな食べ物が意外なもので驚きましたね。ボランティアさんたち再現して写真を飾ってあったのにはびっくりです。午後は古文書の研究だと言っていました。
有難うございました。

投稿: tona | 2019年11月 2日 (土) 11:16

★佐平次さま

今日はもうお出かけだと思うのですがありがとうございました。
歩くと確かに車やバス、電車では見えないものが見えてきます。いつも大体ぼんやりしていて、家族の中で私が飛びぬけて、どこに何あがるか知らないで驚かれます。

投稿: tona | 2019年11月 2日 (土) 11:22

こんばんは(^o^)/!
中山道歩き、いつの間にか鵜沼宿まで歩かれていたのですね。
岐阜や各務原辺りは若い頃仕事で何度か行きましたが、由緒ある神社や古墳、昔ながらの街並みも残っているのですね。準地元のエリアですが知らなかったことばかりです(^_^;;ハズイ!

今年は紅葉の見ごろが、やや遅れるそうですが、中山道辺りはちょうど見頃かもしれませんね。続きも楽しみにしています(^_^)ニコッ!

投稿: 慕辺未行 | 2019年11月 3日 (日) 23:49

★慕辺未行さま

おはようございます。
各務原は親戚が転勤でいたので行きましたが、こんな台地でしかも中山道が通っていたなんて知りませんでした。
鵜沼宿は復元されていたり古い家が残っていて、ガイドさんたちも熱心でなかなかでした。
馬籠の方まで尾張藩の影響した地域で随所に尾張藩云々が出てきました。なるほど準地元エリアですね。行き返りも名古屋基点が続いています。
今年は紅葉が遅れているようですね。
お忙しいのにコメントいただき有難うございます。

投稿: tona | 2019年11月 4日 (月) 08:10

恥ずかしいことに鵜沼宿をはじめここに紹介の
神社も未訪です。
手力雄神社は前回紹介してありましたが
ここしか行ったことがないのです。

古墳は琴塚古墳しか知りませんでした。
加古川にいたとき古墳が多くてあちこち回り
ましたのに、岐阜のことは知らず恥ずかしいです。

菊川のお酒は向かいからよく知られていまして、
当主が50年前は知事で、今は国会議員の
武藤さんです。

いろいろ教わりありがとうございました。


投稿: matsubara | 2019年11月 4日 (月) 10:11

★matsubaraさま

手力雄神社のご祭神が岩戸を開けた人とは知りませんでしたし、この神様の名前も知りませんでした。
岐阜県でもいろいろと教えていただいています。
琴塚古墳は行っておりませんが県内で3番目に大きいとか。関西には古墳が多いですがご覧になっていらっしゃるのですね。
それにしても岐阜県にも大きな古墳がって驚きました。

菊川というお酒は有名ですね。当主が知事、そして国会議員とは知りませんでした。
こちらこそいろいろと有難うございます。

投稿: tona | 2019年11月 4日 (月) 12:50

こんにちは。この辺りは全く知らない場所です。旧街道には古いものがたくさん残っているのですね。日本は広いです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2019年11月 4日 (月) 19:14

★多摩NTの住人さま

こんばんは。
全く同感です!
世界では小さい日本ですが、歩いて見ますと広いなあです。
時間が許されて元気ならもう少しいろいろ見聞したいです。
いつも有難うございます。

投稿: tona | 2019年11月 4日 (月) 21:21

車で走ってしまえばそれまでですが、歩いてるからこそこのように詳しく書けるのですね。
京よりお嫁入した和宮様、この中山道の鵜沼宿脇本陣に泊まり食事をしたのかしら・・・
宮様の食事と言っても意外と質素だったのですね。
私達の食事の方が贅沢ですね。

投稿: ラッシーママ | 2019年11月 4日 (月) 22:42

★ラッシーママさま

おはようございます。
お帰りなさい。

和宮様のお食事、写真でもとても質素なのがおわかりなるでしょう。
そして好物が意外なことに驚きました。
おっしゃるように私たちの毎日の食事の方がとてもいろいろな食品を食べることが出来豪華と言えますね。
今の天皇ご一家の朝食を紹介していましたが、なんと私たちと同じような感じでした。そしていろいろなもの大事にし二代にわたって着ているものあるとか。学習院の制服も。
外国と違って私有財産がないからだそうです。
いつも有難うございます。

投稿: tona | 2019年11月 5日 (火) 09:05

藩塀や客席を持たない舞台のみの芝居小屋がある津島神社、
古墳の上に立つ二ノ宮神社など珍しい神社が多い地方なのですね。
初めて知る事の多い中山道です。
大小たくさんのひょうたんは中山道69次を表しているのですか。
地元の人たちの思いが伝わるようなひょうたんですね。


投稿: ビオラ | 2019年11月 5日 (火) 11:36

★ビオラさま

本当に今回は珍しい神社があって、岐阜県もなかなかです。
古墳が多いのにも驚いた次第です。
鵜沼宿もなかなかボランティアさんが多く力を入れている宿でした。
瓢箪の大小、どんな宿が書いてあるかちょっと見ましたが、小さな宿には小さな瓢箪が使われていたのを一部見て面白かったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2019年11月 5日 (火) 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八海山・苗場田代・奥只見湖遊覧で紅葉狩り | トップページ | 中山道7 六軒駅~鵜沼宿~太田宿(2) »