« 八王子七福神巡り(2) | トップページ | 松姫古道~八王子城跡~武蔵野陵墓地 »

2021年2月28日 (日)

大塚ひかり著『くそじじいとくそばばあの日本史』

2_20210228112001
書名に惹かれて購入。
なんで「くそ」がつくのか?優しい年寄りのイメージと違って、「悪」イコール「強い」の意味が加わるようだ。

乳幼児の死亡率が異常に高かった昔は平均寿命が非常に低かった。その乳幼児期を過ぎた人の平均年齢は60歳程度だった。
しかし医学が発達していなかった昔の老人も、長生きな人は長生きだったのです。
そう言う人の中に長谷川町子の『いじわるばあさん』顔負けのくそ爺婆がいる。時には小ずるく、時にしたたかに立ち回りながら、命の燃え尽きるぎりぎりまで、持てる力の限りを尽くして生きていた人たちがいた。

山幸彦。80歳過ぎて『古語拾遺』を編纂した平安時代の斎部広成、権勢にしがみついた藤原家や宗教界の人々。
81才で政界デビューし108才まで生きた天海和尚。
そのもっと昔の鎌倉時代の107才まで生きた北山准后。一休さん87才。
杉田玄白、貝原益軒。その他キレる迷惑爺。井原西鶴の『世間胸算用』の人たち。そして葛飾北斎。と他にも色々な人が出てきて結構面白い。



古い話になりますが昨年は高尾山に2度登りました。12月初めに登った時はずるして、初めてリフトに往復乗りました。寒かったけれども景色が新鮮。
Photo_20210228112101

下りた先に、地元の浅川小学校6年生が4人一組になって、高尾山について説明して教えてくれました。マスクしてソーシャルディスタンスとってパネルも用意して熱心に。
Photo_20210228112102 

山頂から江の島が見えて(2度目)感動!
Photo_20210228112201

 

|

« 八王子七福神巡り(2) | トップページ | 松姫古道~八王子城跡~武蔵野陵墓地 »

コメント

 「くそじじいととくそばばあ」面白いですね。
長生きしたからこそ個性が際立ち、磨かれ、
後に名を残せた人も多い気がしますね。

短命だとこうはいかない。才能勝負です。
天才画家とか小説家に短命の方がおられますが、名を残し長生きしたらさぞ立派な作品を輩出しただろうと夢を残してくれます。
くそじじい、くそばばあはもうぜ~んぶやりつくして夢の入る隙間が無い。

才能がない私はせめてくそばばあでも目指しましょうか。アッくそばばあも才能の内ですね。
もう、平々凡々と人生送るのみです。

投稿: ☆銀河☆ | 2021年2月28日 (日) 11:50

くそじじい・くそばばあなんて
思わず手に取ってしまいそうな面白いタイトルです。
悪いイメージの「くそ」をはねのけた力強さや活躍をした人たちなのですね。
名前が出てきた人達の多くがそんなに長生きをしたとは知りませんでしたが
葛飾北斎だけは90過ぎ迄現役だったことを知った時
絵への執念やそのパワーのすごさに驚いたものでした。
何年か前スーパーのレジに並んでいた時
ちょっとしたことで若い男の人から
「くそばああ」と言われショックを受けたことがあり、今でも思い出すと悔しい思い
普段はあまり聞きたくない言葉です(-_-;)

投稿: ビオラ | 2021年2月28日 (日) 13:21

★☆銀河☆さま

長生きした昔の人は古代の天皇の年齢以外は、北斎と天海和尚くらいしか頭にありませんでした。長生きして後世にまさに名を残した人でしょう。
しかし他に権勢にしがみついて生き残った人も多かったことを知りました。
昔の老人の中にもいかに強烈な人生を生ききったかを知る書で、くそがつき爺、婆がつくところがなかなかであります。
私は少なくとも時代のお陰で昔の長生きの部類に達しましたが、優しい人ではありませんがけっしてくそがつかない平凡な年寄り。これからも。
でも銀河さんは違います。このくそがつくおばあさんの仲間入りを果たしていますよ。毎日の行動が違います。やることも群を抜いて。逆立ちしても出来ません。
より一層磨いてくださいね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月28日 (日) 16:26

★ビオラさま

『いじわるばあさん』にはあきれ果てましたが、しかしそこにはこの本に書いてあるような悪い意味だけではなかったのですね。
先日この漫画本を全部捨ててしまったのが残念です。
私も葛飾北斎ともっと古いルネッサンスの時代に活躍したミケランジェロも同じような年までエネルギッシュに長生きしたことで共通点があるなあと凄いなと思っていました。
しかし他にもいろいろな動機で長生きした方がいたのでこの本を読んで、真似は出来ないけれども、思わず笑ってしまった方がいました。
そうですね。面と向かって「くそばばあ」とは言われたくないですね。年齢がずっと若ければこの「くそ餓鬼」と言い返したくなりますが。
本当にこんな言葉が本のタイトルに入っていていい方に使われるのが意表を突かれました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月28日 (日) 16:37

