« 伊予ヶ岳の岩峰をよじ登る | トップページ | 京街道(2)淀宿~枚方宿(2) »

2020年2月19日 (水)

京街道(2)淀宿~枚方宿(1)

 いつもののぞみが関ヶ原にかかると雪景色であった。
 1_20200219110901
京都で近鉄に乗り換え、さらに丹波橋で京阪に乗り換え、前回の終わり、淀駅着9時3分。
お天気は曇り、時々晴れ間が見えるのに、ずっと積もらなくて道路が濡れない雪やあられ。天気雨ならぬ天気雪という状態で寒かった。


●淀宿(55番目)伏見宿から5.8㎞、枚方宿まで14.3㎞。本陣0軒、脇本陣0軒、旅籠16軒。

前回の終りは淀宿の東の見附に入ったところでした。淀宿は東海道では本陣、脇本陣が両方ともない唯一の小規模な宿場である。
宿自体も戊辰戦争の激戦地だったため、殆ど遺構が残っていない。

駅前には水車のモニュメントがある。
淀には場所と時代が違う3つの淀城があったそうだ。戦国時代のが淀古城。次に秀吉が造り側室の茶々に与えた淀城。3つ目が徳川秀忠の命で築城された淀城。
秀忠は、元和5年(1619)伏見城の廃城に伴い、寛永2年(1625)松平定綱に命じて淀城を築城。周囲に二重三重の濠を廻らし、直径8mもある水車が城の西南と北の二か所に取り付けられていたとうことである。
2_20200219111001

高架下に三宅安兵衛(京都の呉服商として一代をなした人物)が建てた道標がある。この裏側に東一口(いもあらい)と書かれた、安養寺に参詣者を導くための道標がある。「いもあらい」とは何て難しい読み方!
3_20200219111001

淀城址公園の一角の、與杼(よど)神社。桂川右岸に水上運輸の守護神が祀られていたものが、河川敷の拡幅工事でここに移転してきている。
拝殿は重要文化財。
Photo_20200219111001

稲葉神社。春日局が寄進した稲葉正成を祀る神社。正成の子孫が淀藩主となった。
5_20200219111101

淀城址公園には3つ目の淀城の石垣が残っている。街道沿いで見た(レプリカか?)「唐人雁木跡碑」、「淀小橋旧址碑」、「淀城故址碑」もあった。
6_20200219111101

駅を越えて右折、少しいった角に大専寺があり、戊辰戦争の東軍戦死者埋骨地碑があった。
7_20200219111201

枡形になっている道を歩き、孫橋を渡り淀宿は終わりだ。


◆淀~石清水八幡宮へ

宿を出ると、長円寺があり鳥羽伏見の戦いの時に幕府軍の野戦病院となったところだ。「鳥羽伏見の戦い 幕府軍野戦病院の地碑」や榎本武揚書の「戊辰役東軍戦死者の碑」がある。
8_20200219111301

しだれ梅がきれい。桜の蕾も随分と膨らんでいた。
9_20200219111401

穀物の貯蔵庫である浜納屋。
10_20200219111401

向かいは木田醤油店で1855年創業。今は先代が亡くなって営業していない。
11_20200219111501

街道。晴れているが雪がチラついているのです。
12_20200219111501

涼森神社に寄り道。菅原道真が太宰府に向かう途中に寄り、鈴を献上したという。
ここに戦国時代には美豆城が築かれたという石碑が立っている。
13_20200219111601 
14_20200219113501

淀川三川合流地点に向かう。宇治川から木津川までかかっている御幸橋に到着。宇治川を渡り、次の木津川との間に「さくらであい館」があり、展望台がある。
15_20200219111701

まず宇治川を渡る。
16_20200219111701

展望台
17_20200219111801

展望台から。琵琶湖から流れ出る宇治川が右。三重県から流れ出る木津川が左。京都府北部から流れ出る桂川は宇治川の奥の山の麓あたりで見えない。この三つの川が前方で合流し、淀川へと合流する。
18_20200219111801

木津川。
19_20200219111901

橋を渡り終わって八幡市に入った。目の前の男山に石清水八幡宮が。
石清水八幡宮は伊勢神宮とともに二所宗廟の1つ。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
宇佐神宮(大分県宇佐市)・筥崎宮(福岡市東区)または鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)とともに日本三大八幡宮の1つなのだ。
平安時代前期に八幡宮総本社の宇佐神宮から勧請された。
本殿を含む建造物10棟が国宝に指定されている。
上院(山上)と下院(山麓)に分かれる。

まず下院の頓宮殿へ。
一の鳥居(八幡鳥居の形式)。扁額の「八」の文字が鳩だ。鳩は八幡神の使いとされる。この後本殿他色々な場所で鳩を見る。
20_20200219111901

