« スプリング・エフェメラル・・春です! | トップページ | 日光街道2千住宿~草加宿(2) »

2020年3月20日 (金)

日光街道2千住宿~草加宿(1)

車内では咳やくしゃみをする人がトラブルになっているとか。娘が先日マスクに「花粉症です」と書いた人を見たとか。満員電車で通勤している人は苦労しているのですね。本当に大変です。

3/6(木)新幹線は大阪まで2時間半、乗るのはどうかと思われ、意外や早く日光街道の続きを歩くことになりました。通勤ラッシュでない時間に乗って北千住駅へ10時半頃着く。

●千住宿 前回、千住大橋を渡り北千住駅まで歩いたその続きです。

千住宿高札場解説と冠木門がある。
1_20200320202301

その先で右折するとあるのが長圓寺。出羽湯殿山の行者・雲海が寛永4年庵を結び、後に真言宗の僧・賢俊が開山した。
2_20200320202401
左から貞享3年(1686年)の青面金剛の庚申塔、石仏の庚申塔、釈迦如来像。
3_20200320202801
魚籃観音堂の中の魚籃観音像。三十三観音の一つ。魚を入れたかごを手にさげている観音。右手に持っている。下記の最勝院のは大魚に乗っている。羅刹(らせつ)・毒龍の害を除く功徳があるという。
4_20200320202901
ちなみに三十三観音は、青森県弘前市の真言宗の寺・最勝院三十三観音で見ることが出来る。
 1.龍頭 2.持經 3.圓光 4. 遊戯 5.白衣 6.蓮臥 7.瀧 見 8.施楽 9.魚籃 10.徳王 11.水月 12.一葉 13.青頸  14.威徳 15.延命 16.衆寶  17.岩戸 18.能靜 19.阿耨  20.阿麼提 21.葉衣 22.瑠璃 23.多羅  24.蛤蜊 25.六時 26.普悲  27.馬郎婦 28.合掌 29.一 如 30.不二 31.持蓮 32.灑水 33.楊柳 
 菩薩部の観音として、聖観音、十一面観音、千手観音、馬頭観音、如意輪観音など見てきたが、こうした三十三観音は初めてで、魚籃が最初かな。
 
山門脇にはめやみ地蔵尊があった。目の病を持つ人が訪れるところで、「めめ」と書かれた絵馬が奉納されている。
5_20200320203101
62_20200320203101

街道に戻ると、千住絵馬屋吉田家。絵馬をはじめ地口行燈や凧などを描いてきた際物問屋である。千住絵馬は縁取りした経木に胡粉と美しい色取りの泥絵の具で描く小絵馬だそうだ。
7_20200320203201

向かいにあるのは伝馬屋敷の面影を残す横山家住宅。地漉き紙問屋。昔は5つも蔵があった立派な家であった。
8_20200320203201

斜め向かいにはかどやは槍かけだんごのお店である。
槍かけとは、水戸光圀公が家来に槍を立てかけさせ休息した清亮寺の槍かけ松が店名の由来。
9_20200320203301
まだ歩きはじたばかりなのにもう、みたらしとあんだんごを1本ずついただく。
10_20200320203401

旧水戸街道との追分道標を見てから安養院へ。鎌倉時代に北条時頼が創建したと言われ、兵火により現在地に移ってきたと言う。
11_20200320203601
山門脇に庚申塔が3種。左から青面金剛の庚申塔、地蔵菩薩の庚申塔、貞享3年(1686年)の青面金剛の庚申塔。
12_20200320203601
秩父にも庚申塔が多かったがここにも多いし、六地蔵もお寺に必ずと言ってよいほどある。滋賀県の地蔵群や岐阜県の馬頭観音が多かったことを思い出す。
境内には芭蕉のまたこの句碑がある。「ゆく春や 鳥なき魚の目は泪」。
13_20200320203701
かんかん地蔵尊なるものもあった。小石でたたくと願いが叶うというので、勿論色々なところをたたいてお願いした。
顔がみんなにたたかれてなくなってしまっている。
14_20200320203801
仲良し地蔵尊。左が寛文4年(1664年)の地蔵菩薩、右が寛文10年(1670年)の地蔵菩薩。
15_20200320203801

