« 京街道(2)淀宿~枚方宿(1) | トップページ | 京街道(2)淀宿~枚方宿(3) »

2020年2月23日 (日)

京街道(2)淀宿~枚方宿(2)

八幡市に関係する名物や人物の説明板があって、ショウケースに写真や食品サンプルと一緒に説明されていた。
・飛行機の二宮忠八のこと。
松花堂弁当の発祥の地であること。1637年に茶室の松花堂を建てたこの地の社僧の松花堂昭乗は詩歌、書画、茶道を極めた人物。農家が種子入れに使っていた木製の四つ切り箱を改良し、茶会で使う物入れとしていた。それを昭和初期に、料亭「吉兆」の創始者が懐石料理の弁当に応用したのが「松花堂弁当」の始まりという。
・八幡市は竹の名産地で、八幡の竹がエジソンが発明した白熱電灯の発光体のフィラメントに使用された。駅前と石清水八幡内にエジソン記念碑がある。
八幡巻きの発祥地。その昔は守口同様、ごぼうの特産地だったので、そのごぼうをウナギやドジョウで巻いたものが八幡巻き。以前はレパートリーの中にあった献立の一つだ。
源氏巻き ここ八幡宮が源氏の氏神であったので作られたお菓子。赤い羊羹は平氏の旗、白い餡は源氏の旗を表し、切り口が紅白でめでたい席のお菓子となった。
1_20200223222101
石清水八幡宮は源氏の祖、源義家が八幡太郎義家と名乗り、元服した地である。武運長久の神として清和源氏をはじめ全国の武士が尊敬を寄せてきた。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らが社殿修復や寄進を行った。

◆石清水八幡宮

八幡宮の上院へはケーブル、昨年リニューアルされたピカピカの「こがね号」と「あかね号」のうち行きはこがね、帰りはあかねであった。3分で着いた。200円。
2_20200223222201

竹林。エジソンのフィラメントにこの地の竹が使われたと思うと!
3_20200223222201

南総門から入ると社殿が見える。本殿二棟は現存最古最大の八幡造で、幣殿・舞殿・楼門・廻廊などにより構成された十棟と棟札三枚が国宝に指定されている。
すべて丹漆塗。名工による、いたずら猿、ブドウ、リス、かまきりなどの極彩色彫刻や信長寄進の黄金の雨樋などは時間が合わなくて見られなかった。
4_20200223222201
実に鮮やかな丹漆。鳩も見える。
5_20200223222301

ご神木の「楠」。楠木正成が必勝を祈願して1334年に奉納したと伝えられる。樹齢700年。
6_20200223222301

西総門。北と東の総門とともに重要文化財。囲まれている塀は信長塀で社殿を囲んでいる。信長が1580年に寄進。瓦と土を重ねているために耐火性、耐久性に優れている。
7_20200223222401

水若宮社。この他の摂社四社とともに重要文化財。
8_20200223222401

鬼門封じ。鬼門を封じるため、本殿の石垣が斜めに切り取られている。
9_20200223222501

おがたまの木。「招霊の木」とも書かれ古くから霊力の宿る木として多くの神社に植えられているそうだ。
10_20200225163201
 一円玉の表に描かれているのがこの木の葉だそうだ。見てみると葉の形は似ている。こちらが一円の裏かと思っていた。
11_20200223222601