こんにちは。また面白そうな本のご紹介を有り難うございます。高尾山は目的によって時々リフトでショートカットする時もあります。

投稿: 多摩NTの住人 | 2021年2月28日 (日) 17:50

 「くそじじいととくそばばあ」思わずタイトルに?でした。
「くそ」が付くと悪いイメージばかりと思ってしまいますが、この本のくそじじい・くそばばあは臨機応変に生き抜いた人達の事なのですね。

若い頃は、これらの人達の様に立ち回りたいと思ってましたが、今は平々凡々に過ぎるのが一番幸せと思うようになりました。
それだけ人生の重さを知ったからでしょうか。

投稿: ラッシーママ | 2021年2月28日 (日) 18:01

本当に面白いタイトルですね。
新聞広告にも見られず知りませんでした。
駅前の書店も閉店しまいましたので、
本のことを調べるすべがありません。
図書館にもご無沙汰ですし。

北斎の長命のことしか知りませんでした。
今はそんな年の老人も珍しくないですね。
昔買ってまだ読んでいない本をめくって
います。買うときはアマゾンで取り寄せて
います。

投稿: matsubara | 2021年2月28日 (日) 19:15

★多摩NTの住人さま

昨年2度のうち、もう1回は往復ケーブルカーでした。今は並ばなくてもすぐそれもすいていて乗れますね。
これらに乗るとすぐ頂上へ。そこからどこにも行かずまた帰って来たのでした。
コロナですっかり登るのが呼吸困難に。
鍛えると戻るとも思えず、いやはや登山が遠くなりにけりです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月28日 (日) 20:39

★ラッシーママさま

その通りでくそが付く意味が考えているのと違いました。
本当にしたたかで凄いのですが、私は普通以下の人で誰もくそばばあとは言わないと思うのですが、自分が思っているだけでしょうか。
満足100%の人生ではなかったですが、もう少しママさんのように積極的でも良かったと思うのですが、これ、性格で、ダメですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月28日 (日) 20:43

★matsubaraさま

週に1回大型本屋に行きます。
結構買ってきて読んでない本がたまってしまいました。
そして欲張って図書館にも予約しています。
昨年から本を読む機会が増えましたね。
今こそ、長寿の人が増えて、この本に出てくるような方が多いです。
日本一の女性118才でしたか、この方はよく食べ頭脳明晰、起きていて元気でいまのくそばばあですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月28日 (日) 20:48

こんにちは
 
目を引くびっくり仰天のタイトルの本ですね(^^;)
わざわざ「くそ」を付けたくなるじじい・ばばあって???
乳幼児期の死亡率も高く、平均寿命がかなり短かった時代、
ひとよりずっと長生きするだけで「くそ」じじい・ばばあ
だったのでしょうね。言葉は酷いけれど、畏怖や敬いも
入っていたような気がします。
それにしても、天海和尚は遅い政治デビューに108歳の超長寿。
驚きました。皆さん、興味を引かれます。
 
高尾山、いつの日か登ってみたいですけれど、多分往復
ケーブルカーに頼ると思います。高いところからの景色を
ゆったり眺めるのも気持ち良さそうですね。

投稿: ポージィ | 2021年3月 1日 (月) 12:16

★ポージィさま

こんにちは。
タイトルの「くそ~」という言葉は日常ではあまり品の良い言葉ではないですが、これを爺婆につけると趣が全然変わることがわかりました。
仰るように畏怖や敬いもの意味が入るのですね。
天海和尚って凄いですよね。
今の時代の80歳でさえ凄いことなのに、同世代の私はもう人生の終活を初めて、考えが全部そちらの方角に行くこの頃です。
少し前向きに修正した方が良いですね。準備だけはして。頃合いが難しいけれども考えさせられました。

いつか何処へも出かけられる日がきましたら、高尾山へも是非いらして江の島を見てください。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 1日 (月) 13:46

tonaさん、こんばんは~♪
面白い題名の本ですね。
思わず笑ってしまいました。
「悪」イコール「強い」の意味が加わる…。
確かに、納得です…。
昔の人は寿命が短いと思っていましたが、
したたかに生き抜いた人もいるのですね。