先に進むと、名倉医院がある。
江戸時代からつづく整形外科で、骨接ぎといえば名倉と言われたらしい。周辺には遠くからくる患者や重症患者のための宿屋が5軒もあったという。
長屋門は江戸時代に建てられたもの。
16_20200320203901

荒川を千住新橋で渡る。荒川は荒川放水路の別名を持ち、明治44年(1911)から19年に及ぶ大工事によって造成された人工河川。それで墨田川と分かれ、下町は洪水から守られるようになった。川の分かれ目に堰が出来て調整している。隅田川を千住大橋で渡ってから長い千住宿も終わった。
17_20200320204001

草加宿へ

橋を渡り少し行くと、石不動尊がある。小さな窓口から覗いて見ると、耳不動尊と刻まれた不動明王が。脇のお地蔵様は荒川沿いにあったものだそうだ。
18_20200320204401

「夢庵」で昼食。
うまか丼(ご飯小盛)・味噌汁・漬け物・小鉢付のセット。お客はちらほらでかなり離れていて安心。
19_20200320204401

少し進んで左に佐竹稲荷神社がある。秋田藩主・佐竹侯抱屋敷跡(標柱がたっている)で参勤交代の際の休息所であった。稲荷社は屋敷神として祀られた。
「いぼ稲荷」 とも称される。願を掛けるといぼが取れるそうだ。⦅秋田藩主の名前・佐竹も初めて知った⦆
20_20200320204501

「右旧日光道中 左東武鉄道旧線路跡」と刻まれた道標があった。荒川放水路の建設がはじまり、路線変更となったという。
21_20200320204601

小右衛門稲荷神社。
小右衛門新田を開発した渡辺小右衛門が故あって同僚の高橋伴右衛門を討ち、伴衛門の霊を慰めるために建立し、蔵稲魂(うかのみたま)大神を祀った。
22_20200320204701
 どこにも新田を開発したり、河川の氾濫を防ぐための工事をしたりした偉い人がいて、神として祀られている。街道筋だけでもたくさん出てきた。今はもうそういうこともなく、人類に貢献した人はノーベル賞とかマグサイサイ賞とか国民栄誉賞など賞をもらうことで私たちの記憶に留まることになる。

|

« スプリング・エフェメラル・・春です! | トップページ | 日光街道2千住宿~草加宿(2) »

コメント

33観音が33種類あるとを知りませんでした。
琵琶湖の周囲に11面観音が33?体あることと
関連があるのでしょうか。

たくさんの仏像を拝観されましたね。
祖母はお寺参りによくでかけていましたのに
私はこの年になっても怠慢のままです。

40代で西国33カ所の参拝を始めましたのに
あと3寺ばかりを残したまま30年です。
これでは功徳はありませんね。

四国88カ所は1/3も回っていません。
ついでが多いからです。

庚申塔は関東に多いと言うことを関西に
いたとき聞いて、いつか見たいと思いながら
東京に居たときは他に見るべきものが多くて
全くそういうことを調べずに東京を去りました。

旅先でのお食事もいつも美味しそうです。

投稿: matsubara | 2020年3月21日 (土) 08:55

★matsubaraさま

こんにちは。
今日は雲一つない晴天です。
でも東京も患者が増え続け、ちゃんと場所や感染源など公表されなくなったので気味が悪いです。
33観音と33観音巡りと違うようです。
33観音巡りは鎌倉を巡りましたが菩薩部の観音さまでした。
四国33ヶ所がもう3ヶ所、残念ですね。残りだけでもお供しますよ。
88ヶ所も頑張れるといいですね。私は作法などわかりません。皆さんよくやられると思います。
岐阜県は馬頭観音さまでしたね。
こちらは庚申塔が多いことを知りました。
お地蔵様はどこも多くて、でも少し様子が違うのですね。石像もなかなか奥が深いです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月21日 (土) 09:39