頓宮殿。
21_20200219112001
 
安居(あんご)橋を渡る。太鼓橋。
22_20200219112201

飛行神社。ライト兄弟に先んじて飛行機の開発にあたった二宮忠八が創建した神社。ライト兄弟が人類初飛行に成功すると制作をやめたそうだ。航空殉難者の霊を祀る。
F104戦闘機のエンジン。
23_20200219112301
大阪湾から漁網にかかり揚げられた零式戦闘機のプロペラ。
24_20200219112301

頓宮前まで戻り、やわた走井餅老舗で昼食。さっきまでのお天気が吹雪に変わり、食事がすむとまた止んだ。
頼んだのは、走井うどんと赤飯膳。走井餅付。殆ど炭水化物で歩くのには最適。
東海道を歩いているときに大津で走井餅発祥の地があったが、本家は廃業して、こちらに引き継がれたらしい。
25_20200219112401

|

« 伊予ヶ岳の岩峰をよじ登る | トップページ | 京街道(2)淀宿~枚方宿(2) »

コメント

京街道と並行して、日光街道も歩き始められた
のですね。寒さにめげず、すばらしいです。

関ヶ原はいつも雪景色でしたので、懐かしいと
言いましょうか。関西から岐阜に帰るときは
他は晴れても大抵雪でした。

この中で行きましたのは石清水八幡宮だけです。
筥崎宮と、鶴岡八幡宮、宇佐神宮も思い出しました。

ゼロ戦関係のものは航空博物館以外にもあるのですね。

投稿: matsubara | 2020年2月19日 (水) 19:13

★matsubaraさま

この日は寒かったです。でも歩いていますと結構大丈夫なものですね。
新幹線が走り始めたころ、ストップしたのは関が原で雪が降った時でした。それで関ヶ原というのは雪が多いのだと知りました。
この写真を撮る寸前はホワイトアウト状態でした。
私は筥崎宮は北九州に住んでいましたのに、行きそびれました。

ゼロ戦闘機と言えば、スミソニアン博物館にありましたね。
早速にコメントありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月19日 (水) 21:06

tonaさん、おはようございます♪
時代が違う3つの淀城があったことは知りませんでした。
知っていたのは茶々の淀城だけ。
秀忠の命で築城された淀城もさぞ立派だったことでしょう。
與杼神社拝殿や稲葉神社は歴史を感じられる建造物ですね。
石清水と八幡宮といえば徒然草を思い出しますがどこにあるのかは
よく知りませんでした。八幡市と八幡宮これでしっかりと覚えました。
淀川は滋賀、京都、三重の川と合流して大阪湾に注ぎますが、
それぞれの流域で魅力的な景色を見せていますね。
日本でライト兄弟より早く飛行機を開発した人がいたことは
テレビの番組で見たことがありますが、
この地で開発していたことは知りませんでした。
走井うどんと赤飯は力がつきそうですね。

投稿: hiro | 2020年2月20日 (木) 09:49

味わいのある写真がたくさん!
「唐人雁木跡碑」、雁木跡、ってなんですか。
ゼロ戦のプロペラがひしゃげているのが生々しいです。

投稿: 佐平次 | 2020年2月20日 (木) 10:28

★hiroさま

こんにちは♪
茶々が秀吉よりこの淀城を賜って淀の方と呼ばれるようになったのですね。
秀忠淀城跡の石垣は一部しか残ってないのですが立派でした。
與杼神社拝殿や稲葉神社は小さいながらも立派です。前者は重要文化財だけあります。
そうそう、徒然草のどこだったか忘れましたが、石清水八幡宮のお話が出てきましたね。
この本もまた読んでみると楽しいかもしれません。
今まで淀川がこの三県の大きな川が一緒になったとは知りませんでした。いかに東京や神奈川県しか知らないか、思い知りました。これさえもあやしいのですが。
二宮忠八に関する碑がこの後また出てきます。
意外なところですね。
お赤飯に、うどんにはお餅が入り、デザートも餡入りですから、力がつきましたよ。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月20日 (木) 10:37

★佐平次さま

ありがとうございます。

この場合の雁木跡とは
「船着場で船荷を積み下ろしするために使う階段」跡だそうで朝鮮通信使が淀川より上陸した船着き場で、この碑は船着き場でないここに移されてきたようです。

投稿: tona | 2020年2月20日 (木) 10:49

こんにちは
  
この日の京街道歩きでは、まずは電車の中からの雪景色に
出迎えられたのですね。関ヶ原というと雪が降りやすい所。
積雪になることなくお歩きになれたようで良かったです。
関ヶ原を越えると乾いた冷たい空っ風となって吹くのですね。
故郷・東三河の冬はそんな空っ風が吹いていました。
 
淀城というと淀殿が住んだ淀城しか知りませんでした。
時代と場所の違う淀城が3つもあったとは。
そのうち一つは、これまた将軍秀忠が命じて造らせた
たいそう大きな城だったのですね。秀忠は大阪城も再建して、
石垣も堀も秀吉時代の大阪城よりはるかに高く深くしたのですよね。
どちらも幕府の力を見せる目的もあったのかしら?と思います。
 
宇治川・木津川・桂川が合流しての淀川だったのですね。
展望台からの景観は雄大ですね!

