« 京街道(3)枚方宿~守口宿(後編) | トップページ | 日光街道2千住宿~草加宿(1) »

2020年3月16日 (月)

スプリング・エフェメラル・・春です!

3/13、朝から晴れて暖かくなった午後、駅そばの殿ヶ谷戸庭園へ。人はまばらでした。シルバーは70円で入れます。

スプリング・エフェメラルのキクザキイチゲ、カタクリ、フクジュソウです。
1_20200316161501
2_20200316161501 
3_20200316161601

イカリソウ
4_20200316161801

ボケ
5_20200316161801

ムクドリ
6_20200316161901

ミツマタ
7_20200316161901
8_20200316162001

 


東京国立近代美術館工芸館 「所蔵作品展・パッション20~今みておきたい工芸の想い」

1か月前、まだ閉館してしまう前の2/16に行ってきました。金沢市に移転してしまい夏にオープンするそうです。何故??
ゴシック風のレンガの建物は、説明によると、1910年に建てられ、重要文化財にも指定されている旧近衛師団 .団司令部庁舎を、美術館仕様に改修したもの。外観および玄関、広間の保存修理工事と、谷口吉郎による展示室の設計に基づく内部の改装によって、工芸部門の展示施設として再生し、昭和52(1977)年に、東京国立近代美術館工芸館として開館しました。
9_20200316162101

陶磁、ガラス、漆工、木工、竹工、染織、人形、金工、工業デザイン、グラフィック・デザインなど、近現代の工芸およびデザイン作品を展示紹介しています。

何と言っても初代宮川香山の高浮彫の<鳩桜花図高浮彫花瓶>と<色入り菖蒲図花瓶>が素晴らしかった。前者の鳩が3羽の雛のいるモズの巣穴を覗く場面が息をのみます。
10_20200316162201

人間国宝志村ふくみの<紬織着物・水瑠璃>の何とも言えないブルーが見事。
あげていくときりがない逸品ぞろいに唸ります。

でも写真を撮ることができて、一番眺めていたのが金工家・鈴木長吉(1848~1919)の<十二の鷹>です。青銅製に金、銀、赤銅や銅合金を用いて象嵌や彫金を施したものです。すごい迫力です。
11_20200316162301
13_20200316162301
14_20200316162301

松井康成<西遊記>
15_20200316162401

建物から近い所に滝がありました。
16_20200316162401

千鳥ヶ淵の近くに梅が満開のところがありました。
16_20200316162402

 

 

 

|

« 京街道(3)枚方宿~守口宿(後編) | トップページ | 日光街道2千住宿~草加宿(1) »

コメント

えええ!?
国立近代美術館工芸館が金沢市に移転してしまうのですか?
建物ごと移動するのでしょうか?
HPを見たら、確かに2月28日に閉館して移転、と書いてありますが
理由など詳しくは書いてありませんね。
何故でしょう?
想えば北の丸公園には何度行ったか分からないのに
こちらは外から見るだけで、中には入ったことなかったのでした。

投稿: zooey | 2020年3月16日 (月) 21:37

失礼しました。
よく見たら詳細が書いてありました。
https://www.momat.go.jp/cg/wp-content/uploads/sites/4/2018/04/ishikawa_01.pdf
しかし金沢の建物は、今のとは少々違うようです。
今ある赤レンガの建物はどうなるのでしょうね?

投稿: zooey | 2020年3月16日 (月) 21:48

春の花々も満開!芸樹tの春!土曜日は東京は冬のような寒さ・雪の中で昨日早くも桜開花宣言が出ましたね!平年より12日早く昨年より7日も早い統計開始以来最も早い開花日となりました。昨年の平成LAST桜は国民が令和改元の喜びに溢れ、花の見頃時期も長く続きがいい春でしたね~!それに比べて令和初の桜がこんな悲惨な状況になるとは・・。全国の桜祭りも中止、お花見も自粛、各種スポーツ大会やイベントは中止・・、本来は五輪を迎える春なのに信じられない状況です。お互いに感染には注意していきましょう。日本経済も大打撃、一体これからどうなっていくのでしょうか?何とかブログ仲間同士で気分を盛り上げて春を迎えたいものですね!