その下にアオジがいた。
12_20200223222601

三の鳥居まで灯篭が並ぶ。
13_20200223222701

鳥居の手前を右に入るとエジソン記念碑があった。背景には竹林が。
14_20200223222701

ボーイスカウト像がなぜあるのか?
15_20200223222801

ケーブル山上駅から近い男山展望台からの眺めはなかなかだ。
16_20200223222801
17_20200223222801

谷崎潤一郎の文学碑。「蘆刈抄」は淀川の中州が舞台で男山が出てくるのだそうだ。
Photo_20200223223101


◆枚方宿へ

ケーブルを下りて街道歩きを再開したところで、八幡市のマンホールが。市の花のさつきだ。
18_20200223223201

木津川沿いの堤防の下の道を歩いていくと二宮忠八飛行器工作所跡に説明板があり、ここで飛行機の製造を試みたと書かれている。
19_20200223223201

柳谷わたし場道標。対岸の山崎と橋本、京街道と西国街道を結ぶ重要な渡し。
20_20200223223201

旧道に入った橋本は昭和33年まで遊郭として賑わったそうで、古い街道の面影を残している。
21_20200223223301
22_20200223223301

小金川樋門・・この辺りが府境(京都府と大阪府の境)、つまり八幡市と枚方市の境のようだ。
23_20200223223401

(続く)

 

|

« 京街道(2)淀宿~枚方宿(1) | トップページ | 京街道(2)淀宿~枚方宿(3) »

コメント

八幡市は是非行ってみたいところです。
行けるかなあ。

投稿: 佐平次 | 2020年2月24日 (月) 10:46

★佐平次さま

新幹線で京都に出てしまえば、簡単ですよ。
JR・京都 → JR・東福寺 乗り換え → 京阪鉄道・石清水八幡宮駅前
又は近鉄・京都 → 近鉄丹波橋で京阪に乗り換えて石清水八幡宮駅へ。
ここから八幡市を回るのがいいみたいです。
大きな地図がどこだったかでもらえて八幡市の全貌がわかりました。でも街道歩きなので色々なところへ行けません。いつも。行っていると永久にたどり着けそうにないので。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月24日 (月) 16:49

こんにちは。エジソンと八幡市の竹が繋がっているとは驚きでした。松花堂弁当は吉兆でしたか。なるほど。

投稿: 多摩NTの住人 | 2020年2月24日 (月) 17:00

★多摩NTの住人さま

こんばんは。
エジソンはあちこちの国の竹を試したそうですが、日本の八幡産のが一番良いことが分かったらしいのです。エジソンの伝記を小さいとき読みましたがわかるわけありませんね。
京都吉兆が中を区切った箱を見つけたのです。大元は松花堂昭乗がヒントを得た農民の道具だったのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月24日 (月) 18:46

こんばんは(^o^)/!
コメント、ご無沙汰しております。
ここ最近公私共にバタバタの日々です(^_^;;アセッ!

京街道歩き、八幡市って初めは近江八幡市のことかと思っていましたが、違いますよね。
八幡宮へのケーブルカーを見て、ビックリしました。かつてドイツを旅したときに乗った小さな山岳鉄道にそっくりw(^o^)w!
エジソンが竹を使ってフィラメントを作った話は聞いたことがありますが、この地の竹だったのですね。

時勢がら、移動の際はマスクを常用し新型肺炎予防に重々気を付けてくださいませ。

投稿: 慕辺未行 | 2020年2月24日 (月) 23:55

tonaさんは相変わらずお元気に歩かれていますね。
松花堂弁当発祥の詳しいお話し良くわかりました。
源氏巻きは知りませんでしたが、平家の赤と源氏の白が仲良く一緒に巻かれた紅白のお菓子とは意外です。

樹齢700年の楠、見事ですね。
先日皇居の桜田門前の、堂々とした馬上姿の楠木正成像を見てきました。
あの日、美術館のハシゴに慣れない靴で歩きすぎて膝をやられ、正座が辛く・・・
翌々日に行った鎌倉歩きの下りの階段で痛みが出ました。
2日で治りホッとしましたが、街道歩きで1日3万~4万歩歩かれるtonaさんは膝がとても丈夫なのですね。