投稿: ポージィ | 2020年2月20日 (木) 15:55

天下分け目の関ケ原と言いますが
気候的にも境目になりますでしょうか。
私もここまで来て雪になり寒い寒い京都だった経験があります。
三つの県にまたがる大きな川が淀川となっているんですね
>鳩は八幡神の使いとされる
そうなんですか、自分の無知が思い知らされること多しです(-_-;)
そういえばライト兄弟より先に飛行機の開発にあたった人がいた話を
聞いたことがあるのを思い出しました
その人が航空殉難者の霊を祀った神社があるのですねぇ。

投稿: ビオラ | 2020年2月20日 (木) 16:19

よくぞ寒い日に京街道の続きに行かれましたね。
関ケ原はそんなに雪が多いのですね。
淀城と言えば秀吉が茶々に造ってあげた城しか知りませんでしたが、時代が違う淀城が他に二つあったのですね。

東海道歩きの時でしたか、春日局と稲葉〇〇の寺が出てきませんでしたか?
ライト兄弟の人類初飛行より前に日本人で飛行機の開発にあたっていた人がいたのですね
今回も知らない事を沢山教えて頂き、ありがとうございました。

投稿: ラッシーママ | 2020年2月20日 (木) 19:22

★ポージィさま

関ヶ原は新幹線が雪でストップが初期の頃話題になりました。全くその通りで関ヶ原のあたりだけ凄かったです。ポージィさんの故郷の方は空っ風ですか。寒いでしょうね。

私も淀君の淀城しか知りませんでした。
徳川は二条城、造り直した大阪城、そして江戸城天守閣と、諸藩に見せしめのために築城しましたね。
淀川は3つも川を合わせて大きな川となって流れています。次回の淀川歩きで実感しました。
これも今回初めて知りました。
東京も墨田川と荒川、新中川、江戸川などと最近場所を確認したところです。
ありがとうございました。

追伸です。矢作川を矢作橋で渡っておりました。ネットで見てきれいだなんて言いましたが、実際に渡ったという記憶も何もなくて恥ずかしい限りです。

投稿: tona | 2020年2月20日 (木) 19:25

★ビオラさま

本当に関が原でガラッと変わって雪、そして関ヶ原から京都・山科の方に入って行くと元に戻って雪は積もっていないのです。
盆地の京都はかなり寒かったです。
ビオラさんも経験されたのですね。
知らなことが多く、私は復習で書いていながら、すぐ忘れてしまうので、もう恥ずかしいことばかりです。
飛行神社を建てた二宮氏、残念でしたが潔い方ですね。
特にゼロ戦で命を散らして言った方々を思って後の神社の関係者が、F104戦闘機のエンジンなどを安置しているのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月20日 (木) 20:35

★ラッシーママさま

関ヶ原のホワイトアウトを初めて見ました。
地形的特徴に寄るのですね。
私も淀城が3つもあったなんてここを通らなかったら知らないままでした。
兎に角徳川は凄いと思う東海道とその続きです。
春日局と稲葉氏一族の墓は箱根へ上っていく最初にありました。入生田駅近くに紹太寺(黄檗宗)というお寺でしたね。

二宮忠八のこと、テレビでやっていたようですがその番組は見損ないました。
こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月20日 (木) 20:53

こんにちは。流石に歴史ある街道で見どころ満載ですね。ゼロ戦のプロペラまでありましたか。ビックリです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2020年2月21日 (金) 08:31

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
6時間くらいしか歩きませんが、京都の外れでもいろいろと見所がありました。
ゼロ戦のプロペラを見ましたら、若き兵たちがお母さんと叫びながら必死に飛び立っていく姿を想像してしまいました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月21日 (金) 08:46

関が原は本当に雪がよく降ります。
私は名古屋で新幹線を降りてしまうので
あんまり関係ないのですが。
ホワイトアウトに遭われたとは、凄い経験でしたね。
飛行神社なんてうものがあるとは知りませんでした。
ゼロ戦は、スミソニアンの他、靖国神社の遊就館でも観ました。

投稿: zooey | 2020年2月23日 (日) 15:42

★zooeyさま

私は関ヶ原の雪を初めて見ました。夏に歩きました時はどうしてこんなところが雪になるのかと思ったものでした。岐阜市の方はほとんど降らないそうですね。
ゼロ戦が靖国神社にあるのですね。知りませんでした。
スミソニアンでは迫力があって、混雑の中、初めて見ました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月23日 (日) 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊予ヶ岳の岩峰をよじ登る | トップページ | 京街道(2)淀宿~枚方宿(2) »