千住も見ごたえがありますね。
私は駅の近くと銭湯に居酒屋、あ、有名な焼き鳥屋にも行きました。
もっとゆっくり彷徨したいなあ。

投稿: 佐平次 | 2020年3月21日 (土) 11:23

★佐平次さま

長い千住宿です。
お店がシャッター街にならなくてたくさんあります。
さすが、焼き鳥屋さんまでおさえてあって凄いです。
もし日本酒が飲めたらお付き合いも楽しいでしょうに。日本酒だけは苦手。人生半分損した気分です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月21日 (土) 13:07

 観音に33観音があること。知らなかった。
菩薩観音、地蔵尊、不動尊、などなど。
庚申塔(庚申塚)も中国の道教に由来するものらしいが、宗教的なことはよくわかりません。
 日光街道は徳川幕府に関係することが多い。
千住辺りはよく知らない。どの街道筋に宿場があり、それにに関係する史跡が沢山残っています。

 花粉症の時期でもあり、コロナに疑われないようにマスクに花粉症の印を押している。
テレビで放送していました。
 病院でもうっかりくしゃみも、咳も出来ません。
いろいろ気がねをしなければならない嫌なことですね。

投稿: 夢閑人 | 2020年3月21日 (土) 14:28

こんにちは
 
改めて、ずいぶん色々な信仰があるものだなぁと思いました。
三十三観音=三十三の観音様ということも初めて知りましたし、
そのひとつが魚を入れた籠を持った観音様というのも
不思議なような、人々の生活のさまざまに合った観音様なのかなと
思ってみたりしながら拝見しました。
 
めやみ地蔵尊の絵馬は「め」の字が左右対称にか書かれていて、
人の両目の絵のようにも見えますね。
佐竹稲荷神社がいぼ稲荷として、いぼが取れる信仰があるというのも、
本来の穀物や農業の神とは違う信仰がくっついていて
何だか面白いと思いました。
 
お団子がとっても美味しそうで、久し振りに食べたくなりました。

投稿: ポージィ | 2020年3月21日 (土) 18:12

★夢閑人さま

石像、仏像の本を読んでみたのですが、たくさんあって、覚えられません。外国にはこんなにないので、とても面白いです。
お寺に行っても最近は秘仏が多く見られませんね。
覗けるお寺には阿弥陀如来、大日如来、釈迦如来などが多く、薬師如来などはあまり見られません。
日光街道は確かに徳川が関係する寺社などが多いですね。この街道も随分往来があったのでしょうね。
マスクに「花粉症」と印を押しているのをご覧になったのですね。私も教えていただき見たところです。なるほどです。
咳やくしゃみをするとマスクをしていても嫌な目で見られますからね。
病院はずっと行っていませんのでわかりませんが、夫が行ったときは何時も激混みなのに一人しかいなかったとか。
急病の人以外は医者にもなかなかかかれない状態ですね。
いつまで続くのでしょう。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月21日 (土) 19:38

★ポージィさま

三十三観音と三十三観音巡りとは違うのですね。
巡りの方は鎌倉でしました。見られなかった所もありましたが、いわゆる菩薩部の観音様でした。
上に書きましたが一つも知らなくてこの魚籃観音像が33のうち唯一です。

あっ、「め」の字が左右対称、全然気が付きませんでした。おっしゃる通りですね。面白いです。ありがとうございます。
同じ稲荷さまでも、信仰の内容がいろいろあるものです。「いぼ」とは。大きなのがあるのでお願いしたいところですが忘れました。
お願い事が多いです。
お団子久しぶりでした。これは美味しかったです!
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月21日 (土) 19:52

tonaさん、こんばんは~♪
北千住駅は娘がつくば市に住んでいるころ、
つくばエクスプレスに乗るため、何度も行っていますが、
町を散策したことはありませんでした。
日光街道の宿場町だったのですね。
魚籃観音や三十三観音のこと、千住と草加が繋がって
いたことも初めてしりました。
街道には庚申塔や石仏が多く、
当時の日本人の信仰深さが窺い知れます。
街道沿いの古い家々も当時の面影が残っていて素敵です。