おがたまの木は円覚寺にもあり、白い可愛いお花の香りがバナナのようでした。
夫が植えたおがたまが我が家にもありますが、私が小さく刈るせいかお花は咲きません。

投稿: nao♪ | 2020年2月25日 (火) 01:07

★慕辺未行さま

おはようございます。
お忙しいのにコメントありがとうございます。

そういえば近江八幡市もありましたね。
北九州市には八幡製鉄所が八幡(やはた)区にあります。読みが京都府のやわたと違うのですね。
ドイツの山岳鉄道は乗ったことがありませんが、似ているのですか!立派なパンフレットをもらいました。京阪鉄道です。色や扉や車内座席、シンボルマークなど石清水八幡宮に関係して定めたようですが、車体そのもののデザインはどうなのでしょう。
エジソンのフィラメントの話は知らなくてびっくりでした。
人ごみにはこのところ出ませんが、電車やバスはマスクですね。高齢者なので一番危ないです。気をつけたいと思います。
慕辺未行さまもご無理なさらないようにしてくださいね。

投稿: tona | 2020年2月25日 (火) 08:47

★nao♪さま

松花堂弁当、直接には京都の中の話ではなかったですが、ここでのことが関わっていたとは知りませんでした。松花堂というお坊さんがいたことも。
源氏巻きも初めて見、知りました。源平仲良くおめでたくしたのはいいですね。
東京も色々なところに銅像がありますが、ちゃんとわかるのが西郷さんくらい。楠木正成は桜田門でしたか。
美術館のハシゴをされたのですね。私は腰が痛くなるのでここ2、3年ハシゴはご無沙汰です。
膝に関してはかなり前に正座困難、一度歩けなくなってヒアルロン酸1本打って治り、そして最近膝すり減りで湿布を貼っていました。この間はもう貼っておりませんが。ですからいつアウトになってもおかしくない状態です。行ける所まで歩いて楽しもうと思っています。
オガタマノキは鎌倉で花が咲いているのを見ましたが、nao♪さんのお家にもあるのですか。素敵!花は切り過ぎると咲かないのですね。残念。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月25日 (火) 09:00

tonaさん、おはようございます♪
松花堂弁当の松花堂がお坊さんの名前であったこと、
八幡の竹が白熱電灯の発光体のフィラメントに使用されたこと、
八幡市が八幡巻きの発祥地であったこと、
初めて知りました。
源氏巻きも初めて見ましたが、美味しそうです。
石清水八幡宮の社殿は写真で見たことがあります。
立派な八幡宮ですね。
仁和寺のお坊さんは麓の神社だけ見て帰ってしまったのですよね。
今はケーブルがあるので良いですね。
遊郭として賑わったという橋本、2階の窓から多くの
女郎が手招きしているようすが目に浮かんできます。

投稿: hiro | 2020年2月25日 (火) 09:29

★hiroさま

こんにちは♪
私も八幡市に関係する人物がこんなことに関わっていることを知りませんでした。
そして今は殆ど作らなくなった八幡巻きはここのごぼうが関係していてできたお料理だったとは思いもしませんでした。
源氏巻きあったら買いたかったですがお店もわからなくて残念です。美味しそうです。

わー、hiroさん、凄いです。徒然草の内容を覚えていらしたのですね。いろいろ興味が湧いたところでもう一度、徒然草を読んでみたいものです。
遊郭の建物の見方もちゃんと見ていらしてhiroさんらしく感心しました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月25日 (火) 10:00

何故に石清水八幡宮にボーイスカウト像が?
不思議だったのでググってみました。
どうやら”この地で活動している「ボーイスカウト綴喜第一団」がこの石清水八幡宮を拠点としていることを表している”
のだそうです。
それ程深い意味はなかったのですねw

投稿: zooey | 2020年2月25日 (火) 10:45

エジソンのフィラメントのことは昔雑学で
知っていましたし、先ごろ歴史秘話ヒストリア
でも話していましたね。

自信がありませんが、あの木はオガタマノキ
ではありませんか。
神社でよく見かけますし、加工して可愛い
こけしにしてありました。神社のおみやげ売り場
にありました。