高尾山、2019年9月中頃に登ったのが最後です。
スミレが咲く頃登ってみたいです。

投稿: hiro | 2021年3月 1日 (月) 20:22

★hiroさま

こんばんは♪
いつの時代にも長生きしてしたたかでも憎めない爺婆がいたのですね。
ユニークな人を選んでいますが、知らない人も多かったです。

高尾山は我が家から近くて、都知事が都から出ない、不要不急の外出はなるべく控えて欲しいと言われた時に、昨年は2回も散歩しました。
いつも満員で歩けない高尾山がすいていましたが、この騒ぎが治まると激混みでもう登る事は出来ないと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 1日 (月) 21:28

新聞で広告を見てちょっとそそられました。
もう糞ジジイになってるからいいかとも。

投稿: 佐平次 | 2021年3月 2日 (火) 09:45

★佐平次さま

そう、今は昔のその年齢で殆ど80%以上生きていますね。
佐平次さんはその中でも、昔のこれらの人に匹敵するその資格ありのお爺さん(お爺さんと呼ぶのに抵抗あり)であるかもしれませんね。
素敵ですよ。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 2日 (火) 16:25

日本語の表現は面白いですね。
確かに<くそ>と言えば悪い意味に使うことが多いようです。私もその一人かもしれません。
<いじわる><強情>言う意味にもとられます。
そういう性格だから何事にも我慢強く対応できる。確かに<強い>という意味にもとられます。高尾山の景色もケーブルカーに乗れば
また違って見えるでしょう。

 八王子浅川と言えば随分田舎でした。
義兄の姉の家族が住んでいます。昔一度だけ
行きました。

投稿: 夢閑人 | 2021年3月 3日 (水) 10:31

昨年だけで二度も高尾山に上られたのですね。
それまではリフトをつかっておられないのですか。
Saas-Feeの風はこれまで高尾山にはわずかに2度のみで

どちらも歩いて上っていません。
一度目は1968年5月の連休中でしたから
53年も前になります。
(二度目は今から12-3年前)

神奈川にいるころに歩いて上がればよかったと思いますよ。
当時は休日に心の余裕が無かったのでしょう。
余裕のある現在は体力が無くなっています。

江の島を見たかったなあと思いますよ。

投稿: Saas-Feeの風 | 2021年3月 3日 (水) 10:49

★夢閑人さま

爺や婆につく「くそ」っていう言葉は意味が深いわけですね。
日本人のこの言葉として良くわかる気がします。
歴史上に出てくる方だけでなく、普通の人の中にも凄い方がいたのでしょうね。

高尾山は1号路から6号路、稲荷山コースとケーブル、そして今回乗ったリフトとこれで全部乗ったり回ることが出来ました。
八王子の浅川を橋で何度も渡りました。
初めてでした。ご親戚があるとは。とてもいいところです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 3日 (水) 19:20

★Saas-Feeの風さま

リフトはスキーの時によく使いました。
苗場の方でも紅葉を見に乗った記憶があります。
高尾山は小学生の遠足以来、東京に住んでから家から中央線で近いので散歩気分で行っております。
それも定年後です。
その時までは土日は殆ど家事をしていました。仰るように今は体力がなくなって行きたいところはたくさんあるのに、行けません。
頂上からの江の島は感動です。
以前は茅ヶ崎の烏帽子岩まで見えたのです。
スイスに行きたいとモチベーションを高めても、一向に体はそれだけの体力が蘇らずそれなりに老化の一途をたどっています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 3日 (水) 19:32

「クソ」がつくとパワーが感じられて楽しくなります。
クソじじぃ、クソばばぁ、クソガキ。。。
ドラマにはこういうキャラクターの人が出て来ないと始まらないし楽しくないですよね。
そういう個性豊かな面々は生命力に溢れてて長生きなのでしょうね。
きっと生きていくことが楽しくて仕方ない感じなんじゃないかなぁと勝手なこと想像してます。
私も愛すべきクソばばぁになりたい(笑)

投稿: ちょびママ | 2021年3月 3日 (水) 23:14

★ちょびママさま

この本で今までイメージしていたくそじじいとくそばああのイメージが180度変わったように思います。
昔のくそがき、大抵大人になると成功しているのですね。
今は減ってしまってくそがきにお目にかからないです。
時には人に嫌われ、眉を顰められても自分を貫いて、人に迎合することなく生きていくのはいいですね。
私は今からでは遅い(もうこの年になれば十分その域に達したのかもしれませんが)ですが、ちょびママさん、本当に素晴らしきクソばばあになってくださいまし。あの世から拝見しているわよ。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 4日 (木) 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八王子七福神巡り(2) | トップページ | 松姫古道~八王子城跡~武蔵野陵墓地 »