投稿: ローリングウエスト | 2020年3月17日 (火) 08:07

★zooeyさま

国立近代美術館の方は何度も入ったことがありますのに、私はここは初めてでした。
工芸館と美術館の間にもう一つ見るところがありますがそこもまだ入っておりません。
どうして?を調べていただきコンセプトをありがとうございました。
なるほどです。金沢はユニークな21世紀美術館もあり、加賀百万石の工芸の発達したところでもあって、そして日本海側初の国立美術館といことで頷けます。建物も立派ですね。
そう、今の赤レンガ建物はどうなるのでしょう。

投稿: tona | 2020年3月17日 (火) 08:31

こんにちは。国分寺駅前の殿ヶ谷戸公園には歩く会で2度ほど訪れたことがありました。良い雰囲気ですよね。早春にはこんな花が見られるのですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2020年3月17日 (火) 08:46

★ ローリングウエストさま

雪の日に開花宣言とは驚きました。
本当に昨年のことを思いますと、打って変わって今年の悲壮な世界の状態です。
欧米では、というより日本以外は桜を愛でて集い、その下で飲食をすることは全くないそうで(ワシントンのホトマックは違うみたいですが)、日本は春の花見の楽しみが奪われるということはないのが慰めになります。
フランスは原則外出禁止の上違反者は罰則を科せられるという、厳しい大統領宣言が発令されました。
日本はまだその点学校が休みですが、公園に行ってもいいし、その他買い物も自由にできるし、お花見もそぞろ歩きが楽しめそうですね。これからどうなるかわかりませんが。
経済的打撃、これは世界先進国をはじめ凄いことになりそうです。
2011年も5月頃までショックで沈鬱な毎日でした。今年はあの時とはまた質の違う状態ですが、終息を願って過ごしたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月17日 (火) 08:48

おはようございます
 
スプリング・エフェメラルたちはどうしてこうも可憐なのでしょ。
地上に姿を見せている期間が短いと思うと、いっそう思いが
増すからでしょうか。それぞれ個性が光る花たち、どれも良いですね。
キクザキイチゲ、カタクリ、フクジュソウ、イカリソウに
ボケに赤花のミツマタ… これらはほぼ平年的な咲きどきでしょうか。
サクラは記録的な開花発表となりましたけれど。
 
国立近代美術館工芸館、行ったこともなかったのですが
金沢に移転とは、さらに遠ざかってしまいました。
けれど、こうして一部でも拝見できてその精緻な工芸作品に
触れることができ嬉しいです。tonaさんがいちばん眺めて
いらしたという「十二の鷹」は、本当に迫力がありますね。
一羽一羽がそれぞれの筋肉の力の入り具合まで感じられる
リアルさで、観察眼とそれを作品に再現する技に感心します。
 

投稿: ポージィ | 2020年3月17日 (火) 09:44

すばらしい美術館があるのに、知らないでいると、知っていても、そのうちそのうちで行かないままに、こちらは歩くのも大変になるし、そちらは金沢に行っちまう。
儚いなあ。

投稿: 佐平次 | 2020年3月17日 (火) 10:15

キクザキイチゲ、カタクリ、フクジュソウ
イカリソウ、ミツマタなど春を呼ぶ花は
何年も見ていません。
キクザキイチゲだけ近年デパートで見ました。
植物園でしか見られませんね。
イカリソウは30年位前は自宅にありましたが・・・
存在を忘れていました。
ミツマタも早くに枯れました。

東京国立近代美術工芸館は東京に居た27年前
お上りさんの感覚で見ました。
さすが東京は何もかも違うと思いました。

金沢に移設とは残念です。ここからは隣県
ながら東京に行くより不便です。

投稿: matsubara | 2020年3月17日 (火) 11:15

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
狭い庭園ですよね。
でも今の季節はカタクリが咲いて嬉しいです。
今年は30株ほどです。
小さな滝や池、茶室などが崖に配置されて座っていると落ち着きます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月17日 (火) 13:31

★ポージィさま

こんにちは。
雨の日や曇りには開かないので、晴れを待ってです。
殆ど斜面(崖線ですので)に咲いています。
梅と違って本当に期間が短いですね。
桜は確かに記録的早さですが、これらの花はそれほどでもないのですね。不思議!
スプリング・エフェメラルという言葉を知ってから15年です。それまで植物のことをほとんど何も知らない状態でした。今はせっかく知った花の名前もどんどん忘れて、遂に思い出せないのもあるのです。