野鳥が鮮明に撮れましたね。すごいです。
すぐ逃げるのに・・・

投稿: matsubara | 2020年2月25日 (火) 12:41

 松花堂弁当,源氏巻の由来がわかりました。
八幡巻の発祥の地でもあるのですね。
 八幡市の竹がエジソンの白熱電灯のフィラメントに
使われたとは初耳。二宮忠八の出身地でもあるのですね。
どんな飛行機を考えていたのでしょう?
八幡市の 人物、名物あらためて知りました。
知らなかったことばかり。
探ればいろいろとありますね。
 
 石清水八幡宮、有名なだけあって重厚ですね。
おがたまの木の葉が1円玉表面にあるとはこれまた初耳。
あらためて見ました。他の硬貨のものも普段は全く
気を付けて見たことありません。10円玉以外は知りません。

投稿: 夢閑人 | 2020年2月25日 (火) 16:25

★zooeyさま

まあ、調べもしないでいました。調べてくださってありがとうございました。
「つづき」と読むのですね。
綴喜郡があって八幡市とは隣り合ってはいないようですが、事情があるのでしょうね。
この解釈も違うのかもしれません。
ボーイスカウトをこの頃見かけませんが、ガールスカウトを先日府中市で見かけました。

投稿: tona | 2020年2月25日 (火) 16:45

★matsubaraさま

またまた間違いを発見して頂きました。
クスノキをオガタマンキの所の貼って、同じクスノキを2回も出していました。
オガタマノキとちゃんと書いて説明されていた木の写真に訂正しました。
お礼申し上げます。
このごろずっと小鳥の写真が撮れません。メジロなど全然ダメでした。このアオジはすぐ飛び立たなかったのです。

エジソンのこと、歴史ヒストリアで出てきたときには嬉しかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月25日 (火) 16:52

★夢閑人さま

八幡市は他の市よりかなりいろいろな人物、名物が多い所ですね。
全部知りませんでした。
エジソンまで八幡市の有名人物になっていましたので驚きました。最初は竹だったというのも知らなかっただけに。

高価6種類の表と裏を全部見てみました。
私も今まで10円硬貨の平等院鳳凰堂しか頭に入っていませんでした。桐、桜、菊、稲穂といったいかにも日本らしい図柄ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月25日 (火) 19:05

石清水八幡宮は歴史上の有名な武将の社殿修復や寄進を行ったのですね。
八幡宮の上院へはケーブルでですか、社殿は立派ですね。
おがたまの木、初めて聞く名前でしたが、一円玉の表に描かれているのがこの木の葉なのですか
今迄に硬貨の絵など真面目に見た事tが無いかったですが、1円玉さっそく見てみます。

投稿: ラッシーママ | 2020年2月25日 (火) 20:51

★ラッシーママさま

オガタマノキは鎌倉のお寺でも花が咲いているのを見ました。
神社にも多いということは気が付きませんでした。背が高くてこれでは花が見えないでしょうね。
私、昨晩6種類の硬貨を全部裏表を見てみました。自分が表と思っていた方が裏でした。
ずっと今まで観察したことがなく10円玉の平等院鳳凰堂しか頭にありませんでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月25日 (火) 21:50

こんにちは
 
へぇー! と初めて知ること見るものがたくさんです。
紅白の源氏巻きは初めて拝見しました。小豆餡を薄いどら焼きの皮
みたいなので筒状にくるんだ平べったいタイプのは見たことが
ありましたが、こちらの紅白のものは源氏と平氏が仲良くで、
いいですね。
八幡宮の竹林の竹がエジソンの発明に一役買っていたことにも
びっくりです。そこまでわかっているのですね。なんだか嬉しい気分。
松花堂弁当の名前の元が僧の名前からというのも驚きでした。
ずーっと以前、伯母が茶席での松花堂弁当を作ってくれたことが
あったのですが、そのような由来は何も知らずじまいでした。
1円玉の図柄として描かれているのはオガタマノキなのですか。
本物にお会いになれたのですね。私はカラタネオガタマノキと
その花は見たことがあるのですが、オガタマノキには会えていません。
それとも、気づいていないだけかしら?
橋本の旧道に残る古い家屋は妓楼建築おいうのでしょうか。
良い状態で残されていますね。
 