コロナ問題が起きてから外食をしていません。
そろそろ外で食べたくなりました。

投稿: hiro | 2020年3月22日 (日) 21:23

★hiroさま

こんにちは♪
千住はつくばエキスプレスの通り道でしたか。
有名な千住、生まれて初めて足を踏んだのですが、大きな街で宿場町の面影を残すところでした。知りませんでした。
そして次が草加だったのですね。
日光街道、期待してなかったのですが、出始めは見ごたえがありました。
そしておっしゃるように石仏が多いのですね。庚申塔や六地蔵が多かったです。
当時の信仰が盛んであったことがよくわかりました。
外食はひやひやしながらでしたが、間隔が相当あいていたので安心して食事をしました。
ヨーロッパに比べて、まだまだ自粛の度合いが少ない日本、昨日の埼玉県には驚いてしまいました。
世界で30万人も感染、この先中国のことを考えますと、3ヶ月くらいは大変な時期が続くのでしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月23日 (月) 09:20

昨日、ホームセンターに入店直後、奥から出てきた男性が
あちらからすれ違うまで「ゴホゴホゴホッ」
マスク無し、ハンカチで口元を覆うことなく
もろにSaas-Feeの風へ向かってせき込むのですよ。
嫌がらせとしか思えなかったですねえ。

ホームセンター隣りのスーパーマーケット内では
中国語を話す二人の男性が黒色のマスクをしてました。
彼らはせき込むことが何度かありました。
まさか中国から新型コロナウィルスを持ってきたのではないだろうねって思いました。

花粉症のかたはマスクにより肩身が狭い思いで
わざわざ「花粉症です」とメッセージを記さねばならなくなっており
このような状態はいつまで続くのでしょう。

北千住から草加まで、Saas-Feeの風は全く知らないエリアです。
北千住駅近辺を少しだけ歩いたことはありますが
それも50年ほど前のことですから現在とは全く異なる光景だったのだろうと思います。

1600年代に整備された日光街道ですから
歴史ある建物や神社仏閣が残っており
昔を想いながら歩けますね。

京都の下鴨神社のそばにだんご屋さんがあります。
そこでみたらし団子を買いましたが
みたらし団子の起源は下鴨神社境内のみたらしの池(御手洗池)と聞いています。

名倉という名称には見覚えがあります。
整体やカイロプラクティックで知ったり聞いたりしたのだと思いますが
それは名倉医院が由来なのでしょうね。

投稿: Saas-Feeの風 | 2020年3月23日 (月) 10:42

こんにちは。新幹線の長旅よりははるかに安心ですね。花粉症のくしゃみは必死にこらえています。日光街道が終わる頃にはコロナが収束して、東武特急「けごん」でゆっくり帰りたいですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2020年3月23日 (月) 10:43

★Saas-Feeの風さま

海外から帰って空港で留め置かれた沖縄の女性がそのまま帰ってしまって、後で感染が分かったという話、ひどいですね。空港側も何をやっていたのでしょう。ホームセンターから出てきた男性、大阪のまき散らしてやると言って死んでしまった男を思い出しました。なんて嫌な類の人たちでしょう。こんな時にそんな同朋がいるなんて。嫌な日本人ですね。
中国人もお国が何も謝らず人のせいにするから、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という感じですね。疑心暗鬼になってしまいます。
南千住が都電荒川線終点の三ノ輪の近くだったのですね。この間初めて地図を見て知りました。
確かに日光街道は寺社が多く今の所見所多いです。

下鴨神社で私もみたらし団子の起源を知りました。思い出しますね。あのみたらしの池を。
この名倉医院は今も、この隣で開業していました。のれん分けみたいのがあるかもしれませんね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月23日 (月) 14:12

★多摩NTの住人さま

はい、新幹線よりこちらの方が安心かと思いました。あまり人出もなかったです。
昨年9月にその前で懲りたことがありまして、特急に乗りましたが、はて、名前が頭に入っていませんでした。「けごん」に乗りたいものです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2020年3月23日 (月) 14:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スプリング・エフェメラル・・春です! | トップページ | 日光街道2千住宿~草加宿(2) »