工芸館の展示に間に合って幸いでした。
テレビでばかりしか見ない工芸部門、どんな人の手で編み出されるのか、感激でした。
制作者は実際に鷹を飼って生態を観察したそうですから12羽が全部違う姿で本物と対面しているようでした。骨格や習性まで観察されているのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月17日 (火) 13:46

★佐平次さま、ありがとうございます。

全くおっしゃる通りです。
先延ばしにしていると体が言う事をきかなくなるという落とし穴が待ち構えていましたね。
儚なくなるお気持ちよくわかります。
絶対よくなりますよ。

投稿: tona | 2020年3月17日 (火) 13:50

★matsubaraさま

丁度近くにありますので、まず最初は少ししか咲いていませんがセツブンソウを見に行きます。次にこれらの花は一時に出会えます。
ミツマタやイカリソウも育てられたのですか。
自然になくなるものの方が多いですね。

東京国立近代美術館工芸館の中を既にご覧になっていたのですね。
私は初めてです。美術館方は時々行っているのですが。
金沢に行ってしまう前で良かったです。もう金沢には行かないと思いますので。新幹線が出来ましたので金沢は京都に行くような感じです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月17日 (火) 13:58

スプリング・エフェメラル
この言葉初めて聞きました。素敵な言葉・・・
フクジュソウだけ家にありますが何もない所から花を咲かせる姿は
まさに春を告げるお花ですね。
今年の桜は開花は早くてもいつもの賑わいは望めないでしょう
でも静かに花を愛でるにはよいかもしれませんね。
コロナ騒動で何もかもが中止や自粛の今ですが
それとは関係なく春を運んでくるお花たちに癒されています

投稿: ビオラ | 2020年3月17日 (火) 22:31

tonaさん、おはようございます♪
殿ヶ谷戸庭園という名前は聞いたことがありますが、
駅の近くだったとは知りませんでした。
もうカタクリが咲いているのですね。
ソメイヨシノの咲くころと関連付けて覚えていたので
まだかな~と思っていました。
東京国立近代美術館工芸館が金沢に移転すること、
知りませんでした。まだ行ったことがなかったのですが、
tonaさんは移転する前に行かれて良かったですね。
どの作品も、素晴らしいです。

投稿: hiro | 2020年3月18日 (水) 06:53

★ビオラさま

とても響きが良い言葉ですね。最初の頃なかなか覚えられなくて・・・・。
この中ではフクジュソウが一番長く咲いて最明力溢れているかもしれません。
ご自宅にあるとはいいですね。
今年は桜の下を人と距離をあけて散策がいいです。
コロナのことはお花を眺めるときは、もう頭から除いてもっぱら癒しを頂くことにしましょう。富士山も2階から眺めて楽しみます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月18日 (水) 09:19

★hiroさま

おはようございます♪

本当に駅の斜め前にあるのですよ。
カタクリは30株くらいしかないですが、家から近い所で楽しめるのは有難いです。
実は家にあったのですが10数年ですっかり消えてしまいました。

東京国立近代美術館工芸館移転の話は知らなくて、友人から誘われました。本当に友人やブログ、SNSやネットで知ることが出来て有難いことです。
hiroさんからも大山はじめ、お花のことなどたくさん教えていただきました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月18日 (水) 09:29

我が家の裏庭がスプリング・エフェメラルそのもので、キクザキイチゲ、カタクリ、フクジュソウ・イカリソウがあります。
既にフクジュソウは咲きましたが、カタクリ(黄色)・キクザキイチゲ・イカリソウはこれからですが
2,3年前に裏庭のヘェンスの工事をした時に、かなりの山野草が無くなりました。

東京国立近代美術館工芸館は銀河さんが金沢市に移転する前に観たいと思ってたが
このコロナ騒ぎで中止になって観られなかったと残念がってましたね。
移転前に観られて良かったです。
私からは観に行かないので、こちらで観せて頂いてありがとう。