これが

投稿: ポージィ | 2020年2月26日 (水) 11:06

★ポージィさま

こんにちは。
源氏巻きは源平巻きと改名したいような。
源氏だけを取らず、仲良く一緒にしたお菓子、好感が持てます。
日本のこの地方の竹がエジソンの初目に関わっていたとは驚きであり、嬉しくもありますね。
有名な松花堂弁当の謂れが意外でした。
このお弁当食べたいですが、凄く高価ですね。
お子様弁当がやっとかもしれません。

このオガタマノキは説明板で案内されていたので本物だと思いますが高い木でお花の季節、見えそうにありません。カラタネオガタマノキもどこかで見ましたが、オガタマノキも鎌倉のどこかで木札が下がっていて見た覚えがあります。この2つの木はお花が似ていて区別がつきません。Wikiには1円硬貨についての説明では若木と出ていましたが、ググって見ましたらオガタマノキであると出ているのもありました。私は八幡宮の説明板で知って書きました。
妓楼建築と言えば、東海道の鈴鹿峠の手前の関宿で上がってみた覚えがあります。
欄干越しに部屋から道行く人を覗くように出来ていました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月26日 (水) 14:02

八幡市は八幡宮のみならず興味深いたくさんの事がある街なのですね。
エジソンのフィラメントにここの竹が使われたと初めて知りました。
あの時代ここが選ばれたということ自体もすごい!と思ってしまいました。
松花堂弁当の事八幡巻きの事、へぇ~ばかりでした。
有名観光地をさらっとめぐる旅では得られない歩き旅の濃さを思います
硬貨の絵柄の事も皆さんと同じでよく見ていなかったことに気づき、
裏と表のことも無関心だったと反省です

投稿: ビオラ | 2020年2月27日 (木) 11:42

★ビオラさま

石清水八幡宮は徒然草が最初に頭に入って、いつか行ってみたいところでした。
それが京都のはずれ八幡市にあることと、八幡市がこんなにいろいろな歴史があるとは初めて知ったことでした。
とても興味深い歩きとなりました。
エジソンは世界中の竹を試したようですが、ここのが一番良かったらしいのです。凄いことですよね。
硬貨については全く同感、気が付いてたのは10円だけ。それに表と裏を間違えていたのには自分でも驚いています。ユーロは国によって違うので時々見たのでしたが、今は行かないので忘れました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月27日 (木) 14:37

石清水八幡宮はまだ行っていないんですよね~!いつか枚方神社と合わせて行きたいです!八幡神社も秦氏が創設した神社です。ハチマン=ヤハタ=弥・秦(秦が栄える意味)です。ハチマン神の根源はユダヤ教のヤハヴエです。鳩が祀られるのも由来はHATA⇒HATOも語彙変化ですよ。

投稿: ローリングウエスト | 2020年2月28日 (金) 06:35

★ローリングウエストさま

こんにちは。
八幡神社が秦氏が創設した!とは今までの文献では読んだことがありませんでした。
八幡の根源もヤハヴェとは!伊勢神宮とユダヤの関係を知って(通っている雑学大学で)驚いていましたが、そうなのですか。八幡様の使いの鳩が秦から来ている・・
とても勉強になりました。本を探してみたいですがいつになる事かです。
枚方神社というのは見つかりませんでしたが、枚方にはたくさん神社がありました。
いろいろご教示ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年2月28日 (金) 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京街道(2)淀宿~枚方宿(1) | トップページ | 京街道(2)淀宿~枚方宿(3) »