投稿: ラッシーママ | 2020年3月18日 (水) 15:47

★ラッシーママさま

こんばんは。
わー、ママさんの家には全部そろっているのですね。素敵!
居ながらにして眺められて。
そういえば、山野草が沢山ありましたね。とても好きで増やしていらしたものね。

そうでした。銀河さんが行きそこなってしまったのでしたね。まさかこんなことが起こるとは私が行ったときは微塵も感じられませんでした。
もう金沢には行きませんから、見られてラッキーでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月18日 (水) 21:51

殿ヶ谷庭園。近くにこんな素晴らしい庭園があるとは知りませんでした。
何度かtonaさんのブログにアップされていましたよね。
まさに灯台下暗しです。
 好きな野草がいっぱい。近いのでぜひ一度行って見たいです。
ここなら駅に近いので行けると思います。

 東京国立近代美術工芸館。ここも是非行って見たかった所の一つでした。
ゴシック調のレンガがの建物がすばらしい。
ほんと何故金沢に移転するのでしょう?。
 東京駅はリニュウアルして現存しています。この時代、強いレンガの建物が主流だったのですね。
 私の出身校の機械実習工場のレンガの建物も、中の貴重な機械と一諸に文化財に指定されています。

投稿: 夢閑人 | 2020年3月20日 (金) 08:31

★夢閑人さま

1年に何回も行きます。
このあと秋の紅葉の頃が素敵です。
西武線が来ているので来られるのは簡単かと思います。
もしよろしければご一緒してもいいですが、お一人で気ままにでしたらお邪魔は致しません。

東京国立近代美術工芸館のレンガの色がことの他素晴らしいです。
この後何になるのでしょう。
移転はとても残念ですが、日本海側の唯一の国立美術館として金沢にということでは喜ばなくてはです。
大学の建物が文化財になっていて誇らしいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月20日 (金) 15:28

スプリング・エフェメラルが楽しめる季節到来ですね。
tonaさんは春を楽しんでいらっしゃるようで何よりです。
私も数年前まではカメラを抱えて、一人で鎌倉の浄明寺のキクザキイチゲや宝戒寺のフクジュソウを撮りに行ったものでした。
今年はワンゲルで「鎌倉88カ所お寺巡り」で、1月は「梅」、2月は「梅・ミツマタ・リュウキンカ」などが楽しめましたが、3月はコロナ騒ぎで中止で残念でした。
4月はどうなりますか?
桜はそろそろ三分咲、この三連休が明けてたら我が家近くの自然公園の桜を撮りに行く予定です。

ギリギリで近代美術館工芸館に行けて良かったですね。金沢に移転ですか・・・
金沢のユニークさで評判になった「21世紀美術館」の初代館長は私のOL時代の知り合いです。「遊びにおいで」と言われ果たせていません。
私が主人と行った時はまだなかったので、いつか再び訪ねて見たい金沢です。

TVでは「学校休校よりも、リスクの高い年寄りの外出自粛を強化すべき」と声高に言う方々が多いです。
まだ元気に動ける貴重な時間、春の花々はどんどん咲いて移り行く大事な時間、家に籠ってばかりもいられません。
人様に迷惑をかけない程度に活動を始めなくてはと思っています。

投稿: nao♪ | 2020年3月20日 (金) 16:25

★nao♪さま

お陰様で春を楽しみ始めました。
花は好きですので随分慰められます。
浄明寺や宝戒寺、懐かしいですね。
お花の寺もあちこちにありましたね。
3月はすべてこちらも無くなりました。
ワンゲルもそうだったのですね。とても残念でしたね。私も2回の登山がだめになりました。4月もどうなりますか。首都圏は特にひどいようです。
来週はいよいよ桜満開ですね。
近所にたくさんありますので、山友達が5人くらいやってきます。

金沢の21世紀美術館、とても面白かったですよ。初代館長がお知り合いだったのですか!!
金沢城址も整備されましたし、なかなか金沢は素晴らしいです。
家にこもって具合悪くなるより、近所でも歩き回って元気にしたい高齢者ですよ。
ただこれからどうなっていくのかがわからなくて、心配です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月20日 (金) 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京街道(3)枚方宿~守口宿(後編) | トップページ | 日光街道2千住宿~草加宿(1) »